名言DB

9419 人 / 110788 名言

國分利治の名言

twitter Facebook はてブ

國分利治のプロフィール

國分利治、こくぶ・としはる。日本の経営者。美容室「HAIR&MAKE EARTH」、犬のトリミングサロン「DOGGY EARTH」などを展開する「アースホールディングス」創業者。福島県出身。工業高校卒業後、縫製工場勤務を経て新宿の美容室に就職。店長、マネージャーなどを経て30歳で独立。著書に『成功を引き寄せる 地道力』。

國分利治の名言 一覧

「若い時の苦労は買ってでも」は本当です。年をとってからの苦労はつらい。そんな気持ちも、失敗から這い上がる原動力になりますよ。


人は最終的には他人のためにしか頑張れない。


目標を掲げたうえで、毎日の仕事を○か×かで採点する。△はナシ。白黒ハッキリさせると「×の仕事を明日、○にするにはどうしたらいいか」と考える癖がつく。


25歳のとき、下町の店舗の再生に失敗したんです。「オレが立て直してやる」なんて意気込みだったのに、まったく上向かない。ガムシャラにやるだけでは失敗する。そこから学び、目標設定を明確にした。「20店舗で年収2000万円」と目標を掲げたんです。数値を入れた目標によって、自ずとやるべきことも明確になりました。


國分利治の経歴・略歴

國分利治、こくぶ・としはる。日本の経営者。美容室「HAIR&MAKE EARTH」、犬のトリミングサロン「DOGGY EARTH」などを展開する「アースホールディングス」創業者。福島県出身。工業高校卒業後、縫製工場勤務を経て新宿の美容室に就職。店長、マネージャーなどを経て30歳で独立。著書に『成功を引き寄せる 地道力』。

他の記事も読んでみる

西川徹(経営者)

いま世界ではプログラマーの採用競争が過熱していて、いい人材をいかに集めるかが課題になっています。いい人材を集めるには報酬も大事ですが、それ以上に、中長期でどのような技術をつくり、何を変えていきたいのかというところが鍵になる。


三島愼次郎

統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


湯本貴和

絶滅危惧種のサルが増えている理由の一つは、人間の暮らしのために原生林が破壊されていることです。原生林を保存できることに越したことはありませんが、再生林でも工夫すればサルたちが暮らしていけることも分かってきました。彼らが暮らしていける再生林を増やしていくために、私が応援していることが現地の人が潤う仕組みづくりです。ボルネオやアフリカのガボンでは、再生林を育て、その近くで現地の人が宿泊施設やエコツーリズムを運営し生活の糧を得ていますこうした仕組みをブラジルなど他の地域に広げていくことも我々の使命と考え、活動しています。


岡本吏郎

ネットの普及によって、今は、副業を始めやすく楽に収入が得られる環境が整っています。しかしこれが落とし穴。簡単に始められるものは、運よく一時だけ儲かっても、すぐに儲からなくなるもの。


内田幸雄

支配的な考え方や物事のとらえ方というのは、その時代時代によって変わる。


藤野英人

清く豊かに生きることは可能であるというより、そうあらねばならない。世の中とはそういうものだと思います。投資活動も「清く豊かに」を実践する企業に投資をすることでリターンが得られるのです同一それは社会をよくする企業を応援することで豊かになることであり、ギャンブルとはまったく異質のものなのです。


宮坂学

「部下の話を聞く時間」のパフォーマンスを高めるためには、しっかり寝ることが重要です。睡眠不足の状態では、喋り続けることはできても、聞き続けることはできません。また仕事の話は、面白い話題ばかりでもないですし、ドラマチックなことがあるわけでもない。それでもじっくり聞かなければいけないので、寝ることが一番の仕事だと思って、7時間は睡眠に充てるように気をつけています。


首藤由憲

若いころ、3年ほど新宿・歌舞伎町で営業マンをしていました。最初は嫌で仕方なかったし、営業先で騙されたこともありました。しかし、いろいろな人に会うことでお客様視点でものを見ることの大切さを学びました。


山口多賀司(経営者)

今は私も社主という立場になって、経営は社長をはじめとする若い人に譲っておりますが、若い頃は本当によく働きました。もっとも昭和20年、30年代というのは、私だけでなく、隣の家のおじさん、お兄ちゃんも、とにかく日本国民が昼夜関係なく働き詰め。戦後、就職先もなければ何もない状態で生きるために必死だったんです。だから、日本国民一人ひとりが働いて、働いて、働きつくして作り上げたのが戦後の経済大国だった。


アラン(哲学者)

社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。