名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

國分利治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

國分利治のプロフィール

國分利治、こくぶ・としはる。日本の経営者。美容室「HAIR&MAKE EARTH」、犬のトリミングサロン「DOGGY EARTH」などを展開する「アースホールディングス」創業者。福島県出身。工業高校卒業後、縫製工場勤務を経て新宿の美容室に就職。店長、マネージャーなどを経て30歳で独立。著書に『成功を引き寄せる 地道力』。

國分利治の名言 一覧

「若い時の苦労は買ってでも」は本当です。年をとってからの苦労はつらい。そんな気持ちも、失敗から這い上がる原動力になりますよ。


人は最終的には他人のためにしか頑張れない。


目標を掲げたうえで、毎日の仕事を○か×かで採点する。△はナシ。白黒ハッキリさせると「×の仕事を明日、○にするにはどうしたらいいか」と考える癖がつく。


25歳のとき、下町の店舗の再生に失敗したんです。「オレが立て直してやる」なんて意気込みだったのに、まったく上向かない。ガムシャラにやるだけでは失敗する。そこから学び、目標設定を明確にした。「20店舗で年収2000万円」と目標を掲げたんです。数値を入れた目標によって、自ずとやるべきことも明確になりました。


國分利治の経歴・略歴

國分利治、こくぶ・としはる。日本の経営者。美容室「HAIR&MAKE EARTH」、犬のトリミングサロン「DOGGY EARTH」などを展開する「アースホールディングス」創業者。福島県出身。工業高校卒業後、縫製工場勤務を経て新宿の美容室に就職。店長、マネージャーなどを経て30歳で独立。著書に『成功を引き寄せる 地道力』。

他の記事も読んでみる

齋藤直美

弱みというのは、親や先生や上司などから「駄目だぞ」と言われ続けてきたことが刷り込まれて、無意識のうちにできあがった自己イメージなんです。そこを新たな視点で見直すことで、感情がプラスに働き、行動も能動的になっていく。本当は武器になるような性格や行動パターンを、「弱みだと決めつけてしまっている人」は非常に多いんです。


渡部卓

パワハラ問題を起こす人たちは、リラクセーションが苦手の傾向がある。夏休みにはゆっくりと心身の養生を心がけるようにしたい。


米倉弘昌

日本というのは余りにも今、自虐的で自分を責めすぎているのじゃないか。


長沼毅

若い頃は、成果を求めてひたすらガムシャラに突き進むスタイルでした。成果がすべて。科学者にとって成果とは、論文が認められることと、より多くの研究費用を得ること。ビジネスマンと同じ。売上や結果を出して、給料アップするのが目的みたいな……。調査船をチャーターしたり、潜水船に乗り込む必要がある僕のような研究は、特に費用が必要。だから僕は、多くの資金を得られる研究者が偉い、値打ちがあるんだと勘違いしてた。根底にあったのは、焦りでした。無駄足を楽しめるようになったのは40歳を過ぎてからですね。


古川裕倫

例えば、上司に目を通してほしい資料がある場合には、無造作に書類を突き出すのではなく、「お手すきのときにでも……」「ご承知かもしれませんが、念のため……」といった前置きがあると、上司も読んでやろうかという気持ちになりやすい。ほかにも、「私のような者が申し上げるのはどうかと思いますが」「私が言うのもおこがましいですが」「生意気ですが」といったフレーズも覚えておくべき。そうした枕詞を使える部下が報告上手であり、上司を説得する達人といえるでしょう。


似鳥昭雄

当時は(渥美俊一)先生に半ば無理やり(ビジョンを)描かされたようなもんですけど、不思議なもので、寝ても覚めても「100店舗・売上げ1000億円」って言ってると、自分でもその気になってくるんですよ。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

思わぬことが起こると面白いんですよ。「え、こんな風になるんだ」みたいな、自分で驚けるっていうね。不確かなところを生んで、それも楽しんじゃう。そうしなかったら飽きるで。


小倉久寛

人によっては、物事に集中してのめり込み、周囲の反応がどうあれ、平気な人もいるじゃないですか。でも、僕は人の目がすごく気になるんです。しかも、そこで面倒くさい性格だなと思うのは、「こいつ、すげぇ練習してきたな」と悟られるのも恥ずかしいわけです。こっそりと重ねた努力は表に出したくない。もし、100回練習して「小倉、歌えるね!?」と褒められたら、「いやー、楽譜をもらってから3回くらい歌ってみたかなー」と涼しい顔をしていたい。根っこにあるのは、この見てくれで、この世界でやっていけるのかどうかって思いですよ。


石上芳男

決算書が読めるということではなく、数字を効果的に使い、その本質が読め、数字の「展開力」のある人が勝ち残っていく。


村上憲郎

自分の好きなこと、興味のあることに関する仕事のチャンスがあれば、とにかく乗ってみたらいいと思います。たとえば私の場合、DECを新しい職場に選んだのはミニコンが好きだったからですし、第五世代コンピュータプロジェクトにのめり込んだのも、以前から人工知能への興味を持っていたからこそです。


太田肇

褒めるときは、いま、どの位置にいるのかがわかるように知らせることが肝心。私の教え子は会社の上司から「君は同期の中では一番素晴らしい。だけど、会社全体で見ればたいしたことはない。次は会社全体の中でもっと上位にいけるよう頑張れ」と褒められ、励まされたそうです。教え子は、俄然やる気がわいたと言っていました。


川村隆

私はあるラストマン(決断する人)の命がけの判断と行動により、命を救われたことがあった。本社副社長だった1999年、搭乗した国内線旅客機がハイジャックされ、刃物を持った犯人が操縦室に乗り込んだ。機体は地上300メートルまで急降下。そのとき、乗り合わせていた非番のパイロットが操縦席に突入し、操縦桿を奪い返したのだ。彼は傑出したラストマンだった。