名言DB

9413 人 / 110706 名言

國光宏尚(国光宏尚)の名言

twitter Facebook はてブ

國光宏尚(国光宏尚)のプロフィール

國光宏尚、くにみつ・ひろなお。日本の経営者。「gumi」社長。兵庫県出身。高校卒業後、上海復旦大学を経てカリフォルニア州サンタモニカカレッジに入学。大学卒業後帰国。映像プロデュース会社「アットムービー」に入社。同社取締役などを経て「gumi」を創業。同社を東証一部に上場させた。

國光宏尚(国光宏尚)の名言 一覧

大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。


無理だと思われるくらいの野心的な目標を掲げて、それに挑戦し、乗り越えていくのがベンチャー企業のやり方。


今回のトラブルも後ろ向きにとらえるのではなくて、失敗から学んで同じことを繰り返さない体制をつくり、次の挑戦につなげていきたい。


僕は自分の意見をはっきり言いたいし、夢だって臆せずに語りたい。


結果で返していくしかない。言葉でいろいろ説明するより、結果で見せるだけです。


gumiが注目されているのは、たぶん僕がビッグマウスだからじゃないですか。日本のベンチャー界隈は、堀江(貴文)さん以降、目立ったら損だという空気がありますよね。そんな中で僕は「世界一取るぜ!」と言いまくってますから(笑)。


僕は神戸の出身で、阪神淡路大震災の時、まわりには亡くなった人も大勢いました。人の生き死には紙一重だという現実を突きつけられて、「自分はまだ何もやってない。今日死んだら絶対後悔する」と痛切に感じました。それでとにかく環境を変えようと思って、中国の大学に行きました。


会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。


いまはゲームの開発期間が長期化していて1年半ほどかかりますが、1年半先の世間の空気なんて誰も読めないですよね。結局、つくり手のエゴというか、こういうものをやってみたいんだという思いが入ったものをつくるしかなく、ヒットするかどうかは運次第。


ゲームが当たるかどうかは、実際に出してみるまでわからない。


スマホのゲームも結局、家庭用のゲームを移植したものはあまり流行らなくて、スマホならではのゲームを一からつくった会社がヒットしました。当然VRのゲームでも、スマホや家庭用のゲームを直接移植しては駄目です。VRでしかできない体験をどうやってつくるかが1つ大きなところかなと思います。


國光宏尚(国光宏尚)の経歴・略歴

國光宏尚、くにみつ・ひろなお。日本の経営者。「gumi」社長。兵庫県出身。高校卒業後、上海復旦大学を経てカリフォルニア州サンタモニカカレッジに入学。大学卒業後帰国。映像プロデュース会社「アットムービー」に入社。同社取締役などを経て「gumi」を創業。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

山中あき子(山中燁子)

「日本はなぜもっと主張しないのか?」ということを不思議がる人がたくさんいます。日本人のアイデンティティーが奥ゆかしさ、ということがあるのかもしれませんが、それは外交においてプラスに作用することばかりではありませんから。


吉田典生(コミュニケーションコンサルタント)

小さな一歩でいい。とにかく続けること、そして少しずつ職場全体に広げることが大事。


佐々木常夫

私のビジネスマン人生も、まさにマズローの言う通りに欲求の五段階を上っていきました。働き始めたばかりのころの私は「安全の欲求」の段階にとどまっていたと思います。それが30代になると「所属と愛の欲求」や「承認の欲求」が満たされるようになり、40代になって「自己実現の欲求」に達したようです。逆に言えば、今はまだ若くて「生活のために仕事をするだけで精いっぱい。仕事のやりがいや面白さなんてまだ分からない」という人でも、真摯に仕事に向き合っていけば、こうした欲求の階段を上がっていけるということです。


平尾丈

社内で新規ビジネスのアイデアを募るコンテストを定期的に行うが、これが非常に盛り上がっている。現状の社員数は50人程度だが、今進行中のコンテストには178ものアイデアが出ている。


プラトン

己れ自身の力量によらず、先祖の名声によりて尊敬をあたえて甘受する以上に恥ずべきことなし。


ナガオカケンメイ

現地の人がなかなか気づくことのできない、その土地にあるよい商品の価値を、よそ者の僕たちが見つけ出し、再発見してもらう。全国四七都道府県すべてに、こうした土地の個性を見直す拠点をつくりたい。


弘兼憲史

人を褒めるのが苦手な人がいる。損な人だと思う。損なタイプはふたつある。ひとつは「やって当然」「できて当たり前」と考えるタイプ。挫折を知らないエリート管理職にこのタイプが多い。もうひとつはひたすらシャイなタイプ。恥ずかしくて言葉に出して褒められないというタイプだ。前者のタイプの管理職は部下を褒めるのも仕事の内と心得て褒め方を学んでみる。後者のタイプは役者になったつもりで多少大げさに褒める練習をしてみるといい。


松井忠三

「わけあって安い」というコンセプトは哲学ですから変えるわけにはいきません。しかしサブコンセプトは変えていかないと時代に遅れていきます。


高倉豊

成功事例があると、人はそれに寄りかかり、自分の頭で考えなくなってしまう。それに慣れると、いざ新しいアイデアを求められたときに対応できなくなる。私は人から「また同じことをやっているぞ」と指摘されることを恥だと考えていた。成功事例への執着を捨てるためだ。


小笹芳央

思い通りの結果にならないと腹を立ててもストレスになるばかり。努力してもダメなら仕方ない。「次に行こう!」と悩まないこと。


藤沢武夫

私は技術屋じゃないから、どっちが正しいか返事はできない。ただ、あなたは技術屋の本田になるのか、社長の本田になるのか聞きたい。こんなことを言うのは初めてだけど、私も言いだすと聞きませんから。そのときはお別れします。
【覚書き|本田宗一郎と若手技術者が、4輪車のエンジンを空冷にするか水冷にするか言い争っているのを見て言った言葉】


勝俣宣夫

新入社員のときは、自分で自由にできる時間がまったくありませんでした。当時は週休1日で土曜日も半日出勤でしたので、勤務時間が終わったあと午後もそのまま残って、腰を落ち着けて仕事をする時間にあてていました。休日に出勤することもありましたが、残業や休日出勤をすることについて、格別おかしいという認識はありませんでした。いまの時代からからすると非常におかしいことなんでしょうけれど、我々の時代はそれが当たり前だったんです。


川田修(ライフプランナー)

新しいステージにいきたいなら、まずは、スキルの棚卸しをして、「差別化」できるかを確認してみましょう。できなかったら、今の仕事の基準値を探して、ちょっと上を目指す。休日はその感性を養い、準備をしたらいい。


施崇棠(ジョニー・シー)

いまの時代に必要なのは、理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくり。


小川賢太郎

一番大事なのは積極性です。いくらIQが高くて高学歴であっても、何事にも積極的に取り組む姿勢がなければ、うまくいきません。そういった人は言われたことはやりますし、言われたことをこなす能力は高いかもしれません。しかし、今時のロボットでさえ、言われたこと以上のことができるようになりました。