名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

國光宏尚(国光宏尚)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

國光宏尚(国光宏尚)のプロフィール

國光宏尚、くにみつ・ひろなお。日本の経営者。「gumi」社長。兵庫県出身。高校卒業後、上海復旦大学を経てカリフォルニア州サンタモニカカレッジに入学。大学卒業後帰国。映像プロデュース会社「アットムービー」に入社。同社取締役などを経て「gumi」を創業。同社を東証一部に上場させた。

國光宏尚(国光宏尚)の名言 一覧

大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。


無理だと思われるくらいの野心的な目標を掲げて、それに挑戦し、乗り越えていくのがベンチャー企業のやり方。


今回のトラブルも後ろ向きにとらえるのではなくて、失敗から学んで同じことを繰り返さない体制をつくり、次の挑戦につなげていきたい。


僕は自分の意見をはっきり言いたいし、夢だって臆せずに語りたい。


結果で返していくしかない。言葉でいろいろ説明するより、結果で見せるだけです。


gumiが注目されているのは、たぶん僕がビッグマウスだからじゃないですか。日本のベンチャー界隈は、堀江(貴文)さん以降、目立ったら損だという空気がありますよね。そんな中で僕は「世界一取るぜ!」と言いまくってますから(笑)。


僕は神戸の出身で、阪神淡路大震災の時、まわりには亡くなった人も大勢いました。人の生き死には紙一重だという現実を突きつけられて、「自分はまだ何もやってない。今日死んだら絶対後悔する」と痛切に感じました。それでとにかく環境を変えようと思って、中国の大学に行きました。


会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。


いまはゲームの開発期間が長期化していて1年半ほどかかりますが、1年半先の世間の空気なんて誰も読めないですよね。結局、つくり手のエゴというか、こういうものをやってみたいんだという思いが入ったものをつくるしかなく、ヒットするかどうかは運次第。


ゲームが当たるかどうかは、実際に出してみるまでわからない。


スマホのゲームも結局、家庭用のゲームを移植したものはあまり流行らなくて、スマホならではのゲームを一からつくった会社がヒットしました。当然VRのゲームでも、スマホや家庭用のゲームを直接移植しては駄目です。VRでしかできない体験をどうやってつくるかが1つ大きなところかなと思います。


國光宏尚(国光宏尚)の経歴・略歴

國光宏尚、くにみつ・ひろなお。日本の経営者。「gumi」社長。兵庫県出身。高校卒業後、上海復旦大学を経てカリフォルニア州サンタモニカカレッジに入学。大学卒業後帰国。映像プロデュース会社「アットムービー」に入社。同社取締役などを経て「gumi」を創業。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

桐谷広人

人生にリスクはつきもの。交通事故が怖くても、外出せずに生きるわけにはいきません。株も下がるのを恐れずにどんどん買い、優待・配当を得て、うまいものを食べて、人生を豊かにしてほしい。


魚谷雅彦

大切なのは無闇に品質の高いものをつくろうとすることではなく、まず誰に向かってどのような価値を提供するかを徹底的に考え抜くことです。そのうえで、その価値を実現するためにどのような技術を使い、どのようなサービスを提供すべきか考えるのです。


高島宏平(髙島宏平)

使った時間に対してリターンはどれだけあったのかを半年ごとに評価しています。投下した時間はスケジュールから定量的に捉えられますし、その時間に対して何が得られたのかすべて書き出していきます。例えば私が3つの社内チームのミーティングに週に1回参加して、何も成果がなければ顔を出すのを1チームだけにしぼり、週3回のミーティングに増やす。ほかはしばらく私は手を出さない。アウトプットにつながる活動なのかを判断し、時間の使い方を見直していきます。


大村浩次

哲学と実務能力のバランスが取れてこそ、魅力ある接客サービスが出来るのです。


陰山英男

人間の精神力の根源は、思い出です。とくに子供の頃の思い出は、大人になってからも大きく影響します。社会に出て壁にぶつかったとしても、「あのときも、できそうもなかったことをやり遂げたじゃないか」という思い出があれば乗り越えられる。学力とは、つまるところ「人生を強く生き抜く力」や「苦労を耐えて乗り越える力」だと私は考えています。それを体験的に身につけることこそ、学校で勉強をする意味なのだと言えます。


益本康男

課長クラス以上には「悩んでいる部下がいたらよく話を聞いてやってくれよ」と話しています。愚痴を聞いてやる人がいないから、優秀な人材でも落ち込む場合がある。それを防ぐためにも、社内のコミュニケーションは重要なのです。


上島竜兵

後輩に抜かれたことに対してカリカリして仕事がうまくいかなかったら、もったいないじゃないですか。仕事があるうちは幸福なんだ、ぐらいの気持ちになって、出世して偉くなるのがカッコいいという考えは、この際、捨てる。実際、上にいった人は大変ですから。忙しくなるし、プレッシャーはあるし、悪い結果が出たら全部責任負わされるし。下にいるほうが気楽なんです。


蒲島郁夫

たくさん皿を洗う人ほど皿を割る。失敗を恐れず、挑戦することが大切。


町田勝彦

それまでシャープの製品はブランド力が低いがゆえに、たとえ性能が優れていても、トップブランド品よりも安く売られていた。一年間通してその売価差を積み上げてみると、衝撃的な結果が出た。私はこの金額の大きさに愕然とした。一段下の価格で販売されるということは、ひとつの商品につき10%程度の売り上げ減にあたる。これが全商品に及ぶわけだから、全社で取り損ねた収益は莫大な金額になって当然だ。


松尾豊

IT分野は圧倒的に若い人が強いのに、なかなかチャンスが与えられない。闘いは勝たなければ意味がない。世界を相手に日本企業が勝つためには、根本的に意識を変える必要がある。


朝倉千恵子

お客様によって、興味をもつポイントは異なります。したがって、会話を重ねながら、どの話題に対してお客様の表情や受け答えが変わるかを、敏感にキャッチします。たとえば、社員研修プログラムの営業なら、上司と部下のコミュニケーションの話題でお客様の表情が変化したら、そこにお客様の悩みが存在する可能性が高い。そうして、かゆいところを見つけたら、そこだけを掻いてあげればよいのです。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

どこを登ったとしても、登ったら頂上に辿り着く。とにかくどこから登るかを決めたら登り切りなさい。