名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

國井総一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

國井総一郎のプロフィール

國井総一郎、こくい・そういちろうう。日本の経営者。「ノーリツ」社長。兵庫県出身。姫路工業大学(のちの兵庫県立大学)工学部産業機械工学科卒業後、ノーリツに入社。西東京支店長、常務執行役員、取締役経営統括本部長などを経て社長に就任。

國井総一郎の名言 一覧

人に何かを伝えるというのは決して簡単なことではありません。とにかく継続していくことが大事。


社員が自信と誇りを持てる会社にすることこそが、経営側の責任。


グループ会社も含めて社員全員に毎年年賀状を送っています。もちろん、全員にその内容を理解してもらうのは難しいかもしれません。しかし、2割の人が年賀状をきっかけに何かを感じてくれればいいと私は思っています。そういう人が次のリーダーとなって会社を引っ張っていってくれれば、必ず会社は変わるはずですから。


最終的に一番大事なのは「社員」。それはなぜかというと、社員はお客さまとも向き合うし、株主にも向き合います。そしてビジネスパートナーにも向き合い、さらには社会とも向き合っている。つまり、社員というのは会社が成長するための多くの源泉を生む、別格のものなんです。


國井総一郎の経歴・略歴

國井総一郎、こくい・そういちろうう。日本の経営者。「ノーリツ」社長。兵庫県出身。姫路工業大学(のちの兵庫県立大学)工学部産業機械工学科卒業後、ノーリツに入社。西東京支店長、常務執行役員、取締役経営統括本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

会話の内容を具体的にしていくように意識すれば、行き違いがなくなって、会話の質も高まると思うんです。


福田國幹

小売業でお金をかけられないのは致命的です。不振企業は赤字店を閉め、既存店の活性化を目論見ますが、お客は店に魅力がないと来ない。10年間、実質銀行管理で店や商品に十分投資できなかったのが長崎屋です。


川越厚

現在では「最期は自宅で」という方が増えており、国も在宅ケアを病床数の削減や在院日数の短縮とあわせて進めています。もちろん私自身、人生から退く場所としては自宅が最適と考える者の人です。大好きな自分の家だ、からこそ心穏やかに過ごせますし、残された限りある時間を家族とともに生きるという喜びが得られるからです。私はそうした「最期は自分の家で」という終末期の患者さんを支援するため、2000年に東京都墨田区に自分のクリニックを開設しました。医師や訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパーなど多職種のチームを組み、24時間・365日いつでも対応できる体制を整えています。そしてこれまで約2000人の患者さんを在宅で看取ってきました。


近藤淳也

サービスを開発する過程で共通するテーマがあるとすれば「一般ユーザーの力を信じる」というものがあったかもしれません。


永瀬昭幸

ものごとは常にいい面と悪い面がありますが、悪い面がいま、日本の社会で現実問題として噴出しています。


後藤和寛

見方によっては無店舗でインターネット販売の方が効率的に思う方もいらっしゃると思います。ただインターネットだけだと、結局は価格競争になってしまいます。


小室淑恵

新幹線や飛行機の中では、原稿を書いたり出版社から上がってきた原稿をチェックすることが多いので、伊豆や大阪方面の講演が入ったら、往復で4時間は原稿が書けるというように考える癖がついています。


水野和敏

誰だって感性で判断して生きているんです。感性でモノづくりをすることは、そんな難しいことじゃありませんよ。


村尾信尚

僕の強みは、何をいわれてもめげないというか、あまり重く受け止めないところ。下手にキャスターを気取るんじゃなくてね。愚直に自分の思いをぶつけていった。


泰羅雅登

脳は基本的に嫌なことほどよく覚えています。動物にとって、天敵に襲われたといった恐怖の体験は生死にかかわる重要な情報です。だから嫌な思いをした経験ほど記憶として強く残ります。これは人間も同じ。不快な感情を引き起こすことがあっても、その記憶を脳の中から消すことはできません。


御手洗冨士夫

価格競争に陥らないように、今後、付加価値の低いものはやめる。付加価値の高いものに産業転換をしていく。同時に省人化、無人化をしていってコストを下げていく。この2つの流れを作っていきたい。


宗雪雅幸

当時の(富士フィルムの子会社の)販売会社の人間の中には、元気のない人もいました。しかし、人間というのは本来働きたいものなのです。腐りたくて腐っている者などいないのです。だから、やるべきことが納得できるとみんな大いに燃えてくれました。
【覚書き:富士フィルムの販売子会社に出向したばかりのころについて語った言葉】