名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

国谷裕子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

国谷裕子のプロフィール

国谷裕子、くにや・ひろこ。日本の女性アナウンサー。大阪出身。米ブラウン大学卒業後、日本国内の外資系企業に入社。その後、NHKニュースの英語同時通訳を経てアナウンサーに。主な受賞に、橋田壽賀子賞、放送文化基金賞、菊池寛賞、放送ウーマン賞、日本記者クラブ賞ほか。

国谷裕子の名言 一覧

わかりやすさを求めすぎると、問題の本質が見えなくなることもよくある。


問題の本質を見極めるため、考えるための軸線を明示し、提供していく役割がメディアに求められる。


受け手は得てして「わかった」と思った瞬間、考えるのをやめてしまう。


最後は「できる限りのことはやった」という実感が背中を押してくれる。


国谷裕子の経歴・略歴

国谷裕子、くにや・ひろこ。日本の女性アナウンサー。大阪出身。米ブラウン大学卒業後、日本国内の外資系企業に入社。その後、NHKニュースの英語同時通訳を経てアナウンサーに。主な受賞に、橋田壽賀子賞、放送文化基金賞、菊池寛賞、放送ウーマン賞、日本記者クラブ賞ほか。

他の記事も読んでみる

大河原愛子

私が「やりたい」と言ったことに対して父は慎重な姿勢を示すことが多かった一方で、母は私をサポートしてくれる役回りでした。実業家だった父は何事に対しても厳しく指導する人でしたので、母がバランスをとってくれたのだと思います。「両親が共に厳しくては子供も自由な発想ができなくなってしまう」。母はそのように思ったのではないでしょうか。


越智通勝

慎重をモットーにするような人は、見込みがある。頻繁な転職を喜ぶのは斡旋会社だけだ。その点を包み隠さず、正直に伝えたからこそ、多くの支持を頂けたのだと思う。


宗雪雅幸

アメリカ的な経営方法と我々の方法とを比較すると、重点の置き方が少々違う。アメリカの場合は、圧倒的に株主重視です。株主にどれだけ多くの利益を還元できるかを最重要の営業課題だと考えている。しかし、会社運営の関係者というのは、株主だけでなく、従業員も取引先もさらには国家も含むと私は考えています。そういった様々な集団の利益を考えながら、企業は長期的に成長し発展を続けなければならない。


為末大

トレーニング法として、ロングワークとハードワークの2つがある。繰り返し練習するロングワークは最初のうちは技能が向上するが、一定水準になると伸びなくなる。ロングワークで強くなったコーチなどは成功体験を捨てられないが、短時間でもポイントを考えてトレーニングすればパフォーマンスは高まる。働き方改革をスポーツ界から理解すると、ロングワークをやめるということだ。ただ、成長にはハードワークが必要。短時間でも高い密度で働くことが大切になる。


江越弘一

開発担当者の取引先に対する強い思いを運営側まで持っていくため、一人の人間が開発から運営まで責任を持ってやるようにしています。その思いの部分ではライバル企業に負けません。


中村邦夫

私たち凡人も、嫌な思いをしても、苦労しているなどと思わず、積極的にその仕事に取り組んでみる。そうしたら、お互いの人生が少しは明るくなるのではないかと思う。


倉田信靖(倉田信靖)

日本の将来を考えたときに、まさにあらゆる分野でトップに立つ人材は重要です。ただ、トップだけでは社会はまわりません。トップを支える厚い知識層が欠かせない。


中村獅童(二代目)

ショックなことがあっても、「むかつく」で終わったらそれまで。そこから自分でどう伸びしろを作っていくかが大事。


御手洗冨士夫

いまのようなスピードの速い時代になると、一カ所でものを生み出して、世界中にばらまくやり方では間に合いません。そこでいま私が考えているのは、三極体制による経営です。本社を東京とアメリカ、ヨーロッパにつくります。メーカーの本社とは、研究、開発、生産、販売の機能を持ったものを指します。アメリカやヨーロッパでは、東京では開発していない技術を核に、新しい製品を展開していく。そうした体制で、経営スピードを上げて世界の市場をカバーしていきたいのです。


有馬浩二

当然、AIや素材などの分野で革命が起こって、ある個別の会社を中心に世界が変わるということも当然、起こり得ます。それは脅威ですから、我々も常に情報収集をしています。


柴田励司

周囲を見渡せば、どんな人にでも、自分に採りいれたい長所があるものです。私は、プレゼン力から細かな雑務に至るまで、その場その場で、できる人の仕事ぶりをマネしてきました。


小林喜光

どんなに明確な指示を出しても響かない人は必ずいますが、関わるだけ無駄です。パッと響く人に指示を集中させるのです。そのためには、ときに組織のラインを無視してもいい。自分の頭越しに指示が飛ぶようなら、怒るよりも自分が信頼を得ていないことを恥ずべきです。