名言DB

9419 人 / 110788 名言

国枝慎吾の名言

twitter Facebook はてブ

国枝慎吾のプロフィール

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

国枝慎吾の名言 一覧

「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。


多くの方に車いすテニスを知ってもらうには、僕が勝ち続けるしかない。


「緊張しないように」と考えるより、「緊張を味方につけよう」と考える方が、実力を発揮しやすくなる。


強くなれると実感した時や、プレッシャーが大きい大会で勝った時の感動は、苦しい練習を乗り越えるモチベーション。


対戦相手に挑む方が「勝ち負け=結果」がはっきりするので、モチベーションにつながりやすい面はあります。でも実際、試合後に「昨日よりいいプレーができたか」「あきらめなかったか」など、自分を評価する習慣をつけて自分に挑戦してみると、冷静に結果を見つめることができ、次の課題に取り組めます。すると、気持ちの浮き沈みの波が少なくなりました。


僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。


「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


「まずは強みを伸ばせ」という考え方がありますが、テニスは相手の弱みを徹底的に狙う競技なので、弱みをなくすことを優先し、そのうえで同じぐらい強みも伸ばします。


「大舞台では普段通りの実力は発揮できない」という意識を持って、練習や試合に臨むことが大事。そして、普段通りのプレーができない場合、どんな状況に陥ってもカバーできる「引き出し」をできるだけたくさん持つことが大切。


勝つためには自分の力を最大限発揮しなければいけません。ウィンブルドンやパラリンピックなど大舞台になるほど緊張は増し、実力を100%発揮するのが難しくなります。だから60%しか発揮できなかったとしても、勝てるように準備することが大事です。


「自分に向き合う」作業に必要なのが「ノート」です。反省、取り組むべき課題、その課題を克服して得たことをメモする。「現状」と「課題」を記録し続ければ、「今、自分に必要なこと」が常に明確になり、成長への近道になります。


国枝慎吾の経歴・略歴

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

小阪裕司

暗黙知とは、理屈や言葉には表れにくい知恵や情報のこと。仕事ができる人というのは、この暗黙知をたくさん持っている人。


市川秀夫(経営者)

勝ち残っていくためには、前提をリセットして考えなくてはいけない。ややもすると現状の延長線上の発想が出てきますから。


山口雅也(小説家)

自分は小説で育ってきたし、紙の本に愛着もあるけれど、もう時代の流れはどうしようもない。世間を見ればみんなスマホを見ているわけだし。でもそこで、紙の本はもう売れないや、と言って俯いているだけじゃダメであって、今の時代に何ができるかつてことを考えなきゃいけない。


竹内規彦

上司は、部下から理由や根拠を説明されることを期待しており、それに応えてくれる部下ほど、いい印象をもつのです。反対に、自分の考えばかりを主張したり、周囲に媚びてばかりの部下は、信頼されません。


高田明(ジャパネットたかた)

メーカーさんと議論するうえで僕が「高い」と言いましたら、メーカーの担当者は「いや、これでも価値がありますから」という。でもこれは私とメーカーさんの議論でしかないですね。お客さんがどう評価するんですかというところに踏み込まないと市場は作っていけません。


柵木充彦

私は2011年に、デンソーから移り社長に就任したのですが、ビッグサイトで開催された自動認識総合展での自社の展示を初めて見た時に、お客様視点ではなく、つくる側の論理でやっているように見えました。そこで「お客様の立場に立ってやろう」といって、取り組み、今年はずいぶんよくなりました。


稲盛和夫

仕事をしていた80代初めまでは、日々、反省をしていました。特に第二電電、今のKDDIを創業して、自分の専門外の事業に乗り出していったときには、本当に毎日のように反省していました。「動機善なりや、私心なかりしか」ということをね。「毎晩寝る前に、ベッドの上でそれを繰り返し口に出して、自分に問いかけるのです。おまえが今やろうとしていることは、動機は善なのか、私心はないのか、天地神明に誓ってそう言えるのかと。そのおかげで、たとえどんな誹謗中傷を受けようとも、これは絶対に負けないで頑張ろうという闘魂が湧いてきたんです。


堀之内九一郎

パーティなどにやたらと参加して、不特定多数の人とつながろうとする人は例えるなら、網を張って小さな魚を獲ろうとしている人。「何かあったら連絡してくださいね」といい合って名刺を交換したところで、何かのときに頼りになるはずがない。自分が持っている本当に大切な情報を軽い相手に教えるはずがないんですから。


数土文夫(數土文夫)

マネジャーの必須条件のひとつは人間に興味があること、あるいは人間が好きなことです。部下が困っている、得意になっている、悩んでいる。人間に興味がなかったらそれがわからないし、欠点ばかり目について長所を見いだせないからです。


河野英太郎

複数人同士で取引先と面会すると、最初は部長同士が話していても、ある部下が「へえぇ」「なるほど」と熱心に拝聴していると、取引先の部長はその部下の顔を見て話し始めるといったことはしばしば起こります。アイコンタクトをされるようになったら、自分の名前も覚えてもらいやすくなります。