名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

国枝慎吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

国枝慎吾のプロフィール

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

国枝慎吾の名言 一覧

「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。


多くの方に車いすテニスを知ってもらうには、僕が勝ち続けるしかない。


「緊張しないように」と考えるより、「緊張を味方につけよう」と考える方が、実力を発揮しやすくなる。


強くなれると実感した時や、プレッシャーが大きい大会で勝った時の感動は、苦しい練習を乗り越えるモチベーション。


対戦相手に挑む方が「勝ち負け=結果」がはっきりするので、モチベーションにつながりやすい面はあります。でも実際、試合後に「昨日よりいいプレーができたか」「あきらめなかったか」など、自分を評価する習慣をつけて自分に挑戦してみると、冷静に結果を見つめることができ、次の課題に取り組めます。すると、気持ちの浮き沈みの波が少なくなりました。


僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。


「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


「まずは強みを伸ばせ」という考え方がありますが、テニスは相手の弱みを徹底的に狙う競技なので、弱みをなくすことを優先し、そのうえで同じぐらい強みも伸ばします。


「大舞台では普段通りの実力は発揮できない」という意識を持って、練習や試合に臨むことが大事。そして、普段通りのプレーができない場合、どんな状況に陥ってもカバーできる「引き出し」をできるだけたくさん持つことが大切。


勝つためには自分の力を最大限発揮しなければいけません。ウィンブルドンやパラリンピックなど大舞台になるほど緊張は増し、実力を100%発揮するのが難しくなります。だから60%しか発揮できなかったとしても、勝てるように準備することが大事です。


「自分に向き合う」作業に必要なのが「ノート」です。反省、取り組むべき課題、その課題を克服して得たことをメモする。「現状」と「課題」を記録し続ければ、「今、自分に必要なこと」が常に明確になり、成長への近道になります。


国枝慎吾の経歴・略歴

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

松村寧雄

これくらいの時期にできたらいいな、と漠然と思い描くだけでは、いつまでたっても行動が伴いません。具体的な日付を決めるからこそ、それを実現するために、早め早めに手を打てるようになるのです。


桜井一紀

「部下の話はいつも聞いてるよ」と主張する人でも、その実、コミュニケーションがとれていないケースは多くあります。「腑に落ちる」話し方でなければ、部下はなかなか理解できないし、ついてもきません。相手が本当に理解できるかどうかを意識的に振り返り、十分でないと気づいたら自分の話し方、聞き方を軌道修正すべきです。


廣内武

今の時代は、エリアの情報を的確に共有したほうが有利。今や世の中の「際(きわ)」がなくなってきているからです。政治も経済も、産業界の川上から川下という基本構造も、あらゆる分野で際がなくなっています。例えば、鉄道会社が駅ナカや駅チカなどの新業態を開発して参入しています。したがって、際のない時代への対処の一つとして、地域に密着し徹底したエリア情報を生かしていくべきという考え方です。


倍賞千恵子

自分自身を歌で表現することと、観客が喜ぶ姿を見ること、どちらも楽しく、大事にしたいことですね。お客様から嬉しい反応があると、私自身も嬉しくなって、相乗効果のようによりよいステージになることもあります。そういう時は、お客様との一体感があって、本当に楽しい。


楠木建

センスを磨きたければ、好き嫌いを判断のベースに置くことが大切です。センスがいいというレベルに達するには、相当な鍛錬と試行錯誤が必要です。普通は途中で挫折しますが、好きなことになると人は努力を惜しまなくなる。「好き」は、努力の娯楽化です。自分の好きなことじゃないと、センスは育たないのです。それに対してスキルは、「好き嫌いを言っている場合じゃない」という話になる。たとえば、グローバル化の時代だから英語力は必要というプレッシャーで勉強したりする。センスはそうではありません。あくまでも好きだから磨かれるのです。


小泉八雲

日本人のように、幸せに生きていくための秘訣を十分に心得ている人々は、他の文明国にはいない。人生の喜びは、周囲の人たちの幸福にかかっており、そうであるからこそ、無私と忍耐を、我々のうちに培う必要があるということを、日本人ほど広く一般に理解している国民は、他にあるまい。


猪瀬直樹

わかっていないなら、わからせる。それが自分の評価を高める唯一の方法。評価は自分ではなく周りの人が決めるもの。自分にできるのは、周囲に認めてもらう工夫をすることです。その努力を放棄して、「上司は何もわかっていない」と不満を漏らしたところで、何の解決にもなりません。


青崎済

門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


加藤諦三

『Twin Demons』という本があります。そこに書かれている話です。二人の人がレストランで食事をしています。一人は蛙の足と生カキを注文します。それが最高の味であることを期待しているからです。もう一人は蛙がのたくったり、カキが泥のなかで繁殖したりしているのを想像し、それが自分の食道を通り、胃の中に入ることを思い、吐き気を催します。同じものを食べていても、これだけ違うのです。この本の著者は、同じ体験が幸福にもなるし不幸にもなると主張しています。


樋口裕一

会議などで上司をまともに敵に回したら損をするだけです。味方のふりをしてチクリと刺すのが賢い人のやり方です。「たしかにおっしゃるとおりです」といったん相手の主張を認めたうえで、「しかし」と切り返し、「その案を実行に移そうとしたときに、部長のような優秀な方ならできるかもしれませんが、私のような凡人では……」などと、相手を上手く持ち上げながら持論を展開していくのがコツです。これなら上司のメンツを潰さずに、自分の言いたいことを言えます。


佐久間昇二(佐久間曻二)

志を失うな。人間、逆境の中でこそ成長する。
【覚書き:松下電器副社長を退任後、有料衛星放送会社WOWOWの経営再建を任されたときの発言】


小泉光臣

タバコの歴史は非常に長いですが、シガレットはせいぜい120年です。既存商品以外にもまだ新たなフロンティアがあると思っています。