名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

国枝慎吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

国枝慎吾のプロフィール

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

国枝慎吾の名言 一覧

「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。


多くの方に車いすテニスを知ってもらうには、僕が勝ち続けるしかない。


「緊張しないように」と考えるより、「緊張を味方につけよう」と考える方が、実力を発揮しやすくなる。


強くなれると実感した時や、プレッシャーが大きい大会で勝った時の感動は、苦しい練習を乗り越えるモチベーション。


対戦相手に挑む方が「勝ち負け=結果」がはっきりするので、モチベーションにつながりやすい面はあります。でも実際、試合後に「昨日よりいいプレーができたか」「あきらめなかったか」など、自分を評価する習慣をつけて自分に挑戦してみると、冷静に結果を見つめることができ、次の課題に取り組めます。すると、気持ちの浮き沈みの波が少なくなりました。


僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。


「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


「まずは強みを伸ばせ」という考え方がありますが、テニスは相手の弱みを徹底的に狙う競技なので、弱みをなくすことを優先し、そのうえで同じぐらい強みも伸ばします。


「大舞台では普段通りの実力は発揮できない」という意識を持って、練習や試合に臨むことが大事。そして、普段通りのプレーができない場合、どんな状況に陥ってもカバーできる「引き出し」をできるだけたくさん持つことが大切。


勝つためには自分の力を最大限発揮しなければいけません。ウィンブルドンやパラリンピックなど大舞台になるほど緊張は増し、実力を100%発揮するのが難しくなります。だから60%しか発揮できなかったとしても、勝てるように準備することが大事です。


「自分に向き合う」作業に必要なのが「ノート」です。反省、取り組むべき課題、その課題を克服して得たことをメモする。「現状」と「課題」を記録し続ければ、「今、自分に必要なこと」が常に明確になり、成長への近道になります。


国枝慎吾の経歴・略歴

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

三浦雄一郎

老いぼれるのは結局、自分で諦めているんですよ。年を取ると、できない理由ばかりを一生懸命考え始めるんです。


稲葉善治

今、現場の最前線で何が起きているかまで、1人では把握できません。苦戦しているとか、勝っているとかいう生々しい話が最前線から集まってくるから、皆が知識を共有して、正しい判断ができる。限られた情報で決める方がリスクは大きいですよ。


小林喜光

私が国際会議で実感しているのは日本人の交渉能力の貧弱さです。欧米人に比べて圧倒的に弱いのです。日本の教育にディベートの訓練がほとんど皆無なのは日本として大きな問題だと思います。


中田亨

ミス防止に役立つのは、ミスの原因を探ったり、予防策を考えたりすることではありません。何より重要なのは、ミスを記録してためること。「ミスをしてしまうかも」と身構えるだけで、ミスの多くは防げます。つまり、ミスの事例を多く知っている人ほど、防げる可能性が高まるわけです。


井上智洋

安心材料といえるかどうかわからないですけど、ある新しい技術が出てきて、それが今ある仕事にとって代わるまではけっこう時間がかかるものなんです。スーパーのレジなんかはセルフレジにする技術はすでにあるけれども、消費者が対応できず、ついつい人間がいるレジに並んじゃう。あるいは経営者が面倒臭がってセルフレジを導入しないとか、いきなり変わるということではなく猶予はあるので、その間に考えるのも手です。


永井浩二(経営者)

今後は得意分野をさらに強化する。顧客のニーズがあり、勝ち目のあるところに集中する。特にアジアでは、米欧投資銀行の撤退もあり、大きな商機がある。今後はアジアに立脚したグローバル金融サービスグループを目指す。


沢渡あまね

ムダがそのまま放置されている原因として、まず雰囲気的に言えない、そしてムダに気づけない、ということがあります。だからムダな仕事を「見える化」「言える化」することが大切です。


澤田秀雄

企業というのは単純で、利益と経費の差で黒字か赤字かが決まります。赤字を黒字に転換させるためにすべきことは2つ。無駄な設備投資を削り経費を下げること。売上げを増やすこと。


IKKO

昔、素晴らしい絵を買うお金がなかったときに、絵にも優るものが、美しいスカーフの額装だって発想が生まれたんです。人生、創意工夫ですね。


酒巻久

私の考えでは、仕事に必要なのは「技術力(専門力)」と「相手力(人間力)」のふたつの力だと思います。技術力とは、ある分野についての専門的な知識や技術を持ち、与えられた課題を的確にこなす能力。相手力とは、相手の立場に立ってものごとを考え、相手をその気にさせて動かす力のことです。


アルベルト・ザッケローニ

日本は自分たちの特徴に合わせたサッカーをすべきだと思う。つまり今のテクニカルなサッカーをスピードに乗せてやることだ。確実に言えることは私は日本の伝統を変えていくつもりはない。その伝統の中に入っていくのはこの私であって日本人が私に合わせるのではない。


宇野郁夫

私は、今回の金融危機が起きた理由は世の中が急激に「無機化」してきたからだと思っています。そして、無機化した最大の要因はITというものが世界を席巻したことではないでしょうか。人としての感情などまったく感じられない、無機質で安易な情報だけが氾濫する世界。結果、人々から歴史観が失われつつあります。歴史とはすなわち人間が長年培ってきた知恵の塊です。それがいつの間にかないものとされ、過去の過ちにも多くの人が心をとめることすらなくなった。誰も本来あるべき価値観を見失い、人間として持つべき徳というものもなくしかかっているのです。