国枝慎吾の名言

国枝慎吾のプロフィール

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

国枝慎吾の名言 一覧

「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。


多くの方に車いすテニスを知ってもらうには、僕が勝ち続けるしかない。


「緊張しないように」と考えるより、「緊張を味方につけよう」と考える方が、実力を発揮しやすくなる。


強くなれると実感した時や、プレッシャーが大きい大会で勝った時の感動は、苦しい練習を乗り越えるモチベーション。


対戦相手に挑む方が「勝ち負け=結果」がはっきりするので、モチベーションにつながりやすい面はあります。でも実際、試合後に「昨日よりいいプレーができたか」「あきらめなかったか」など、自分を評価する習慣をつけて自分に挑戦してみると、冷静に結果を見つめることができ、次の課題に取り組めます。すると、気持ちの浮き沈みの波が少なくなりました。


僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。


9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。


「車いすだからここまでしかできない」という思い込みを取り払い、「健常者や格下の選手のプレーから盗めるものはないか」と常に考えて取り組むことが、今の自分を超えるために必要な要素。


「まずは強みを伸ばせ」という考え方がありますが、テニスは相手の弱みを徹底的に狙う競技なので、弱みをなくすことを優先し、そのうえで同じぐらい強みも伸ばします。


「大舞台では普段通りの実力は発揮できない」という意識を持って、練習や試合に臨むことが大事。そして、普段通りのプレーができない場合、どんな状況に陥ってもカバーできる「引き出し」をできるだけたくさん持つことが大切。


勝つためには自分の力を最大限発揮しなければいけません。ウィンブルドンやパラリンピックなど大舞台になるほど緊張は増し、実力を100%発揮するのが難しくなります。だから60%しか発揮できなかったとしても、勝てるように準備することが大事です。


「自分に向き合う」作業に必要なのが「ノート」です。反省、取り組むべき課題、その課題を克服して得たことをメモする。「現状」と「課題」を記録し続ければ、「今、自分に必要なこと」が常に明確になり、成長への近道になります。


国枝慎吾の経歴・略歴

国枝慎吾、くにえだ・しんご。日本の車椅子プロテニスプレーヤー。東京出身。9歳のときに脊髄腫瘍による下半身麻痺のため車椅子の生活となる。小学校6年で車椅子テニスを開始。麗澤大学国際経済学部卒業。アテネパラリンピック・ダブルス、北京パラリンピック・シングルスで金メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

柳川範之

学び直しというと技能訓練のようなことを思い浮かべがちだ。実際そのような訓練や教育が必要な面もあろう。しかし、たとえば哲学や歴史など、人文科学や教養科目と位置づけられる科目も、学び直しに大いに役立つ。社会経験を積んだ人が学ぶことで、高校を出たばかりでは見えなかった大きな気づきを得ることが多々あるからだ。


人見洋二郎

食べ放題の場合、お客様のストレスになるのが、「出てこない」ということです。焼肉であればお客様が自分で焼くのでいいですが、焼き鳥はそうはいきません。私が個人的に研究したものでいうと、その時間は9分以上。対して通常の焼き方をすると15分はかかってしまう。そこで当社は通常40g~50gといわれている烏を一回り小さい35gにし、オリジナルの電気焼台で焼くことで3分まで短縮したのです。


倉本聰

海抜ゼロの思想に戻らないと駄目だと思っているのです。皆さんは富士山で言うところの五合目を基準に物事を考えてしまっています。富士山では五合目までは車で行けてしまう。みんな上に行くことばかりを考えてしまう上に、歩かないで簡単に行けるようにするための発想ばかりをしてしまっています。しかし逆に言えば、四合目になれば断面がすごく大きくなります。三合目は四合目よりもっと広い。海抜ゼロは無限に広い。そうすると、自分の視野が広がります。それだけ選択肢が広がるということです。そういった物事をゼロから考えるという発想を持たなければ、いつか道を誤ってしまいます。


和田裕美

思考の癖がなかなか変わらないのは確かですが、否定的な言葉をなるべく使わず、意識して肯定的な表現をしてみましょう。すると言葉につられ、思考も徐々にプラスの方向に変わっていくものです。


野口功司

ベンチャー企業では、ある分野だけに特化してそのほかの部分に弱いといったことが多いのですが、当社が目指すサービスはIT面だけでなく、運営面の品質やセキュリティなどいずれにおいても一番を目指すこと。


鳥羽博道

カフェ・コロラド、ドトールコーヒーショップの成功は、時代に沿った業態を創り出して追い風に乗ったということだろう。世の中がだんだんと健康志向に向かっていく中で、健康で明るく老若男女ともに親しめるというコンセプトを持ったカフェ・コロラドが受け入れられた。また、日本人の豊かさ、食習慣の変化、若者文化の台頭、コーヒーが嗜好品から必需品へと変化していったことなど、ドトールコーヒーショップはそうした外的要因の成熟度とともに成長発展を遂げた。要は時代の大きな流れをどうとらえるかということだと思う。


吉田茂

地下資源に恵まれない日本が繁栄するにはまず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。


堀義人

言葉は自分の信じていることをどこまで言えるかで効力が違ってきます。少しでも自分の信じていないことを言ってしまうと観衆に伝わるのです。


吉山勇樹

近くの特定分野に詳しい人との関係、言ってみれば、人材のポートフォリオを充実させることで、他人のノウハウや脳みそを活用できるのです。自分のナレッジ(知識)をより広くより深くレバレッジ(拡張)できるとも考えられます。そうやって周囲の人の力を活用し、全体のパフォーマンスを当初の10倍以上にするようにコントロールするのが自分の役割です。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

嵐はいつでもやってきます。上手く対処できる態勢を日ごろから築いておく必要があります。


豊島逸夫

私がスイス銀行チューリヒのトレーディングルームで先輩スイス人たちから最初に教わったのは、「噂で買って、ニュースで売る」というやり方である。


藤本昌義

私はよく「当社にとっての価値」と「社会にとっての価値」、この二つの価値が創造できないと事業を続ける意味がないと言っている。総合商社は上流と下流を結ぶ、先進国と新興国を結ぶことで社会の発展に貢献していく会社。社員一人ひとりが商売の一歩先、二歩先を考えて行動していくことで成長を果たしていきたい。


鈴木喬(経営者)

商品開発にも民主主義はそぐいません。次に出す新商品を合議で決めれば、結果として、つまらないものばかりが量産されることになります。あれほど議論に時間を掛けたのに、ありきたりの結論しか出なかった。そんな経験を持つ人は少なくないはずです。


池田潤一郎

ユーザーにとってストレスフリーな海運にしなければならない。顧客が非常に使い勝手がいいと思えば、新たな需要を生み出せるはず。


イチロー(鈴木一朗)

苦しいけど、バッティングに終わりはない。もうこれで終わりというのがわかっていたら、救われるんです。もし、2割9分3厘でも、まあいいんじゃねえの、と感じている自分がいたら、ぶっ殺してやりたい(笑)。そんな打率しか残せていないことに怒りを感じている自分がいることは、悪くないんです。3割切って悪くないなと思いだしたら、僕、野球辞めます。4割を打つか、3割を切って満足したら、僕、確実に野球辞めますから。


ページの先頭へ