名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

国分良成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

国分良成のプロフィール

国分良成、こくぶん・りょうせい。日本の政治学者。「防衛大学校」校長。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同大学院政治学専攻博士課程修了。慶應義塾大学専任講師・法学部助教授・教授、慶應義塾大学地域研究センター所長、慶應義塾大学東アジア研究所所長、法学部長などを経て防衛大学校校長に就任。

国分良成の名言 一覧

原点にあるのは、防衛大学校設立時の基本理念であり、それを忘れてはいけない。


頂点に驕ることなく、更なる高みを目指していくことが大切。


幹部になるためには、小説も含めて幅広く本を読み、人間としての魅力を高めなければ、たくさんの部下を守り、統率していくことはできない。


国際化は留学生の受け入れだけでなく、防大からも学生を外へ出していくことが重要です。実際、海外に行った学生は、格段にレベルを上げて帰ってきます。真面目な学生ですから、たった4カ月の留学でも、英語力など、飛躍的に能力を上げてきます。ですので、機会さえ与えれば、ものすごく伸びていくんです。


日本はどういう国で、日本人とは何か。日本の文化・社会について、最低限の教養を積んでほしい。日本を知る、つまり自分の国を大事にするということは、他の国も大事にすることにつながります。日本を知り、世界もきちんと知ってほしい。


防衛大学は学生の使命や目的が非常に明確な学校ですから、逆に言うと、人間としての幅が狭くならないように、という思いを抱いています。そのためにも文化・教養を深めることが大切だと感じています。


歴史をきちんと回顧し、その歴史・伝統の上に新しい将来像を描いていくことが必要。また、そのときに大事なことは、過去の遣産の上に胡坐(あぐら)をかいてはいけないということ。


一番ボトムに力点を置いていたのでは、上の方がもったいなくて、必要以上に育たなくなる。ですから、今われわれは、真ん中の6割を引き上げていくことで、下を上げていこうと。真ん中を上げていくことで全体を上げていく。そういう方向でいこうということを学内で議論しているのです。


組織というのは縦と横の関係がありますけど、基本的には上下の命令系統がきちんとしていなければならないし、下の者は上の者に対してのフォロワーシップと言いますか、組織のリーダーシップとサポート体制が両立していなくてはなりません。それらを身につけるにはやはり、人間性が必要です。その人間性をいかにつくっていくかということです。


我々の仕事というのは、前面にでるのではなく、陰で支えるような仕事が多いんですね。そこには二つの重要なポイントがあって、一つは組織がきちんとしていること、もう一つは人間性がしっかりしていることです。


国分良成の経歴・略歴

国分良成、こくぶん・りょうせい。日本の政治学者。「防衛大学校」校長。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業、同大学院政治学専攻博士課程修了。慶應義塾大学専任講師・法学部助教授・教授、慶應義塾大学地域研究センター所長、慶應義塾大学東アジア研究所所長、法学部長などを経て防衛大学校校長に就任。

他の記事も読んでみる

長榮周作(長栄周作)

創業者の理念や経営哲学は、普遍的真理として今後も受け継いでいかなければなりません。一方で、個々の具体的な事業に関しては、情勢の変化に柔軟に対応していくことが重要です。非常に好調だった事業が、一年か二年のうちに赤字に転落するのも珍しいことではありません。そんな時には素早く見切りをつけて、新規事業に入れ替えていく必要があります。


黒田如水(黒田官兵衛)

上司の弱点を指摘してはならない。


嶋津良智

ネガティブ思考や被害者意識からは何も生まれません。ものごとのポジティブな面にフォーカスできるのが、稼げる人のものの見方、考え方といえます。


野口吉昭

小学生には、翌日の授業で必要なものをまずランドセルに詰めてから遊びに行くタイプと、当日の朝、家を出る直前にバタバタと準備するタイプがいます。一見直前に集中してやる当日の朝タイプが効率的なようですが、もし途中で忘れ物に気づいて取りに戻るなどをしたら、結局は余計に時間を費やすことになります。これは大人も同じです。


芳井敬一

働き方改革というわけではないのですが、今年の三が日は全国の店舗を休みにしました。私は東京本店長を4年半務めていましたが、その時も休みにしており、拡大した形です。休みにした結果、売り上げは落ちませんでした。私にはそもそも、お正月にどうして店を開けるんだろうという疑問がありました。お客様には家の購入動機があります。多いのはお子さんが学校に入学する時期に間に合わせたいという理由。それ以外には新しい家でお正月を迎えたいという理由もあります。ところが、当社の営業担当者のほとんどが、お正月を味わっていない。その人間がお客様に「お正月は新しい家で迎えましょう」と提案できるでしょうか。正月を味わって、その話ができる人間になって欲しいというのが、そもそもの私の考えです。東京本店長時代にデータを取ったところ、お正月の新規来場で契約に至る確率は、それほど高くないという結果が出ました。しかし、最初はみんな休むということを信じなかったですね。「本当はお店を開けるんですよね?」というので「開けるわけないだろう」と言っていたら、ある社員が来て「私だけ出ては駄目でしょうか」と。数字がないというんですが、もういいから休んでくれと(笑)。


柴田励司

疲労の原因は、物事を自分でコントロールできないことです。仕事で疲れないポイントは仕事を“アンダーコントロール”にすること。これができるかどうかにかかっていると思います。


中村獅童(二代目)

10円でもお金を頂いた時点でプロ。


岩田松雄

スターバックスの成長を支えているのは、なんと言っても、そのミッションです。


高城幸司

悪口の仲間にされないようにするには、相手の話を「分析的に」聞く方法が効果的です。「具体的に何があったの?」「その言葉のどこに腹が立ったんだろう?」と細かく事実関係を聞き出していくと、愚痴を言いたいだけの相手は話す気をなくします。そして「この人は愚痴の相手には向かない」と認識します。それは次第に、「生産的な話をするにふさわしい人」と見なされることにもつながるでしょう。


藤原健嗣

世の中が変化する中で、それに一喜一憂して慌てて対応するのは、事業の経済性も含めて得策ではない。自分たちが決めた目的やベースをもう一度再確認し、しっかり進めていくべきだ。


松本洋(コンサルタント)

仕組みは常に見直す必要がある。IT技術の進歩で仕組みが陳腐化したり仕組み同士の連携が悪くなっている可能性もある。


酒井誠(経営者)

自動車の完成車メーカーの場合、部品メーカーとの取引が成立すれば、当該サプライヤーの詳細な情報が社内に蓄積されますが、成立しないと部品バイヤーの机の中に入ったまま、といったケースが少なくない。サプライヤーの情報を検索できる形にして提供したいと思いました。一方、部品メーカーにも他の完成車メーカーの情報などが欲しいとのニーズが高く、それを吸い上げました。