団野村の名言

団野村のプロフィール

団野村、だん・のむら。日本のプロスポーツ代理人。大阪出身。カリフォルニア州立理工大学卒業後、ヤクルトスワローズにテスト生として入団(内野手)。その後、テレビで野球解説者を経て渡米し交渉代理人として活動を始める。野茂 英雄、マック鈴木、伊良部 秀輝、中村 紀洋、ダルビッシュ 有ほか多数の日本人選手のメジャーリーグ移籍の交渉代理人を務めた。

団野村の名言 一覧

交渉で一番大事なもの。それは誠実さ。


交渉とは、一方が高い金額、一方が低い金額を提示して真ん中で折り合うことではなく、こちらの要求額の根拠を見せて相手を説得する作業。


私たちは「胡散臭い」「嘘つき」と思われていて、マイナスからのスタート。だからこそ、嘘は許されません。


僕らは駆け引きはします。ただ、嘘はつきません。あとで問題化して結局はマイナスです。


まず市場を理解すること。1億円相当の選手は10億円も貰えない。それを自負心の強い選手に理解させることです。そのうえでほかの選手のデータを参考にしつつ、どこでどう活躍したかを検証し、そこで見出したユニークさを武器に、交渉で1億5000万円、2億円につり上げるんです。


いい代理人かどうかは、選手が決めることです。きれいごと抜きで、選手にとって何が一番かを考えないといけません。


嘘をつく人は、ついた嘘の内容を覚えていない。あとからそこを突かれ、足元をすくわれます。


2人か3人で臨んだ方が、交渉は有利に運べます。警察みたいに一方が強気に攻め、もう一方が優しく対応する。いろいろ議論する中で、相手がポロッとこぼした言葉を拾って、相談してチャンスを見出したり。今回はその連携がいい感じでできました。


代理人は基本的にネガティブシンキング。交渉で「NO」と言われた場合の別プランを常に準備している。「NO」と言われてすぐ心が折れる人はポジティブシンキングすぎるんです。


どんな優れた選手でも、同じタイプの選手が先に採用されれば必要とされないし、逆にギリギリまで待つことで市場価値が上がることもある。情報を集め、市場の流れを掴み、初めて有利な交渉ができる。


嘘の情報で契約金を吊り上げても、後でバレるし、次の仕事にも影響する。そういう嘘の駆け引きは絶対しない。常に誠実さを持って、真実を伝えないと続かない。


団野村の経歴・略歴

団野村、だん・のむら。日本のプロスポーツ代理人。大阪出身。カリフォルニア州立理工大学卒業後、ヤクルトスワローズにテスト生として入団(内野手)。その後、テレビで野球解説者を経て渡米し交渉代理人として活動を始める。野茂 英雄、マック鈴木、伊良部 秀輝、中村 紀洋、ダルビッシュ 有ほか多数の日本人選手のメジャーリーグ移籍の交渉代理人を務めた。

他の記事も読んでみる

小林喜光

最後は、いかに付加価値を上げるかということに行き着く。そのためにも、コトづくり、ストーリーづくりが大切。


的場浩司

デビュー作『首都高速トライアル』の撮影中、芝居をしながら「あ、俺、天才だ」って思ったんですよ。だから、監督が「そこ、もっと笑って」と言っても、「俺、十分笑ってますよ」なんて偉そうに言い返してた。役者デビューの新人が。でも、できあがった作品を見たとき、唖然とした。そのシーンも監督の言うとおり、全然笑えてないし、全体的にロボットみたいな動きをしているし。もう、試写室で監督に土下座です。「申し訳ありませんでした」と。その瞬間に天才だと思っていた自分はどこにもいなくなって「最低だ、自分は」と痛感。本当に芝居は難しいものなんだと思い知ったんですよ。演じることの深さ、ゴールのなさ。それを初めての作品で学ばせてもらった。すごくラッキーでした。


平野友朗

良いメールかどうかを判断するのは書いた本人ではなく、受信した相手です。少しでも不愉快に思う人がいることはやらない方がよいでしょう。


内藤忍

将来に向けた資産形成のための投資なら、大きく勝つことより、「大きく負けない」ことを強く意識すること。大きく勝とうとすると、無謀な投資になってしまい、リスクの取りすぎで失敗します。


郡山史郎

45歳までは勉強期間。それまでに何をするかで、その後の人生は決まる。


安部修仁

我々は無借金経営で増収増益が続いていました。そうなると組織は硬直化して、セクショナリズム、官僚化が起こる。そこで無理難題を解決するために、革新運動を進めることにしたのです。全社で様々な改善を行って、あらゆるコストの見直しをしました。


村上太一

重要だと思うことは、一流の人と会うこと。これが大きかったかもしれません。


税所篤快

僕は、バングラデシュはアジアの最貧国なので予備校なんてないと勝手に想像していました。ところが予備校が並んでいる通りがありました。これだけ予備校があれば優秀な先生もいるはずだと考え、学生たちにリストアップしてもらった人気講師の授業をひとつずつ見学に行きました。


美崎栄一郎

人脈とは、言い換えるなら「快く力を貸してくれる関係」ではないでしょうか。つまり、信頼でつながっていることが必要なのです。そのためには、まずは自分が何者であるか――どのような仕事をしていて、どういった人柄なのか、を知ってもらう必要があります。


藤田晋

厄介なのは、与えた「貸し」は鮮明に覚えていも、受けた「借り」は、時間が経つにつれて忘れてしまうこと。だからこそ、「借りっ放し」を避けるためにも、素早く、きちんと返していく意識を持ちましょう。


逸木裕

改稿を重ねるにつれて、曖昧だった理子のキャラクターも固まっていきました。彼女を書ききれたことは、今回の作品(『少女は夜を綴らない』)の大きな収穫だと思います。女子中学生という、自分からはかなり遠いところにいる立場の主人公に寄り添って、「彼女はどんな人なのかな」と書いていく。それがいい経験になりました。


マハトマ・ガンジー

幸せとは、自分が考えていること、言っていること、そしてやっていることが調和しているときのことを言います。


高城幸司

昔のように、社会全体が右肩上がりの時代と違い、いまは個々のビジネスパーソンが目標設定をしにくい時代ですが、いまの自分の足もとをきちんと見つめれば、必ず成果への登坂ルートは見つかるはずです。


高岡浩三

今後は、顧客がまだ気づいていない問題を解決するイノベーションが必要。「そうそう、こんな商品やサービスが欲しかった!」と言ってもらえるよう、顧客自身の潜在的な欲望を形にするマーケティングをしなければ生き残れない。


樫尾和雄

もはやひとつの新製品でヒットを狙う時代ではない。これからはエレクトロニクス技術を生かし、新製品ではなく新事業をつくらなくてはいけない。


ページの先頭へ