名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

四方田豊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

四方田豊のプロフィール

四方田豊、よもだ・ゆたか。日本の経営者。「かっぱ寿司」などを展開する「カッパ・クリエイト」社長。茨城県出身。法政大学経済学部中退。レインズインターナショナルに入社。執行役員、専務取締役執行役員、コロワイド東日本代表取締役、ダブリューピィージャパン代表取締役、コロワイドMD社長などを経てカッパ・クリエイト社長に就任。

四方田豊の名言 一覧

工夫を重ねれば、値段以上の価値を生み出せる面白さがある。


原価を下げるだけでは驚きのある商品は提供できない。


これまでの回転寿司チェーンがやらなかった取り組みで、お客様に選ばれる店舗にしたい。


四方田豊の経歴・略歴

四方田豊、よもだ・ゆたか。日本の経営者。「かっぱ寿司」などを展開する「カッパ・クリエイト」社長。茨城県出身。法政大学経済学部中退。レインズインターナショナルに入社。執行役員、専務取締役執行役員、コロワイド東日本代表取締役、ダブリューピィージャパン代表取締役、コロワイドMD社長などを経てカッパ・クリエイト社長に就任。

他の記事も読んでみる

上田渉

スキマ時間は意外とあるんですよ。私はスキマ時間の長さによって何をするか決めています。短い時間であればタスク整理、メール返信などの時間に充てますし、15分以上あればオーディオブックを聴くなどします。


高橋英樹(俳優)

時代劇で描かれる歴史上の人物というのはすごいですよ。ほとんどの人物が忘れられていく中で、いまだに名前も残っていて、業績も残っている人たちなんですから。残る人たちは何が違うかと言えば、それは人物としてのエネルギーであり、活力。国を思う心。愛。そういったものでしょうね。


藤原健嗣

日本でダメになった産業を海外に持って行くという考えでは、一世代で終わってしまいます。そうではなく、世界でのポジションをきちんと得られる事業展開をしていくことが重要。


武井浩三

人材の新陳代謝は非常にいいと思います。会社というのは離職率が低ければいいわけではなく、相性の問題が大きいため、結果的に自社に合う人材が残るのは、極めて自然な状況でしょう。


増田直紀

人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


羽子田礼秀

よく三現主義と言いますよね。現地に足を運び、現物を手に取り、現実を知る。でも、私はそこに「現人」を加えた「四現主義」を唱えます。現地のお客様や従業員と接点を持つことが大事だと思うからです。お客様がおいしそうに試食している姿を見れば、私たちの考えが間違っていないことを確認できます。現地社員の努力も手に取るように感じられる。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

皇居前にパレスホテルがあるよね。リニューアル・オープンして、大評判になった。個人消費の低迷で宿泊客が減り、一時はいろいろなことに手を出していたけれど、その時期は自分ブランドが揺らいでいたんだよ。でも、原点に戻り、開業時のレストランメニューやバーを復活させて、見事にブランド力を取り戻した。信用というのは、ブームに左右されたり、目先のことを追いかけてばかりいたら、絶対に築けないものなんだ。


ロバート・キヨサキ

妻のキムと私は、経済的にはそれぞれ自立しているが、同時に一つのチームでもある。互いの抱える問題を話し合い、互いの勝利をともに祝う。日頃からよく話し合い、変えるべきは変える。ビジネスや投資についてキムにアドバイスを求めることも多いし、彼女も同じように私を頼りにしている。問題が起これば、互いに助け合う。張り合うことはせず、相手の勝利を願い、絶えず励ましあっている。


村口和孝

私のところには、ベンチャー創業や、事業本格的展開したいとのサラリーマン、または出身者からの相談が多い。サラリーマン生活に数年でも慣れてしまった人がベンチャーを創業する場合‐なかなかサラリーマン感覚が抜けないという症状に悩む人が多いように思う。


杉田浩章

デジタル化でコスト構造がガラリと変わり、過去の蓄積で競合に勝つことはできません。レガシーなアセット(資産)を積み上げても、意味がなくなっているんです。かつて、大企業にとってはレガシーこそが強みになっていたわけですが、今はまさにジレンマに陥っています。


小飼弾

ブログで何から書き始めていいのかわからなければ、相手の言ったことに対してツッコミを入れてみてはどうでしょうか。自分からアクティブに発信するのではなく、リアクティブ型なら、語る相手も明確になるし、あまり構えることもなく書きはじめられるはずです。


似鳥昭雄

ニトリではお客様からご好評をいただいている製品でも、その声に甘んじず毎年、改善を重ね続けています。数ある商品の中で、それを手に取りたくなる、そんな品質を常に磨き続けることが大切だと思います。