名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

四ツ柳茂樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

四ツ柳茂樹のプロフィール

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

四ツ柳茂樹の名言 一覧

起業は誰にでもできます。少ない元手で独立することも可能なんですよ。少ない元手で、サラリーマン時代以上の収入を稼いでいる人たちには、いくつかの共通点があります。それは、好きなこと、得意なことで起業していること。好きなこと、得意なことであれば、労を惜しみません。どうすれば少ないお金で事業を展開できるのか、アイデアも浮かんできやすいと言えるでしょう。


行政の融資、助成金制度を活用すれば、少ない元手での起業が可能です。日本政策金融公庫は公的な金融機関なので、民間の金融機関と比べ、創業時にも借りやすい。また、各自治体が行なっている制度融資を利用すれば、民間の金融機関から借りたお金の利子の一部を援助してくれます。


起業するときに行政のサービスをうまく活用することも大切。行政には、創業を支援するためのサービスが多数あります。たとえば、国の融資制度は、担保・保証人がいらない上、民間の金融機関と比べて、低利です。また、商工会議所では、弁護士や税理士、公認会計士による相談窓口を設けていますし、定期的にセミナーや講演を開催しています。しかも、利用は無料です。


四ツ柳茂樹の経歴・略歴

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・マッケイ

あなたの能力がどの程度であろうと、これからいくらでも伸ばすことができる。


良寛

散る桜 残る桜も 散る桜
【覚書き|辞世の句】


辻本良三

まず考えたのは、いかにマルチプレーをしてくれる環境をつくれるかということでした。友人に「一緒にモンハンやろうよ」と声をかけるためのきっかけや話題のネタをたくさん作ろうと思ったんです。


諏訪貴子

読書は無理をしすぎないことも大切です。名著と言われているビジネス書に挑戦してみたら3ページで挫折したという経験もあるので(笑)、読みづらい本は無理に読まないようにしています。世間で高評価を得ていても自分にとって不要な本だと思えば、取り入れません。完読までの日数や次に読む本など、細かいルールも決めていません。自分に優しい読書スタイルが、結果として、知識の蓄積にもつながっていると思っています。


山崎将志

「残念な人」とは、能力もやる気もあるのに、結果が出ない人のことです。そういう人って、お金の稼ぎ方も使い方も貯め方も、全部残念なんですよ。考え方が間違っていることに気がつかないまま、ムダに頑張っても結果は出ません。一所懸命やっているのに、会社で評価されない。不満やストレスがどんどん溜まってくる。実にもったいない話です。


能作克治

いい意味で伝統を壊して変革させないといけない。海外進出はその代表例で、現地の生活スタイルに合わせて、提案する食器を変えないと成功しない。


藤川球児

ストレートを投げて打たれた方が悔いがない。


内田和成

新しい勝ちパターンを作るときに重要なことは「顧客の視点」と「企業の視点」という二つの軸で見ること。


山下孝一

子どもたちは全員できます。出来ない子は出来ないのではない。少し時間がかかるだけで、出来るまで待ってあげればいい。前途洋々の子供たちに大人が「ダメだ」と言っているだけ。


片田珠美

常に自分が一番でいたいと思っている人ほど、嫉妬しやすい傾向があります。客観的に見れば、同僚のほうが実績も能力も優れているのに、自己愛が強い人はそれを認められません。また、自分の中に確固とした価値観がなく、常に他人と自分を比べることによってしか自己確認できません。相対的な尺度でしか価値を判断できないから、年収や家の広さ、車のグレードなど、目に見えるモノにこだわります。


日覺昭廣

東レのコア技術は何かと言えば、合成繊維を作り出す高分子化学であり、有機合成化学なのです。繊維以外の分野に展開できる応用力もあります。この技術を捨てて、短期的に儲かるからという理由だけで別の事業に飛びつくことは、我々には恐ろしくてできません。既存事業と関係ない領域でM&A(合併・買収)を行わない理由もそこにあります。


堀紘一(コンサルタント)

世の中には「時間がない、時間がない」という人がいる。しかし僕の経験では、歴代総理や大会社の社長はいずれも会見を頼んだら一週間以内に時間をくれた。ところがそこそこの会社の役員クラスは、「忙しいから」といってなかなかスケジュールを固めてくれなかったりするのだ。そういうとき僕は、「なるほど、その程度の人物なんだな」と納得するようにしている。時間の使い方ができていないということだ。