名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

四ツ柳茂樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

四ツ柳茂樹のプロフィール

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

四ツ柳茂樹の名言 一覧

起業は誰にでもできます。少ない元手で独立することも可能なんですよ。少ない元手で、サラリーマン時代以上の収入を稼いでいる人たちには、いくつかの共通点があります。それは、好きなこと、得意なことで起業していること。好きなこと、得意なことであれば、労を惜しみません。どうすれば少ないお金で事業を展開できるのか、アイデアも浮かんできやすいと言えるでしょう。


行政の融資、助成金制度を活用すれば、少ない元手での起業が可能です。日本政策金融公庫は公的な金融機関なので、民間の金融機関と比べ、創業時にも借りやすい。また、各自治体が行なっている制度融資を利用すれば、民間の金融機関から借りたお金の利子の一部を援助してくれます。


起業するときに行政のサービスをうまく活用することも大切。行政には、創業を支援するためのサービスが多数あります。たとえば、国の融資制度は、担保・保証人がいらない上、民間の金融機関と比べて、低利です。また、商工会議所では、弁護士や税理士、公認会計士による相談窓口を設けていますし、定期的にセミナーや講演を開催しています。しかも、利用は無料です。


四ツ柳茂樹の経歴・略歴

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

「ストレスを多く感じながらも、ストレスには何らかのメリットがあると思っている人」。例えば、ストレスが集中力を高めるのに役立つとか、ストレスの多い状況を経験することで自分を強くすることができると思っている人は、より健康的で、幸せで、仕事でもいい結果を収めています。ストレスは、モチベーションと活力を与えてくれます。ストレスには、人と人とのつながりを深める働きもあります。私たちの意志を試し、力を伸ばす手助けをしてくれます。そうやって私たちは学び、成長するのです。


安岡正篤

新という字を知らぬ者はいない。しかし新という字の真の意味を理解する人は意外に少ない。元来この字は「辛」と「木」と「斤」との組み合わせである。辛は努力を意味し、斤は木を斬る「まさかり」「大斧」であり、これで木を斬ること、それから「斤斤」といえば明らかに見分ける、また慈しむの意がある。すなわちよく木を愛し育て、それを努力して加工し、新――あらたなものにして活用するということを表すものである。本当に新しくするのには大した用意と努力を要するわけで、新人などざらにあるものではない。


松波晴人

結局、行動観察で何をしているのかというと、現状を適確に把握するということです。仕事をもっと早くするためにはどうすれば良いのか、「上司が話しかけてくるから集中出来ない」なんて言うけれど、本当はどうなのかというのを客観的に見る。そうしたら、思ったほど上司が話しかけていないということも分かるんです。


小泉光臣

社長のところに日々集まってくる情報だけでは、十分とはいえません。市場の変化の兆し、まだ顕在化していない社内の課題など、本当に必要な情報は、社長へのレポートにまとめる時点でかなり落とされてしまっているからです。それらを補うには、自ら社員の言葉に耳を傾けるしかありません。私が時間を見つけては現場に顔を出すのはそのためです。


吉田尚記

コミュニケーションは技術ですから、持って生まれたセンスや才能に関係なく、練習すれば誰でも必ず上達します。


坂根正弘

天才は、その場で頭の中からアイデアを引き出すひらめき的な発想ができます。一方、凡才であっても、思いついたアイデアを常に見える化しておけば、発想が途切れず、天才とのギャップを埋めることができます。見える化は仕事の質を格段にアップさせる極めて効果的な方法です。


越智直正

流行を追うと、流行に捨てられる。


チャールズ・ケタリング

進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


丹羽宇一郎

政治も経済も、何でも米国に追随すればいいというものではない。たとえば、社外取締役の導入といったガバナンス改革も、米国流を形だけ真似ても、意味がない。日本をよくするためには何が必要なのか、日本の文化、風土を背景とした社会、企業の在り方を自らの頭で考えるべきだ。


河合薫

大切なのは目の前の仕事に丁寧に取り組むこと。40代になるとある程度の仕事はこなすことができます。でもそうではなく、ちょっとだけ工夫をしたり、ちょっとだけ周りが喜んでくれるようにきちんとやったりする。そうすれば自分自身も変わっていくし、周りの見る目も変わってくるはず。


田口佳史

気付いた時にはもう遅いんです。でも、気付く分だけチャンスはある。危機感が生まれ、何とかしなければならないと思った時に、人は根本的なところに返ってくるのではないでしょうか。


泉谷しげる

人間はどうやったって疲れる生き物だから。むしろ、どこまで突っ張って、波風立てて、疲れられるかが勝負だよ。