四ツ柳茂樹の名言

四ツ柳茂樹のプロフィール

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

四ツ柳茂樹の名言 一覧

起業は誰にでもできます。少ない元手で独立することも可能なんですよ。少ない元手で、サラリーマン時代以上の収入を稼いでいる人たちには、いくつかの共通点があります。それは、好きなこと、得意なことで起業していること。好きなこと、得意なことであれば、労を惜しみません。どうすれば少ないお金で事業を展開できるのか、アイデアも浮かんできやすいと言えるでしょう。


行政の融資、助成金制度を活用すれば、少ない元手での起業が可能です。日本政策金融公庫は公的な金融機関なので、民間の金融機関と比べ、創業時にも借りやすい。また、各自治体が行なっている制度融資を利用すれば、民間の金融機関から借りたお金の利子の一部を援助してくれます。


起業するときに行政のサービスをうまく活用することも大切。行政には、創業を支援するためのサービスが多数あります。たとえば、国の融資制度は、担保・保証人がいらない上、民間の金融機関と比べて、低利です。また、商工会議所では、弁護士や税理士、公認会計士による相談窓口を設けていますし、定期的にセミナーや講演を開催しています。しかも、利用は無料です。


四ツ柳茂樹の経歴・略歴

四ツ柳茂樹、よつやなぎ・しげき。日本の中小企業診断士、起業・事業計画専門家。「OCL」代表。京都大学大学院修士課程修了、NTTなどを経てOCLを設立。著書に『あたりまえだけどなかなかできない起業のルール』。

他の記事も読んでみる

梅田望夫

シリコンバレーから世界的企業が生まれた要因をひとつ挙げるとすれば、シリコンバレーでは、20代の若者が途方もない夢やビジネスアイデアを語っても、「面白い。ぜひやれ」と大人たちが言ってくれる風土があるということでしょう。実際、世界的企業となったシリコンバレー企業は、いずれも20代の若者がつくった会社です。アメリカ国内でも、こうした風土を持った地域は他にありません。


マイケル・ポーター

毎年、数人の教え子が「私はこれから何をすべきでしょうか」と聞きに来ます。私のアドバイスはいつも同じです。「報酬をもらえなくてもやりたいと思えることは何かを考えなさい」と。名声や高額の報酬を得たくて仕事を選ぶ人は、偉大な経営者にはなれません。


出口治明

「世の中には、決める人と、それ以外の人しかいない」。私が30歳の頃、家業を継いだ友人から聞いた話です。確かに、大企業の取締役であっても迷ったら社長にお伺いを立てることができる。しかし、大小問わず会社のトップは、すべてを自分が決めなければなりません。


外井浩志

納期が厳しいようなら少し緩めてもらうとか、人が明らかに足りないのであれば誰かつけてもらうようにお願いしたほうがいい。それでも上司がそのまま業務を押し付けてきた場合は、訴訟になれば会社側が不利になるだけ。それどころか、部下が自ら進んで長時間残業をした場合でも、それを黙認したと使用者側の責任になる。管理職は部下に対して「働け」ではなく、「働きすぎるな」と注意しなくてはいけない時代になったといえます。


蒲島郁夫

やるからには明るく楽しくやらなくてはいけない。


長榮周作(長栄周作)

創業者(松下幸之助)は、松下電器を創業した初期の頃、ソケットやプラグの材料である「練物(ねりもの)」の原料や製法を全社員に公開しました。技術の流出を防ぐ意味で当時はそうした情報は社員に隠されることが一般的だったため、「ガラス張り経営」の先駆であるとよくいわれます。私としては、そこには全社員と情報を共有して、より優れた知恵を集めるという意図もあったのではないかと推察しています。


安藤宏基

自分の担当ブランドの売上を伸ばすためなら、隣のBM(ブランド・マネージャー)のブランドとシェアを奪い合う、いわゆる力ニバリ(共食い)を起こしても一向にかまわない。商品開発にあれはやってはいかん、これはダメというような制約はない。


押味至一

もはや、自ら優秀な人材を育成していかないと現場が成り立たない。


土屋公三(経営者)

目標を達成できた社員には会社がきちんと報いる必要があるのではないでしょうか。そのことを経営側が約束すれば、社員は知恵を絞って定時までに仕事を終えるよう頑張ってくれるはずです。


佐藤可士和

毎回真剣勝負でやらないと勝ち上がれない。


増田宗昭

うちは企画会社です。CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は企画会社ですから、企画を出すことで世の中に貢献したいのです。


諏訪内晶子

人生には本当にいろいろなことが起こるけれど、そのいろいろなことを無駄にせず、経験を自分の内面で芸術として成熟させなければなりません。成熟こそが問われていることなのでしょう。


かわぐちかいじ

キャラクターを突き詰めていくときに、考えるというよりも「声を聞いてあげる」という感じが一番近いかも。このキャラクターが何を一番言いたいのかなっていう。こっちができるだけ虚心坦懐になって聞いてあげる。


出路雅明

当社には、「アフロの日」というのがあります。その日は、スタッフ全員がアフロヘアのかつらをかぶることにしています。お客さんもアフロヘアで来店してくれたら、商品を2割引きや3割引きにします。普通のファッションショップは、カッコよさ、カワイさ、オシャレさを極めていきますが、ぼくたちはオシャレさではなくて、アホを極めていこうと。それで、他社との差別化を図ろうと考えたんです。


野村克也

俺の場合は、子供の頃から「打撃の神様」といわれた川上哲治さんが憧れだった。だから2軍の時から、オープン戦で巨人と対戦する時は、いつも川上さんの練習ぶりを見ていた。すると、ある時、練習で川上さんがいつもゴルフのように、やたらと低めの球を打つ素振りをしていることに気づいた。「なんであんなことを?」と考えて、自分でもマネしたんだ。聞きにはいけないからな。マネして低めに何度も何度も素振り……。すると、ハッとわかったんだ。その後、普段通りに素振りすると、何も負荷がかからない。しかし、低い位置で素振りしていると「膝」「腰」の使い方、回し方がより強調されるんだ。下半身の使い方を体に覚えこませるため、低めの素振りをしていたんだな。引退後、川上さんと話す機会があり、尋ねたら「その通りだ」と言っていたよ。


ページの先頭へ