名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜田哲弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜田哲弘のプロフィール

喜田哲弘、きだ・てつひろ。日本の経営者。「T&Dホールディングス」社長。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大同生命保険に入社。企画部長、取締役、常務、社長を経てT&Dホールディングス社長に就任。

喜田哲弘の名言 一覧

仕事で大事にしていることは、独善的にならず、外の目を意識すること。


自分の常識だけでものを見ないことが大切。


いまIRで海外投資家に説明に回っているが、外側から話を聞かせていただくことが我々にとって大切な視点の一つになっている。


大切なのは、「風に聞け、波に学べ」。ヨットは風や波を見て一歩先を読み、操縦する。経営も同じ。


本当に顧客本位の営業をしないと勝ち残れない。


生保の経営は長期視点。


24歳のとき、約40社から人を集めたファイナンス会社に出向した。私のようにとにかく元気が取り柄の生保マンもいれば、冷静に数字を見る銀行の方もいた。同じ仕事でも、様々なアプローチがあることがわかり非常に勉強になった。


喜田哲弘の経歴・略歴

喜田哲弘、きだ・てつひろ。日本の経営者。「T&Dホールディングス」社長。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大同生命保険に入社。企画部長、取締役、常務、社長を経てT&Dホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

平賀敏

どんな人間にも長所ばかりでなく、短所のあるのも当たり前で、人を使うものはできるだけその長所を生かしていかねばならない。


本田健

株、国債、投資信託、外貨預金、FX、不動産、金など、具体的に何に投資をしたらいいか。残念ながらこれには正解はありません。お金のルールはたえず変わります。誰かがワンルームマンションに投資して儲かったからといって、明日も同じとは限りません。人と同じことをするのではなく、まず自分なりに経済を勉強し、時代の流れを読む力を養っていくのが大事です。このようにお金を稼いだり増やしたりする知識や智恵のことを、私は「お金のIQ」と呼んでいます。お金持ちになる方法は、このIQを高めていくことです。ただ漠然と「もっとお金があったらいいなぁ」と夢見ても、人生には何も起こりません。ぜひもっとお金と真剣に向き合い、学んでいくことをおすすめします。


大島渚

情報もいいでしょう。でも、生の体験は強い。


三井悠加

浮世絵を世界に広めるアイデアはいろいろあります。最先端のメディアアートと組み合わせて、日本の伝統工芸とテクノロジーを紹介するのも面白い。いろいろなやり方で世界に「UKIYOE」を広めたい。


鈴木純(経営者)

ビジネスの軸足を変えていくという真の構造改革は、社員が有機的に動かないと実現できない。


島田義彦

いかに新しいものを見つけてくるかを重視しています。食品なんか特にそうですが、トレンドになりつつあるものを敏感に、現場がいち早く情報収集することが大事ですよね。それには社員全員が好奇心を持って仕事に臨むしかない。


白石康次郎

正直に言えば、若いころは世界一周をもっと簡単にできるものだと考えていました。でも朝顔だって、種を蒔いた翌日にすぐ芽は出ませんよね。ともすれば、人間はすぐ結果を欲しがりますが、「時」が来なければ芽は出ないし花は咲かない、それが自然の理(ことわり)なのです。


橋本信次郎

全国の花の生産者を回るうちに、見えてきたことは、みなさん流通で困られているということ。当時は、卸売市場法により花の販売は必ず市場を通すのがルールでしたが、市場に出すには寸法や花の開き具合など細かい条件があり、規格に沿わないために出荷できない花が大量に出てしまう。また当然ですが、市場を通すと時間がかかる分、花の鮮度は下がるし、間に物流会社が入れば価格は上がる。生産者から直接お客さんに届ける産地直送が、鮮度・価格の両面で大事だと分かりました。


三田紀房

計算が不得意なビジネスマンが、会計の知識くらい必要だと、突然勉強を始めたりしますよね。そういう人をみると、「やめておいたほうがいいのに」と思います。これほどの時間のムダ使いはありません。たいていの場合、会社にはその人よりも会計に詳しくて計算も得意な人間がいるものです。そういう人と比べたらいくら努力をしても、「スピードも遅いし、成果も見劣りする」という評価になるのは避けられません。だったら無理に克服するより、得意なものを伸ばしていったほうが、本人のためにも会社のためにもなるはずです。


中井貴一

失敗したり、嫌なことがあったら、ドン底まで落ち込みますね。そのほうが立ち直りが早い。よく溺れることにたとえるんですけど、パニックになって手足をバタバタさせれば、水の抵抗が増して、上がりにくくなる。むしろフッと力を抜くほうが浮力がつきやすい。心も同じ。落ち込んではいけないとムリに力を入れるより、あえて、底まで沈んで地面についたら、もう落ち込みようがないから上がるしかない。


傳田信行

アンディ・グローブを始め、インテルのCEOとは「ハーイ」と名前で呼び合う関係で侃々諤々の議論をしました。特に、アンディは「Why?」を連発し、「NO」から始まる経営者でしたが、そのやり取りを通じて部下は成長し、会社が急成長する原動力となっていました。


西岡喬

自分一人が売ったところで、何の意味もないと思ってしまっては駄目です。社員全員が売ろうという気持ちで一丸になれば、目標をしっかりと達成することができるのです。