喜田哲弘の名言

喜田哲弘のプロフィール

喜田哲弘、きだ・てつひろ。日本の経営者。「T&Dホールディングス」社長。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大同生命保険に入社。企画部長、取締役、常務、社長を経てT&Dホールディングス社長に就任。

喜田哲弘の名言 一覧

仕事で大事にしていることは、独善的にならず、外の目を意識すること。


自分の常識だけでものを見ないことが大切。


いまIRで海外投資家に説明に回っているが、外側から話を聞かせていただくことが我々にとって大切な視点の一つになっている。


大切なのは、「風に聞け、波に学べ」。ヨットは風や波を見て一歩先を読み、操縦する。経営も同じ。


本当に顧客本位の営業をしないと勝ち残れない。


生保の経営は長期視点。


24歳のとき、約40社から人を集めたファイナンス会社に出向した。私のようにとにかく元気が取り柄の生保マンもいれば、冷静に数字を見る銀行の方もいた。同じ仕事でも、様々なアプローチがあることがわかり非常に勉強になった。


喜田哲弘の経歴・略歴

喜田哲弘、きだ・てつひろ。日本の経営者。「T&Dホールディングス」社長。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、大同生命保険に入社。企画部長、取締役、常務、社長を経てT&Dホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

下村博文

実は私自身も、民間企業を営業して回ったんですよ。それから文科省の役人もファンドを集めて回りました。役人は補助金などを扱うばかりで、お金に対する鋭敏な感覚が足りません。でも、頭を下げて回ったのは意識改革にもなりましたね。

【覚え書き|「トビタテ!留学Japan」立ち上げを振り返って】


小宮一慶

反省というプロセスのない人は、何をやっても成長できない。


山西健一郎

プロジェクトのゴールをしっかり把握していることが大切です。目の前の作業を全力でこなしていくような仕事の仕方では、いつか本来の目標を見失い、思った以上にロスが多くなるでしょう。無駄をできるだけ削ぎ落とし、本来の目的に最短距離で向かうべく手帳の上でシミュレーションします。


水野幸男

外国から評価の安定したソフトウェアを買ってくる手法は、確かに手軽で安上がりです。しかし、そればかりでは独自技術は育ちませんし、現場の意欲が高まるはずもありません。


大西洋

百貨店は小売業の王様だと言われていた時代が何十年も前にありました。当時の百貨店には何でも揃い、ちゃんとした接客があり、価値ある商品が並んでいると認識されていました。もう一度そこを目指せば、百貨店が必要とされる時代は必ず訪れると思っています。


山内溥

『任天堂はライセンス契約を利用して、ピンハネして、そして不当利得を得て高成長を成し遂げてきて、高い利益率を誇っている』マスコミはみんなそ ういうような書き方をするんです。そうじゃないんですよ、任天堂の強さは、任天堂が世界最強のソフトメーカーだからなんですよ。そうでなかったら、そんな もの一年や二年続いても、十年も続きません。


志賀俊之

日産はダイバーシティ(多様な人が混ざり合った組織)をジェンダー(性別)から始めたわけですが、外国人や年齢、社歴など多様な人材が混ざった企業の社会を形成しています。多様な職場が変化に対応する柔軟な価値観を生み、グローバルに活躍できる人材が育ちます。


宮内義彦

良い職場というのは甘い職場という意味ではなく、切磋琢磨しながら自分も伸びていけるところ。


山田真哉

売上げというのは、もう過去の結果ですから、むしろ重要なのはその前。モノを売る市場の情報を把握しなければダメ。たとえば出版社なら、他社の雑誌の発行部数よりも、日本全国の書店の数がどれくらいという情報のほうが大事。取次を通して自社の雑誌が何店舗に置かれているか。どれぐらいの読者がいる市場にアプローチするのかが見えなければ、何十万部をめざすと言っても説得力がない。マーケティングの基本です。


吉本ばなな

永い間、読んでもらえるとありがたい。一度読んで、もしたいして面白くないな、と横に置いても、5年後とかに「もう一回、読んでみようかな」と思ってもらえる本になるといいなと。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

数年前、それまで立ち上げてきた多くの事業から手を引き、治験に集中する意思決定をしました。治験には時間だけでなく、お金もかかります。ただ、治験製品の製造体制を一度整えてしまえば、それは他のがん種にも応用できるため、加速度的に横展開できると考えています。がん患者の方は年間100万人いらっしゃいますので、より多くの方に貢献したいですね。


神藏孝之

父は東宝で映画制作に関わっていて、家には膨大な量の本が所蔵されていました。そんなに裕福な家とはいえませんでしたが、「本代と食事代は惜しむな、自己投資だと思ってケチケチするな」と言っていました。ですから、私も子供の頃からよく本を読んでいました。


濱田秀彦

ウソつきのレッテルを貼られ落ちぶれていく人がいる一方「ウソも方便」と使いこなし、人からの信頼も厚く成功していく人がいる。その違いはどこから生まれるのか。部下のミスを自らの過ちだと報告するといった、他者を慮っての配慮のウソは、結果としてついた人の株を上昇させていました。


有森裕子

相手が諦めるまで、粘り強く我慢することは得意です。元来エリート選手ではなかった私は、技術では勝てないと思い、粘り強さでライバルに勝つようなレースやトレーニングを繰り返してきましたから。「粘り続ければ、相手が諦めることもある」という考えが、困難を乗り越える原動力になりました。


村上龍

お金は後からついてくる、というのはどうやら真実らしいです。私がインタビュアーをつとめる番組『カンブリア宮殿』は、成功企業の経営者がゲストですが、彼らに共通するのは「利益を最優先しない」ということでした。


ページの先頭へ