名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多洲山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多洲山のプロフィール

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

喜多洲山の名言 一覧

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。


喜多洲山の経歴・略歴

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

企業の成長は広告宣伝とか表面的なことではなく、人であり商品である。けれども商品は人がつくるのだから、最終的には人がすべて。人を中心とした経営をして行かなくては長期的な成長はあり得ない。


遠藤功

米国の場合、やる気のない人はすぐにクビになって人材が新陳代謝するから、基本的には組織にはやる気のある人しかいません。また、クビになるリスクを感じているから一生懸命仕事をする。日本企業も「ぶら下がり社員」がいなくなって、やる気のある社員だけでやればマネジメントの質も良くなり、必ず浮上します。ただしソーシャルセキュリティーのネットワークがないから、大企業が余剰人員を切るようになれば、失業率は2ケタに跳ね上がるでしょう。これが根本的な問題だと思います。


古賀稔彦

打ち込み(相手を投げる動作をくり返す稽古)という反復練習ひとつにしても、いい加減な気持ちで取り組んでいたら、1日1万回ずつやっても1年後に相手を投げられません。でも、自分の目標のためにやるという意識で1回1回打ち込めば、1週間で動きは変わってくる。上達して次のステージに進んだ実感があります。


織田大蔵

人の集まる場所の地価が高いのは、それだけの価値があるからだ。土地が安いからといって魚のいない郊外で商売をやろうとしても、必ずその商売は失敗する。


下園壮太

身体が疲れ切っている状態で働き続けても、判断力は鈍りますし、イライラや不満を他人にぶつけ、周囲の信頼を失いかねません。勇気を持って休むことが、状況を改善します。


三木谷浩史

勇気を持とう。やらなければいけないとわかっていても、見て見ぬふりをしてしまうところが日本人にはある。世界のトレンドは変わっているし、いままでの価値観にしがみつくばかりでは滅びるしかない。


藤田聰

志や目標がないから仕事がつまらなくなるのです。目標がないから、目の前のことをこなすだけ。それであと20年も仕事をしていくのはツラいし、会社もそんな人を必要とするほど余裕はないでしょう。


後藤亘

だまだ守る立場ではない。小規模の集団が勝ち抜くためには攻めるしかない。汗かいて、知恵出して、働く者同士の輪を広げていかないと。


南雲吉則

大脳には理性を司る「大脳新皮質」という部分と、感性を司る「辺縁系」という部分があるんだけど、今のビジネスマンの多くは新皮質に偏り過ぎているんだ。脳の思考力は強いから「うまくいくはずがない」「やる気が出ない」、そんな風に思うと身体もそう動く。大事なのはむしろ感性だ。辺縁系の部分で「いける!」と思えばうまくいくんだ。


吉原義一

展覧会においては、常に上の賞を目指していく事を心掛けました。刀の出品は、初めての参加から、特賞を取り、展覧会の度に毎回、胃が痛くなるような挑戦の日々でした。


古田英明

フォーチュン500の企業のCEOで、米国人以外で最も多いのはインド人です。彼らはナップサックひとつでニューヨークにたどり着き、50年かけてそこまで上り詰めた。その間、日本は漫然と過ごしてきた。この状況は、もう個別企業では変えることができない。オールジャパンでグローバルに通用するビジネスマンを育成していくしか日本の生き残る道はない。


久世由美子

今の日本には国内にとどまっているコーチが少なくありません。国内で強いから外に出る必要はないという考えを取り除き、思い切って海外へ飛び出すことも潜在能力を引き出す手段であることをぜひ知ってほしいですね。