名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多洲山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多洲山のプロフィール

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

喜多洲山の名言 一覧

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。


喜多洲山の経歴・略歴

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

他の記事も読んでみる

藤森義明

変革とは、組織や社会を現状よりも高いところに持っていくことです。そのためにリーダーは、自分たちはどこに向かっていくのかというビジョンを示し、組織のメンバーとコミュニケートして共感を生み出し、コミットメントを得て、全体を高いところへ持っていく。これが変革のプロセスであり、リーダーには、そうしたプロセスを作り出し、その中で人を育てていくことが求められる。


近田哲昌

サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


北尾吉孝

経営者に限らず、人の長たるものは徳性豊かである必要があります。徳を言い換えれば、人間的魅力と言ってもいいでしょう。徳の高い人のまわりには同じように徳の高い人が集まってきます。自分が必ずしも才溢れる必要はないのです。むしろ徳性を豊かにして、徳の面では人に勝っている方がいいと思います。


茂木健一郎

僕は「発達障害」という言葉自体に違和感を抱いている人間です。もちろん研究の重要性は理解していますし、実際に困っている人を診察されている先生のような方は非常に尊敬しています。ただ、診断される側のマインドが問題で、例えばわが子に診断が下ったとき、必要以上にパニックになり、将来を悲観してしまう親御さんも多いですよね。まるで烙印を押されたかのように落ち込む人がいて、でもそもそも「自閉スペクトラム症(ASD)」という言葉からもわかるように、本来人間の特性は「スペクトラム(連続体)」であり、「正常」と「障害」の明確な線引きなどできないはずですよね。


齋藤孝(教育学者)

雑談の基本スタイルは、「あいさつ+α」です。あいさつは雑談のきっかけにはなりますが、それだけでは雑談になりません。ですから、プラスαのひと言を加える必要がある。たとえば、ご近所さんと会ったとき、「おはようございます」で終わるのではなく、「ここのお店、改装中になっていますね」と短いひと言を加えてみる。そこで「新しい居酒屋ができるらしいですよ」という言葉が相手から返ってきたら、「若者向けの店ですかね?」「僕は静かに飲める店のほうがいいな」「じゃあ、オープンしたら一緒に行ってみませんか」「いいですね」などと会話が続くでしょう。プラスαがあれば、ただのあいさつが雑談に発展するわけです。


渡文明

日本人は「不言実行」という言葉を大切にしがちですが、私はあえて「有言実行」の人でいたい。まず、誰かの前で目標を口にし、自分を追い込むことが、人を一歩、前に進ませるのだと思うからです。


堀正岳

ブログの世界でも、人気になるブログを書く人は必ずテーマを絞っています。逆に、毎日書いても人気が出ないブログは、ある日は自分の趣味について、ある日は気になったニュースについて、ある日は今日食べた晩御飯についてと、テーマがバラバラなのです。


澤田浩

構造改革で一定の成果は出ましたが、次の一手が重要で、難しいのです。社内に一服したムードがあるので、これではいけないと気合をかけ直しているところです。


野村恭彦

大切なのは、出てきたアイデアや解決策に合わせて企業が組織変容すること。解決策が分かっても、それを実現できなければ、イノベーションは起こせない。


小堀秀毅

新しいことに挑戦すると想定外の問題も起きる。予期できないことが起きたときには、事実に基づきお客様に誠実に対処していくことが大切。


森山徹

僕の研究は明確に社会の役に立つものではないので、社会との乖離を感じることもあります。でも、たとえば文化人類学や民俗学などの分野では、そういう研究をしている人はたくさんいるんですよ。マダガスカル島の民俗学を研究している学者で、そのルーツを探っているうちに現地で結婚されて、家庭を築かれたという方にお会いしたこともあります。そのときは、「こういう研究者もいるんだ」と少しホッとしました。


伊庭正康

リクルート時代、元々仕事が速かったわけではありません。広告営業は忙しく午前様も当たり前。ですが、「このままだと自分が駄目になる」と思い、残業を止めようと決意しました。移動の予定を同じ沿線上でまとめたり、移動時間にメールを返信。「期限内に終わらせる」という姿勢に変わることで、自分がやるべきこと、人に任せることが明確にできるようにもなりました。