名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

喜多洲山の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多洲山のプロフィール

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

喜多洲山の名言 一覧

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。


喜多洲山の経歴・略歴

喜多洲山、きた・しゅうざん。日本の経営者、経営コンサルタント、事業再生家。「喜望大地」会長。徳島県出身。立命館大学経営大学院でMBAを取得。家業の小売業を継承。その後、喜望大地経営を設立。

他の記事も読んでみる

宮崎駿

(911)テロのせいっていうのも変な言い方ですけど、いままでは100年単位で時代が変わるなんていうのは滑稽だと思ってたんですよ。だけど、やっぱり変わるんだなという。同時に、文明観も歴史観も国家観ももうとんでもない勢いで揺らいで変わりつつあるのに、アニメーションだけが自分の狭い範囲の常識とか習慣とかっていうので、日本の興行界で云々とか、ジャパニメーションがどうのこうのとか、そういう本当にくだらないことに左右されていては、実に惨めなみすぼらしい形で破産していかざるを得ないんじゃないかって。そうすると、ずーっと逃げ続けてきた根底にあるものに対して、ちゃんと対応した作品をつくんなきゃいけないと思うんです。


木村政雄

サラリーマンの場合、会社では課長であり、係長でありという役割を演じている。逆に、家庭に戻れば、父親であり、夫という役割を演じている。そう考えれば、自分を変えることに苦しむ必要はないんです。


宮内義彦

「経営者人生で最も誇れることは何か」と問われれば、利益を上げ続けたことと、雇用を増やし続けたことの2つを挙げます。


赤塚保正

先代からは、唯一変えてはいけないものは経営理念であると学びました。反対に言えば普遍の理念以外は、時代に対応していかなければなりません。


大井川和彦

茨城県は工業、農業ともに産出額は全国でも上位に付置し、とりわけ農業は北海道に次ぐ規模を誇ります。しかし、子細に見ると市場で高く売れるトップブランドの農産物は意外と少ない。たとえば茨城県のメロンの出荷額は多いが、高級メロンの代名詞は北海道の夕張メロンです。これからはメロンでも栗でもイチゴでも、有名産地に負けない高級品をつくる努力をし、そのことをどんどんアピールしていきたい。


松田総一

ニーズは山ほどあるのに、誰もできなかった。だから、私たちのサービスが選ばれるのです。


鈴木喬(経営者)

社員にいくら挑戦しろと言っても、恐ろしくてなかなか動かない。会社が潰れかけるような状態なら、社員が率先して動くことはあっても平時はなかなか。トップが最初の一歩を踏み出して、動くきっかけづくりが欠かせない。


本田有明

上司をうまく動かすのも、部下の器量のうち。


金児昭

そこ(自分が目指す給料の額や役職)に行き着くまではペコペコしておいた方がいい。少なくとも横柄な態度はよくありません。ペコペコといっても、卑屈にならない範囲で丁寧に接しましょうということです。何といっても、人事権と受け取り給料の査定は上司が握っているということを忘れてはなりません。家計を考えた場合、ビジネスパーソンにとってのお客様、それはお金をくれる上司と会社であると考えることが大切です。


堀切功章

価格に対して質が高いか低いか、これを決めるのはお客様。ですから、「こんな良い原料を使っていますよ」「このようなこだわった作り方をしていますよ」と我々が独りよがりでやっても、それを口にしたお客様が認めてくださらなければ、それは「高い」ということ。


樺沢紫苑

脳の働く時間に合わせて仕事のスケジュールを組むのは、脳科学的にも正しい。ドーパミンなど、やる気や集中力などに影響を与える脳内物質は、分泌しやすい時間帯があります。たとえば、やる気の素になるドーパミン、集中力や注意力が高まるノルアドレナリン、昼の神経と呼ばれる交感神経は日中。リラックスしてひらめきの元となるアセチルコリンや副交感神経は夜に優位になります。どうしても仕事の能率が上がらない人は、脳の時間割を意識した仕事の組み方を考えてみましょう。


福沢諭吉

西洋の諸強国が海外に兵士を駐屯させる場合、その地には公認の遊女が必ず居る。そうでないときは、政府筋からひそかに賤業婦の往来に便宜を与えて必要に応ずるという。遊女の弊害は大きくないわけではないが、これを禁じて兵士の気が荒くなった場合の弊害は更に大きなものになるので、その利害を比較して、遊女の醜業を黙認するのである。