名言DB

9412 人 / 110637 名言

喜多恒雄の名言

twitter Facebook はてブ

喜多恒雄のプロフィール

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

喜多恒雄の名言 一覧

一昔前には「わかる人にわかればいい」という書き方も許されていたが、いまは違います。重要なのはわかりやすい紙面づくりでしょう。わかりやすい紙面づくりを愚直に徹底したい。


長期の経営ビジョンを「3つのC」と説明しています。

  1. Cuttingedge(最先端)。電子版などの最先端な技術を取り入れること。
  2. Consolidation(整理統合)。日経グループの資産を終結させていくこと。
  3. Cross border(国境を越えた)。国境にとらわれずに経営を進めていくこと。

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。


記者が取材して書いた原稿には価値がある。価値があるものには、価格をつけるべきだ。だから私は当初から広告モデルではなく、有料課金モデルをとるべきだと考えていました。我々はクオリティの高いものを出している。決して安い価格ではないと思うが、上質な情報は買って読んでいただきたい。
【覚書き|日経新聞電子版を有料化したことについて語った言葉】


社員3200人のうち、編集・取材の人員は1400人強になります。社員の半数が編集・取材とはいびつに感じるかもしれませんが、我々はコンテンツ企業ですから、そこは絶対に手抜きをしません。今後も一定水準の記者採用は続けていきます。


新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。


日経にはひとつのテーマをチームで追いかけるという特徴があります。ある企業がテーマになったとき、直接担当する産業部の記者だけではなく、メインバンクを担当する経済部経済部の記者、株式を担当する証券部の記者など、複数の記者が多面的に取材します。一部の記者が特ダネを集めるのではなく、取材、分析、報道を部署を横断したチームで手掛けるのが強みです。


日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。


日本の労働者人口が減少していく中で、選択肢は二つです。マーケットの縮小に合わせて会社を小さくするか、新たなマーケットを求めて外に出ていくか。国内シェア競争には限界があります。我々のコンテンツを読んでくれる人を求めて外へ進出することが必要になります。


喜多恒雄の経歴・略歴

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安部修仁

あくまでも先代から脈々と受け継がれてきた吉野家に対するお客さんの期待がある。それに応えるのが第一義であり、継承者である僕の使命だった。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォール

真の幸福は目に映らない。真の幸福は目に見えないもの。


盛田昭夫

我々は敗戦にあったから、これは大変だと思って奮起した。やはり敗戦のような乱世に巡りあったチャンスというのは滅多にない。そういう意味で非常な試練を受けた。あのなかで激しいスクリーン(選別)にかけられ、そのチャンスに出てこん人間はもうとうに消えている。


柳井正

当社が世界一になるためには経営陣だけでなく、お店のスタッフも総務もグローバルで世界一を目指すという経営者意識を持ってもらいたいと思います。そのための様々な仕組みが必要だと思います。


米津玄師

作品を発表することで責任が生じることは確かなわけで。そういう意味で、音楽家は音楽だけをやっていればいい、自分の気持ちのいいことばかりやっていれば成立する、という時代でもないと思うんですね。音楽は文化の一部だし、文化の一部、社会の一員として、自分も何かやっていかなければならない。自分や身近な人達がいまよりいい形で生きていくためには、どうしたらいいだろうってことはよく考えます。


八尋俊邦

一橋大学時代に「キャプテン・オブ・インダストリーたれ」「士魂商才を忘れるな」と教えられて以来、この士魂商才こそ社会生活における私の行動指針であり、常々社員諸君にも訴え続けています。そもそも、会社というものが存在する目的は、そこに籍を置く社員一人一人がそれにより個々の生活を支えつつ、同時に企業体を通じて人類社会へ貢献することだといえましょう。


ウィリアム・アレクサンダー・グラハム

絶望と確信は、ともに恐怖を追い払う。


原晋

「走る」だけじゃなく「休養」も練習のうち。自らコンディションを把握し、体調を崩さないよう調整していくのもアスリートの務め。


野田稔

生産性とは、アウトプット(産出)をインプット(投入)で割ったものです。アウトプットが同じ場合、インプットが大きくなれば、生産性は下がります。生産性を上げるには、インプットを減らすか、アウトプットを増やすかのどちらかになります。


門脇麦

5円玉に限らず、身近なものを大切にできない人は、もっと大きなものも大切にできない。人生と一緒ですよね、きっと。一番大事なものが何かは、どんな状況であれ、常にどこかに持っていなくちゃいけない、というのがこの作品のメッセージだと思います。

【覚え書き|出演した映画『闇金ウシジマくん Part2』について】


小林陽太郎

ある条件について部下から、「これはもう決めです」と言われても、「本当にそうか」と少しでも疑念があり、自分で納得できなければ躊躇せずに戻す。逆に自分が納得できれば、周りが躊躇しても決断すべきです。


小山昇

自分の成績とそれに影響を与える重要な先行指標は、常に細心の数字を把握しておいた方がいいでしょう。たとえば、訪問件数が成績に直結する営業の仕事なら、先行指標である訪問件数をチェックすることで、先手を打って対応ができます。ただ、変化が大きくなってから気づいても後の祭りです。対応が後手に回ってチャンスを逃したり、ピンチを拡大させたりしてしまいます。数字の動きはグラフに直してビジュアルで把握すべきです。


倉本聰

40年ほど前、東京から北海道に活動の拠点を移したころ、作品が全く書けなくなったことが4年も続きました。その時のことです。ある日、テレビから流れてきた版画家の棟方志功さんの言葉に耳を奪われました。「自分は自分の作品に責任を持てない。作品を作っているのは、自分ではないのだから」。その棟方さんの話を聞いて、「私も作らされているのだろうか」と自問しました。そこで気付いたのが、アーティストの使命とは神なり霊なりを降りてこさせることだと。その境地に達してからは、1時間のドラマを1日で書き上げてしまうこともありました。まさに何かに取り憑かれたようでした。「自分の力だけで書いているのではない」という脚本家としての原点に返ったのが、この経験でした。


市橋和彦

実際の消費活動は好き嫌いや快不快といった、情動に基づいたものが大きく関与している。だからこの部分に訴える必要がある。


ジェイ・エイブラハム

はなはだしく景気の悪化した市場でも、売り上げが完全に干上がるわけではない。人も企業も、物を買っている。商売は完全には停止しない。これに気付くことが極めて重要だ。ライバルが苦境のあまり周囲が見えなくなり、市場に対し意味ある働きかけができないでいるときこそがあなた自身を最も信用信頼できるソースとして確立する最高のチャンスだ。