名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多恒雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多恒雄のプロフィール

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

喜多恒雄の名言 一覧

一昔前には「わかる人にわかればいい」という書き方も許されていたが、いまは違います。重要なのはわかりやすい紙面づくりでしょう。わかりやすい紙面づくりを愚直に徹底したい。


長期の経営ビジョンを「3つのC」と説明しています。

  1. Cuttingedge(最先端)。電子版などの最先端な技術を取り入れること。
  2. Consolidation(整理統合)。日経グループの資産を終結させていくこと。
  3. Cross border(国境を越えた)。国境にとらわれずに経営を進めていくこと。

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。


記者が取材して書いた原稿には価値がある。価値があるものには、価格をつけるべきだ。だから私は当初から広告モデルではなく、有料課金モデルをとるべきだと考えていました。我々はクオリティの高いものを出している。決して安い価格ではないと思うが、上質な情報は買って読んでいただきたい。
【覚書き|日経新聞電子版を有料化したことについて語った言葉】


社員3200人のうち、編集・取材の人員は1400人強になります。社員の半数が編集・取材とはいびつに感じるかもしれませんが、我々はコンテンツ企業ですから、そこは絶対に手抜きをしません。今後も一定水準の記者採用は続けていきます。


新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。


日経にはひとつのテーマをチームで追いかけるという特徴があります。ある企業がテーマになったとき、直接担当する産業部の記者だけではなく、メインバンクを担当する経済部経済部の記者、株式を担当する証券部の記者など、複数の記者が多面的に取材します。一部の記者が特ダネを集めるのではなく、取材、分析、報道を部署を横断したチームで手掛けるのが強みです。


日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。


日本の労働者人口が減少していく中で、選択肢は二つです。マーケットの縮小に合わせて会社を小さくするか、新たなマーケットを求めて外に出ていくか。国内シェア競争には限界があります。我々のコンテンツを読んでくれる人を求めて外へ進出することが必要になります。


喜多恒雄の経歴・略歴

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

横山信治(経営者)

行動することが大事。たとえば結婚したいと思うなら、家で婚活の本を読み続けていても何も変わらない。やっぱり相手のいるところに出かけていかないと。


永松茂久

誰かのためを第一に考える「フォー・ユー」精神に切り替えたら、いろいろなことがうまくいくようになりました。


中島一明

もし(新しいシステム導入の旗振り役になる)適任者がいなければ、SaaS事業者に事情を相談するのもひとつの手ではと思います。カスタマーサクセスに対する情熱がある会社なら、きっと親身になって解決策を提案してくれるはずです。


小路明善

商品を通して、社会貢献につながる活動に取り組み、かつそれが事業としての価値を生み、利益を生み出すというように、成長を遂げていかなければいけない。


松本幸夫

スケジュールを立てても、突発的な仕事が入って予定が狂ってしまう場合も出てきます。もちろん、相手の都合に合わせることも必要ですが、予定変更に振り回されてしまうことが続くようなら、一度自分のアポイントのとり方を見直してみるべきです。


遠藤結蔵

IT技術が急速に進歩する中で、既存のサービスがネットに置き換わり、時代とともに姿かたちを変えていく部分があることは確かです。でも、お客様がネットで検索した商品の感触を実際に確かめたり、ネットでは未配信の最新作や、自分がこれまで知らなかった魅力的なDVDタイトルに出会うなど、リアル店舗だからこそ体験できるこも数多くあるわけです。そこで私たちが目指しているのは、ネット販売全盛の今、店舗を最も強力な販売・買取ツールにし、そこに人がいることで価値が生み出される場にしていくことです。


高橋俊之

より正しい内容であっても人から言われるのを嫌がる上司には、「提案」ではなく「相談」というやり方もあります。人は頼られると嬉しくなるものです。このやり方では、あえて結論は見せません。提案したいことに上司が行き着くような判断材料を見せ、「こんな状況なんですが、どうしたらいいでしょうか」と相談します。そして「そりゃ、○○だろう」と上司自身に言ってもらいます。それはあなた自身が狙っている結論ですから、「やはりそうですよね」と反応する。「しらじらしいな」と思われるかもしれませんが、結局、目的を果たせるなら、その方法が最善ではないでしょうか。


大関東支夫

振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。


相良暁(経営者)

スピード、スピードと言い続ける中から新たな取り組みが生まれてきた。


藤田紘一郎

最近特に注目されているのが、先天的には同じ遺伝情報を持っていたとしても、後天的な環境因子でゲノムが修飾され、個体レベルの形質が異なってくるという「エピジェネティクス(後天的遺伝子制御変化)」の研究です。これは簡単に言えば、環境を変えれば遺伝子も変化させられるということです。その例として、ヒトが持つ生活習慣病のリスク遺伝子は脈々と祖先から受け継がれているはずなのに、百寿者の数が半世紀で約300倍にも増え、逆に糖尿病になる人が約100倍も増えていることからも知ることができます。つまり健康長寿の遺伝子をつくるには、自分の身体に合った食事、運動、睡眠、思考などの良い習慣を見つけ、実践していくことです。あなたの人生をコントロールしているのは、あなたの考え方や生活習慣から構築された、自らがつくっている環境なのです。


佐藤隆太

たとえ、相手から気持ちいい言葉をかけてもらえなかったとしても、自分が巻き込んでいい方向に持っていくぐらいの気持ちで現場に臨んでみたい。


松沼光男

スズキのような強い相手がいるから、我々も知恵を出し合えます。でも、今年、いや来月、そして今日、勝たせてもらいます。
【覚書き|スズキとダイハツはともに軽自動車が主力で、メイン顧客が女性というライバル同士】