名言DB

9412 人 / 110637 名言

喜多恒雄の名言

twitter Facebook はてブ

喜多恒雄のプロフィール

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

喜多恒雄の名言 一覧

一昔前には「わかる人にわかればいい」という書き方も許されていたが、いまは違います。重要なのはわかりやすい紙面づくりでしょう。わかりやすい紙面づくりを愚直に徹底したい。


長期の経営ビジョンを「3つのC」と説明しています。

  1. Cuttingedge(最先端)。電子版などの最先端な技術を取り入れること。
  2. Consolidation(整理統合)。日経グループの資産を終結させていくこと。
  3. Cross border(国境を越えた)。国境にとらわれずに経営を進めていくこと。

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。


記者が取材して書いた原稿には価値がある。価値があるものには、価格をつけるべきだ。だから私は当初から広告モデルではなく、有料課金モデルをとるべきだと考えていました。我々はクオリティの高いものを出している。決して安い価格ではないと思うが、上質な情報は買って読んでいただきたい。
【覚書き|日経新聞電子版を有料化したことについて語った言葉】


社員3200人のうち、編集・取材の人員は1400人強になります。社員の半数が編集・取材とはいびつに感じるかもしれませんが、我々はコンテンツ企業ですから、そこは絶対に手抜きをしません。今後も一定水準の記者採用は続けていきます。


新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。


日経にはひとつのテーマをチームで追いかけるという特徴があります。ある企業がテーマになったとき、直接担当する産業部の記者だけではなく、メインバンクを担当する経済部経済部の記者、株式を担当する証券部の記者など、複数の記者が多面的に取材します。一部の記者が特ダネを集めるのではなく、取材、分析、報道を部署を横断したチームで手掛けるのが強みです。


日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。


日本の労働者人口が減少していく中で、選択肢は二つです。マーケットの縮小に合わせて会社を小さくするか、新たなマーケットを求めて外に出ていくか。国内シェア競争には限界があります。我々のコンテンツを読んでくれる人を求めて外へ進出することが必要になります。


喜多恒雄の経歴・略歴

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

梅原大吾

この先、どれだけプロゲーマーとして活動の場を広げられるか。勝ち続けることはもちろんですが、プロの認知度を上げていくこと、ゲームの楽しさを一般の方に伝えていくことも自分の仕事だと思っています。


川淵三郎

Jリーグは、プロ野球の真似をしても成功するわけがないと思っていました。当初、イメージとしてあったのは、ヨーロッパのクラブ組織です。地域の人々から愛されている地元密着型のクラブチームがあって、そのクラブが設置した施設で、地域の人々がスポーツを楽しむ。そういう環境が日本にあったらどんなにいいだろうと、ずっと夢見てきました。


江見朗

「怒らない経営」というと仲良しクラブになるとか、ぬるま湯だという声も多いが、私が怒らない経営を推奨しているのは、数字を上げるために一番合理的だから。怒らず、楽しくやった方が数字も出るし、ストレスもたまらないし、結果経済がよくなる。


中田敦彦

「成功しなくてはいけない」は最大の洗脳だと思います。もっと高い地位、もっと良い暮らしを皆が盲目的に目指していますが、実はそんな必要などない。「成功」とは誰かが作り上げた価値観です。普通に頑張って得られたものがその人の位置。そこから無理に上に行こうとしたり方向を変えようとしたりするからしんどくなるのです。自分の立ち位置を認識したうえで、能力と個性に即した働きをし、自分らしく暮らすことが本当に幸せな働き方、生き方なのではないかと思います。


坂根正弘

米国駐在時代、どうすれば相手を動かせるのか実践のなかで学んだのが、本質をつかむことの大切さでした。合理的に、端的に、問題の本質を伝えることができれば、たいていの相手は動いてくれるのです。


いとう伸

「つかみ」の重要性は、一般的な営業でも同じです。最初にお客様に嫌われてしまったら、その後どんなに時間をかけても挽回するのは困難です。ただ逆にいえば、つかみでお客様の心を開くことができれば、成約できたも同然。第一印象次第で、売れない営業マンもどんどん売れるようになります。


和田秀樹

加齢による知的機能の低下は一般に考えられているほどひどいものではない。知能テストなどを行ってみると、こちらの予想に反してよくできるお年寄りは珍しくない。実際の統計調査では、痴呆がない高齢者の言語性知能や結晶性知能と呼ばれる部分の知能、つまり若いうちから勉強を続けることで得られる知能は歳をとっても落ちないことが明らかにされている。


安藤百福

失敗するとすぐに仕事を投げ出してしまうのは、泥棒に追い銭をやるのとやるのと同じだ。転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい。逆境に立ってすべての欲とこだわりとを捨て去ったとき、人は思わぬ力を発揮できる。即席めんの発想にたどりつくには、48年の人生が必要だった。過去の出来事のひとつひとつが現在の仕事に見えない糸でつながっている。


田中稔哉

自分の強みを把握するためにキャリアの棚卸しをしましょう。カードを用意し、スキルを分けて書き出してみましょう。この際、「プレゼンテーション」と大まかに書くのではなく、プレゼンテーションをする過程に含まれる「資料作成」「提案力」など細かくブレイクダウンした言葉で記載するのがポイントです。次にカードを「好き/嫌」「得意/不得意」の四象限に分けます。このうち、「好き」で「得意」なことこそが、自身がもっともやる気を出せる「モチベーションスキル」です。これを現職に活かせるか否かを徹底的に検証します。また、「嫌いだけれど好きになれるか」、好きだけれど不得意であれば「得意になれるほど努力できるか」も考察します。「好き」で「得意」が重なる作業を増やしていき、社外でも通用する強み、社内でしか使えない武器を分けてみてください。


野村修也

普段は見過ごしがちな行動が、大きな企業不祥事をもたらす事例が後を絶たない。どんな行動がどのように企業に影響するかを知ることで、日頃の行動を考え直すきっかけとなります。


浅田すぐる

画面上でチェックしているときは気づかなかったのに、プリントアウトして見直したら文章に間違いがあった、という経験は誰にでもあるはず。同じ情報に接するときでも、パソコンなどの画面より、紙で見たときのほうが、前頭前皮質が活性化するという研究結果があります。とすると、パソコンの画面を見ながら考えるのは、わざわざハンディを背負うようなものです。


渡辺千賀

日本が中途半端にシリコンバレーの真似をするのは意味がない。よその真似ではなくて、すでに日本にある素晴らしいものをさらに専門化して、日本流のイノベーションを起こせばいいのではないでしょうか。


石渡美奈

人生は人から役割を与えられるのではなく、自分が選択するからこそ、役割の責任を果たすことができる。


出口汪

文章の内容をきちんと理解できない人は往々にして、文章を読みながら、同時に自分(主観)と対話しようとします。だから著者の意図も理解できなければ、自分の思考もまとまらないのです。


リンダ・グラットン

政府が若者の失業を減らすためにやるべきことは2つあります。ひとつは規制緩和です。スペインが典型的ですが、労働市場が規制に守られ硬直的だと、いったん雇い入れた労働者を解雇できず、若者が新規採用されない。そうならないために、雇用規制を緩和する必要があります。もうひとつはシグナリングといって、今後、どんな仕事の需要が増えそうか、という情報を若者に与えることです。