名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多恒雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多恒雄のプロフィール

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

喜多恒雄の名言 一覧

一昔前には「わかる人にわかればいい」という書き方も許されていたが、いまは違います。重要なのはわかりやすい紙面づくりでしょう。わかりやすい紙面づくりを愚直に徹底したい。


長期の経営ビジョンを「3つのC」と説明しています。

  1. Cuttingedge(最先端)。電子版などの最先端な技術を取り入れること。
  2. Consolidation(整理統合)。日経グループの資産を終結させていくこと。
  3. Cross border(国境を越えた)。国境にとらわれずに経営を進めていくこと。

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。


記者が取材して書いた原稿には価値がある。価値があるものには、価格をつけるべきだ。だから私は当初から広告モデルではなく、有料課金モデルをとるべきだと考えていました。我々はクオリティの高いものを出している。決して安い価格ではないと思うが、上質な情報は買って読んでいただきたい。
【覚書き|日経新聞電子版を有料化したことについて語った言葉】


社員3200人のうち、編集・取材の人員は1400人強になります。社員の半数が編集・取材とはいびつに感じるかもしれませんが、我々はコンテンツ企業ですから、そこは絶対に手抜きをしません。今後も一定水準の記者採用は続けていきます。


新聞を取り巻く環境が厳しいのは事実です。ですが記者の数は減っていない。むしろ私が現場にいたときより多いはずです。従業員の削減は、印刷工場などの制作部門が中心です。間接部門でも合理化を進めましたが、新聞社の一番の根幹であるコンテンツに直接関わる人員は減らしていません。


日経にはひとつのテーマをチームで追いかけるという特徴があります。ある企業がテーマになったとき、直接担当する産業部の記者だけではなく、メインバンクを担当する経済部経済部の記者、株式を担当する証券部の記者など、複数の記者が多面的に取材します。一部の記者が特ダネを集めるのではなく、取材、分析、報道を部署を横断したチームで手掛けるのが強みです。


日経の強みはやはり経済を中心にした経済誌という点でしょう。経済現象を丹念に追う「ファクト主義」の伝統があります。私も入社以来、「数字に基づく客観的な報道を心がけろ」と指導されてきました。


日本の労働者人口が減少していく中で、選択肢は二つです。マーケットの縮小に合わせて会社を小さくするか、新たなマーケットを求めて外に出ていくか。国内シェア競争には限界があります。我々のコンテンツを読んでくれる人を求めて外へ進出することが必要になります。


喜多恒雄の経歴・略歴

喜多恒雄、きた・つねお。日本の経営者。日本経済新聞社の社長。奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本経済新聞社に経済部記者として入社。市場速報部長、整理部長、編集局副局長、出版局長、取締役、上級執行役員、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

平川昌紀

人づくりの方法論に関しては、創業時からスタッフ全員と顔を突き合わせて対話を重ねることを重視してきました。会社の規模が大きくなってからは、全員と毎日対面することはできなくなりましたが、それでもやはり直接対面して対話をすることが、人づくりには不可欠であると考えています。


坂戸健司

周辺環境を美しく整えると気分が引き締まり、無秩序なデスク上では知り得なかった新たな発見ができます。必要な情報に迅速にアクセスできるため仕事の質が向上し、効率もアップします。


冨山和彦

日本の電機メーカーでも利益を上げている部門や事業には共通点がある。部品点数が多くて、メカトロニクスで、熱力学がかかわっている。いわばアナログの世界であり、白モノ家電や、住宅設備機器などがそうだ。気象環境によって耐久性が異なるうえ、熱を加えたり水を使ったりとある種、過酷な使い方をする。メカですから、いつかは部品が磨耗し、熱変性を起こして壊れる。こうした分野では、蓄積された連続的なエンジニアリング技術の差をなかなか埋められない。ローテクっぽく見えるもののほうが、意外にテクノロジーとしてはるかに奥が深い。ですから白モノはよその国から入ってくるのが難しい市場であり、ディフェンスの障壁が作れる産業です。


岸博幸

自分のスキルを軸に、働く環境を選んでいく。そんな力がこれからの時代には必要になってくる。日用品メーカーのアイリスオーヤマが家電業界に参入して成功しましたが、成功の要因は、パナソニックやシャープをリストラされた技術者が、転職して活躍したことです。技術に裏打ちされた現場の意見を、無視するような企業と心中してはいけません。ヒットしているアメリカの掃除ロボット「ルンバ」のような企画は、じつは日本の家電メーカーも持っていましたが、経営者がゴーサインを出さなかった。だから自分のスキルがほかの会社でもっと評価されると確信したら、迷わずに職場を移すほうが、長い人生で考えれば身のためです。


谷原誠

説得の場面で有能な営業マンがよくやっていることですが、自分の希望が受け入れられるという前提で質問するという方法があります。「うかがってもよろしいでしょうか?」ではなく、「いますぐうかがえるのですが、明日改めてうかがうのとどちらがよろしいですか?」と聞くと、相手は無意識のうちに「今日か明日か」と考えはじめ、「訪問を断る」という選択肢が浮かばなくなってしまいます。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

せっかくの休憩時間に、「身体は休んでいても頭や心が休んでいない」状態になってはいないでしょうか。そんなときは、休みなのだから頭を無にしようなどと思うのではなく、「たわいない楽しいこと」を考えるのが早道。「今日の夕飯はなんだろう」「週末は何をして遊ぼうか」など、呑気かつポジティブなことを考えましょう。これは「リプレイスメント」と呼ばれるやり方で、頭の中にあるイメージを別のイメージに置き換えることにより、疲労感を頭の外に「押し出す」方法です。単純ですが、手っ取り早く休息モードに入るのに有効です。


梶原しげる

敬語の基本は「ウチを低めてソトを高める」です。そして、そのための方法としては大きく「尊敬語によって相手を高める」か、「謙譲語によって自分を低めることで相手を高める」の2つです。「ウチ」とは自分および自分の身内や自社を指します。ただ、この内外の関係がわかっていないために、奇妙な敬語を使ってしまう人が多いのです。


深田剛

ベンチャーは、競合の参入障壁というものを考えておかなければいけません。ある程度成長した段階で、大企業が参入して上手くいかなくなるという話は良くあります。ビジネスモデルの中に他人が入れない、真似できないような要素を中に持っておかないと非常に怖いです。それが、いわゆるブラックボックスというものです。


石川康晴

「見たくない」「聞きたくない」ことだとしても、常に自分から情報を集める姿勢が、ミスを防ぐことにつながる。他人の仕事のアラ探しばかりではいけませんが、「仕事でミスが起こらないことの方がおかしい」と疑うぐらいがちょうどいい。


佐藤航陽

経済システムの研究を重ねてわかったのが「よくできた企業やサービスの共通点は、個人に依存せず仕組みで動く」ということ。会社組織にしても仮想通貨と同じで、管理者がいなくても、そこで働く社員が勝手に考えて勝手に動いている状態が理想です。だから私が社員に指示したり、注意したりするのであれば、それはシステムが甘い証拠。システムの設計者はその一部に組み込まれることなく、システムを俯瞰してチューニングするべきです。


江幡哲也

どの段階でどのような表現を使うのか、その見極めは文章以外のコミュニケーションと同じです。早くからくだけた会話でやりとりしたほうが仕事をやりやすいと考える人もいれば、何度お会いしても一線を超えることは許さないという雰囲気を持つ人もいます。文章も同じで、相手との関係性によって変えていくしかありません。その意味では、文章力を高めるには、普段のコミュニケーション・スキルを磨くことが第一かもしれません。


嶋浩一郎

中身はいいのにこの書き方じゃ通らない、そもそも最後まで読んですらもらえない。そう感じる文章や企画をこれまでたくさん目にしてきました。一番よく見るのが、「説得したい」という思いが強すぎるあまり、全体像が見えなくなっているパターンです。これは中身に自信がある人ほど陥りやすい罠です。