名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多川泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多川泰のプロフィール

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

喜多川泰の名言 一覧

僕の本が答えたというつもりはなくて、人によって答えは違っていいんです。大人でさえも自分の答えに確信を持つことは難しいですから、物事にはいろんな見方、考え方があることを伝えたかった。


子供って、大人が思っている以上に強いんですよ。親が先回りすると、子供の伸びしろがなくなってしまうんですね。親の器のなかに閉じ込めようとすればするほど、子供は生きづらくなります。講演会ではいつも親御さんたちに「大丈夫ですから、信じてあげてください」と言い続けているんです。


子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


勉強だけはやっぱりしてほしいし、好きになってほしいんですね。それはいい成績をとるためではなく、自分を磨いて強くなってほしいから。そのために勉強を楽しめる人は幸せになれると僕は信じているのです。


僕が子供の頃は、周りの大人たちが「お前たちの時代はいいぞ」と言ってくれたんですよね。戦争経験者も多くて、僕の両親も戦争中に生まれた世代なので、「これから日本はもっといい時代になるから、自分がやりたいことをやって生きていくんだぞ」みたいなことを言ってくれた。そういう刷り込みのおかげで、自分の人生もなんとかなるだろうと前向きな気持ちになれたんです。


いろんなことで思い悩んでいる中学生に、「こういう考え方もあるんだ!」と気づいてほしいという気持ちで書きました。もちろん親の世代にも読んでほしいので、子供を信じて待つことを実践している隼人の母親や、口下手で息子との会話が少なくても他人の目など気にせず自分がやりたいことを貫いている父親の言動に、伝えたいメッセージを投影しました。でも、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」といったような誰もがぶつかる永遠のテーマに、自分で答えを出せない子がこの作品を読んだとき、未来が明るく見えるといいなと。


自分が結婚して子供が生まれてみると、「これからの時代は大変だから子供はかわいそう」「こんな時代に、どうやって育てていくの?」と言われることがあって、この子と同世代の子はみんなこんな風に言われて育っちゃうんだろうな、と。でもそれって大人の勝手な思い込みで、子供の未来に対する想像力の欠如なんですよね。ですから、夢や希望に向かって生きていく子供たちのためにも、大人のそういった思い込みを変えていかなければいけないという危機感がありました。


塾の講師時代に感じていたのは、子供たちは昔も今もあまり変わっていないのに、子供を取り巻く環境や周りの大人の接し方がすごく変わってきたということです。そこで、子供たちに伝えたいことを伝えるのはもちろん大切だけれど、まず保護者の方に伝えていかなければ子供も変わらないだろうと、15年前ぐらいに思ったのがきっかけでした。


喜多川泰の経歴・略歴

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

他の記事も読んでみる

塚越寛

業績を上げたいなら、一気にではなくゆっくりと成長することが欠かせない。生物も、一気に繁殖すれば食べるものがなくなり自滅する。企業も限られた資源を大切に、一緒に働く仲間や顧客、取引先、地域をいたわりながら歩むのだ。いたわりあって企業活動を営んでいれば、人手不足に悩むこともない。


三木谷浩史

ロマンチックな言い方をすれば、仕事に恋すればいいのだ。恋人と違って、仕事は自分の努力で変えることができる。本人がどう取り組むかによって、理想の恋人になることもあれば、顔もみたくない天敵になることもある。それが仕事というものの不思議さだ。恋人にするか、天敵にするかは100%本人の責任だ。上司に恵まれないとか、内容が自分に合わないとか、言い訳を探せばいろいろあるだろうが、結局はその仕事を選んだのは自分のはずだ。


加藤進(住友商事)

目先の短期的利益や会社が求めるスペックに自分を合わせるだけではいけない。受け身ではなく、将来行ありたい、こうあるべきという姿を描く。そして実現するために困難な壁にもぶち当たっていく精神力が必要だ。


加藤浩次

俺みたいな人間が、偉そうに言えることはないですよ。ただこれだけは自信を持って言えるかな。「もう40歳になったら自分のジャッジを信用して突き進みましょう。間違ってないから」と。なんつって、60歳過ぎたら今の俺を見て「何言ってやがんだ。間違いだらけだよ」なんて思うかもしれないけど(笑)。


村井満

「面接はあがったり、震えたりしないのが理想」と考えがちですが、私は違う。「緊張している様子が見て取れる人」が、一番好ましいと思っています。緊張するのは、本気で向き合っている時だけだからです。「結果はどうでもいい」と思っていたら、緊張しません。


マーク・ベニオフ

昨日、京都に行き、歴史あるお寺や庭園を散策しました。本当に素晴らしかった。こういった経験は、イノベーションを起こすためのアイデアを得るために非常に重要なプロセスなのです。「革新」は、日々の仕事の中からでなく、休暇をとってリラックスしているときに生まれるのだと思っています。


古森重隆

多角化と言うと、M&Aなどで全くの異分野に進出するというイメージを持つかもしれません。ただ、当社のケースを見ても分かるように、多角化とは本業に関わる技術を軸に進めていくべきものと私は考えます。会社自身がその分野でやっていけるポテンシャルを持たないと成功しないでしょう。


岩村水樹

誰かからメールやチャットが来たら、いつでもすぐに返信をしなくてはいけないようなカルチャーは持続可能ではありません。だからチーム内でネットを遮断する「アンワイアードタイム」を作ることが大切。平日夜10時以降と休日はメールを出さない。よほど緊急の時は電話をかける。でも、夜や休日にいいアイデアを思いついてチームに送りたくなる時がありますよね。そういう場合は下書きを書いておいて、月曜の朝イチに送るのです。


スティーブン・コヴィー

48時間以内に自分の勉強した内容を他の人と分かち合う。あるいは他の人と話し合うことを前提に読むのである。そうすれば、内容をさらによく覚えることができ、視野も広がり、理解が増し、原則を応用する決意が間違いなく高まるだろう。


中曽根康弘

このことできっと君は、ひとまわりも、ふたまわりも大きくなるよ。
【覚え書き|選挙で落選した人にかけた言葉】


取出新吾

いばキラTVの強さの大きな秘訣は「自由度の高さ」なんです。よその自治体さんでも、ここまで自由にできれば面白くなるでしょうね。


柳井正

当社は大きくはありません。大きいことはいいことではありません。大きくなると動きが鈍くなる。もっと俊敏にならないと。