名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

喜多川泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多川泰のプロフィール

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

喜多川泰の名言 一覧

僕の本が答えたというつもりはなくて、人によって答えは違っていいんです。大人でさえも自分の答えに確信を持つことは難しいですから、物事にはいろんな見方、考え方があることを伝えたかった。


子供って、大人が思っている以上に強いんですよ。親が先回りすると、子供の伸びしろがなくなってしまうんですね。親の器のなかに閉じ込めようとすればするほど、子供は生きづらくなります。講演会ではいつも親御さんたちに「大丈夫ですから、信じてあげてください」と言い続けているんです。


子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


勉強だけはやっぱりしてほしいし、好きになってほしいんですね。それはいい成績をとるためではなく、自分を磨いて強くなってほしいから。そのために勉強を楽しめる人は幸せになれると僕は信じているのです。


僕が子供の頃は、周りの大人たちが「お前たちの時代はいいぞ」と言ってくれたんですよね。戦争経験者も多くて、僕の両親も戦争中に生まれた世代なので、「これから日本はもっといい時代になるから、自分がやりたいことをやって生きていくんだぞ」みたいなことを言ってくれた。そういう刷り込みのおかげで、自分の人生もなんとかなるだろうと前向きな気持ちになれたんです。


いろんなことで思い悩んでいる中学生に、「こういう考え方もあるんだ!」と気づいてほしいという気持ちで書きました。もちろん親の世代にも読んでほしいので、子供を信じて待つことを実践している隼人の母親や、口下手で息子との会話が少なくても他人の目など気にせず自分がやりたいことを貫いている父親の言動に、伝えたいメッセージを投影しました。でも、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」といったような誰もがぶつかる永遠のテーマに、自分で答えを出せない子がこの作品を読んだとき、未来が明るく見えるといいなと。


自分が結婚して子供が生まれてみると、「これからの時代は大変だから子供はかわいそう」「こんな時代に、どうやって育てていくの?」と言われることがあって、この子と同世代の子はみんなこんな風に言われて育っちゃうんだろうな、と。でもそれって大人の勝手な思い込みで、子供の未来に対する想像力の欠如なんですよね。ですから、夢や希望に向かって生きていく子供たちのためにも、大人のそういった思い込みを変えていかなければいけないという危機感がありました。


塾の講師時代に感じていたのは、子供たちは昔も今もあまり変わっていないのに、子供を取り巻く環境や周りの大人の接し方がすごく変わってきたということです。そこで、子供たちに伝えたいことを伝えるのはもちろん大切だけれど、まず保護者の方に伝えていかなければ子供も変わらないだろうと、15年前ぐらいに思ったのがきっかけでした。


喜多川泰の経歴・略歴

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

他の記事も読んでみる

石田孝

企業経営者の社会的な役目、これは何はともあれ、雇用の保障、すなわち仕事をつくることです。そのためには、絶対に黒字を出さなくてはなりません。そして、その黒字をもって、時代が求める新たな職場をつくり上げる。こうした事業を行っていくことが、経営者の責任だと私は考えています。


湯川智子

昨年、母が亡くなりましたが、その時、下村(朱美)さんからいただいたメールが「湯川さん、かわいそうね」という内容かと思いましたら、タイトルに「死ぬほど働け」と書いてありました(笑)。でも、本当にその通りで、立ち止まって悲しんでいるより必死に働いているほうが気持ちが穏やかでした。悲しみを乗り越えてきた下村さんだからこそ言える最高のアドバイスだと本当に感謝しています。


常見陽平

自分の力だけに頼っていては大して出世できないように、一人でできることはたかがしれている。自分磨きよリチーム磨きに力を注ぎ、時にはとことん他力本願でいくことも重要だ。


茂木友三郎

米国留学中は自分の興味のある分野であるかどうかは関係なく、とにかく勉強しました。専門教育とは徹底的に勉強しなければ身に付かない。それを思い知りました。2年間で体重は10キロ減。それだけスパルタ教育でした。


伊達美和子

「ホテルビジネスは、客室の販売チャネルをきちんと押さえておかなければ成功しない」。これは、前社長だった父(森章)のやり方から学んだことです。


和田浩子

P&Gでは全員が納得するまで十分に時間をかけてディスカッションし、提案の内容が全員の目的と理解されてはじめて、そのプランが実際のアクションに移されます。


江上治

人生も仕事も投資も、10年単位の視座を持つ必要がある。


加藤一二三

私の若い頃は転職する人は少なかったけれど、今はそれが普通の時代ですね。仕事を簡単に変えられることが、「これが天職だ」と言いにくくしているのかもしれません。私自身、洗礼を受けるまでは、曖昧模糊としたところがありました。ただ、私は自分の指した対局が何百年経っても、後輩や将棋ファンの喜びにつながると信じているからこそ、棋士が天職であると考えています。みなさんも、自分の仕事が誰かの喜びにつながっているのであれば、その仕事を天職だと信じて、続けてみてはいかがでしょう。


中山泰男

日本経済の活力を高めている主役は民間企業だと改めて思い「機会があれば民間企業でしかるべき役割を担いたい」と考えていた。

【覚え書き|日銀からセコムに転じたことについて】


山岡孫吉

それにつけても思うのは、門地も学歴もなかった私を、よく拾い上げ、恐ろしい危機から救い出してくれた、いくたりかの恩人のことである。終始ヘマばかりやり、気も変われば、くじけそうになった私を助けて、今日まで押し上げてくれた、よき協力者のことである。私はいま感謝の念をひとしお深くするとともに、わが身の幸せをつくづく感じている。


久保憂希也

私が以前勤めていた会社では、「営業マンなら常にカバンの中に電卓を入れて持ち歩きなさい」と指導していました。たとえば、自分のコストをペイするために月に100万円の売上が必要だとします。ここで思考を停止してしまっては営業失格です。「月に100万円」といった漠然とした数字では、具体的なアクションにつながらないからです。月に100万円ということは、月に20日間働くとして1日当たり5万円。1日8時間働くとして、1時間あたり6250円を売り上げなくてはならないという計算になります。このように単位当たりの数値化ができて初めて、「1時間で6250円を売り上げるには自分はどうすればいいか」という具体的な行動を考えることができるのです。


伊藤良二

若いコンサルタントたちに「人が2時間考えることなら、4時間考えろ」と、よく言っています。追い詰められて2時間も3時間も考え抜けば、何かひねり出せます。十分に考えないまま情報収集に走る人が多いようですが、経験が少なくても、本気になって考え尽くせばより本質に近い答えを出せるものです。