名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

喜多川泰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多川泰のプロフィール

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

喜多川泰の名言 一覧

僕の本が答えたというつもりはなくて、人によって答えは違っていいんです。大人でさえも自分の答えに確信を持つことは難しいですから、物事にはいろんな見方、考え方があることを伝えたかった。


子供って、大人が思っている以上に強いんですよ。親が先回りすると、子供の伸びしろがなくなってしまうんですね。親の器のなかに閉じ込めようとすればするほど、子供は生きづらくなります。講演会ではいつも親御さんたちに「大丈夫ですから、信じてあげてください」と言い続けているんです。


子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


勉強だけはやっぱりしてほしいし、好きになってほしいんですね。それはいい成績をとるためではなく、自分を磨いて強くなってほしいから。そのために勉強を楽しめる人は幸せになれると僕は信じているのです。


僕が子供の頃は、周りの大人たちが「お前たちの時代はいいぞ」と言ってくれたんですよね。戦争経験者も多くて、僕の両親も戦争中に生まれた世代なので、「これから日本はもっといい時代になるから、自分がやりたいことをやって生きていくんだぞ」みたいなことを言ってくれた。そういう刷り込みのおかげで、自分の人生もなんとかなるだろうと前向きな気持ちになれたんです。


いろんなことで思い悩んでいる中学生に、「こういう考え方もあるんだ!」と気づいてほしいという気持ちで書きました。もちろん親の世代にも読んでほしいので、子供を信じて待つことを実践している隼人の母親や、口下手で息子との会話が少なくても他人の目など気にせず自分がやりたいことを貫いている父親の言動に、伝えたいメッセージを投影しました。でも、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」といったような誰もがぶつかる永遠のテーマに、自分で答えを出せない子がこの作品を読んだとき、未来が明るく見えるといいなと。


自分が結婚して子供が生まれてみると、「これからの時代は大変だから子供はかわいそう」「こんな時代に、どうやって育てていくの?」と言われることがあって、この子と同世代の子はみんなこんな風に言われて育っちゃうんだろうな、と。でもそれって大人の勝手な思い込みで、子供の未来に対する想像力の欠如なんですよね。ですから、夢や希望に向かって生きていく子供たちのためにも、大人のそういった思い込みを変えていかなければいけないという危機感がありました。


塾の講師時代に感じていたのは、子供たちは昔も今もあまり変わっていないのに、子供を取り巻く環境や周りの大人の接し方がすごく変わってきたということです。そこで、子供たちに伝えたいことを伝えるのはもちろん大切だけれど、まず保護者の方に伝えていかなければ子供も変わらないだろうと、15年前ぐらいに思ったのがきっかけでした。


喜多川泰の経歴・略歴

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

他の記事も読んでみる

唐沢寿明

戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。


石田衣良

強い個性を打ち出すことは意外と容易で、時間をかけて淡々と質を磨き続けることって逆にすごく難しいことです。でも、真面目な努力は必ず人々の心をつかむ品質として表れるものです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

何よりもまず、強さを持つことです。勝利の歓びにあふれた人生は、安定した強さを土台にしなければ築くことができません。確かな目的と、それに向かう強い意志がなければ、人生は不運と弱さに流され、不安定なまま終わります。


久保田一美

今の仕事のままずっと働く、大学で学び直す・留学する、キャリアチェンジする・しない、結婚する・しない、子供のいる家庭を作る・作らないなど、女性は働き方も生き方も多様な選択肢があります。そんな中で自分が納得のいく働き方を実現していくには、「働き方」よりも先に「生き方」にフォーカスして向き合う「生き方ファースト」の働き方を考えることが重要です。一度きりの人生の中で「経験したい」「大切にしたい」ことを、まず明確にしたうえで、自分の働き方について改めて考えるのです。


渋沢栄一

私が若いころ故郷に阿賀野九十郎という七十いくつになる老人がいた。朝早くから夜遅くまで商売一途に精を出していた。あるとき孫や曾孫たちが集まり、おじいさんもうそんなにして働かなくてもうちには金も田地もたくさんできたじゃないか。伊香保かどっかへ湯治に行ったらどうですかと勧めた。九十郎老人曰く「俺の働くのは俺の道楽で、俺に働くなというのは道楽をやめろというようなものだ。まったくもって親不孝な奴らだ。金なんて俺の道楽の粕(かす)なんだ。そんなものはどうだっていいじゃないか」と。


サミュエル・スマイルズ

怠惰な人間、目的もなくぶらぶらしている人間には、どんな幸運も意味を持たない。幸福でさえ習慣として身につけられる。世の中には、ものごとの明るい面を見ようとする性格の人もいれば、暗い面ばかりに目を向ける人もいる。


出口治明

ビジネスは、「数字」「ファクト」「ロジック」がずべてだと考えています。会社というのは合理的な経営体で、長期の経営計画や決まった年間の予算がある。こうした取り決めに対して、どうやった方が効果的かということでしか意見の対立は生じないわけです。「数字」と「ファクト」を出し合って、どちらの「ロジック」が正しいかを考えれば、結論なんてすぐ出ます。


波頭亮

社員を採用する際、どこまで頑張れるか。まずはこれを必ず見ます。もうひとつは価値ある仕事をしたいかどうかということです。高い給料をひたすら求めるのではなく、世の中に価値の高い仕事を提供したい、クライアントや社会のためになる仕事をしたいという気持ちの強い人を採用したいのです。


柳弘之

性能とデザインを極限まで追求すれば当然コストが膨らみますが、コストをかけさえすればいい商品ができるとは限らない。コストとバランスさせようと苦心するところから、新しいアイデアが生まれることもあります。


渡辺真理

私の声は、とてもマイクに乗りにくい声なんです。ですから、本当はお話しするのは恥ずかしいことなのですが、毎日のトレーニングは欠かさないようにしています。さすがに、屋上で大きな声を出すなんてことはしませんが、クルマの運転中に発声や滑舌の練習を心がけています。そうやって声を出す練習をしても、ちゃんと視聴者の方々に届くという保証もないのですから、不安はまだありますね。


細野邦彦

ビジネス上の競争でも、喧嘩でも、やる以上は勝たなきゃならない。ところが自前のパワーを考えると、どうしても勝てない奴ってのもいる。その見極めがポジショニングだ。俺は男だ、根性だというようなやり方、そんなのは駄目だ。しかし、負けそうだからやらないと言うんじゃなくて、どうやれば勝つかを考え、勝てるアイデアや戦力を備える。


本田健

才能、得意分野を複数組み合わせることが大切。もし、会計が得意で、誰とでも友達になれるという人であるなら、会計ソフトの営業マンとしてオンリーワンになれるのではないでしょうか。つまり、計数感覚と社交性を掛け算することで力を発揮できます。