喜多川泰の名言

喜多川泰のプロフィール

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

喜多川泰の名言 一覧

僕の本が答えたというつもりはなくて、人によって答えは違っていいんです。大人でさえも自分の答えに確信を持つことは難しいですから、物事にはいろんな見方、考え方があることを伝えたかった。


子供って、大人が思っている以上に強いんですよ。親が先回りすると、子供の伸びしろがなくなってしまうんですね。親の器のなかに閉じ込めようとすればするほど、子供は生きづらくなります。講演会ではいつも親御さんたちに「大丈夫ですから、信じてあげてください」と言い続けているんです。


子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


勉強だけはやっぱりしてほしいし、好きになってほしいんですね。それはいい成績をとるためではなく、自分を磨いて強くなってほしいから。そのために勉強を楽しめる人は幸せになれると僕は信じているのです。


僕が子供の頃は、周りの大人たちが「お前たちの時代はいいぞ」と言ってくれたんですよね。戦争経験者も多くて、僕の両親も戦争中に生まれた世代なので、「これから日本はもっといい時代になるから、自分がやりたいことをやって生きていくんだぞ」みたいなことを言ってくれた。そういう刷り込みのおかげで、自分の人生もなんとかなるだろうと前向きな気持ちになれたんです。


いろんなことで思い悩んでいる中学生に、「こういう考え方もあるんだ!」と気づいてほしいという気持ちで書きました。もちろん親の世代にも読んでほしいので、子供を信じて待つことを実践している隼人の母親や、口下手で息子との会話が少なくても他人の目など気にせず自分がやりたいことを貫いている父親の言動に、伝えたいメッセージを投影しました。でも、「なんで勉強しなくちゃいけないの?」といったような誰もがぶつかる永遠のテーマに、自分で答えを出せない子がこの作品を読んだとき、未来が明るく見えるといいなと。


自分が結婚して子供が生まれてみると、「これからの時代は大変だから子供はかわいそう」「こんな時代に、どうやって育てていくの?」と言われることがあって、この子と同世代の子はみんなこんな風に言われて育っちゃうんだろうな、と。でもそれって大人の勝手な思い込みで、子供の未来に対する想像力の欠如なんですよね。ですから、夢や希望に向かって生きていく子供たちのためにも、大人のそういった思い込みを変えていかなければいけないという危機感がありました。


塾の講師時代に感じていたのは、子供たちは昔も今もあまり変わっていないのに、子供を取り巻く環境や周りの大人の接し方がすごく変わってきたということです。そこで、子供たちに伝えたいことを伝えるのはもちろん大切だけれど、まず保護者の方に伝えていかなければ子供も変わらないだろうと、15年前ぐらいに思ったのがきっかけでした。


喜多川泰の経歴・略歴

喜多川泰、きたがわ・やすし。日本の作家。東京都生まれ、愛媛県育ち。東京学芸大学卒業後、塾講師、塾経営者などを経て『賢者の書』で作家デビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が映画化された。

他の記事も読んでみる

阿部孝司

お客様のご要望に応じて、機械的に機能を加えていくだけではパッケージとしての汎用さはできません。ですから当社では、お客様の「要望」ではなく「欲求」に注目します。つまり、その「欲求の本質」を酌んで、当初の要望を上回るような汎用化した機能を開発し提案するのです。


ジェフ・ベゾス

出版社は無数にありますが、アマゾンもその中のひとつでしかありません。まず出版分野で実験をするのが目的です。現在は短編の出版を行っていますが、30ページ以上の中編の作品にも期待しています。それはまったく新しいコンテンツになるでしょう。
【覚書き|出版社を通さずに作者が電子書籍を出版できるサービスを開始したことについて語った言葉】


松本紹圭

自分が善人であることに執着すると、だんだんとがんじがらめになり自分の殻を打ち破れなくなります。


畑村洋太郎

私は子供の頃からずっと数字を作り、踊らせてきた。今に至るまでずっとね。


和田秀樹

結局、みんなと同じ見方をして、同じ考えを持ち、それを当たり前と思うビジネスマンには付加価値がありません。これは違うかもしれないと発想の転換が求められます。そのために、まず身の周りの「あたりまえ」を疑い、つきつめて考え、他人と逆の発想をするクセをつけることが一歩抜きん出ることにつながります。1日1つでいいからあたりまえを疑いましょう。


孫正義

挑戦する者にのみ未来は拓かれる。


村尾信尚

予算編成期になると各省から上がってくる予算要求に対して、財務省として回答を出していかなければならりません。「前年は○○円だったから今年も○○円で」といった安直な回答は許されないのです。書類作成以前に、「その予算は妥当なのか」と問われたときに相手を説得できるだけの論的根拠、つまりバックグラウンドが求められます。当時上司によく言われていたのは「川をさかのぼれ、そして海を渡れ(時代をさかのぼって以前はどうだったか調べ、さらに諸外国の実情を調べろ)」です。


ジャック・マー(馬雲)

20年後の世の中やインターネット業界はどうなっているのか。どんなビジネスや企業が必要とされるのか。経営者の役割はそれを予想し、進むべき方向やビジョンを示し、今日から着実に手を打つことです。


石井一久

僕はいつも「一歩引いた視点」で物事を見ています。すると視野が広がり、物事を客観視できる。目の前で起こる出来事に一喜一憂せず、冷静な判断につながる。


神谷一雄

私は毎朝、会社に来る前30分と、家に帰って30分、自転車のペダルを漕ぎます。日曜日は家内と一緒に1時間歩きます。まず頭を使うこと、そして体を動かすこと。それで心身ともに健康を保てる。


伊賀泰代

目的や場面によって、話し方のスタイルを使い分けられる人こそ、本当にコミュニケーション力が高いといえるでしょう。そういう人は、ビジネスパーソンとして大きな強みをもっているといえます。


安藤文男

IT業界にはゴルフがうまい人が多くて、これまで「安藤はホールインワンをしたことがないのか」と言われて悔しい思いをしてきました。しかし、ある先輩から「安藤は旗を狙っていない。いつも安全にグリーンオンを狙うからホールインワンができない」と言われて納得。ゴルフをしていると、リスクのとり方に人柄が出るのだと強く感じます。


小池利和

どんなに時代が変わっても、触れ合いや付き合いは大切にした方がいい。それが経営者としての私の哲学でもあります。


松本幸夫

後輩に仕事を任せるとき、指針を示したらあとはやらせてみて「ここまで自分で考えたら報告してください。○時まで手が離せない仕事があるけれど、○時からなら時間がとれるので、質問があればその時間に」など、あらかじめ後輩のために時間を確保しておくとよいと思います。あとで時間をとってもらえるとわかっていれば、それまでの時間にお互いに自分の仕事ができます。また、後輩の仕事の進捗が確実にわかり、軌道修正しながら進められるのでミスも減ります。まさに一石二鳥です。


山本高史

受け手が喜ばない発想は、個人の我執にすぎない。


ページの先頭へ