名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多喜久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多喜久のプロフィール

喜多喜久、きた・よしひさ。日本の小説家。徳島県出身。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。大手製薬会社研究員の傍ら小説を執筆。『ラブ・ケミストリー』でデビュー。このミステリーがすごい!大賞優秀賞を受賞。

喜多喜久の名言 一覧

(『化学探偵Mr.キュリー』)1巻ではホメオパシー療法、最新7巻では水素水について書きましたが、根拠が明確ではないのに信奉されやすいものは多々あります。これらは化学というより宗教に近いので、健康被害が出ない限り信じるのは個人の自由。ただ、無条件に信じるのもどうだろうという疑問が僕にはある。事実から推論を導くことで、面白さだけでなく、読者の方に疑問を投げかけるものであればいいなと思っています。


誰もが知っている化学者というのがほとんどいなくて、そういう意味でも化学はニッチなジャンルなんですよね。だけどあんがい日常に化学のネタは転がっていて。「クロロホルムを染み込ませたハンカチで口を塞がれても気を失うことはない」とか「青酸カリのアーモンド臭はみなさんがよく食べるものの匂いとは違う」とか、浸透しがちな誤認を正すところからトリックを考えていくと意外性と面白さが生まれたりする。


幸いなことにネタはまだ枯渇する気配はありません(笑)。Whyが根底にあって謎を解き明かすという意味では、化学もミステリーも同じで、思った以上に相性がよかったんですよね。想いが変わったとしたら、トリックありきで物語を考えていたあの頃と違って、今は物語を生きるキャラクターたちのために、どんなトリックが必要か考えるようになったこと。ネタのストックはまだまだあるので、より奇想天外で面白いミステリーを今後も書き続けていきたいです。


読者に驚きを与えるトリックを用いたミステリーを書きたいと思ったとき、現実世界で舞台にしやすかったのがなじみある大学研究室だったのですが、書いてみると意外と化学というのは描かれてこなかったジャンルだと気がついて。たとえば東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズは物理学、鈴木光司さんの「リング」は生物学。そのなかにときどき化学ネタが入り込むことはありますが、特化したものは僕の記憶する限りなかった。素人には不可思議としか思えない現象を、研究者ならではの知識と視点で化学物質と結びつけて解き明かしていく。そんな小説なら、誰も書いたことのないようなものになるんじゃないかと思いました。


喜多喜久の経歴・略歴

喜多喜久、きた・よしひさ。日本の小説家。徳島県出身。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。大手製薬会社研究員の傍ら小説を執筆。『ラブ・ケミストリー』でデビュー。このミステリーがすごい!大賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

坂信弥

つまらぬことをするものだ。漢民族には悠々たる時を味方にして勝つという血が流れている。2年や3年でいい情報を持ってこないからクビにするとはまったくの島国根性だ。これでは「日本は何と情けない国だ」と思われるだけだ。
【覚書き|日華事変中、上海領事館領事だったころの発言。上海の日本領事館に雇われていたスパイがいい情報を持ってこないという理由で解雇されたことを知り、ポケットマネーで再雇用した。そのスパイは恩義を感じ、8か月後、当時日本の要人を次々と暗殺していた上海の地下組織の全容を調べ上げ戻ってきた】


なかにし礼

銃弾は前から飛んでくるとは限らない。あるときは後ろから仲間に撃たれることもあるでしょう。上司を信頼しすぎても危ない。


栗原博

初めて上場企業の担当になった頃、それまで中堅中小のお客様で実績をあげていたので自信があったが、実際に上場企業担当になると、いままでのやり方が通用しなかつた。当時は「なにくそ」と反発したが、あのとき天狗の鼻を折られてよかったと思う。


成瀬まゆみ

上司は、不安を抱きかねない部下に対し「おまえの可能性は、おまえ以上に上司の俺が信じている。目の前の結果は恐れるな」くらいの言葉をかけたほうがいいでしょう。


植田辰哉

褒めるときは、日常の何気ない場面でさりげなく褒めることを大切にしています。たとえば、練習に対する姿勢が見違えるように変わった選手がいるとします。そういう選手には、練習後に廊下ですれ違ったときなどに「最近、頑張ってるね。期待してるよ」というふうに、ふと思い出したかのように言葉をかけて去っていったりします。わざわざ選手を部屋に呼び出して褒めるとなると大げさになりますが、日常の何気ない場面を利用すれば、こちらも声をかけやすいし、選手にとっても印象深いものになると思います。


椎名武雄

Glorious Discontent!(栄光ある不満を持て)


坂根正弘

300社あった子会社を110社に減らした際に言ったのは、特定の人だけを肩たたきはしないということと、希望退職を募るならば全員を対象にするということだった。金銭解決で乗ってくれる人にはそれでお願いしてね。一方、どうしてもコマツで働きたい人には残ってもらうようにした。そうやって、労使間で散々話をして人員を減らし、事業を整理した。事業のスリム化はやればできるはず。


アルバート・アインシュタイン

神の前で、我々は等しく賢明であり、等しく愚かでもある。


笑福亭笑瓶

人生間違いだらけ、間違いなし。人生なんて、間違いだらけなんです。でも、それが人生なんで、間違うために生きているというか、間違うことが人生で、そこから修正していくのも人生なんじゃないですか。


小笠原清忠

礼法と聞くと、決められた動作を覚えるだけの堅苦しい行儀作法だと思われるかもしれません。しかし、武家を中心に伝えられてきた小笠原流礼法の本質は、日常生活の中で行う心と体の「鍛錬」です。初めて参加される方は一様に戸惑います。話を聞くお勉強ではなく、体を使う鍛錬から始まるからです。基本である歩き方の練習だけでも、始めて5分もすると汗だくになります。筋肉痛にもなるし、思惑違いからすぐにやめてしまう方もおられます。


成瀬まゆみ

部下の価値観を知るには、「最近、どんなことにお金や時間を使っているの?」などと聞いてみるのもいいでしょう。部下の価値観に純粋な好奇心を向けることがポイントです。


浦沢直樹

ヒーヒー言いながら描いている線っていうのが、実は個性になっていて、あまりに上手い線が達者に入っていると、そこには誰かわからな無記名な感じになってしまう。