名言DB

9412 人 / 110637 名言

喜多あおいの名言

twitter Facebook はてブ

喜多あおいのプロフィール

喜多あおい、きた・あおい。日本のテレビ番組リサーチャー。兵庫県出身。同志社大学卒業。クイズ番組や情報番組、ドキュメンタリーの情報収集を担当した。著書に『プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』『勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』。

喜多あおいの名言 一覧

入念な準備をしていれば、取材で得られる情報の質は格段に上がる。


情報収集は、「書籍」「新聞」「雑誌」「サイト」「人物」の5つの基本ソースを順に当たっていくと効率がいい。


自分で体感したこと、深く調べたことであれば、プレゼンなどで相手に伝えるときに説得力が出る。


調べる力とは、どれだけ自分の中に情報インデックスを作るかということ。情報を引き出すためのインデックスは、ハズレを蓄積しながら見つけていくもの。


いまは価値ある情報を早く的確に集められるかどうかで、結果に差が出る時代。現場の声など、調べるプロセスに「生」を加えることで、差のある情報が手に入る。


リサーチをするときに書籍を最初に読むのは、テーマの切り口を見つけるのと、テーマに関する教科書として基礎知識を得るためです。書籍はそれぞれのテーマに関する情報を、その道の専門家が考察しながら体系的にまとめています。また、責任を持って有料で提供しており、信頼性が高く、価値ある情報だといえます。テーマについてどう理解し、掘り下げていったらいいのか、コンパスの役割を果たしてくれるのです。


現在ではインターネットという便利なツールが普及していますが、最初からネットでリサーチするのはお勧めできません。検索ワードを選んだ段階で、すでに自分の思い込みが入っているからです。そうすると、集めたデータが偏ったものになり、リサーチが失敗する確率が高くなります。


書店では仕事目的のコーナーだけでなく、なるべく全館を見て回ります。書棚に並んでいる本の背表紙を眺めているだけでも、たくさんの重要な情報が入ってきます。背表紙のタイトルにはその本のエッセンスが盛り込まれていますから。


情報感度をアップさせたいならデパート巡りがお勧めです。私は、欲しい商品が置いてある売り場だけでなく、最上階からデパ地下まで時間の許す限り、すべてのフロアを見て回ります。長いときは、4〜5時間滞在することもありますね。デパート全体を見れば、時代のムード、世の中の風を感じ取れます。


リサーチの効率を求めて、ストライクの情報をいきなりピンポイントで探そうとしてはいけません。そういう方法を取ると、調査対象外の重要な情報を取りこぼすリスクが高まります。


リサーチを始める前に、まず情報の海を見渡します。全体の状況を把握したうえで、どこをどのように調べるのかリサーチ戦略を立て、情報の取捨選択の基準を決めるのです。


計画性がないネット検索や資料収集は、「調べ物」ではなく、「探し物」。情報の切り貼り、寄せ集めにしか過ぎず、役立つ情報になるとは限らない。


情報整理で大切なことは、集めてから整理するのではなく、整理しながら、「価値を生む必要な情報」だけを集めること。集めた時点で、整理する必要のない状態を目指すことが重要。


情報収集の初手は、目的を再確認すること。ネット検索ではありません。調べる時は焦らずに、書籍、新聞、雑誌といった順で、複数の情報源に当たりましょう。


調べる力を身につけようとしたときに、一番やってはいけないことは、ズバリのキーワードで適切な情報だけを探し出そうとすること。たとえそのときに求めている情報としてはハズレだったとしても、情報にハズレというものはありません。それがまた、どんなときに使えるかはわからないでしょう。ハズレにも当たっていくことで、調べているテーマの空気感がわかることもあります。「ハズレとどれだけ付き合えるか」が調べる力を育むと思っています。


喜多あおいの経歴・略歴

喜多あおい、きた・あおい。日本のテレビ番組リサーチャー。兵庫県出身。同志社大学卒業。クイズ番組や情報番組、ドキュメンタリーの情報収集を担当した。著書に『プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』『勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』。

他の記事も読んでみる

襟川陽一(シブサワ・コウ)

未知なるものは面白い。先行きが見えないから楽しい。製品開発に携わるすべての人がそんな気持ちで仕事に臨めば、ゲームに限らず様々なイノベーションを日本はまだまだ生み出し続けられると思います。


童門冬二

私たちがよく使う「風土」は、国土や国民性などの地理上の情景をいいますが、「風度」は心の情景のことをいいます。この言葉はある中国文学者によると、中国の古い言葉だそうです。風度が高い、または低いというのは、その人の人徳の度合いを示しています。古代中国で民衆から尊敬されていた人たちは、風度を高めようと自己研鑽を積んできたのです。この風度があれば、内容に多少納得がいかなくても人は従ってくれるのです。「うちの社長は凄い。歩く姿にオーラがある」とか、「うちの課長はいつもお客様のことを考えている。言っていることに説得力がある」などと部下がしみじみ思うような、にじみ出る風格を確立しなければだめだということです。


松本晃(経営者)

社内でもよく言うんですけど、本はたくさん買えと。いっぱい買って必ず最初の30ページは読めと。30ページ読んで面白くないものは捨てろ。全部、読んだものも捨てろ、と。本を捨てろというのは、そうしないと一生懸命読まないからです。1回読んだら自分の目の前に二度と現れないと思ったら、真剣に読みますから。私の場合、残す本は少ないですね。捨てて、もう一度読みたかったらまた買えばいい。それほど本は安いと思うんです。


村中剛志

たとえばライバル会社が次にどのような戦略を立てるかは、過去の戦略や会社が置かれている状況をみれば一目瞭然。過去を知ることは先を読むことになる。


茂木友三郎

「よき企業市民である」ということ。これが伝わっているからこそ、愛される会社であることができる。


夏野剛

僕も上司に対して「僕の使い方を誤っている」と思ったことがあります。赤ペンを手にとり、一字一句に修正を入れるかのような指示だったのです。これは、マネジメントとしてはまったく的を得ていません。僕のやる気は、任せてもらったときにスイッチが入るのですから。細かく指示を出す上司は、ただ自分の地位を誇示したいだけなのです。


里見多一

アメリカ留学で「沈黙は愚なり」ということを学びました。日本では「沈黙は金なり」と考えられていますが、アメリカでは、辞書を引けばわかることでも質問しないと相手にされません。質問する行為そのものに価値があるということです。留学当時は、家内から「人間が変わった」と言われるくらい猛勉強しましたね。


若山陽一

パナソニックの子会社の、電池の製造請負・派遣会社、パナソニックバッテリーエンジニアリングを買収・子会社化しましたが、非常にうまくいっています。人を大切にするパナソニックの人づくりの在り方には、学ぶところも多い。一方で向こうの社員にしても、活躍の場が広がった。お互いに得るものがあるM&Aでした。こういう案件があれば、積極的に取り組んでいきたいと考えています。


五木寛之

希望が見えない時代。明日はわからないという覚悟で今日一日を大切に生きていくしかない。


糸川英夫

頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するからせっかくの新しいメッセージも届かない。これでは困る。時代を知る。時代感覚をシャープにするにはどうしても頭の中から旧型商品の在庫一掃をする必要がある。


藤堂高明(経営者)

地方で大きくなった企業が都心部に殴り込みをかけるというよりも、地方で得たビジネスモデルで全国統一できるモデルをこれから作っていくという段階に差しかかってきたと考えております。


池谷裕二

私の場合は、研究室の学生に「先生のアイデアはつまらない」とか「先生のアイデアは間違っている」とどんどん否定してもらうようにしていますし、こうした意見をお互いに言い合おうといつも言っています。もちろん、頭から否定するのではなく、「それは面白い。でもこういうふうにも考えられないか?」と互いに言い合うのです。こうして脳が2つ、3つと合わさると、1+1が2になるのではなく、それ以上の発想が生まれてくるのが面白いところです。


林文子

営業に対する努力を続けるコツは、ひとつひとつに結果を求めないことです。結果を求めるから、それが叶わないと諦めてしまう。そうではなく、営業活動をプロセスとしてお考えになるといいでしょう。日々の営業活動は、お客様と関係を深めていく過程の一部なのです。そのプロセスを楽しむ気持ちでいれば、きっと気持ちが楽になるはずです。


佐藤優

限られた時間の中で最高のアウトプットをしようと思えば、時間あたりの生産性を高めていくしかない。


田中洋(マーケティング)

最近の傾向として顕著なのは、「コンセプトブランディング」の増加だ。これは私の造語だが、企業名や商品名ではなく、一般用語をブランドとして訴求、定着させる手法だ。例えば、サントリーのハイボールは登録商標ではないが、ハイボールを広めることで、結果的にウイスキーの売り上げを伸ばすことに成功している。この背景には、押しつけがましいマーケティングのメッセージに対して消費者が抵抗感を持つようになってきたことがある。