名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

喜多あおいの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜多あおいのプロフィール

喜多あおい、きた・あおい。日本のテレビ番組リサーチャー。兵庫県出身。同志社大学卒業。クイズ番組や情報番組、ドキュメンタリーの情報収集を担当した。著書に『プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』『勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』。

喜多あおいの名言 一覧

入念な準備をしていれば、取材で得られる情報の質は格段に上がる。


情報収集は、「書籍」「新聞」「雑誌」「サイト」「人物」の5つの基本ソースを順に当たっていくと効率がいい。


自分で体感したこと、深く調べたことであれば、プレゼンなどで相手に伝えるときに説得力が出る。


調べる力とは、どれだけ自分の中に情報インデックスを作るかということ。情報を引き出すためのインデックスは、ハズレを蓄積しながら見つけていくもの。


いまは価値ある情報を早く的確に集められるかどうかで、結果に差が出る時代。現場の声など、調べるプロセスに「生」を加えることで、差のある情報が手に入る。


リサーチをするときに書籍を最初に読むのは、テーマの切り口を見つけるのと、テーマに関する教科書として基礎知識を得るためです。書籍はそれぞれのテーマに関する情報を、その道の専門家が考察しながら体系的にまとめています。また、責任を持って有料で提供しており、信頼性が高く、価値ある情報だといえます。テーマについてどう理解し、掘り下げていったらいいのか、コンパスの役割を果たしてくれるのです。


現在ではインターネットという便利なツールが普及していますが、最初からネットでリサーチするのはお勧めできません。検索ワードを選んだ段階で、すでに自分の思い込みが入っているからです。そうすると、集めたデータが偏ったものになり、リサーチが失敗する確率が高くなります。


書店では仕事目的のコーナーだけでなく、なるべく全館を見て回ります。書棚に並んでいる本の背表紙を眺めているだけでも、たくさんの重要な情報が入ってきます。背表紙のタイトルにはその本のエッセンスが盛り込まれていますから。


情報感度をアップさせたいならデパート巡りがお勧めです。私は、欲しい商品が置いてある売り場だけでなく、最上階からデパ地下まで時間の許す限り、すべてのフロアを見て回ります。長いときは、4〜5時間滞在することもありますね。デパート全体を見れば、時代のムード、世の中の風を感じ取れます。


リサーチの効率を求めて、ストライクの情報をいきなりピンポイントで探そうとしてはいけません。そういう方法を取ると、調査対象外の重要な情報を取りこぼすリスクが高まります。


リサーチを始める前に、まず情報の海を見渡します。全体の状況を把握したうえで、どこをどのように調べるのかリサーチ戦略を立て、情報の取捨選択の基準を決めるのです。


計画性がないネット検索や資料収集は、「調べ物」ではなく、「探し物」。情報の切り貼り、寄せ集めにしか過ぎず、役立つ情報になるとは限らない。


情報整理で大切なことは、集めてから整理するのではなく、整理しながら、「価値を生む必要な情報」だけを集めること。集めた時点で、整理する必要のない状態を目指すことが重要。


情報収集の初手は、目的を再確認すること。ネット検索ではありません。調べる時は焦らずに、書籍、新聞、雑誌といった順で、複数の情報源に当たりましょう。


調べる力を身につけようとしたときに、一番やってはいけないことは、ズバリのキーワードで適切な情報だけを探し出そうとすること。たとえそのときに求めている情報としてはハズレだったとしても、情報にハズレというものはありません。それがまた、どんなときに使えるかはわからないでしょう。ハズレにも当たっていくことで、調べているテーマの空気感がわかることもあります。「ハズレとどれだけ付き合えるか」が調べる力を育むと思っています。


喜多あおいの経歴・略歴

喜多あおい、きた・あおい。日本のテレビ番組リサーチャー。兵庫県出身。同志社大学卒業。クイズ番組や情報番組、ドキュメンタリーの情報収集を担当した。著書に『プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?』『勝てる「資料」をスピーディーに作るたった1つの原則』。

他の記事も読んでみる

安藤忠雄

目標がなくなったら、人間も国も弱くなる。


オグ・マンディーノ

あなたの笑い声が聞かれない日くらいわびしいものはありません。朗らかな笑いはどこの家でも明るい日差しのようなものだから。例え多忙を極めていても、幸せな面を表にあらわさずに一日を送ることのないようこころがけたいものです。ほほ笑むたびに、そして笑うとなおさら人生に貴重なひとときが加わります。


丹羽宇一郎

信頼が得られれば、必ず利益はついてくる。


安中千絵

もし血糖値を上げるような食事をしてしまったら、食後すぐに軽く運動すれば血糖値の上昇を抑える効果があります。「ラーメンを食べてしまったから今日は歩いて帰ろう」というのはその場しのぎに思えますが、ちゃんと一定の効果はあるのです。また、血糖値の上昇を抑えるということは、疲れだけでなくダイエットにも不可欠な考え方です。


小沼勢矢

「自己統制感覚」とは、自分で自分をコントロールできている感覚のこと。勉強をしたことで点数が上がると、もっと勉強をして点数を上げようという気持ちになり、集中力が高まるわけです。難しいのは、会社から「TOEICで750点を取るように」と命じられて勉強するようなケースでしょう。そもそも、目標を自分でコントロールできていないので、集中力が高まりにくい。その場合は、まず、「TOEICで750点を取れば、こんな理想的な状態が待っている」というポジティブな未来を、できるだけリアルに生々しく想像してください。


片田珠美

人脈をひけらかしたり、自分を大きく見せたりする人は、他人から大きな反発を受ける。反対に、大きな成功を収めても「みなさんのおかげです」「運が良かっただけです」と常に腰が低く、実績を示すときも淡々と伝え、感謝の念を忘れない人は、あまり嫉妬されない。


成毛眞

もっと柔軟に考え、刹那的でいいと思う。目の前のことに集中し、変化に対応して、ベストのスタンスを維持し続けていくことが大事。


小林喜光

例外をつくらないことは、指示をする際に重要なことです。しかし、勝負と感じたときは、当人なりに解釈させて、たとえば接待費も大きく使わせればいいのです。


石見浩一

各部門でのグッドオペレーション(良い事例)を蓄積し、誰がノウハウを持っているのかもデータベース化して、必要があれば、イントラだけでなく、電話でもすぐ聞けるようにしています。これによって変化を生み出しやすい環境を作っています。


八谷和彦

約1億円の開発費がかかりましたし、トラブルもたくさん発生しましたが、完成できたのは、焦らず柔軟に対応してきた結果ですね。

【覚え書き|「風の谷のナウシカ」に出てくるメーヴェをモデルにした一人乗り飛行機をつくったときを振り返って】


天野篤

30代の忙しい時期、充実していましたが心の片隅には「自分は医学の最新の動向から置いて行かれるのではないか」という焦りもありました。当時はインターネットもありませんから、地方の病院で得られる医学情報は医学雑誌くらいのものです。東京の大学病院とは違って、蔵書も限られている。そうした状況から、自分が接する知識や経験を無駄にしたくない、という想いが芽生えました。そこで決意したのが、「一人の患者さんを診て得られる経験を、最低でも5倍にしよう」ということです。


安野モヨコ

『働きマン』の連載をはじめる頃には、それこそ、「何でも描いてほしいと言われる漫画家」にはなっていたのですが、そうなってみると「だから好きなものを」とはいきませんでした。いまの時代に『モーニング』という大人の男性が手に取る雑誌でおもしろがってもらえるものを、と割と理詰めで考えて描いたんです。