名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

喜久川政樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

喜久川政樹のプロフィール

喜久川政樹、きくがわ・まさき。日本の経営者。ウィルコム社長。広島県出身。早稲田大学商学部卒業後、第二電電(のちのKDDI)に入社。DDI東京ポケット電話(のちのウィルコム)に出向。総合戦略部長、取締役経営企画本部長、ウィルコム執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

喜久川政樹の名言 一覧

私は往々にして「謙虚な気持ち」に欠けることがあると自覚しています。だから、ことあるごとに「謙虚であれ」と口に出していうようにしています。


「粘り強く、どんな困難にぶつかっても、決してあきらめない人」「前向きな気持ちを持ち続けられる人」「つねに謙虚な気持ちをもっている人」。この三要素を兼ね備えた人は、成長し続けられる人であると思います。


逆境に立たされたときに、どのような発想ができるかは、とても重要なことだと思いますね。


失敗の体験もたくさんありますが、それだけでは自らを支えることはできません。失敗体験を成功体験に照らして、活かしていくことが大切でしょう。


過去の成功体験は、大きな力になると思います。たとえば私の例でいうと、若いころ、地権者の方と交渉を重ねて、契約を結ぶことができた。その際には、公害も出ないし、長距離電話の料金を下げられるという公益のことも一人ひとりにていねいに話して、ご理解いただきました。これは、私にとって、ひとつの成功体験であり自信です。


私のみているかぎり、重要で難しい交渉の場に置かれて、逃げずに前向きに立ち向かえる人は意外に少ないですね。しかも、頭がよくて、先がみえる人に限って、その場から逃げようとする傾向があります。でも、それでは成長は望めない気がします。


わからないことは本を読んだり、人に聞いたりして、普段から勉強することは不可欠です。私たちのような事務系の人間は、技術に関して、エンジニアほど深い知識はもてません。しかし、ある程度の深さをもった知識は必要で、なおかつそれを幅広くもつことが大切です。


NTTさんと接続問題でもめていたことがありましてね。以前は、収入の半分以上をNTTさんに支払う構造になっていました。このままでは当社の事業が成り立たないため、私が交渉に当たりました。そのとき、私がもっとも大切だと思ったのは「熱意」です。「不退転の覚悟」とも言い換えられます。その裏にある思いは、絶対にPHSを続けるんだ、生き残るのだという強い意志であり、PHSへの愛情です。その熱意や覚悟があったからこそ、思考回路が動き出し、知恵も生まれました。


DDIポケットに出向を命じられたとき、憂うよりも、PHSという新しい事業に挑戦する意欲のほうが強かったですね。もともと後発の通信事業者ですから、最初から事業環境は厳しかった。もちろん私は出向の身ですから、上司にゴマでもすれば、出向元のKDDIに戻れるキャリアプランもありました。でも、PHS事業に対する愛情は誰よりも強いと思っていますし、そこで挑戦しようと腹をくくった以上、そこで頑張り抜こうと決めました。


私の場合、第二電電からDDIポケットに出向したあと、そのDDIポケットは買収されてウィルコムになりました。でも、やっている仕事は本質的に変わりません。仕事自体が好きなら、社名が変わっても、自分の仕事へのモチベーションが下がったり、気持ちがブレることはないはずです。


学生が当社の説明会にきた際には、必ず話しています。会社を好きになるのではなく、事業、つまり仕事そのものを好きになってほしいと。


厳しい仕事をひとつひとつクリアするなかで、むしろ通信事業という仕事が好きになっていきましたね。


私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


早めに、そして継続的に成果を出せる人が、即戦力たりうる人材だと思います。早めに、しかし一回だけ成果を出すような人は即戦力とはいえず、一発屋でしかありません。


喜久川政樹の経歴・略歴

喜久川政樹、きくがわ・まさき。日本の経営者。ウィルコム社長。広島県出身。早稲田大学商学部卒業後、第二電電(のちのKDDI)に入社。DDI東京ポケット電話(のちのウィルコム)に出向。総合戦略部長、取締役経営企画本部長、ウィルコム執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

監督が叱るか叱らないかが大事なのではなく、その選手が逆転ホームランを打ってくれたり完封してくれたりすれば、その監督は結果的に名監督になる。選手が緊張しようが伸び伸びしようがどっちでもいい。要は、ちゃんと戦力になってくれればいいのだ。


武田國男

近頃新聞には「改革」という言葉が踊っていますが、改革は失敗するほうが多いから、利口な人は絶対に手を出しません。改革なんて一番バカな人がやることなんですよ。バカじゃなかったらできません。


村上憲郎

IT業界では新しいサービスやソフトが8割方仕上がったら、ベータ版として公開し、その反応をフィードバックしながら完成形へと向上させていきます。何よりもアウトプットを優先させることが重要。


上田比呂志

上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


桜井一紀

部下と一緒に考えることを優先する質問型リーダーと、部下にやり方を教えることを優先するアドバイス型リーダー。どちらが部下を成長させるのか比較した調査結果があります。それによると、ビジョン構築や目標設定、積極的な提案などの項目で、質問型の部下や同僚の方が、積極的な姿勢がみられました。


藤田晋

先月、「捨てる会議」という名の会議をやりました。これまで実施してきた数多くの事業や制度を1度見直し、「やめるべきもの」を決めようというものです。


北条重時

自分にとって気持ちの良い人によく振る舞い、悪い気持ちを抱かせる人に辛くあたるのは、とてもよくない態度だ。畜生の犬などは、可愛がられる人には尾を振ってなつき、反対にいじめられる人には逃げて吠えまわるが、人と生まれた以上は犬などとは違い、自分に対して良い人にはもちろんのこと、悪い人に対してもよく接するようにすれば、そのうちに、悪い人もだんだんと心を改めて行くようになる。もし、改心せず、そのままの気持ちであっても、神仏は御憐み下されるし、また、それを見たり聞いたりする人は、同情の心を寄せるであろう。


坂本孝

大きな成功をつかむには、失敗しないとダメ。負け戦を知らないと、人間は大きくなれない。


三谷幸喜

たまたま今は僕が面白いと思っているものと、皆さんがそう感じてくださるものが一致しているからいいだけで。本来、笑いなんてものは通じにくいというか、共有できる部分の少ないものだと思っているんです。だから、結局は自分が面白いと思うものを作るしかない。それを周りの人が「面白くない」と言うようになったら、もうそこまでだって気がすごくする。


丹羽宇一郎

まさに今こそ、日中関係を考える時です。互いに同じ人間だということを理解すべきです。それは日本人が中国人を理解するだけではなく、逆に中国人にも日本を理解してもらわないといけない。それが、全くできていない。これは互いに主張だけを続けても解決しません。


高田明(ジャパネットたかた)

危機のときは受けて立たねば先には進めない。現状を100%受け入れて、今できることを考えればいい。


池谷裕二

脳のワーキングメモリーは7つくらいなので、やるべきことが8つ以上あると、脳が全部を覚えられずに、「ものすごく忙しい」と勘違いをはじめるのではないでしょうか。でもよく考えると、8つ程度なら大したことはない。書き出すことで、それがわかって安心します。また、情報も整理され、気分が楽になるのだと思います。