名言DB

9419 人 / 110788 名言

喜久川政樹の名言

twitter Facebook はてブ

喜久川政樹のプロフィール

喜久川政樹、きくがわ・まさき。日本の経営者。ウィルコム社長。広島県出身。早稲田大学商学部卒業後、第二電電(のちのKDDI)に入社。DDI東京ポケット電話(のちのウィルコム)に出向。総合戦略部長、取締役経営企画本部長、ウィルコム執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

喜久川政樹の名言 一覧

私は往々にして「謙虚な気持ち」に欠けることがあると自覚しています。だから、ことあるごとに「謙虚であれ」と口に出していうようにしています。


「粘り強く、どんな困難にぶつかっても、決してあきらめない人」「前向きな気持ちを持ち続けられる人」「つねに謙虚な気持ちをもっている人」。この三要素を兼ね備えた人は、成長し続けられる人であると思います。


逆境に立たされたときに、どのような発想ができるかは、とても重要なことだと思いますね。


失敗の体験もたくさんありますが、それだけでは自らを支えることはできません。失敗体験を成功体験に照らして、活かしていくことが大切でしょう。


過去の成功体験は、大きな力になると思います。たとえば私の例でいうと、若いころ、地権者の方と交渉を重ねて、契約を結ぶことができた。その際には、公害も出ないし、長距離電話の料金を下げられるという公益のことも一人ひとりにていねいに話して、ご理解いただきました。これは、私にとって、ひとつの成功体験であり自信です。


私のみているかぎり、重要で難しい交渉の場に置かれて、逃げずに前向きに立ち向かえる人は意外に少ないですね。しかも、頭がよくて、先がみえる人に限って、その場から逃げようとする傾向があります。でも、それでは成長は望めない気がします。


わからないことは本を読んだり、人に聞いたりして、普段から勉強することは不可欠です。私たちのような事務系の人間は、技術に関して、エンジニアほど深い知識はもてません。しかし、ある程度の深さをもった知識は必要で、なおかつそれを幅広くもつことが大切です。


NTTさんと接続問題でもめていたことがありましてね。以前は、収入の半分以上をNTTさんに支払う構造になっていました。このままでは当社の事業が成り立たないため、私が交渉に当たりました。そのとき、私がもっとも大切だと思ったのは「熱意」です。「不退転の覚悟」とも言い換えられます。その裏にある思いは、絶対にPHSを続けるんだ、生き残るのだという強い意志であり、PHSへの愛情です。その熱意や覚悟があったからこそ、思考回路が動き出し、知恵も生まれました。


DDIポケットに出向を命じられたとき、憂うよりも、PHSという新しい事業に挑戦する意欲のほうが強かったですね。もともと後発の通信事業者ですから、最初から事業環境は厳しかった。もちろん私は出向の身ですから、上司にゴマでもすれば、出向元のKDDIに戻れるキャリアプランもありました。でも、PHS事業に対する愛情は誰よりも強いと思っていますし、そこで挑戦しようと腹をくくった以上、そこで頑張り抜こうと決めました。


私の場合、第二電電からDDIポケットに出向したあと、そのDDIポケットは買収されてウィルコムになりました。でも、やっている仕事は本質的に変わりません。仕事自体が好きなら、社名が変わっても、自分の仕事へのモチベーションが下がったり、気持ちがブレることはないはずです。


学生が当社の説明会にきた際には、必ず話しています。会社を好きになるのではなく、事業、つまり仕事そのものを好きになってほしいと。


厳しい仕事をひとつひとつクリアするなかで、むしろ通信事業という仕事が好きになっていきましたね。


私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


早めに、そして継続的に成果を出せる人が、即戦力たりうる人材だと思います。早めに、しかし一回だけ成果を出すような人は即戦力とはいえず、一発屋でしかありません。


喜久川政樹の経歴・略歴

喜久川政樹、きくがわ・まさき。日本の経営者。ウィルコム社長。広島県出身。早稲田大学商学部卒業後、第二電電(のちのKDDI)に入社。DDI東京ポケット電話(のちのウィルコム)に出向。総合戦略部長、取締役経営企画本部長、ウィルコム執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

和田洋一(スクウェア・エニックス)

アイデアを書きとめる際、あるいは自分のアイデアを他社に伝える際には、なるべく絵や図表で表現したほうがいいと私は考えています。視覚は言語に比べるとはるかに生理的なものだから、嘘や曖昧さの紛れ込む余地が少ない。逆にいえば、言葉で表現すると論点が曖昧になりがちなのです。とりわけ冗長な言葉は、論点を不明瞭にしてしまいます。


奥谷禮子(奥谷礼子)

自分が属する業界や現場がどうなっているのかをきちんと見ていくことが重要。


林信秀

挑戦をすれば、当然失敗することもあります。そのたびに、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」の精神を思い出し、常に前を向いて進んでいきたい。そうすれば必ず道は開けると信じています。


ジョー・ジラード

秘密や魔法など存在しない。セールスで成功するためのプロセスとは、際限なく頭を働かせることだ。最終章はない。そのプロセスを何度も何度も新しく始めるだけだ。


斉藤惇

(中国が採用した)国家資本主義はコストがかかりますし、世代が変わるほど無責任体制になっていると見ています。第1世代は国を興す勢いで一生懸命にやっても、第2、第3世代になってくると自己のポジションを守るために賄賂などを使うようになる国ですから、結局は行き詰まるのではないでしょうか。私は今後10年、20年先を見た時には日本に対して悲観していません。しかし今、日本は頑張らなければならない時です。


上野和典

ガムシャラに働く時期は絶対に必要。僕自身そうだった。でも5年も経ったら、意識的に時間をマネジメントしないとね。


大坪勇二

粘って交渉すれば契約がとれるかもしれませんが、予定を延長すると、その後の予定にしわ寄せが行きます。仮に粘って一件成約させても、その他の商談に万全の状態で臨めなければ、より大きな利益を失うことになります。商談は、ゴールと締め切りが決まっているからこそ、集中力を発揮できるのです。


上田真(経営者)

まずは株主ではなく、お客様を見て商売をしていきます。そのことが、結果として株主への貢献にもつながる。


執行草舟

道元が書いた『正法眼蔵』には、「生も一時のくらい(位)なり、死も一時のくらいなり」という一文があります。生きることと死ぬことは混じり合っている。死ぬ時になって死を考えるようでは駄目です。毎日死を考えていると、死を考えないで済む人間になる。私はそういう人間になりたいと思って、死ぬ日まで、死に向かって体当たりしながら生きるだけです。


田原総一朗

日本には一代での成り上がり成功者を嫌い、足を引っ張りたがる傾向がある。ただし、成り上がりでも一つだけ気をつければ、足を引っ張られることはありません。それは単純ですが、年配の人に気に入られること。孫(正義)さんや三木谷(浩史)さんはこれができた。