名言DB

9419 人 / 110788 名言

唯川恵の名言

twitter Facebook はてブ

唯川恵のプロフィール

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

唯川恵の名言 一覧

犬を亡くしたしんどさに勝ることをしたかったんです。(山に登ることで)息を切らせ、しんどさを感じることで、その悲しみを消化できるんじゃないかと。それで、ちょこちょこと登るようになったんです。


ノンフィクションは、時系列や記録が大切だけれど、小説は、確固としてある時系列の間に誰と会い、どんな思いを抱えたかということが大切で。人生も多分そう。人が一番大きく変わるのは、人と出会うこと。


唯川恵の経歴・略歴

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

上野和典

若いころは無駄に思える仕事も積極的に引き受けていました。一見無駄でも、実際にやってみると自分の幅を広げてくれることが多いからです。


美月あきこ

成功者の方々は、「自分から声をかける」「笑顔で接する」「ありがとうと言う」といった、誰でも真似できるけれども、なかなかできないことが、習慣になっています。


古賀清彦

創業当時は、中古腕時計の卸売りをやっているのは、当社以外にありませんでした。その時、この分野に特化したことで、ニッチですが圧倒的なシェアを取れたことですね。それから在庫量です。卸売りといっても在庫を持たないことがベストだと思いますが、当社は、ある程度のボリュームの在庫を抱えています。そのため、顧客が必要な時に必要な数を提供することができます。


佐野章二

『ビッグイシュー日本版』を創刊したとき、周囲はこれでもかというほど大反対でした。「活字離れが進む中、若者向け雑誌は売れない」「日本には路上で雑誌を売買する習慣がない」「フリーペーパーが増える中、有料は難しい」「ホームレスからは買わない」など、まさに四重苦。でも、諦めませんでした。素人集団の怖さですね(笑)。


小沼大地

留職は、新興国の市場開拓や、グローバル人材育成につながる取り組みです。社名も日本の常識も通用しない場所に一人の人間として飛び込み、言語も文化も違う人々とともにプロジェクトを進め、結果を出す。いわば修羅場体験です。派遣先では、「本当に現地のためになるのか」という徹底したマーケットインの発想と、事業の全体を見通すような経営者としての視点が鍛えられます。いまの日本企業では、事業が社会に与えるインパクトをつかみづらいですが、途上国のNPOであれば自分の力で人々が笑顔になる実感を得やすい。留職は、仕事を通じて社会に役立つ喜びを再確認する「原体験」になるのです。


江草康二

もともと、イベント専門の会社だったのが、セールスプロモーションまで手掛けるようになったのは、顧客の要望に応えたからです。顧客は単にイベントがやりたいのではなく、プロモーションの一環としてイベントを依頼しています。今ならば、デジタルを生かした企画、さらにはインタラクティブなプロモーション企画まで、当社は提案して実行しています。


大野直竹

静岡支店に配属されて17年ほど経ったある日、当時の上司で取締役特建事業部長だった樋口武男現会長から電話をいただいた。転勤の内示でした。転勤したくないみたいなことも言ったんですけど、サラリーマンですから通るはずがない。転勤先は新潟。調べてみたら、当時の新潟支店は伸び悩んでいた。「これから大変だなぁ」って思いながら支店長として赴任したんです。でも新潟の地場の皆さん、企業さんとお付き合いさせていただくと、予想外に楽しいことがいっぱいあった。おかげさまで4年と8か月、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。後から感じたのは、新潟転勤は会社が私のためにやってくれたことだったということ。「あいつも静岡が随分長くなったから、この辺でもうちょっと活躍の場を与えてやろう」という配慮だったんですね。


服部真二

セイコーの創業者・服部金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という現在の企業理念ともなっている言葉があります。セイコーの伝統は革新の連続であり、たえず先進技術を追い求めてきた。


近藤良平

大学を1年休学して、ヨーロッパを放浪した時の経験も影響してるでしょうね。途中まで僕は「孤高の旅人」を気取ってたんだけど、旅先で出会った現地の人とちゃんと関わるようになった途端に、旅の概念そのものが変わったんです。自分がちょっと変わったり、視点を変えただけで、同じ旅の時間がこんなにも楽しくなるんだなって実感した。その経験は、やっぱり大きいと思います。


中嶋茂夫

SNSを人脈づくりに活かしたいなら、まず楽しもうとすることが大切です。自分が楽しめなければ、他のメンバーとのやり取りも弾みません。それでは友達ができにくいことは、説明するまでもないでしょう。たとえ仕事の人脈がつくりたいという場合でも、まずは趣味の分野などで自分が楽しむことから始めた方がいいでしょう。趣味を同じくする人たちのコミュニティに参加すれば、友人を一気に増やせる可能性もあります。