名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

唯川恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唯川恵のプロフィール

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

唯川恵の名言 一覧

犬を亡くしたしんどさに勝ることをしたかったんです。(山に登ることで)息を切らせ、しんどさを感じることで、その悲しみを消化できるんじゃないかと。それで、ちょこちょこと登るようになったんです。


ノンフィクションは、時系列や記録が大切だけれど、小説は、確固としてある時系列の間に誰と会い、どんな思いを抱えたかということが大切で。人生も多分そう。人が一番大きく変わるのは、人と出会うこと。


唯川恵の経歴・略歴

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

鈴木雍

いつもこれじゃいかんという問題意識を持ち、内部体制の強化とサービスの拡充を考えろ。


石黒和義

この3年で痛切に感じているのが、経営者を含めていろいろな方にお会いするんですけど、意外にも自分事として高齢化問題を考えている人が少ないということです。もちろん、経営者としてシニア向けビジネスを考えている人は沢山いると思いますが、経営者である前に一人の国民としてどう感じ、どう行動に移していくかが大事ですよね。


山下孝一

社員がこの会社で働けて幸せだと思えたら、彼らも本気になってお客様を喜ばす。


若山陽一

組織が大きくなるにつれ、挑戦心が薄れていく傾向があるが、次の成長のためにも挑戦する心が大事。


川上善郎

企業文化をどうつくっていくのか。皆がルールを守って仲良く横並びになる文化では、できる人が抑えつけられ、飛び抜けた人材が出てこないというのも日本社会の停滞の原因とも言えます。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

東急ベルの仕事はいわゆる御用聞きです。イエナカサービスと呼んでいます。自宅を訪問し、何かお困りのことはありませんかと聞いて回る。庭を直してくれなどの身近な注文を受けるなど、地道な作業をしています。こういうことをやりながらでなければ、高齢の夫婦が生活しづらい街になってしまいますから。


三谷宏幸

かつて私もGEで、修羅場のような現場を何度も経験させられました。特に変革期のリーダーはリスクが分かり、リスクを取れる人でなければ務まりません。将来そんなリーダーになるためにも、「失敗」という経験の蓄積が必要なのです。


山田昭男

人をルールで縛るからダメになる。縛りを解けばやる気になる。


前田晃伸

文字というのは、その人の持つ個性そのものです。自分の思いを伝えるためには、時と場合によってはパソコンではなく、あえて手書きにこだわる。できればそういう点も大切にしたい。


林善博

台湾は日本のみそ汁が受け入れられます。フランスも日本のだしを理解してくれる。でもイギリスや米国は駄目ですね。ピリ辛とか甘いみそ汁が受けるというように、地域によって味を変えています。今や日本の国民食になったカレーも、インド発祥ですが、日本で愛されているカレーの味は日本オリジナルです。本来の味を相手の国によって変えるのは当然だと思います。


宗次徳二

店舗を巡回するのは、1日平均5店舗ほどです。地方に出張ともなれば1日10店以上の店舗を訪れます。どの店舗でも、実際にカレーを食べて味やサービスをチェックします。出張の際は、その地方の名物を食べてみたいという気持ちもあるのですが、店舗でカレーを食べ続けるため、結局他の料理は食べられません。ココイチのカレーは毎日食べてもおいしいので、それでもいいんですけどね。


詹國良(ボブ・セン)

好きな言葉は「狙いが大きければ当たりが大きい」です。より大きな仕事に取り組めるよう、私自身も努力を続けていきます。