唯川恵の名言

唯川恵のプロフィール

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

唯川恵の名言 一覧

犬を亡くしたしんどさに勝ることをしたかったんです。(山に登ることで)息を切らせ、しんどさを感じることで、その悲しみを消化できるんじゃないかと。それで、ちょこちょこと登るようになったんです。


ノンフィクションは、時系列や記録が大切だけれど、小説は、確固としてある時系列の間に誰と会い、どんな思いを抱えたかということが大切で。人生も多分そう。人が一番大きく変わるのは、人と出会うこと。


唯川恵の経歴・略歴

唯川恵、ゆいかわ・けい。日本の小説家。石川県出身。金沢女子短期大学卒業。『海色の午後』で集英社コバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。『肩ごしの恋人』で直木賞、『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。多くの作品がテレビドラマ化された。

ページの先頭へ