名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

唐鎌謙二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唐鎌謙二のプロフィール

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

唐鎌謙二の名言 一覧

相手によって態度を変えないことは信頼につながる。


苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。


僕は失敗談も正直に語ったことで、本来は一匹狼的な側面もある雨漏り職人の皆さんと強いネットワークが築けました。業界・業種の先駆者として情報発信すれば、仲間を増やせる確率はさらに高まるでしょう。


自分の運を信じることも大切。つらい場面で「僕は運がいい。何とかなるはずだ」と考えると、前向きなアイデアが出やすくなりますし、そのうち支えてくれる人も現れる。


お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


建物の修理を頼まれても、工事を先延ばしする方がお客さまのためになると判断したら、正直に伝えます。従業員にも「それで会社がつぶれても構わないから、お客さまと建物を最優先で考えろ」と、普段から話しています。


唐鎌謙二の経歴・略歴

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

他の記事も読んでみる

家本賢太郎

そもそも会社が必要だと思って採用した人なのですから、上司と上手くいっていなかったり、希望の部署に配属されなかったりして、モチベーションを下げている社員には、「あなたのことはちゃんと見ているし、価値がある人間だということはわかっていますよ」というメッセージを伝えています。面談のような場で明確に言うこともありますし、あえて明確には言わずに、ニュアンスだけを伝えることもあります。


柳井正

少しだけ無理して壊れないことが大切。「無事これ名馬」なんですよ、人間も。少しだけ無理して生きないと。


寺田和正

ブランドとは、関わる人を幸せに出来るビジネスモデルだと思います。今後も日本発世界ブランドへという強い信念を持って、挑戦し続けたい。


澤田秀雄

風景だけで人を集められるのならば、誰も苦労しない。「きれいな街並みだったね」と一度は来てもらえる。しかし、二度目はない。素晴らしい景色は、一度見れば十分。


出井伸之

ソニーでも足し算の文化のごとく、オーディオ・ビジュアル・ビジネスの上にITビジネスを乗せてしまおうというわけです。この両業種を合わせて、いままさにはじまったデジタルの爆発的な成長に貢献していけるようなモノづくりをしていこうということです。


前川孝雄

プロジェクトがスタートしたら、定期的に面談を行ない、本人が設定したプロセスどおりに進んでいるか確認します。基本的にはメンバーの自律的な動きに任せながらも、軌道修正や問題解決をサポートする時間を定期的に設けておくことで、結果的に仕事の生産性や効率アップにつなげることができるのです。


中村天風

運が向こうから、皆さんのほうへお客のように来るんじゃないんですよ。すべての幸福や好運は、自分が呼び寄せなければ来やしないんです。


小宮一慶

人間は、他の人間に対して必ず心理バリアを持っています。部下に頼みごとをしたときに嫌がられるのは、その上司に対しての心理バリアが高いからです。これを低くしない限り、何を頼んでも部下は抵抗を示すでしょう。


小林栄三

人は皆それぞれにいいところと悪いところを持っています。悪いところは組織で補えるわけですから、いいところを伸ばせばいい。しかし逆に言うと4000人いれば4000人のいいところがあるということは、一人一人が勉強して、それなりのプロにならなくてはならないということです。


菅義偉

細い糸で、糸を切られないように大きい魚を釣るのはなかなかおもしろい。太い糸だと、食わないんですよ。
【覚書き|趣味の渓流釣りについて語った言葉】


和田裕美

私の軸は、「ワクワクしたら動く」ということ。自分の軸がわからない人も、「ワクワクしたら動く」ことを心がけてみてはいかがでしょう。迷ったら、「自分の心が躍るのはどっちだろう」と考えて、行動を選択するんです。


迫俊亮

運も努力も両方ないと駄目。チャンスというものの多くは偶然によってもたらされる傾向が強いように感じているものの、そうして巡ってきたチャンスを本当に前進するための機会としてつかみ取るには、一定の力が必要になります。チャンスを真の機会としてモノにしようと思えば、それまでにどれだけ努力して自分を高めてきたかが問われる。