名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

唐鎌謙二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唐鎌謙二のプロフィール

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

唐鎌謙二の名言 一覧

相手によって態度を変えないことは信頼につながる。


苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。


僕は失敗談も正直に語ったことで、本来は一匹狼的な側面もある雨漏り職人の皆さんと強いネットワークが築けました。業界・業種の先駆者として情報発信すれば、仲間を増やせる確率はさらに高まるでしょう。


自分の運を信じることも大切。つらい場面で「僕は運がいい。何とかなるはずだ」と考えると、前向きなアイデアが出やすくなりますし、そのうち支えてくれる人も現れる。


お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


建物の修理を頼まれても、工事を先延ばしする方がお客さまのためになると判断したら、正直に伝えます。従業員にも「それで会社がつぶれても構わないから、お客さまと建物を最優先で考えろ」と、普段から話しています。


唐鎌謙二の経歴・略歴

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

他の記事も読んでみる

野口敏(話し方)

無理に「面白いことを言おう」「気の利いたことをいわなくちゃ」と考えるから、話すことがなくなってしまうんです。話題は何だっていいんです。たとえば、朝起きてから家を出るまでにあなたはどれくらい時間をかけているか考えてみてください。「いつも10分で出る」という人もいれば、「お化粧があるから2時間以上かかる」という女性もいるでしょう。このように、人の暮らしぶりは千差万別です。あなたがとるに足らないと思っていることでも、相手にとっては新鮮な話題になることはたくさんあるはずなんです。


似鳥昭雄

物事はすべて立体で、四次元で表さないと本質というのはわからない。一枚の絵を見たときに、その絵の奥行きはもちろん、その世界の空気や温度や時代背景までも観察する。


小室淑恵

管理職に求められているのは、メンバーそれぞれの強みを最大限に発揮できる環境づくりです。強いリーダーシップ型のマネジメントではなく、一人一人のメンバーを丁寧に支援するサポート型のマネジメントが必要なのです。全員が持っている能力を発揮できれば、チームとしてのパフォーマンスも上がり、一番能力の高いリーダーばかりに仕事が集中するという状況も改善され、管理職自信が楽になれます。


盛田昭夫

日本人は地位が高くなればなるほど働かなくなるとよく言われる。平社員から係長、課長、部長、取締役と位が上がっていくということは、だんだん神様に近づいていくんだ、という考え方だからである。神様に近づくのだから、次第に楽になるのは当たり前。会社にはゆっくり出てきてよろしい、秘書が持ってくるコーヒーをソファでゆっくり飲む、昼間からゴルフに行くというように、平社員のできないことが重役にできるのは神様に近づいたためである。日本は重役天国といわれるが、これが続く限りは外国との競争に打ち勝つことは難しいような気がする。


茂木友三郎

コーポレートガバナンスで最も大事なことは2つ。ひとつは、能力のある強力な社長を選ぶこと。もうひとつは、社長の仕事ぶりや取締役会の機能チェックをすること。


中村貞裕

どんな仕事についても言えることだと思うのですが、常に仕事がしやすい環境が保障されていることはないと思うんです。自分の意見に反対する人も、理解を示してくれない人もいる。そういった人々をどうやって巻き込むかということが、プロジェクトを素早く動かすために重要となってきます。


入山章栄

経営学で、リーダーに必要な素養とされるのが「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」です。ビジョンを掲げ、社員に明確に伝え、巻き込むリーダーです。


坂根正弘

うちは石川県小松市が発祥の地なので、小松市を元気にするための取り組みも行っています。


寺脇康文

いつまでも悩んだり、落ち込んでるのは僕はもったいないと思います。人はいつか死ぬ。その人生の中で、起きたことをいつまでも考えてるより、次にもっと良くなるように気持ちを切り替えてやればいいんだから。過去は同窓会などで思い出を懐かしむためにあると思うんですよ。こうすればよかったと。いつまでも引きずってもしょうがない。その失敗があるからこれからがある。将来にものすごい良いことがあると思えば幸せじゃないですか。


横田英毅

広告宣伝費ゼロ、販売活動費ゼロの会社を目指します。まだまだこれからです。


塚本隆史

全員が、同じ方向を向いて、できれば火の車になって、一生懸命汗を流す。そういう組織にできるだけ近づけたい。これが私の夢です。


越智通勝

慎重をモットーにするような人は、見込みがある。頻繁な転職を喜ぶのは斡旋会社だけだ。その点を包み隠さず、正直に伝えたからこそ、多くの支持を頂けたのだと思う。