唐鎌謙二の名言

唐鎌謙二のプロフィール

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

唐鎌謙二の名言 一覧

相手によって態度を変えないことは信頼につながる。

唐鎌謙二の名言|相手によって態度を変えないことは信頼につながる

苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。

唐鎌謙二の名言|苦しくても、常に正直でいる

僕は失敗談も正直に語ったことで、本来は一匹狼的な側面もある雨漏り職人の皆さんと強いネットワークが築けました。業界・業種の先駆者として情報発信すれば、仲間を増やせる確率はさらに高まるでしょう。

唐鎌謙二の名言|失敗談も語る

自分の運を信じることも大切。つらい場面で「僕は運がいい。何とかなるはずだ」と考えると、前向きなアイデアが出やすくなりますし、そのうち支えてくれる人も現れる。

唐鎌謙二の名言|自分の運を信じることも大切

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。

唐鎌謙二の名言|うそはお客さまに伝わる

建物の修理を頼まれても、工事を先延ばしする方がお客さまのためになると判断したら、正直に伝えます。従業員にも「それで会社がつぶれても構わないから、お客さまと建物を最優先で考えろ」と、普段から話しています。

唐鎌謙二の名言|お客さまを最優先で考えろ

唐鎌謙二の経歴・略歴

唐鎌謙二、からかま・けんじ。日本の経営者。「日本外装」社長。鹿児島県出身。雨漏り修理職人を経て「雨漏り110番グループ」を設立。そのほか、雨漏り診断士協会専務理事を務めた。著書に『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』。

ページの先頭へ