名言DB

9412 人 / 110637 名言

唐澤理恵の名言

twitter Facebook はてブ

唐澤理恵のプロフィール

唐澤理恵、からさわ・りえ。日本のイメージコンサルタント。お茶の水女子大学被服学科卒業。大手化粧品会社「ノエビア」に入社し営業職、営業・新規事業の企画を担当。同社初の女性取締役として6年間マーケティング部門を担当。その後独立し、イメージコンサルティング事業を行った。著書に『声で勝つ』『「見た目」で差をつける営業』『デキる上司の外見成功術』『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』ほか。

唐澤理恵の名言 一覧

基本を押さえず個性を出そうとしても失敗するだけ。まずは王道をしっかりと極めてください。


本当におしゃれな人ほど「王道」を極めているものです。基本をとことん試し尽くして、自分のものにすることこそが、王道を極めるということです。そして王道を極めてから、改めて自分の好みを少しずつ加えて、センスを磨き、個性を表現すべきです。


人の内面は年を追うごとに磨かれ成長していくのに、外見はほったらかし、というのは考えてみればおかしな話です。


中高年の男性はあまり鏡を見ないようですが、プレゼン前の企画書と同じように鏡の中の自分を見て、いまのステージに合わせた外見をマネジメントするという意識を持っていただきたい。


なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。


初対面の際、8割の人が「相手の顔を見る」という調査結果があります。意思を表わすといわれる目を始め、眉や口などのパーツ、そして顔全体に情報が集約されています。そのため、私はビジネスマンの方から「第一印象を良くしたい」という相談を受けたら、まずはその人の顔の印象分析から始めます。


唐澤理恵の経歴・略歴

唐澤理恵、からさわ・りえ。日本のイメージコンサルタント。お茶の水女子大学被服学科卒業。大手化粧品会社「ノエビア」に入社し営業職、営業・新規事業の企画を担当。同社初の女性取締役として6年間マーケティング部門を担当。その後独立し、イメージコンサルティング事業を行った。著書に『声で勝つ』『「見た目」で差をつける営業』『デキる上司の外見成功術』『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』ほか。

他の記事も読んでみる

大島征夫

プレゼンに必要なのは「情(感情)」と「理(理論)」と「利(利益)」です。クリエイターは情に傾きがちですが、私はクリエイティブディレクターとして理や利を考慮に入れ、三者の重なる地点に立っています。


佐々木大輔(経営者)

創業頃も、ネットで会計サービスをする会社はありましたが、なぜか「ネットが苦手でも大丈夫」と訴えているんです。これは違うと思い、当社はITやネットに抵抗がない層をターゲットにしました。リリースしてみるとツイッターやフェイスブックで「こういうのが欲しかった」と非常に好評なんです。ネットを使いこなしている層にはすぐに受け入れられました。


冨山和彦

事業と機能のポートフォリオ入れ替えが、ごく日常的にできる企業体であることが重要。


武田双雲

でっかい夢が土台になると、協力してくれる人が現れる。


佐藤隆太

僕がいい仕事をするために心がけていることは、挨拶です。単純なことですけどね(笑)。最初に気持ちのいい挨拶ができれば、気持ちよく一日をスタートできる。逆に気持ちいい挨拶ができないと、最後までモヤッとして過ぎてしまうと思うので。


孫正義

組む以上はナンバーワンのところと最初からがっちり組む。これが僕の主義です。そのために全ての精力をつぎ込む。ナンバーワンのところと組むことに成功すれば、あとは黙ってもすべてがうまくいく。そういうものです。
【覚書き|上記発言はソフトバンク設立時からの提携ポリシーより。創業したてのソフトバンクが一番初めに取り組んだのは、日本一のソフト販売店と日本一のソフト開発会社に営業をかけること。創業まもない無名企業が日本一の会社と取引を得ることで、それより下位の業者と一気に契約にこぎつけることに成功した】


丸山茂樹(プロゴルファー)

妻やマネジャー、トレーナー、キャディーも一緒に苦労してくれた。周囲の助けがなかったら、海外で挑み続けられなかった。


鈴木敏文

過去の常識にとらわれていたらいけない。それを社員に説得して分からせるのが僕の仕事。


小池百合子

大組織では、往々にして身内の論理が優先され、本来の目的が見失われることがあります。しかし政治・行政は、常に有権者のために行われなければなりません。


山田昭男

多くの会社は「いいものを安く」を標傍する。確かに日本の製造業はいいものをつくっている。自動車、カメラ、時計などさまざまな分野で世界トップクラスの製品をつくり、最近中国に抜かれたが、長い間世界第二位の経済大国だった。しかし、いいものを安く売ったら、当然利益は薄くなる。それが現実の数字にも表われている。とにかく日本の企業は儲けることができないんだな。


安藤忠雄

昔、東大寺の南大門を初めて見た時に、「鎌倉時代にすごいものをつくったな」と感銘したことを今でもよく覚えていますが、同じように、私の作品をリアルに見てもらって、いっぱい刺激を感じてほしいんです。私たちの仕事は、人々が「明日がある」と感じてくれるものをつくることなのですから。刺激された時の記憶はずっと残るのでとても大事です。


淡輪敏

中期経営計画はこれまで通りに作るが、目標値は毎年見直すことにした。2015年度は営業利益の目標値600億円を1年前倒しで達成したが、だからもういいといことにはならない。1年ごとに修正していくことに意味がある。


笹田裕嗣

ほかの営業マンと同じメールを送っていたら、読まずに削除されてしまいます。そこで、いろいろ工夫しました。「タイトルにインパクトを出すこと」「定期的に送ること」「相手にとって役立つ情報を入れること」の3つです。


前田晃伸

毎年の年賀状もすべて手書きです。宛名だけでなく中身の文章もです。裏も表も手書きとなると、800枚程度が限界なので、お世話になっている全員に出すわけにはいきません。それでも手書きにこだわるのは、受け取る側に手書きの気持ちや気概を感じてもらうことが、文章によるコミュニケーションの第一歩だと思うからです。


久世由美子

水泳の技術を教えるのはもちろんですが、最初に徹底したのは、挨拶、返事、礼儀、そして感謝の気持ちを忘れないこと。クラブに来て挨拶や返事ができなければ、「泳ぐ必要はない」と厳しく接していました。小さい頃から当たり前のことを当たり前にできるようにしておけば、大人になったときに本人が困らない。私自身、剣道師範の厳しい父に育てられ、身についたことで助けられた場面がいくつもありましたから。「約束は守ること」「やるといったら最後までやり通すこと」といった父の教えが、指導する上で大きな心の支えになっていました。