唐澤理恵の名言

唐澤理恵のプロフィール

唐澤理恵、からさわ・りえ。日本のイメージコンサルタント。お茶の水女子大学被服学科卒業。大手化粧品会社「ノエビア」に入社し営業職、営業・新規事業の企画を担当。同社初の女性取締役として6年間マーケティング部門を担当。その後独立し、イメージコンサルティング事業を行った。著書に『声で勝つ』『「見た目」で差をつける営業』『デキる上司の外見成功術』『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』ほか。

唐澤理恵の名言 一覧

基本を押さえず個性を出そうとしても失敗するだけ。まずは王道をしっかりと極めてください。


本当におしゃれな人ほど「王道」を極めているものです。基本をとことん試し尽くして、自分のものにすることこそが、王道を極めるということです。そして王道を極めてから、改めて自分の好みを少しずつ加えて、センスを磨き、個性を表現すべきです。


人の内面は年を追うごとに磨かれ成長していくのに、外見はほったらかし、というのは考えてみればおかしな話です。


中高年の男性はあまり鏡を見ないようですが、プレゼン前の企画書と同じように鏡の中の自分を見て、いまのステージに合わせた外見をマネジメントするという意識を持っていただきたい。


なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。


初対面の際、8割の人が「相手の顔を見る」という調査結果があります。意思を表わすといわれる目を始め、眉や口などのパーツ、そして顔全体に情報が集約されています。そのため、私はビジネスマンの方から「第一印象を良くしたい」という相談を受けたら、まずはその人の顔の印象分析から始めます。


唐澤理恵の経歴・略歴

唐澤理恵、からさわ・りえ。日本のイメージコンサルタント。お茶の水女子大学被服学科卒業。大手化粧品会社「ノエビア」に入社し営業職、営業・新規事業の企画を担当。同社初の女性取締役として6年間マーケティング部門を担当。その後独立し、イメージコンサルティング事業を行った。著書に『声で勝つ』『「見た目」で差をつける営業』『デキる上司の外見成功術』『できる人はなぜ白シャツを選ぶのか』ほか。

他の記事も読んでみる

依田巽

国内大手は邦画を多数手がけていますし、ハリウッド・メジャー系の配給会社は自動的に日本にも作品が供給されますから、作品調達には困りません。我々の場合は無数にある独立系作品の中からヒットの可能性がある作品を探し出さなければなりませんが、裏を返せばそれが我々の存在意義なのです。探し出した良質の作品を、ギャガのもう一つの強みである、宣伝・マーケティング力で日本でのヒットに導く。それが私にとってのチャレンジであり喜びでもあります。


小笹芳央

山に登る時に、頂上ばかり見ていたら気持ちが折れてしまうので、まず足元をしっかり見る。つまり、成果に結びつくキーを1つに絞った方がいいのです。とはいえ、足元ばかり見ていたら、いつまでも同じことを繰り返しているように感じる。そんな時はもう一度、頂上を見てみる。魚が川の上流と下流を交互に見渡すように状況に応じて時間軸の視点を「今」と「将来」に切り替えるのです。


田村耕太郎

必要は発明の母と言いますが、英語の上達には、日常で英語を使わざるを得ない環境に自分を置くのが一番。やはり最もいいのは留学でしょう。


山本昌(山本昌広)

プロ野球選手は、チームメートであっても一人ひとりがプロでありライバルです。僕も若い頃は大事なことを隠したりしましたが、晩年は聞かれたら何でも包み隠さず教えていました。早く自分の出番がなくてもいい状態に持っていってくれよ、と思いながらね(笑)。


柄澤康喜

私の場合、決断を早めるために実践してきたのは「最悪を想定する」ことだった。手がける案件についてリスクファクターを洗い出し、最悪の事態を想定して、それが許容範囲内であったら決断する。例えば、ある会社に投資するとき、将来性や成長性を評価するが、もしその会社が事業に失敗しても、予想される損害が時間軸も含めて、許容範囲内であれば投資を行う。それには必要な情報を収集しなければならない。


大宮英明

毎日5分でも10分でもいいのです。顔を合わせて情報を交換する。口頭の方が短時間で的確に伝わります。ITツールが発達しても、ダイレクトなコミュニケーションに優るものはありません。


南壮一郎

バイリンガルであればグローバルと思われがちですが僕はバイリンガルよりもバイカルチュラルであることが重要だと思います。どんな生活環境でも、自分の力をしっかり出せる人のことです。


池辺葵

失敗したって損をしたって構わないとも思っています。損も得も同じように価値ある経験かもしれない。


天野篤

病気は火事と一緒で、ボヤの段階で手を打つのが大事。症状が悪化してからでは、合併症の発生率も死亡率も高くなる。


ディオン・ワイズラー

「優れた製品」から「選ばれる製品」へと開発方針を大きく転換した。その結果、今年に入り、パソコンの世界シェアで4年ぶりにトップに返り咲くなど、ようやく明るい兆しが見えてきた。


高田明(ジャパネットたかた)

商品は生き物だと思うようにしています。デジタルカメラは画素数だけを言っても仕方がありません。「お母さん、撮影したお子さんの写真を1年に1回大きく引き伸ばして渡してあげてください」と話すのです。その商品が持つ目的を、お客様に明確に伝えなければなりません。


江幡哲也

フレームワークを利用するのは、効率化よりも情報を整理して発想の手助けをするためです。提案したい内容がぼんやりとしているときなど、フレームワークに沿って情報を整理していけば、言いたいことや論拠がクリアになって、説得力のある提案ができるようになります。


廣田尚子

人がモノを買うのは、色やデザインに引かれるだけでなく、その機能や使いやすさなども大切な要素です。いまの生活を新しくする魅力がなければ、たとえ綺麗な形でも購入にまで至りません。


寺尾玄

倒産寸前のピンチがあったから、今のバルミューダがある。失敗やピンチは大きな気づきを得られる絶好の機会。人が強くなれるのは失敗したときだけ。失敗は人生の糧になる。だから失敗は素晴らしい経験なんだ。


田崎正巳

大学院などで指導していて思うのですが、キャリアに悩み、「あれも、これも」と手を広げ過ぎて、結局、自分の強みを見失っている人が多いように思います。自分の強みを活かせる分野に力を集中させ、それ以外は捨てる。「選択と集中」は、ビジネスパーソンにとって非常に重要です。


ページの先頭へ