名言DB

9419 人 / 110788 名言

唐沢寿明の名言

twitter Facebook はてブ

唐沢寿明のプロフィール

唐沢寿明、からさわ・としあき。日本の俳優。東京都出身。多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。キネマ旬報ベストテン新人男優賞、エランドール賞新人賞、橋田賞、文化庁芸術選奨新人賞演劇部門を受賞。

唐沢寿明の名言 一覧

ああしよう、こうしようと演じるよりも、役作りは「第一印象」を大事にする方が自然。


世の中は変わるものだから、ひとつのやり方に固執しないほうがいいと思いますよ。僕も50代に入りましたけど、まだまだ変わることを恐れていません。


己を知るってことは、傷つくことでもあるので、そこから逃げたい気持ちもわかるんですよ。でも、早く知った方が楽になれますね。


仕事をする上で、己を知ること、自分を理解することは大事。そうすれば自分がやるべきことがわかる。


戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。


自分を知ったら、私は私だって思うから「あの人のようにはできないけど、僕はこうやる」と自分を解放して、自由に生きられて楽です。そうすれば、いいものはイイって心から認められる。


これまでいろんな人物を演じました。社会派やります、コメディやります、悪役も……と自分で業界にビラを撒いてるようなものです(笑)。こうやってプロデューサーや監督などに「唐沢寿明にできること」を常に伝えているんです。


嫉妬するのは、勘違いしている人ですよ。己を知らないと、勘違いが起きてくるんじゃないかな。若い頃は、セリフのない役に対して「オレはこんなもんじゃない」って騒いでいる人が周りにもいましたよ。でも、目の前の役をバカにしてる人には、未来はないですよ。


スターはその人自体が貴重な価値を持ってるので、他人にはマネできないし、なれない。でも、スターは一握りしかいないんだから、多くの人は演技を頑張ったり、歌がすごく上手いとか、何かを持っていないと生き残っていけません。もちろん、僕の場合も何かをやらなければダメなタイプ(笑)。


自分に与えられた役をちゃんと真摯にやり続ければ、結果がどうであれ、俳優としての評価はあると信じていました。自分の役に対して、できうる限り、やり尽くせば、ダメだってことにはなりませんよ。


「これが自分のスタイル」「私はこういう生き方です」。そう言うと、カッコよく聞こえるけれど、もし間違っていたら、周りの人にも迷惑だし、自分自身が一生つらくなる。つまらない見栄を張るのは意味がないんです。もっと柔軟に考えて、自分を変えれば、活躍できる世界は広がると信じています。


20代の頃はセリフのない役をやるのも楽しくてね。ただ立っているだけの役さえ、あるだけでありがたい話でした。第一、当時の僕には選択肢があるわけじゃないからね。あのときはドラマや映画の主役を自分ができるなんて夢にも思っていませんでしたから。自分は主役をやれる役者のはずだと思っていて、現実が「立っているだけの役」なら、悔しくなりますよ。だけど、選択肢がひとつしかない状況で、僕はその役を大いに楽しんでいましたね。


僕は30代の時に思い知りました。ウチの奥さん(山口智子)は、女性に絶大な支持を得ていたカリスマですよ。ある日、大人気のアイドルがウチに遊びに来たんです。彼と奥さんが並んでいる様子を見て、オーラが違うと感じましたね。僕は「そっち側ではない」とハッキリとわかったんです。彼らはスター性でも勝負できるけど、僕にはムリ……。だから、幅広く、何の役でもやるという方向で自分を売ろうと決めたんです。


先日、ロケに行った際、スタッフに「おはよう」「今日もよろしく」などと挨拶していたら、あとで彼らが「すごく感動していた」と聞きました。僕にとっては、誰に対しても現場に入る時と帰る時の挨拶は当たり前のことなんだけど、それをする人自体が少なくなってきているのかもしれませんね。役者である前に、人間としての部分を大事にしたい。だから、最近、挨拶ができない人を見ると寂しいですね。


僕は自分を高くみるプライドは持ちたくありません。じつは、役者の世界でもプライドを振りかざす人がいます。彼らの多くは、努力不足で売れていないのに自己評価が高い。「オレはホントはできる」「自分の演技の良さが客にはわからない」などと言い訳ばかり立派です。なぜオファーが少ないのかの現実を直視せず、ひたすらいい仕事を待っていても来るわけがありません。だって、今の自分に何ができるかを知ろうとせずに、誰が認めてくれますか。


唐沢寿明の経歴・略歴

唐沢寿明、からさわ・としあき。日本の俳優。東京都出身。多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。キネマ旬報ベストテン新人男優賞、エランドール賞新人賞、橋田賞、文化庁芸術選奨新人賞演劇部門を受賞。

他の記事も読んでみる

水野和敏

収益や順位はあとから勝手についてくる結果であって、自分たちから求めるのは筋違い。


北島康介

競技だけでなく、「水泳を普及させたい」という思いも僕の考えだから、自分でマネジメントしたいと思ったんです。子供たちには水泳教室を通じて、泳ぐことの楽しさや、夢を持つことの素晴らしさを伝えたい。


大江英樹

投資は「企業の価値」を見る。その企業が成長すれば配当金をもらえるし、長い目で見れば株価も上がっていく。投資で勝つために必要なのは、一にも二にも、価値ある企業を探すためのリサーチ。


田中仁(経営者)

日本人は安定を求めますが、安定に成長はありません。


間寛平

人に甘えて、そのつながりだけで生きてきた人間ですから、そのつながりは大切にしないといけません。だからこそ新年のごあいさつとなる年賀状は、毎年心を込めて、全部手で書いてるんです。お世話になった人、先輩後輩、吉本の関係者や芸人仲間たち、さらに高校の先生や野球部の先輩とも、ずっと年賀状を送り合っていますよ。全部で何百枚もあるから、書くのはメチャメチャ大変ですわ。でも、僕はパソコンとか、あまり使えんしね(笑)。気の利いたことなんて書けませんけど、手書きだと、やっぱりもらったときにあったかいでしょ。もらったときも、その一言がうれしいんです。


江上剛

私の30代はまさに「一所懸命」でした。自分が置かれたその時々の立場で、「一」つの「所」に「命」を「懸」けて働きました。一見、損な生き方のように感じるかもしれません。でも、決してそんなことはありませんでした。案外、周りはきちんと見てくれているものです。


種田陽平

最近の映画美術は、パソコンのモニタ上で、監督と事前にかなり細かい確認や検証を行ってから作られることも多くなりました。ただ、僕はそういったシミュレーションやそのコンピュータ上での作業をあまり信じすぎないようにしています。現場で美術が組みあがり、役者に照明が当たり、「うわぁ!」と歓声があがる。劇場で観たら作品の中に呑みこまれていくような気がする。そういうものこそ、理想の映画美術なんじゃないかなと思います。全体をどうやって作ったらよいのかわからないまま進めるぐらいのほうがいいんです。


津田秀樹

不機嫌で非協力的な上司には、部下の立場であっても、話を聞いてあげることが大切です。ただ耳を傾ける姿勢を取りましょう。


樋口武男

思いやりのない人間は、いくら頭が良くても部下は育てられません。「俺が、俺が」という人間にも、大した人はいない。そんな人が上に立てば、会社はダメになります。


孫泰蔵

儲けたいという思いだけでは、儲からなくなった時に諦めてしまう。