名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

唐沢寿明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唐沢寿明のプロフィール

唐沢寿明、からさわ・としあき。日本の俳優。東京都出身。多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。キネマ旬報ベストテン新人男優賞、エランドール賞新人賞、橋田賞、文化庁芸術選奨新人賞演劇部門を受賞。

唐沢寿明の名言 一覧

ああしよう、こうしようと演じるよりも、役作りは「第一印象」を大事にする方が自然。


世の中は変わるものだから、ひとつのやり方に固執しないほうがいいと思いますよ。僕も50代に入りましたけど、まだまだ変わることを恐れていません。


己を知るってことは、傷つくことでもあるので、そこから逃げたい気持ちもわかるんですよ。でも、早く知った方が楽になれますね。


仕事をする上で、己を知ること、自分を理解することは大事。そうすれば自分がやるべきことがわかる。


戦う前に言い訳をしないで、早く転んで傷つけばいい。泣くような思いをして、自分を知るほうがいい。いつも言い訳と人の悪口ばつかり言って生きていても前に進まないでしょう。


自分を知ったら、私は私だって思うから「あの人のようにはできないけど、僕はこうやる」と自分を解放して、自由に生きられて楽です。そうすれば、いいものはイイって心から認められる。


これまでいろんな人物を演じました。社会派やります、コメディやります、悪役も……と自分で業界にビラを撒いてるようなものです(笑)。こうやってプロデューサーや監督などに「唐沢寿明にできること」を常に伝えているんです。


嫉妬するのは、勘違いしている人ですよ。己を知らないと、勘違いが起きてくるんじゃないかな。若い頃は、セリフのない役に対して「オレはこんなもんじゃない」って騒いでいる人が周りにもいましたよ。でも、目の前の役をバカにしてる人には、未来はないですよ。


スターはその人自体が貴重な価値を持ってるので、他人にはマネできないし、なれない。でも、スターは一握りしかいないんだから、多くの人は演技を頑張ったり、歌がすごく上手いとか、何かを持っていないと生き残っていけません。もちろん、僕の場合も何かをやらなければダメなタイプ(笑)。


自分に与えられた役をちゃんと真摯にやり続ければ、結果がどうであれ、俳優としての評価はあると信じていました。自分の役に対して、できうる限り、やり尽くせば、ダメだってことにはなりませんよ。


「これが自分のスタイル」「私はこういう生き方です」。そう言うと、カッコよく聞こえるけれど、もし間違っていたら、周りの人にも迷惑だし、自分自身が一生つらくなる。つまらない見栄を張るのは意味がないんです。もっと柔軟に考えて、自分を変えれば、活躍できる世界は広がると信じています。


20代の頃はセリフのない役をやるのも楽しくてね。ただ立っているだけの役さえ、あるだけでありがたい話でした。第一、当時の僕には選択肢があるわけじゃないからね。あのときはドラマや映画の主役を自分ができるなんて夢にも思っていませんでしたから。自分は主役をやれる役者のはずだと思っていて、現実が「立っているだけの役」なら、悔しくなりますよ。だけど、選択肢がひとつしかない状況で、僕はその役を大いに楽しんでいましたね。


僕は30代の時に思い知りました。ウチの奥さん(山口智子)は、女性に絶大な支持を得ていたカリスマですよ。ある日、大人気のアイドルがウチに遊びに来たんです。彼と奥さんが並んでいる様子を見て、オーラが違うと感じましたね。僕は「そっち側ではない」とハッキリとわかったんです。彼らはスター性でも勝負できるけど、僕にはムリ……。だから、幅広く、何の役でもやるという方向で自分を売ろうと決めたんです。


先日、ロケに行った際、スタッフに「おはよう」「今日もよろしく」などと挨拶していたら、あとで彼らが「すごく感動していた」と聞きました。僕にとっては、誰に対しても現場に入る時と帰る時の挨拶は当たり前のことなんだけど、それをする人自体が少なくなってきているのかもしれませんね。役者である前に、人間としての部分を大事にしたい。だから、最近、挨拶ができない人を見ると寂しいですね。


僕は自分を高くみるプライドは持ちたくありません。じつは、役者の世界でもプライドを振りかざす人がいます。彼らの多くは、努力不足で売れていないのに自己評価が高い。「オレはホントはできる」「自分の演技の良さが客にはわからない」などと言い訳ばかり立派です。なぜオファーが少ないのかの現実を直視せず、ひたすらいい仕事を待っていても来るわけがありません。だって、今の自分に何ができるかを知ろうとせずに、誰が認めてくれますか。


唐沢寿明の経歴・略歴

唐沢寿明、からさわ・としあき。日本の俳優。東京都出身。多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。キネマ旬報ベストテン新人男優賞、エランドール賞新人賞、橋田賞、文化庁芸術選奨新人賞演劇部門を受賞。

他の記事も読んでみる

太田彩子

物事を良く捉えるには使う言葉を選ぶことも有効。たとえば「撤退する」という言葉をそのまま使うとマイナスのイメージがありますね。しかしその判断が本当に適切だと思うなら、「進まない決断をする」という言い方もできます。私は趣味の登山で時折この言葉を使います。これ以上進めない悪天候などの場面で、諦めるのが嫌だからといって前進すると、命にかかわります。ポジティブな表現は、冷静な判断を下す知恵でもあるのです。


竹内規彦

心理学には「印象管理」という考え方があります。「仕事ができる人」は、印象管理がうまい人だと言い換えることもできます。自分自身では成果を出していると考えていても、その仕事を評価するのは上司なり他者の目によるわけです。上司の印象が悪ければ、「できるように見られる」というのは難しいはずです。


斉藤由多加

人の期待や予想を裏切りたい。だから他のゲームはほとんどやらない。既存のゲームにとらわれてしまうと、発想の幅が制限されてしまうから。


太田肇

創造的でモチベーションが高い人たちは、それぞれのジャンルで何らかの「賞」を獲得することを目標としている場合が多い。科学者ならノーベル賞、俳優や演出家ならアカデミー賞、作家なら各種の文学賞、スポーツ選手ならオリンピックの金メダルなどが究極の目標になるだろう。といっても、賞に付随して得られる賞金や賞品が目的なのではない。もちろんないよりはあったほうが喜びも大きいかもしれないが、究極的に重要なのは「名誉」を得ることである。名誉のために人は努力するのであり、名誉を得たことによって、さらなる高みをめざして努力しようとする。会社経営において与えられる表彰も、それが一定以上の権威を有していれば、受賞した従業員の「名誉」となる。


山口悟郎

背伸びした約束は本当の誠意ではない。物事は想定通りに進みません。トラブルの可能性を無視して安請け合いするのは無責任です。ビジネスの基本は信頼関係にあります。いい加減な約束を交わさないのは社会の基本的なルールでしょう。


織田大蔵

クジラ取りに南氷洋を目指している船が、途中でイワシの大群を見つけたからといって、そのイワシに関わっていたのでは、クジラなど取れるものではない。クジラを取りに行く船ならクジラ取りに徹して、イワシなどに目をくれてはならない。大きいことを成そうとする者は、小さいことに気をとられてはいけない。


夏原武

住宅購入は普通の人が何千万円もの借金を一瞬で背負う大変なこと。なので少しでも安く、得にと考えてしまいがちですが、そこに落とし穴ができる。まずは損得でなくしっかりと勉強してから不動産屋に行くことです。業者は、勉強してきた客には「面倒臭いな」と思いつつもちゃんと対応しますから、痛い目には遭わない。不動産業界のことを書いた薄い本1冊でもいいので読んでから行くこと。もちろんこの漫画(『正直不動産』)でもいい(笑)。


藤田晋

仕事はいくつもの問題が複雑に絡み合うもの。大事な何かが1つでも欠けていたら実現は不可能です。ですから、素晴らしい企画とは、前提条件から具体的な手順、起こり得る問題、その解決方法、実現後のアフターケアまで、全体を通して見た時にツッコミどころのない、完成度の高いストーリーになっているものなのです。


住谷栄之資

医療も発達して、超高齢化社会を迎えています。しかし、できるだけ医療に頼らず健康に天寿を全うするにはどうすればいいのかを、自分で考えて向き合うことが、大切だと思います。


林田英治

景況感の良い今こそ「真のリストラクチャリング」を実施すべき。


出口治明

力を蓄えれば、いつか必ずピンチヒッターなどで活躍する機会が訪れます。


堤智章

ヨットレースでは、60艇ほどが一斉にスタートするわけですが、いかにして隣近所の船よりよいポジションを得るかが大きな勝負どころとなります。金融の世界も同様で、私が銀行のストラクチャードファイナンス部で仕事をしていたとき、金融界のトレンドから将来を予測して他行よりもいい戦略を打ち立て、他行よりもいい条件提示をお客様にすることにより、有利なディール(取引)を行うことができました。こうした局面に、ヨット競技で身につけた戦略立案力、戦術眼が物を言ったと思います。