名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

唐沢俊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唐沢俊一のプロフィール

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

唐沢俊一の名言 一覧

大きな潜在ニーズは、マーケティングをしてもなかなか見つからないものです。むしろ、個人の願望を独断で商品化したほうが見つかりやすいんです。


彼らは自分がオタクだからこそ、その潜在ニーズがある商品を生み出せる。オタクは自分が欲しいものには惜しみなくお金を出します。彼らの心をつかめば、ビジネスが成功するのも当然です。


「すごく欲しいもの」が出てくのは、何かに徹底的にこだわるオタクだからこそ。皆さんも、趣味でもグッズでもいいので、何かひとつオタクになってみてはいかがでしょうか。そうすれば、仕事や収入にも良い影響があるかもしれませんよ。


潜在ニーズを拾えるオタクの特徴は、ふたつ考えられます。一つは、とにかく情報を発信していること。自分が持つ情報を惜しみなく出すことで、情報が集まり、ニーズが見えてきます。もう一つは、自分がものすごく欲しいものを、他人の意見なんて関係なしに、思い切って商品化する力を持っていること。


唐沢俊一の経歴・略歴

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

他の記事も読んでみる

小泉文明

私は仕事のチームを作る時、「各メンバーの一番の強みの合計値の最大化」を重視します。世界を視野に入れた大きなイノベーションを起こすには、強みを前面に押し出すしかないと思っているからです。どの能力も平均点の人が集まるよりも、ほかは駄目だけど1つだけ100点の能力を持つ人たちが強みを発揮できるチームの方が、戦い方が増えて成果につながりやすい。


ジェイ・エイブラハム

ほとんどの企業は、つい間違ったものに恋をしてしまうのです。過剰な利益や、過去の自分たちの製品やサービスへの過度の自信、業界における最大の地位などです。しかし、真に卓越した企業というものは、クライアントに本当の価値を提供することだけに全力を注ぐものです。


山本忠人

キーワードは「グローバル」「スピード」「環境変化」です。世界が瞬時に、リアルタイムで動くグローバル化時代に対応しなければなりません。顧客サービス、コスト、生産拠点、生産技術、さらには富士フィルムとのシナジー効果を得て、あらゆる面でより競争力を高めていく。その観点でいうと、技術に関わる部分が非常に多く、それが技術出身の私に課せられた役割です。


小松俊明

上司が仕事の望ましい速さや丁寧さの規準を定め、それを繰り返し周知徹底することが必要だ。質を重視する職場であれば、「少しくらい期日に遅れてもなんとかなる。その代わり、絶対に他社に負けない素晴らしいものをつくれ」。スピードが命の部署なら、「ある程度のレベルを超えたらその時点で提出しろ」というように、わかりやすい規準を示すことである。


前田鎌利

なんとかして通したい、と熱のこもった資料は、ラブレターのように強い思いがあるわりに、余計なものが多すぎて、肝心なことが書いてなかったりします。間を置いて、もう一度資料と向き合うといいでしょう。


湯﨑英彦(湯崎英彦)

アメリカのベンチャーキャピタルでの仕事は、よい経験になりました。まず、ベンチャーの振興とかアメリカの仕組みがどうなっているかがよく分かりました。今につながることで言えば、ワークライフバランスみたいなところの感覚も分かりましたし。いろんな面で参考になりました。


林善博

現在、みその販売額は全体の36%、残りは即席みそ汁などの加工品です。この加工品を手掛けなかったら、売り上げ規模は半分以下だったでしょう。


後藤卓也(花王)

社長の一言ですべてが決まるような組織は誰も判断せず、お伺いを立てるようになってしまいます。いまはトップダウンで先頭の機関車が車両を引っ張っていく時代ではなく、新幹線みたいに個々の車両にモーターがついて、みんなで動かしていかなければなりません。


山岸舞彩

緊張してしまうのは「失敗が怖い」という心理があるからだと思うのですが、人間だから誰でも悪いところもダメなところもあるし、言葉を間違えることもあると思うのです。だけど、失敗しても、それを繰り返さなければ、きっと成長できる。むしろ、失敗を怖がらないことのほうが重要だと思っています。


岸田一郎

仕事の中で意識しているのはやはり利益追求ですね。いままでの出版業界では、部数をあげることばかりに目が向き、利益追求はあまり重視されていませんでした。部数ばかり追い求めてターゲットを広げても、結局誰にも支持されず、利益もあげられない雑誌になりかねません。


濱川智

マーケットを奪い合う(競争)のではなく、顧客とともにつくり出す(共創)時代に入った。そのためのCS(顧客満足)の具体的な有効策が、おもてなしにほかならない。


松井忠三

従来の会議では販売計画の報告書は60ページもありました。それには、過ぎ去った半年前の膨大な分析資料も含まれていました。しかし会議に必要なのは、過去分の分析ではなく、これから何をやりたいのか。必要ない資料を並べてごちゃごちゃ話す必要もありません。たとえば、やるべきことは3点にまとめ、その方策について何点か書けばいいのです。そのため、提出資料はA4判3枚に限定しました。