名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

唐沢俊一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

唐沢俊一のプロフィール

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

唐沢俊一の名言 一覧

大きな潜在ニーズは、マーケティングをしてもなかなか見つからないものです。むしろ、個人の願望を独断で商品化したほうが見つかりやすいんです。


彼らは自分がオタクだからこそ、その潜在ニーズがある商品を生み出せる。オタクは自分が欲しいものには惜しみなくお金を出します。彼らの心をつかめば、ビジネスが成功するのも当然です。


「すごく欲しいもの」が出てくのは、何かに徹底的にこだわるオタクだからこそ。皆さんも、趣味でもグッズでもいいので、何かひとつオタクになってみてはいかがでしょうか。そうすれば、仕事や収入にも良い影響があるかもしれませんよ。


潜在ニーズを拾えるオタクの特徴は、ふたつ考えられます。一つは、とにかく情報を発信していること。自分が持つ情報を惜しみなく出すことで、情報が集まり、ニーズが見えてきます。もう一つは、自分がものすごく欲しいものを、他人の意見なんて関係なしに、思い切って商品化する力を持っていること。


唐沢俊一の経歴・略歴

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

私はカルビーの会長になってすぐに、「仕事の棚卸し」という運動を始めました。これは社内の仕事を、(1)会社にとって良いことで、現在実行しているもの、(2)会社にとって良いことなのに、現在できていないもの、(3)すぐにやめた方が良いものの3つに分類し、(1)はそのまま継続し、(2)はすぐに始め、(3)はやめるというものです。


藤井義彦

欧米の経営者は、トップに上り詰めたあとでも、自分の能力を磨くことに貪欲で、絶え間なく勉強し研鑽し続けます。企業も経営者教育のために、エリートをビジネススクールのプログラムに派遣したり、エグゼクティブコーチをつけて短期教育を行います。ところが、日本企業の特徴として、新入社員をはじめ課長クラスまでの研修は熱心に行うのですが、部長以上や役員として経営に携わる層への教育はほとんど行われていません。一部の企業がその点に気づき、経営者へのリーダーシップ教育を行い始めました。


高殿円

江戸期以前の女性の、特に日常生活に関する研究はある種の無関心さが感じられるほどです。ならば自分で調べて書くしかないなと。「誰もやってないならやるしかない!」というのは、すべての作品において私の原動力になっています。


小倉広

アドラー心理学では、人を育てるには「上から評価して褒める」のではなく、「横から勇気づける」ことが有効だと考える。褒めることの正体は依存心を育て自律性を奪うという意味で「勇気くじき」にほかならないわけだが、では、人はどんなときに最も勇気が湧くかといえば、組織や共同体への貢献を「横から感謝された」ときである。


鈴木敏文

我々は売り手の発想で、どれが一番多く売れたかに関心が向きがちです。量で見るのが一番楽だからです。しかし、どんなに量が出た商品でも、それは昨日までの売れ筋であって、明日の売れ筋ではありません。POSデータを見るときは、売れた時間(期間)と残った在庫の関係から顧客心理を読まねばならない。そこまで踏み込んではじめて、生きた数字になる。


柳井正

他社のEC(ネット通販)への商品供給は中国のタオバオだけで、あとは全部断っています。我々のビジネスはECと伝統的なリアル店舗がシームレスでつながったものになると考えています。他社の提供するプラットフォームに商品を出すと、「その他大勢」になります。自分たちでやらない限り、最終的な勝者にはなれません。


ジェフ・ベゾス

アマゾンは、顧客がキンドルを買うときに稼ぐのではありません。使うときに稼ぐのです。キンドルを買った人は、電子書籍や音楽、ゲーム、アプリなどのデジタルコンテンツを買います。顧客と継続的な関係を築くことがキンドルのビジネスモデルです。


上田準二

高度成長期のように「黙ってオレについてこい」などと言っていたら、誰もついてこないのがいまの時代です。上司は自分の方針についてきちんと説明し、部下の話をしっかり聞いてあげることが大切です。そして、部下が最大の力を発揮できるように環境やツールを整え、上司自ら雰囲気を盛り上げて全員のモチベーションを上げていかなくてはなりません。


長谷川和廣

レバレッジ(てこの原理)を利かせるという言葉を若手社員からよく聞きます。最小の努力で最大の結果を得るというのはビジネスの世界では当たり前の話なのですが、その言葉が若い人から発せられると、正直、ちょっとこの人は信用できないなと思ってしまいます。現実のビジネスの中で、このてこの原理を考えてみると、本人の努力が力点、結果が作用点、そしてその人が持つスキルや人間力こそが支点です。てこは強固な支点があって初めて効果を発揮しますが、若いうちからレバレッジという言葉を使っている人は、どうもこの支点の部分で信用が置けないのです。


中村俊輔

年を取るにつれ、「監督はどう考えているんだろう?」という意識が出てきた。今はキャプテンだから、監督のやりたいことを俺が把握していないと、チームに浸透していかない。だから、監督には興味があるよね。会社でも同じでしよ?部下も「上司になったら、俺はこうやってまとめる」と考えないと、うまくいかないんじゃない?


デービッド・アーカー

既存市場でブランドの優劣競争に参加することは、企業にとって楽しいことではない。結局のところ、いくら競争してもほとんど成長に繋がらないというのが現実。企業はサブカテゴリーを定義づけるような、大きなイノベーションを起こすことに、もっと資本を投下すべき。


新浪剛史

英語は習得しなければならないと考えると堅苦しいんですが、単なるコミュニケーションツールと考えれば楽になります。下手でもいいので、議論に参加できるようにしてほしい。重要なことは発音よりも内容です。