唐沢俊一の名言

唐沢俊一のプロフィール

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

唐沢俊一の名言 一覧

大きな潜在ニーズは、マーケティングをしてもなかなか見つからないものです。むしろ、個人の願望を独断で商品化したほうが見つかりやすいんです。


彼らは自分がオタクだからこそ、その潜在ニーズがある商品を生み出せる。オタクは自分が欲しいものには惜しみなくお金を出します。彼らの心をつかめば、ビジネスが成功するのも当然です。


「すごく欲しいもの」が出てくのは、何かに徹底的にこだわるオタクだからこそ。皆さんも、趣味でもグッズでもいいので、何かひとつオタクになってみてはいかがでしょうか。そうすれば、仕事や収入にも良い影響があるかもしれませんよ。


潜在ニーズを拾えるオタクの特徴は、ふたつ考えられます。一つは、とにかく情報を発信していること。自分が持つ情報を惜しみなく出すことで、情報が集まり、ニーズが見えてきます。もう一つは、自分がものすごく欲しいものを、他人の意見なんて関係なしに、思い切って商品化する力を持っていること。


唐沢俊一の経歴・略歴

唐沢俊一、からさわ・しゅんいち。日本の評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーター、雑学王。北海道出身。『ようこそ、カラサワ薬局へ』で単行本デビュー。多数の書籍を執筆。「と学会」発起人の一人。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

日本の産業の中で生産性が最も低いのが宿泊飲食で、その次に低いのが小売りと卸です。この背景にあるのは日本の安売りの文化です。日本ではお客様のために価格は上げないといいます。この日本の価格原理主義が大きな問題なのです。流通業は低価格主義で自分たちの付加価値を下げているばかりでなくメーカーの生産性も下げているのです。価格原理主義からの脱却が日本再生への第一歩となるといえるでしょう。


高橋淳(パイロット)

毎日起きたことを反省し、明日は今日より良くしようと考える。一生、成長。そう思えば、老後は楽しいよ。


佐々木常夫

運命は選択できない。選択したとしても、それが良い結果につながるとは限らない。与えられた環境の中で、目の前の仕事に全力を尽くすことが大切。


涼川りん

ネタを思いつくタイミングは、なぜかお風呂で頭をゴシゴシ洗っているときとか多いですね。頭皮を刺激すると脳が目覚めるんでしょうか(笑)。トイレや気分転換に駅前を散歩しているとき、電車で移動中もありますね。


守島基博

安定や昇進などの自分志向の仕事目的を持つ人が、昇進や昇給が得られない現状に直面すると働きがいを喪失してしまう。いま、企業は業績が回復しても、それを給与に反映させることはしない。逆に他者のため、あるいは社会のために働くことができれば、ポストや給与が上がらなくても働きがいを感じる可能性がある。そんな視点の転換が必要だ。


岩渕拓也

特に海外市場におけるインテリジェンス活動を重要視しており、国際カンファレンスへの出席やキーパーソンへの面会に行くことを積極的に推進しています。もちろん、せっかく世界1周をするのであれば、しっかりと目的を持って準備し、社員全体に還元できるような知見を持って帰ってくることが求められます。


木村政雄

長く売れる人は世間に対する自分を変えますね。オーソリティ(権威)になると、ポピュラリティ(大衆性)がなくなります。視野が狭くなっていく。ビートたけしさんにしても、お笑いから始まって、映画監督、文化人などで認められる一方で、ハゲヅラを被ったり、顔にヒゲを描いて馬鹿なこともやり続ける。片方だけでは、自分のマーケットが痩せていくと本能的にわかってるんですね。


海老原嗣生

働き方改革について議論する際、欧米を理想とする人が多い。ただ、私は欧米の会社も数多く見てきましたが、実際には数々の問題があります。たとえば日本では人事部に配属され、給与を手がけることになったとしても、その後は労務や教育など、自然と仕事の幅が広がっていくものです。一方、欧米では企業主導の異動はないからポストは変わらず。だからこそ、自らポストを取りにいける人はいいけれど、そうでない人はずっと一労働者のまま。普通の人は年収も日本よりもかなり低い。それが、欧米の現実です。一方、日本では黙っていてもいろいろな仕事を与えてもらえますし、仕事は少しずつ難しくなり昇給もする。つまり、自然とキャリアアップしていける仕組みがある。それは日本企業の強みだと思います。


前川孝雄

仕事を抱え込みがちな人は、自分の癖や習慣を見直してみることも必要だと思います。たとえば、普段の仕事の中には、なんとなく続いている会議やミーティングが意外に多いのではないでしょうか。無駄と思える仕事も抱え込んでしまうのが、抱え込み癖のある人の特徴なのです。


浮世満理子

アスリートでも怒らない人や、負けて悔しがらない人は絶対に一流にはなれません。正しく怒ることで失敗や敗北をプラスに転化すれば、人生を変えるほどのパワーになることを覚えておいてください。


水野和敏

俺はいつもどんな大きなプレゼンテーションでも、誰に話をしにいくのでも、原稿ってのは用意しない。そんなのなくたって、そのクルマについて一番知っているのは俺なんだ。言動が誤解されても、そのときの俺の話がまずかったんだと思うだけで、ウソはついていないし、どう受け取られるのかについては相手の自由なんだからそれでいい。生のまま、身を絞り出すようにして、そのときに一番強く思っていることをぶつけるだけ。


大朏直人

お客様のニーズは多種多様です。安さももちろお客様は求めていますが、我々は安さを前面に出していくのではなく、性能のいいものをお客様に提供していく方針です。


野坂英吾

なぜ上手く行ったのか、その本質を理解しないで安易に次に進むと、予想もしない大きな失敗をしてしまうことがあります。何か結果が出たということは、必ず理由があります。出来れば一つではなく複数の理由を挙げられることが理想です。その要因を分解していけば、何か再現できるポイントが見つかるかもしれません。再現出来ることが分かれば、それは継続することが可能になりますので、「再現性」と「継続性」は最も意識してきたポイントです。


高岡正次

皆さんが買い求め、喜んで使ってもらえるモノ。それには機能的に優れていて、安価である必要がある。


赤塚保正

柿安の場合、株主の皆様に喜んでもらうのは株価だけではありません。それは当社で株式の40%を所有しており、関係者を除けば個人株主の方がほとんどですので、株主はすなわち当社のお客様でもあるわけです。だからこそ、我々がお客様が喜ぶ商品を提供できる商売をしていれば、株主の皆様にも喜んでいただけます。


ページの先頭へ