名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

品川祐(品川ヒロシ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

品川祐(品川ヒロシ)のプロフィール

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

品川祐(品川ヒロシ)の名言 一覧

「やる」と「やろうと思った」の間には大きな川が流れている。


いまの仕事をもっと上手く面白くできないかと考えることが好きなんです。芸能界に入る前に、宅配のアルバイトをやったときも、誰よりも上手く速く荷物を運べるように工夫しようと思ったし、仮に僕が農業をやっていたら、誰よりも美味しいお米を作る方法を必死に考えたでしょう。東京NSC(東京吉本総合芸能学院)に入ったときも、あらかじめネタを3本用意していたのは僕だけでした。


「ドロップ」は、最初の一章を書いた時点で嫁さんに読んでもらいました。嫁さんからは、「喧嘩のセリフばっかりで、何書いているかわからない」って言われました。自分としては、80年代の不良の空気感が出てよく書けていると自負していたのですが、嫁さんの私的で女子にはわかりにくいと反省して、すぐに書き直しました。即、軌道修正です。


お笑いの魅力はどこまでやっても100点がないことですかね。同じコントをやっても、ウケるときとウケないときがあるんです。どこまでいってもゴールはないけど、だからこそ走り続けるのが楽しいんです。


基本的にどの仕事でも同じですけど、僕はゼロの状態からみんなで集まってアイデアを出していくという仕事の進め方が嫌なんです。すごい時間かかるでしょ。それに時間をかけたにもかかわらず、必ずといっていいほど、みんな黙っちゃって、ろくなアイデアが出てこない。それよりも、とりあえずたたき台をつくってから、現場で修正を加えていく方が効率的だし、いいものができると思うんです。


品川祐(品川ヒロシ)の経歴・略歴

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

他の記事も読んでみる

梅原勝彦

私は、自分の子どもたちには会社の仕事をさせませんでした。それは子どもの出来が悪いからではなく、私が子煩悩で、社員と同じように厳しく接することができないと思ったからです。ただし、できるなら世襲のほうがいい。他人を経営者に育てるには、余計な手間がかかるからです。それが二代目、三代目なら、錦の御旗があるので社員もついていきやすい。だから、同じかちょっと劣る程度の能力があるなら、世襲のほうがいいと思います。たとえば会社が経営難に陥ると、他人なら放り出してしまうこともありますが、子どもならがんばれる。ただ、この場合も、いつでも他人に継げるいい会社にしておくという条件つきです。


矢沢大輔

脳が好むのはスモールステップ。一度にたくさんの情報を詰め込むのではなく、小分けしたり、ポイントを示したりして、処理しやすいように準備する。すると、格段に記憶力がアップします。


米井嘉一

まずは、何かを始める前に、自分の身体の老化がどの程度進んでいるのかを確認してみてください。私はいわゆる「アンチエイジングドック」を勧めています。身体でもっとも老化が進んだ部分や老化の危険因子など、自分の健康状態や若さの程度が把握できるからです。その情報を元にして、具体的に生活習慣を改善していくわけです。


ニーチェ

おのれの友のうちに、おのれの最善の敵を持つべきである。君が友に敵対するとき、君の心は彼に最も近付いているのでなければならない。


北尾吉孝

私がベンチャー企業への投資を最終決定する際には、その経営者に志があるかを見ます。利己的な野心ではなく、本当に世のため人のためという想いがあるのか見極めなければなりません。まさに「利を見て義を思う」ような人物の会社に投資したいのです。


井口尊仁

人間の記憶に残る情報量は知れている。制限時間が10分もないプレゼンでは、メッセージが1つでも伝われば十分だと考えるべき。


福田健(話し方)

いくらタイミングがよくても、下手に出すぎると不快感を与えてしまう。「なんだかわからないけど、怒ってるからとりあえず謝っておこう」という甘い考えはすぐ見破られる。そんな態度が習慣化し、「すみません」「ごめんなさい」が口癖になっている人がいる。「そんなに何度も『すいません』と言うなよ」と注意されても、また「すいません」と返す。小さなミスはそれで許されても、相手が本気で怒っている場合は逆効果になりかねない。


吉越浩一郎

会社のマネジメントというのは本来、社員が正規の労働時間だけで働くことを前提に行われるのが、世界の常識です。残業を容認する、あるいは評価の対象とするような感覚で日本のビジネスマンが世界に出ていったら、笑いものになるだけです。


鵜浦博夫

家電メーカーが集落したのは顧客との接点を量販店に任せたからです。グーグルやアマゾンは直接ユーザーにリーチしています。「お客様のために」へ、もう一度立ちかえってやっていきたいです。


宮嶋宏幸

販売技術でマニュアル化できるのは商品知識くらいでしょう。その商品知識にしても、多くを伝えればそれだけ信頼されるかといったら、そんなことはありません。むしろ、短時間でお客様の信頼を勝ち取るには、できるだけしゃべらず、お客様にしゃべっていただくことを心がけるべきです。


中田誠司

社員が働きやすい環境をつくるために、まずは支店のトイレをキレイにすることから始まり、19時前退社を徹底するなど新たな制度をどんどん入れていきました。


小泉英一

事業ドメインとして「健康寿命延伸業」と掲げています。そこから逆算し、ベストな目標設定は何かと考えた時にIPOでした。株式上場はあくまで通過点ですが、それによりブランディングでき、知名度が上がります。