名言DB

9425 人 / 110833 名言

品川祐(品川ヒロシ)の名言

twitter Facebook はてブ

品川祐(品川ヒロシ)のプロフィール

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

品川祐(品川ヒロシ)の名言 一覧

「やる」と「やろうと思った」の間には大きな川が流れている。


いまの仕事をもっと上手く面白くできないかと考えることが好きなんです。芸能界に入る前に、宅配のアルバイトをやったときも、誰よりも上手く速く荷物を運べるように工夫しようと思ったし、仮に僕が農業をやっていたら、誰よりも美味しいお米を作る方法を必死に考えたでしょう。東京NSC(東京吉本総合芸能学院)に入ったときも、あらかじめネタを3本用意していたのは僕だけでした。


「ドロップ」は、最初の一章を書いた時点で嫁さんに読んでもらいました。嫁さんからは、「喧嘩のセリフばっかりで、何書いているかわからない」って言われました。自分としては、80年代の不良の空気感が出てよく書けていると自負していたのですが、嫁さんの私的で女子にはわかりにくいと反省して、すぐに書き直しました。即、軌道修正です。


お笑いの魅力はどこまでやっても100点がないことですかね。同じコントをやっても、ウケるときとウケないときがあるんです。どこまでいってもゴールはないけど、だからこそ走り続けるのが楽しいんです。


基本的にどの仕事でも同じですけど、僕はゼロの状態からみんなで集まってアイデアを出していくという仕事の進め方が嫌なんです。すごい時間かかるでしょ。それに時間をかけたにもかかわらず、必ずといっていいほど、みんな黙っちゃって、ろくなアイデアが出てこない。それよりも、とりあえずたたき台をつくってから、現場で修正を加えていく方が効率的だし、いいものができると思うんです。


品川祐(品川ヒロシ)の経歴・略歴

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

他の記事も読んでみる

飯島勲

もしあなたが営業マンなら、優秀な人ばかりのIT企業と、ワガママ放題のワンマン社長が経営する企業のどちらが売り込みやすいだろうか。商品にもよるが、ほとんどの場合、後者の隙だらけの企業ではないだろうか。ワンマンの多い創業企業の強さは案外そういう隙にあるかもしれない。物を買ってくれた人には恩を感じてそれ以上のものを返してくれるだろう。


磯辺剛彦

環境変化のなかにこそ、事業機会は宿る。


飯塚悟志

結局は追い込まれないと駄目だよね。だから、どこまで自分を追い込めるかにかかっているのかな、集中力って。いくら集中力のない僕だって、単独ライブがあって明日が初日となったら、絶対に集中しますもん。


内田直

睡眠でリセットされて脳にキャパの余裕があるので、部下への指示を目的とする会議は午前中に済ませるのがお勧めです。


佐藤優

40代こそメンターが必要。40歳というのはちょうど折り返し地点。様々な転機が訪れる時期。そんなときに身近にお手本になる人物がいるのといないのとでは大きな違いがある。


喜多あおい

書店では仕事目的のコーナーだけでなく、なるべく全館を見て回ります。書棚に並んでいる本の背表紙を眺めているだけでも、たくさんの重要な情報が入ってきます。背表紙のタイトルにはその本のエッセンスが盛り込まれていますから。


高橋尚子

私はその日のうちにすべてを出したい。レースでは一、二分の違いが何十番もの差になる。一日で見たらわずかな時間でも、その練習を翌日に持ち越さなくてはいけなくなる。これくらいでいいやではなく真剣にやってほしい、そう思っていました。


眞鍋政義

いいときは褒め、悪いときは叱る。それは選手もスタッフも同じです。そうすることで、選手とスタッフが一枚岩になりました。


やましたひでこ

100ある中から1つを選ぶより、100を50、50を10にして、最後に1つを選ぶ方が難しくありません。決断する際に、さまざまな角度から検証することは大切です。しかし、同時に複数のことを考えると迷ってしまう。さまざまな基準を同時並列的ではなく、1つずつ順番に使っていく。そうすれば絞り込みやすくなります。


鳥越淳司

豆腐市場はまだまだ拡大できる。まず売り場にお客様を呼び込む商品を作り、活性化させたい。そのためには、一目でお客様が飛びついてくれる商品が必要。売る商品が木綿と絹とすれば、ザクとうふのシリーズは「見せる商品」であり、スーパーの豆腐売り場に男性客を呼び込むネオンサインだ。