名言DB

9429 人 / 110879 名言

品川祐(品川ヒロシ)の名言

twitter Facebook はてブ

品川祐(品川ヒロシ)のプロフィール

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

品川祐(品川ヒロシ)の名言 一覧

「やる」と「やろうと思った」の間には大きな川が流れている。


いまの仕事をもっと上手く面白くできないかと考えることが好きなんです。芸能界に入る前に、宅配のアルバイトをやったときも、誰よりも上手く速く荷物を運べるように工夫しようと思ったし、仮に僕が農業をやっていたら、誰よりも美味しいお米を作る方法を必死に考えたでしょう。東京NSC(東京吉本総合芸能学院)に入ったときも、あらかじめネタを3本用意していたのは僕だけでした。


「ドロップ」は、最初の一章を書いた時点で嫁さんに読んでもらいました。嫁さんからは、「喧嘩のセリフばっかりで、何書いているかわからない」って言われました。自分としては、80年代の不良の空気感が出てよく書けていると自負していたのですが、嫁さんの私的で女子にはわかりにくいと反省して、すぐに書き直しました。即、軌道修正です。


お笑いの魅力はどこまでやっても100点がないことですかね。同じコントをやっても、ウケるときとウケないときがあるんです。どこまでいってもゴールはないけど、だからこそ走り続けるのが楽しいんです。


基本的にどの仕事でも同じですけど、僕はゼロの状態からみんなで集まってアイデアを出していくという仕事の進め方が嫌なんです。すごい時間かかるでしょ。それに時間をかけたにもかかわらず、必ずといっていいほど、みんな黙っちゃって、ろくなアイデアが出てこない。それよりも、とりあえずたたき台をつくってから、現場で修正を加えていく方が効率的だし、いいものができると思うんです。


品川祐(品川ヒロシ)の経歴・略歴

品川祐、しながわ ひろし(ペンネーム:品川ヒロシ)。日本のお笑いタレント、作家、映画監督。高校中退後フリーターとなり、23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に1期生として入る。庄司智春氏とともにお笑いコンビ『品川庄司』を結成。テレビなどで活躍した。その後、映画監督や作家としても活動。主な監督映画に『two shot』『ドロップ』『漫才ギャング』など。主な著作に『ドロップ』『品川ブログ』『品川食堂』など。『ドロップ』は漫画化もされている。

他の記事も読んでみる

野部剛

私はこれまで、2000人以上のトップ営業へのインタビューを通してその成功要因を抽出してきました。それを理論化し、様々な企業にアドバイスさせていただいているのですが、最も重要なステップが事前準備だと強調しています。商談の成否を決める要素の八割は事前準備の段階で形成されるといっても過言ではないのです。


榊原定征

時に、「経団連は政治と近すぎる」と言われますが、日本丸が暴風雨の中を漂流している時に、船長と機関長が言い合いをしている暇はない。共に助け合って、とにかく日本丸を向こう岸まで無事に到着させなければいけない。ですから、しっかり連携すると言い続けてきました。今は、危機を乗り越えるために、政治と経済が同じ方向を向いて進むべき時。


高橋がなり

伸びる人間というのは無意識のうちにリスクを背負いたがるんです。本人にはそういうつもりはないけど、無意識のうちにリスクのある方に進むんです。そういう人間は小さなミスをたくさんできるんです。


孫正義

目標にある程度の目処がついたら、それを遥かに超える目標を立てる。さすれば再度興奮で武者震いしてくる。


安原弘展

女性が安心してみずからの美を追求するためには、前提として「平和」が実現されなければなりません。創業者の塚本幸一は旧日本軍の兵士として戦争を経験していますが、そういうことも踏まえて、創業者は「女性を美しくすることに貢献する平和産業になる」という理念を掲げたのです。


童門冬二

トップの決断には、背後に理念がなければなりません。何をしたいかというポリシーがあるからこそ、それがものさしになって決断を促していく。そして、決断は観念論だけではだめです。現実に即した情報をきちんと踏まえて行なうことが肝心。


藤田晋

企画を通す立場の人は、企画の説明をされた時、何よりその企画のリスクを考えます。そういった目で見られていることを踏まえて、本当に伝えたいことのみを伝える、シンプルな企画書に仕上げることが大切。


佐藤康博

今回、銀行・信託・証券を貫く横串として、事業ごとにユニットを置く。ユニットは企画から収益管理まで責任を負うが、各ユニット長は持ち株会社のメンバーも兼務する。さらに持ち株会社には銀・信・証のトップから成る経営会議を設置し、全体の戦略の統一を図る。


森川宏平

研究開発時代、徹底的に考えて、新しい方法を考えることの重要性を学んだ。


ヨハネ・パウロ・一世

大多数の決定が常に真実とは限らない。