名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

品川正治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

品川正治のプロフィール

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

品川正治の名言 一覧

経済とは大きくしなければならないものだという呪縛を一度ほどいてみることができるなら、そのとき、お金の使い方にしろ、もっと自由な発想が生まれてくることでしょう。


経済大国になろうとは、戦後あの廃墟の中、よくも壮大な誓いを立てたものです。それをまた私たちは見事に実現した。大いに誇っていい達成ではありませんか。にもかかわらず、もっと大きくしなければ幸せな国民生活が作れないかに思い込んでいるから、そこに焦燥が生まれるのです。何が一番大切か、考えるゆとりが失われるのです。


太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


経済人として私が最も反省するのは、社会の価値観を経済一本にあまり単線化してしまったことです。たとえば教育の現状を憂える人は、「このままでは人材の質が劣化する」と言います。まるで教育とは、企業の競争力に奉仕することだけを目的とするかのごとくです。そうではない。教育は良き市民を作るためにこそあるものでしょう。


品川正治の経歴・略歴

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

城繁幸

マニュアル化できないアナログの蓄積が必要な仕事は得てして面倒なものだし、すぐに成果に結びつくわけでもないので、普通は誰もやりたがりません。しかし、だからこそ積極的に手を挙げる価値があります。そういう意味でも、ぜひ自分から難しい仕事にチャレンジすべきです。


ジョセフ・ジューベル

相談するときには過去を、享受するときには現在を、何かをするときにはそれが何であれ未来を思え。


ジーコ

プロである以上、当然優勝が目標だった。


平子裕志

社長就任後、現場主義を掲げて週に1回は現場の従業員から生の声を聞くと同時に、その表情も見ている。現場の元気がないなと思ったら、上長の話も聞いて原因を突き止めるようにしている。


奥山清行

「誕生日には何が欲しい?」と聞いて、答えどおりのものをプレゼントしても、相手はそれほど喜びません。「こういうのが欲しかったんだ!」と相手が喜ぶ最高のプレゼントは、この人は一体どんなものを喜ぶんだろうと懸命に想像力を働かせて、その想像が相手の期待を超えていたときに可能になるものです。ですから、お客さんに本当に喜んでもらえるものを作るには、現場に足を運んで、想像力を巡らせることが必要なのです。


長田貴仁(大富敬康)

お家を守るために当主は切腹の覚悟が必要である。それが創業家による世襲経営の掟と言えよう。


ジェフ・ベゾス

「アマゾンは実店舗に進出するのか」とよく聞かれますが、普通の店であればやりたくありません。従来と異なる優れたサービスを提供できない限り、そのビジネスには進出しません。


マーサ・スチュワート

情熱がなければ、仕事は単なる労働になり、退屈だけれどもしなければならないものになってしまいます。私が一人で始めたケータリングサービスの仕事を無限の可能性をもつ企業に成長させられたのは、仕事の負担を軽くするヒントを一人でも多くの人に伝えたいという情熱があったからでした。


本間宗久

米買うべしと見込み候時、二俵方も引き上がる時は、買いおくれじと心得、かえって売り方になることあり。はなはだ誤りなり。買いおくるる時は唯買い場を待つべし。


北条早雲

わずかの時間でも暇があるならば、何かの本で文字の書き記されているのを懐中に入れておいて、人目を遠慮しながら読めばよいのである。文字というものは、寝ても覚めても常に手慣れるようにせねば、すぐに忘れてしまうものだからである。読むだけでなく、書く点においては、なおさらのことである。


加谷珪一

何事にも永遠はなく、インフレの後には必ずデフレがやってくる。


竹中平蔵

先日、国内マーケットか海外マーケットのどちらを重視するか社内で議論している企業の役員会に呼ばれ、講演をする機会がありました。そこで、私はシンプルな質問をしました。「あなたの会社は、トヨタになりたいですか。NTTになりたいですか」と聞きました。日本には国内では大変な存在感を持っているのに、国外に出たとたんに競争力を持っていない組織が多い。