名言DB

9412 人 / 110637 名言

品川正治の名言

twitter Facebook はてブ

品川正治のプロフィール

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

品川正治の名言 一覧

経済とは大きくしなければならないものだという呪縛を一度ほどいてみることができるなら、そのとき、お金の使い方にしろ、もっと自由な発想が生まれてくることでしょう。


経済大国になろうとは、戦後あの廃墟の中、よくも壮大な誓いを立てたものです。それをまた私たちは見事に実現した。大いに誇っていい達成ではありませんか。にもかかわらず、もっと大きくしなければ幸せな国民生活が作れないかに思い込んでいるから、そこに焦燥が生まれるのです。何が一番大切か、考えるゆとりが失われるのです。


太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


経済人として私が最も反省するのは、社会の価値観を経済一本にあまり単線化してしまったことです。たとえば教育の現状を憂える人は、「このままでは人材の質が劣化する」と言います。まるで教育とは、企業の競争力に奉仕することだけを目的とするかのごとくです。そうではない。教育は良き市民を作るためにこそあるものでしょう。


品川正治の経歴・略歴

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

野坂英吾

会社が危機のときは今までのやり方が通用しなかったときですから、変化が求められます。つまり思い切った変革が出来るチャンスでもあるわけです。


坪田信貴

勉強をするとき、「机の前に座ってやらなくては」「このノートを使わなくては」などと考え出すと、その条件が満たせないときに、身体が止まってしまいます。トイレの中で勉強してもいいですし、ノートがなければチラシの裏で代用すればいいのです。学びに関連することを、とにかく何かしてみる。それを毎日少しずつ続ければ、振り返ったときに膨大な勉強量となっているはずです。


魚谷雅彦

(米国のプレゼンテーション専門学校の)最後の授業で講師に言われた一言は、いまでも忘れません。「本当に効果的なコミュニケーションをするのに一番大事なことは、自分自身が情熱を持って生きているかどうかです」。大事なのは英語の流暢さではなく、自分自身の志があって初めて、周りの人を動かせることに気づかされました。


竹島一彦

「競争なくして成長なし」。公取(公正取引委員会)委員長時代にこのフレーズをたびたび使いました。企業や個人の成長には競争による新陳代謝や優勝劣敗が欠かせないのです。


竹下佳江

ロンドン五輪は、年齢的にも自分にとって最後のオリンピックになるだろうなと考えていました。だから、いままで蓄積してきたものを一滴も残さずロンドンに置いてきたい、そう決心し全身全霊を傾けていました。


小杉俊哉

いくら「好運」といっても、それが一回きりであったり、滅多に訪れないというのでは、それに向かって努力してもあまり意味はないでしょう。しかし心がけ次第で、連続して「好運」をつかむこともできるのです。フランスの有名な生化学者ルイ・パスツールは、「偶然は、準備のできている人を好む」との名言を残しています。つまり、好運は日ごろから準備をしている人にだけ訪れる、という意味です。


松本晃(経営者)

いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くあります。そのために積極的にアプローチすることもありますし、講演会に行くこともあります。


小山昇

自社の弱点をITでカバーしようとしても無理です。成果が出ていないことをIT化しても、コストが増えるだけでメリットはありません。IT化するのは、成果が出ているところです。すると、成果が出るのが早くなります。次にIT化するのは、バックヤードや定型化している仕事。バックヤードをIT化することで、時間が生まれます。生まれた時間をアナログでお客様と接する部分にあてます。一方、人と接するところはIT化しない。


弘兼憲史

お金は堆肥のようなもので、散布されない限り役立たない。自分の器量を大きくし、充実した人生を送るためにも、自己投資を惜しんではいけない。自腹を切らないと人は成長できない。


ジョン・キム(法学者)

上司の指示に戦略的に従うとしても、自分の物差しだけはたえず磨き続けることが重要です。誰でも最初は自分らしく働く気持ちを持っています。しかし、上司の物差しに合わせて仕事をしていくうちに、多くの人が自分に羽があったことを忘れ、いつしかペンギンのようにヨチヨチ歩くだけになってしまいます。やるべき仕事を徹底的にこなしつつ、自分の物差しを持ち続ける。そのためにも、「この仕事は自分の人生にどのような意味を持つのか」と自分に問い続けることが大切です。


三枝匡

戦略なんて、しょせんは「仮説」ですから、そのまま上手くいくなんてあり得ない。では戦略が不要かと言えばそれは違います。自分で考え抜いたプランを現場で実践し、自分の組み立ての甘さを知り、再びプランを見直す。自分の頭で考えたプランで人と金を現実に動かし、成功の喜びと失敗の痛みから、すさまじい学びを得られるのです。


国吉拡

商談の時間が短いと、つい焦って自分ばかり話してしまうという失敗もよく見かけます。しかし、こちらが話すよりも相手に話してもらった方が、結果的にはより効果的に伝えることができるのです。理想的には話すと聞くが3:7の割合のインタビュー形式で進めていくとよいでしょう。


ジャン・パウル

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。


八木原保

自分の力を過信せずに、堅実な経営を心掛け、地域社会にも、業界にも貢献できるようでなければならない。


森川博之

まず「現場を知る」こと。成功事例の共通項は、現場や顧客との対話を繰り返しつつ、自社の価値を再定義したことにあります。