名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

品川正治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

品川正治のプロフィール

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

品川正治の名言 一覧

経済とは大きくしなければならないものだという呪縛を一度ほどいてみることができるなら、そのとき、お金の使い方にしろ、もっと自由な発想が生まれてくることでしょう。


経済大国になろうとは、戦後あの廃墟の中、よくも壮大な誓いを立てたものです。それをまた私たちは見事に実現した。大いに誇っていい達成ではありませんか。にもかかわらず、もっと大きくしなければ幸せな国民生活が作れないかに思い込んでいるから、そこに焦燥が生まれるのです。何が一番大切か、考えるゆとりが失われるのです。


太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


経済人として私が最も反省するのは、社会の価値観を経済一本にあまり単線化してしまったことです。たとえば教育の現状を憂える人は、「このままでは人材の質が劣化する」と言います。まるで教育とは、企業の競争力に奉仕することだけを目的とするかのごとくです。そうではない。教育は良き市民を作るためにこそあるものでしょう。


品川正治の経歴・略歴

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

望月実

ビジネスパーソンに必要な数字力は、「仕事の数字」「会社の数字」「経済の数字」の3つ。数字が苦手なビジネスパーソンがまず押さえるべきは仕事の中で使う「仕事の数字」。


米山久

自分に自信がありすぎると、なんでも自分でやってしまいがちですが、それでは自分の枠以上の仕事はできません。


松井功(プロゴルファー)

ゴルフには、社会人として生きていく上で必要な事柄がすべて含まれている。


阿部俊則

この業界は男社会でやってきました。半面、女性はまじめで、サボることを知らないし、体力的には弱い。だから、辞めていった女性社員がたくさんいました。しかし、それも上司次第とも言えます。店長がしっかりしているところはあまり女性社員が辞めない。だから女性を配属するときは、店長がしっかりとしているところにしますね。そうしてようやく女性支店長も4人と増えてきています。リフォームの部隊は900人のうち550人が女性です。女性ならではのきめ細やかさを求めるお客様は少なくありませんから。


西山昭彦

いまの株価が落ちていたら、どんなに過去がよくても意味がない。「昔は高かったのに……」としがみついているから、損切りできない。


伊井哲朗

当社は、しがらみのない独立系の運用会社として、投資信託の販売と運用を行なっています。これで、お客様目線の商品設計や金融サービスが出来るのです。


ウォルト・ディズニー

そうかもしれない。でも、みんながどうして平凡が好きなのか、きっと、何か理由があるんだよ。
【覚え書き|娘に新作映画を観せたとき「平凡でつまらない」と言われたことに対しての発言】


河合雅司

勤労世代の減少に対して政策を打つこと。社会に必要な総仕事数を効率化すれば、労働力不足は起こりません。24時間働くのをやめる、他国に仕事をゆだねる、高齢者にも働いてもらう。今の規模に合わせて物事を考えるのではなく、サイズを縮めて考え、そこから生まれる余剰人員や資本を得意分野に向けるべきでしょう。それにより、小さくとも豊かな国、なくてはならない国になれるのです。


篠原菊紀

記憶力の向上はインプットとアウトプットを繰り返すしかない。キャバクラ嬢が何人もの客の顔と名前を覚えているのは、仕事のあとに名刺を整理し、相手に応じて内容を変えたメールを打ち、お誘いの電話をするというアウトプットの努力を日夜しているからです。


阿部サダヲ

現場で「さっきの演技良かったね」なんて言われると、どうしても意識してしまう。だから褒められたら、そのたびに気持ちをリセットしています。


田中和彦

ワークライフバランスという言葉が普及した成果、自分の時間を仕事とプライベートの二つに分けて考える人が増えてきました。しかし人生は二分法で切り分けられるほどシンプルではありません。会社で働く自分、遊んでいる自分以外にも、もっと多様な自分がいるはずです。


上原明

大事なことは、「自分の健康は自分で守る」という自助意識を生活者一人ひとりが持つこと。一般用医薬品の位置づけを変えることを通して、国民が自分の健康を守る意識を持つお手伝いをしたい。