名言DB

9419 人 / 110788 名言

品川正治の名言

twitter Facebook はてブ

品川正治のプロフィール

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

品川正治の名言 一覧

経済とは大きくしなければならないものだという呪縛を一度ほどいてみることができるなら、そのとき、お金の使い方にしろ、もっと自由な発想が生まれてくることでしょう。


経済大国になろうとは、戦後あの廃墟の中、よくも壮大な誓いを立てたものです。それをまた私たちは見事に実現した。大いに誇っていい達成ではありませんか。にもかかわらず、もっと大きくしなければ幸せな国民生活が作れないかに思い込んでいるから、そこに焦燥が生まれるのです。何が一番大切か、考えるゆとりが失われるのです。


太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


経済人として私が最も反省するのは、社会の価値観を経済一本にあまり単線化してしまったことです。たとえば教育の現状を憂える人は、「このままでは人材の質が劣化する」と言います。まるで教育とは、企業の競争力に奉仕することだけを目的とするかのごとくです。そうではない。教育は良き市民を作るためにこそあるものでしょう。


品川正治の経歴・略歴

品川正治、しながわ・まさじ。日本の経営者。日本火災海上保険(のちの日本興亜損保)社長・会長。兵庫県出身。旧制第三高等学校(京都大学の前身のひとつ)に在学中、帝国陸軍に召集され中国に出兵。帰国後に東京大学法学部政治学科を卒業し、日本火災海上保険に入社。同社で社長・会長を務めた。経済同友会専務理事、財団法人国際開発センター理事・会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

大内厚

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


久保征一郎

ぐるなびの使命は「日本の食文化を守り育てる」こと。飲食店や生産者の思いを伝える場所である「ぐるなび」があることで、飲食店や生産者は顧客を増やし、リピーターを増やすことも可能です。そして、それらの活動の結果として、食文化が育ち、日本の文化が豊かになっていくのだと信じています。


児玉光雄

小さな目標を設定してその達成に集中することが、単純な作業でもモチベーションを保つコツです。


本田圭佑

サッカーと会社の組織には通ずるところが多い。監督が部長、キャプテンが課長、プレーヤーが営業マンみたいに、それぞれの役割があります。ビジネスマンは難しく考えすぎですね。物事はもっと簡単でしょう。サッカーの場合、成功者ほどシンプルに物事を捉えています。困った時はサッカーに置き換えると、たいていのことは解決できます。


田中俊彦(経営者)

時間とは、誰にでも唯一平等なもの。だからこそ1秒でも無駄にはしたくない。僕は「一石二鳥」という言葉が好きなんです。1つのことで、同時に3つぐらい発見や動きがあるというのが理想的。


川上量生

僕も基本的にテレビを見ない。ただ、みんなが「テレビは面白くない」というから、それを確認するために時々見ます。でも、めちゃくちゃ面白いんですよね。ネットでやっていることに比べて、面白さのレベルがはるかに高い。じゃあ、「面白くない」という声がどうして上がるのか。僕はみんながテレビにただ飽きているんだと思う。ずっと面白いものなんてあり得ないのだから、単なるわがままですよ。少し前まで、みんな1日に何時間もテレビを見ていたじゃないですか。現在は飽きてしまって、ネットしか見ないという人が増えているのでしょう。


山崎元

転職をためらって3年間、いまいる会社で我慢したとします。でも人間、働ける時間はだいたい30数年と限られていますから、約10分の1をムダにしたことになってしまうんです。


田村潤

45歳でキリンビール高知支店長として赴任した私は、高知の県民性を知らないに等しい状態でした。「本質は現場にある」を信条とする私にとって、高知を知らぬまま知恵を絞るのは違うと思った。そこで、誰よりも地元をよく知る人たちにブレーンになってもらい、定期的に非公式なアイデア会議という名の飲み会を開いたんです。メンバーはラジオ局のプロデューサー、広告代理店の社員、そして地元の女子アナなど多士済済。共通点は、誰よりも地元のことを知っていることでした。高知の人が何を好み、何を嫌うかを、彼らが助言してくれたんです。


薗信雄

創業者一族の会社から、法の下に人格を持たされたパブリックカンパニーにして、会社を大きくしていきたい。上場すれば、資本と経営を分離をすることも可能になります。後継者のことを考えても、上場は必要だと思います。


満岡次郎

4つの事業領域のトップには傘下の事業に関する責任と権限を明確に持たせた。各事業領域は自分で投資したいキャッシュは自分で稼ぐのが大原則。