名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

和辻哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和辻哲郎のプロフィール

和辻哲郎、わつじ・てつろう。日本の哲学者、倫理学者、日本思想史家。兵庫県出身。東京帝国大学文科大学哲学科卒業、同大学院修了。東洋大学講師、法政大学教授、京都帝国大学助教授・教授、大谷大学教授、東京帝国大学文学部倫理学講座教授、日本倫理学会会長などを務めた。

和辻哲郎の名言 一覧

教養は培養である。それが有効であるためには、まず生活の大地に食い入ろうとする根がなくてはならない。


和辻哲郎の経歴・略歴

和辻哲郎、わつじ・てつろう。日本の哲学者、倫理学者、日本思想史家。兵庫県出身。東京帝国大学文科大学哲学科卒業、同大学院修了。東洋大学講師、法政大学教授、京都帝国大学助教授・教授、大谷大学教授、東京帝国大学文学部倫理学講座教授、日本倫理学会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

江上治

自分を知ることが大切。自分を知ってお金を稼ぐというのは、幸せになる稼ぎ方のひとつ。


山内溥

ヒットのノウハウなんて、わかれば苦労しない。たとえあったとしても、それは絶対、活字なんかになり得ないことなんだ。そんなもん、どうやったら金が儲かるか、どうして趙治勲(ちょう・ちくん、韓国生まれのプロ囲碁棋士)が強いのかという質問と同じなんだ。答えなんてないで。


村口和孝

起業家が100億円事業規模を思い描けていないのに、事業が勝手に100億円の規模に大きくなり得ない。つまり、起業家の社会的活動を支えている世界観が、より地球規模で広く大きい方が、顧客の方からも、取引先の方からも、いずれの社会からも期待される規模が大きくなる。世界中の、70億人の人類全員が欲しくなり、購入可能な商品サービスなのか、それとも世界に数十人しかいない顧客を相手にした事業なのか。何人の顧客に商品サービスを購入してもらおうとイメージが出来ているかが重要。


エリック・シュミット

Googleは、常に変わっていき、新しいモデルに適応していく会社だ。広告モデルに関しても、どれだけクリックされたのかをベースに価格設定するというユニークな方法を採っている。


榎本まみ

お客からひどい言い方をされても、それを4コマ漫画にしてブログにアップしました。すると、読者の方からなぐさめてもらうようになり、気が楽に。また、何を言われても「漫画のネタになる!」と思えるように思えるようになりました。


築山節

雑用が多すぎると、今度はそれが負担となってやる気が削がれる場合もあります。脳の負担を軽くするためには、雑用に関する選択や判断をルール化するといいでしょう。たとえば、「まだ読んでいない書類は一か所にまとめる」「読んで理解できた書類は捨てる」「理解できたが重要な書類はAの箱に、理解できなかったものはBの箱に」というように書類の整理について一定のルールをつくる。こうして作業を効率化すると、膨大な雑用に悩まされることも減るはずです。


大山梅雄

企業再建のやり方には自主再建と会社更生法によるものとがありますが、私はあくまでもツガミを自力で再建させたいと考えていました。更生法を適用してもらえば、負債をカットしてもらえるから会社としての負担は軽くなるが、それでは本当にその会社の力が付いたとは言えない。また、それによって犠牲を強いられる業者が出てくるのは、私の好みとするところではありません。私はまず融資してくれた下請け業者には全額私の責任で返済しました。それから社内組織の立て直しに着手したのです。


中西浩太

当社に競合はいません。当社の人材サービスは独自のスキームです。本物の人材サービスは必ず企業の発展の一翼を担うことができます。


山崎将志

挨拶が大事なのは言うまでもない。職場ではもちろんだが、まずは、ビルの警備員や得意先のエレベーターの中で一緒になった人に、挨拶してみることをすすめたい。エレベーターに乗り込むとき、私たちは、つい「すみません」と言ってしまう。でも、「すみません」が言えるなら、「こんにちは」「おはようございます」も言えるはずだ。こちらのほうが自然で場の雰囲気も間違いなく明るくなる。


古森重隆

日本製品のクオリティーの高さを武器に、日本企業は海外にもっと打って出るべきだ。内需だけで満足している企業はたくさんあるが、海の外はもっともっと広い。無論、商習慣は自国と異なり、マーケティングのやり方も見直さねばならないなど、克服すべき課題は多い。しかし、日本製品の品質の高砂を活かせば、チャンスは十分にあるはずだ。


深田和範

出世競争から降りた場合、ふたつの道があります。会社にとどまってリストラを避けるという選択と、転職あるいは独立を目指す方法です。乾坤一擲、独立起業するのなら、社会的な力をつけることが最優先です。スキルを磨き、公的資格を取得するのはもちろんのこと、ボランティアにも意欲的にかかわり、社会に対する見識と人脈を広げるのもいいでしょう。


高橋がなり

まず自分から変わろう。そして社員たちを変えよう。そして最終的には業界を変えよう。そうすればいつかAV業界に対する世間の目も変わるだろう。そのわかりやすい目標として、株式上場を目指そうとしたんだ。それまで自分はそこそこの社会人だと自負していたので、そこそこに生きてきたけど、いまの自分はブスな社会人なのだから精いっぱい努力しなければ世間様は好かれることはできないんだと思ったんだ。