名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田竜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田竜のプロフィール

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

和田竜の名言 一覧

自分のオリジナリティを追求するしかない。そして、オリジナリティは自分の偏見を全開にすることで生まれる。


もし、会社員をしながら小説家や脚本家になりたいと思っている方がいたら、好きなことを好きなように書くことに集中して、とにかくコンクールに応募しなさい、とアドバイスしますね。


コンクールに通るかどうかは、くじを引くようなものです。自分と選考する人とでは好みや感性が違うのですから。だから落選しても激しくは落ち込みませんでしたし、アイディアが浮かぶと書かないのが気持ち悪いので、書き続けていました。


わからないことがあれば、すぐに人に聞きに行ったり現場に足を運んだりする習慣は、いまでも役に立っています。
【覚え書き|『繊維ニュース』記者時代を振り返っての発言】


記者の仕事も、初めから繊維に関心があったわけではなく、書くことでお金がもらえる仕事という理由で転職したのですが、しばらくすると面白くなってきました。東レや帝人といった繊維メーカーや経産省ペンクラブに行って取材を繰り返していると、それぞれの現場や人の変化が見えてくるようになるのです。


和田竜の経歴・略歴

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

金子和斗志

成功する企業の絶対条件として挙げられるのが、経営理念の確立です。事業を始めたころの私は、理念が企業経営の根幹になるとは信じていませんでした。しかし今、成長の段階に入って痛感しています。「経営理念の確立と浸透こそ、企業発展のカギである」と。


庄田隆

医薬品は、人が健康、長寿を願うかぎり必要になる産業です。本業をきちんとやることが社会貢献、CSR(企業の社会的責任・貢献)に直結します。


丹羽宇一郎

今一番大切なことは、信頼を取り戻すことだ。それなくして、世界の安定はない。


上田準二

総論賛成、各論反対という話はようあるけど、まず総論を決めて、本当にやるべきかどうかコンセンサスを取りましょう。各論なんか後でいい。統合の理由や目的、統合しなかった場合の両社の将来を考えてみましょう。


三田紀房

「誰からも相手にされない老人」にならないためにも投資はしたほうがいい。お金も教養もない。仕事もないし、身体も動かない……。良し悪しではなく、そんな老人は社会から邪魔者扱いされる確率が高い。しかしうまく投資をすれば、お金も教養も得られる。そんな老人なら大事にされますよ。投資の目的は単に資産形成ではない。幸せな未来を形成することなんだと僕は思いますね。


小松左京

年代を超えた人のつながりをもっと強くして、知らないことやおもしろいこと、人間にとって大切なことに接するようにしないと、私たちの世代は子供たちの好奇心には追いつけません。


津田久資

自分がどんな「意識の結論仮説」で動いているのか文字にしてみる。無意識を言葉にすることで頭の中が整理されれば、その結論仮説に価値があるのか、またはどうすれば改善できるかが検証できます。この仮説と検証を繰り返すことで、結論を価値のあるものに近づけることができる。


内藤誼人

人たらしになりたいなら、些細な点ほど敏感になることをお勧めする。つまらない冗談にもちゃんと笑ってあげるとか、名前を呼ばれたらすぐに返事をするとか、そういう些細なことに注意を怠らないようにしよう。それだけであなたの評判はぐっと良くなるはずだ。


ポール・シーリィ

中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


松下幸之助

63%も外資企業に持っていかれとるやないか。日本が占領されてるということやで。電熱器事業部だけ、松下電器だけの問題やない。きみはそんなことで日本人と言えるのか!
【覚え書き|1970年代後半、コーヒーメーカーのシェアについて語った言葉。その後、松下電器は半年で新機種を開発し、業界一位のシェアを獲得した】


小笹芳央

デスクを整理すと、頭の中身も整理されます。いままで仕事に追われ気味だったのが、整理することによって、ポジティブに追いかけられる状態に戻ります。毎週末でも月一回でも、ある一定のサイクルでやると、行動に移るためのいいきっかけになると思います。


堤幸彦

自分は芸者であるとも思っています。芸者はお座敷に呼ばれるために芸を変えていかなければならない。飽きられてしまうから、頭も身体も常に鍛えておかないといけません。天狗になんかなっていられないですよ。