名言DB

9429 人 / 110879 名言

和田竜の名言

twitter Facebook はてブ

和田竜のプロフィール

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

和田竜の名言 一覧

自分のオリジナリティを追求するしかない。そして、オリジナリティは自分の偏見を全開にすることで生まれる。


もし、会社員をしながら小説家や脚本家になりたいと思っている方がいたら、好きなことを好きなように書くことに集中して、とにかくコンクールに応募しなさい、とアドバイスしますね。


コンクールに通るかどうかは、くじを引くようなものです。自分と選考する人とでは好みや感性が違うのですから。だから落選しても激しくは落ち込みませんでしたし、アイディアが浮かぶと書かないのが気持ち悪いので、書き続けていました。


わからないことがあれば、すぐに人に聞きに行ったり現場に足を運んだりする習慣は、いまでも役に立っています。
【覚え書き|『繊維ニュース』記者時代を振り返っての発言】


記者の仕事も、初めから繊維に関心があったわけではなく、書くことでお金がもらえる仕事という理由で転職したのですが、しばらくすると面白くなってきました。東レや帝人といった繊維メーカーや経産省ペンクラブに行って取材を繰り返していると、それぞれの現場や人の変化が見えてくるようになるのです。


和田竜の経歴・略歴

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

カーリー・フィオリーナ

人の心に巣食う偏見は、言葉には表れなくても、表情や動作に表れやすい。根強い偏見は隠しきれないものらしい。以来私は、表情やしぐさなど様々な兆候に注意するようになった。


アレックス・カー

世界の人々が何度も訪れたくなるのは、観光バスを横づけするような「目玉施設」ではなく、自然と調和した、ほっとくつろげる美しい街並み。私が京都や徳島の祖谷などで古民家再生に取り組んでいるのも、そんな日本の古き良き風景を残したいからです。


北上弘明

起業に必要なものは100%、アイデアだと思います。第三者の作為で多くの大手企業が風評被害を受けていた。業績や採用にも関係する部分なので企業のウェブ上の風評被害を解消する事業なら需要があると考え事業化しました。


野田サトル

前作のアイスホッケー漫画から多くのことを反省し、大ヒットさせるためにはどうするべきか、用意周到に準備しました。戦争、料理、サバイバル、歴史、サイコホラー、動物。とにかく自分が好きなもの、面白いと感じるものを詰め込んで、いろんな方面から読者をぐいぐい掴もうと。


出井伸之

マネージメント(経営)にも様々なスタイルがありますが、私はオープンに自分の考えを打ち出して、みんなに共有してもらいたいと考えています。


松本晃(経営者)

あらゆる企業は体育会でなければならない。体育会の目的は勝つことです。たとえ三部リーグのクラブであっても、二部リーグへの昇格を目指して戦う。それが体育会です。


伊集院静

「仕事が自分に合っていない」。よく耳にする不満だ。結論を言えば、自分に合う仕事なんてあるわけがない。私だってモノを書くのが大嫌いなのに、踏ん張ってやり続けている。


幸田真音

経済の視点から歴史を眺めてみると、まったく違う景色が見えてくる。


大坪勇二

コピーはオリジナルにはかないませんが、オリジナルの7掛けのパフォーマンスはできる。


衣笠祥雄

1984年にはじめて打率3割を達成しました(3割2分9厘)。そのとき、凡打した残りの6割7分1厘について考えはじめた。バッターが求めるのは当然打率10割ですから。