名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田竜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田竜のプロフィール

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

和田竜の名言 一覧

自分のオリジナリティを追求するしかない。そして、オリジナリティは自分の偏見を全開にすることで生まれる。


もし、会社員をしながら小説家や脚本家になりたいと思っている方がいたら、好きなことを好きなように書くことに集中して、とにかくコンクールに応募しなさい、とアドバイスしますね。


コンクールに通るかどうかは、くじを引くようなものです。自分と選考する人とでは好みや感性が違うのですから。だから落選しても激しくは落ち込みませんでしたし、アイディアが浮かぶと書かないのが気持ち悪いので、書き続けていました。


わからないことがあれば、すぐに人に聞きに行ったり現場に足を運んだりする習慣は、いまでも役に立っています。
【覚え書き|『繊維ニュース』記者時代を振り返っての発言】


記者の仕事も、初めから繊維に関心があったわけではなく、書くことでお金がもらえる仕事という理由で転職したのですが、しばらくすると面白くなってきました。東レや帝人といった繊維メーカーや経産省ペンクラブに行って取材を繰り返していると、それぞれの現場や人の変化が見えてくるようになるのです。


和田竜の経歴・略歴

和田竜、わだ・りょう。日本の脚本家、小説家。大阪出身、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、番組制作会社「泉放送制作」でドラマのADを経験。その後、業界紙『繊維ニュース』記者をしながら脚本の新人賞に応募し続ける。脚本『忍ぶの城』で城戸賞を受賞。同作品は『のぼうの城』として本人が小説化し、ベストセラーとなる。『村上海賊の娘』で吉川英治文学新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

木村沙織

私は昔からチームの中心になることや、皆の前で発言することが好きではありませんでした。自分の性格は簡単には変わらないですが、(試合に出るには)監督の理想の選手に近づくには変わらなければいけない。だからチームが勝つために必要だと思ったことを、私なりに発言しようと意識しました。


溝畑宏

大阪は、1時間もあれば京都、奈良、神戸、滋賀、和歌山へ行ける、関西エリアの中心に位置しています。そして、国宝や重要文化財の60%が関西エリアに集積しています。さらに、食や文化、エンターテインメント、スポーツ、医療を含めた健康分野においても、大阪は日本の中でも質の高いものを持っています。もともと、大阪は観光資源に恵まれているのです。しかも、関西人はコミュニケーション能力や包容力が高くて、おもてなしが上手。そのことが、リピーターを増やしている大きな要因になっていると思います。


畑中好彦

得意な領域で継続的に新薬を出す。これに尽きます。企業規模だけが競争を制する要素ではないと見ています。


沢渡あまね

属人度も優先度も高い業務は真っ先に手をつけるべき。ノウハウの公開を促すか、その仕事の相対的な重要度を下げることが必要です。一方、属人度は高くとも優先度が低いなら、ある程度容認してもOK。なんでもかんでもマニュアル化、共有化を目指すのではなく、属人化の良し悪しを判断して、まず向き合い方を決めましょう。


永山治

経営者になった頃は30年後に、会社あるいは従業員の人が安心して仕事できるような会社にしたいと思っていましたが、いまや10年先もだんだん分からなくなってきました。でも2~3年では、なかなか会社を変えられない。10年前に考えたことを、そのまま達成することはまずありません。それでも目標達成にはいま、何が欠けているのかということを常に見つけ出していくことが必要だと思います。そうした文化をきちっと会社の中に作ることが非常に大事なのです。


午堂登紀雄

決断できない人は、「引き出しが少ない人」ともいい換えられます。要するに、成功体験も失敗体験も少ないのです。引き出しが多い人は、「もし失敗しても、こう対処すればいい」と先が読めるので、実行することを怖がりません。でも、成功体験も失敗体験も少ない人は「うまくいかなかったらどうしよう」と考え、何を実行するにも尻込みしてしまう。とくに若手のうちは「会社から怒られてもいい」というくらいの気持ちで何にでもチャレンジして、自分の引き出しを増やしておくことが大事です。


高城幸司

自分に興味を持ってもらうのではなく、まずは相手に興味を持つ。これが人に好かれる条件。


似鳥昭雄

品質には徹底的にこだわっています。いくら安価でも、安かろう悪かろうでは話になりません。そんなことでは一度はニトリ製品を買ってくれても、二度目の購入はありません。


竹中平蔵

私は「リーダーカの時代」と常に言ってきました。混乱の時代にはリーダー力が必要なのです。一人が決断し、統率しなければなりません。


田中良和(GREE)

成長を続けるために僕がいつも気を付けているのは、会社の中で、いま自分がどのような役割を担っているのかということです。立場はずっと経営者でも、創業当時といまでは、果たすべき役割が変わっています。それを意識して、絶えず自分を成長させないとダメです。


佐々木常夫

どれだけ見聞を広めても、自分の行動に落とし込まない限り、成長にはつながらない。


押味至一

技能労働者の担い手不足は大きな課題ですが、逆に言えば建設業全体がイメージを刷新するチャンスだと捉えています。働き方改革やESG(環境・社会・ガバナンス)の流れがありますから、そうしたことにきちんと取り組めば、建設業はもう一段ステップアップできる可能性があります。