名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田眞治(和田真治)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田眞治(和田真治)のプロフィール

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

和田眞治(和田真治)の名言 一覧

当社はこれまで、業界の常識と呼ばれるものに真剣に向き合い、徹底的に構造改革を進めてきた。


確かにリスクはある。だが失敗のリスクがあるからこそやるべきだし、組んでみなければ新しいことには挑戦できない。


自由化の本当の意義は、独占企業を排除するとか、エネルギー会社同士の再編を進めることではない。新しい知見をどんどん取り入れて、産業を変えていくことだ。


30代の頃はモーレツ営業マンでした。とにかく、より多くの顧客と会うことを心掛けました。体力のある時期に、あれだけの仕事をこなすことができたのは幸運なことです。


少子高齢化の時代を迎えた日本のエネルギー業界が、今までと同じ状態でいいわけがない。もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はダメになってしまう。


自由化に備えて多角化に活路を見いだそうとする同業他社が少なくないなか、当社はあくまでお客様に最も近い立ち位置での事業形態にこだわってきた。消費者が支持してくれるような取り組みを積み重ねることで、小売りでは誰にも負けない存在になりたい。


エネルギー業界は典型だが、日本はリスクを嫌う傾向が強くなっている。志や能力の高い人が活躍しづらい状況になっているのではないか。生意気かもしれないが、私は自由化で誕生する今回のプラットフォームを、有能な人が活躍できる聖地にしたいと考えている。


自由化の過程では、まずエネルギー調達や発電を手掛ける電力会社や大手ガス会社の上流は上流で、当社のような小売りの下流は下流で、それぞれ合従連衡が進むことになるでしょう。その後、電力会社や大手ガス会社は小売りの経験に乏しいので、合従連衡した大手グループは、いずれ小売りに強いグループと組む必要が生じるはずです。そんな時に必要だと思ってもらえるように力を付けておく必要があります。


価格を安くするには、業務を一から見直すしかない。規制で守られてきたこともあって、とにかくこの産業には無駄が多いと考えている。そこで私たちは20年前から業務のIT化やクラウド化を進めてきた。当時は何をやっているんだとバカにされたものだが、結果がついてきている。外資を受け入れたときもそう。ニチガスはファンドに食いつかれ、ボロボロになるだろうと散々言われた。


和田眞治(和田真治)の経歴・略歴

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山田武史(経営者)

近年はインターネットやSNSの普及によって、お客様の商品購入までの意思決定や購入方法も大きく変化しています。そこで当社ではお客様との双方同コミュニケーションを図れるよう、ホームページ、SNSの活用を強化しております。当社はあらゆる商品を、ペットとのコミュニケーションのきっかけをつくるツールだと考えており、今後はその有効な活用法などを動画も使って詳しく説明し、ペティオならではの提案を行っていく予定です。それが新しいペット文化を創造し、「ペットと人が幸せに暮らせる共生社会の創造」という我々の思いを実現することにもつながると考えています。


遠藤憲一

ひょいひょい、じゃ仕事はできない。途中経過では、誰だってボロボロになるんだよね。


山田昭男

工夫により、職人が感動し、未来工業のファンになってくださるようになる。ファンが増えることによって商品がたくさん売れる。たくさん売れることによって会社が発展する、という図式が成立する。


ディビッド・ユーゼ

特定分野の売上が過大になると、事業運営上のリスクが大きくなります。特定分野に偏らせないことは、開発から市場投入までの時間が分野によって異なることを利用して、品質の要求が高い製品の成熟度を時間をかけて高めることができるという利点もあります。


浅野寿和

男性はサル山でオス同士がボスの座を狙って戦うのと同じで、自分自身が勝ち残るために競争・闘争せざるをえない生き物です。いつ自分が排除されるかわからないという「恐れ」があるために、相手の仕事ぶりや人格すべてを否定するほどの強烈なマウンティングを仕掛けてしまうのです。あからさまなマウンティングの問題を放置すると、マウンティングする側だけでなく、される側やそれを傍観しているリーダーの人望をも著しく下げることがあります。あなたがチームを束ねる立場なら、対策が必要です。


守安功

上の立場にいる人は、部下が発言しやすい環境を整える一方で、部下からの発言を受け止めなければいけません。私は前社長(南場 智子)に対して、言いたいことをズバズバ言っていました。南場からは、「守安は、DeNAでなければ絶対に出世しない」と言われていたくらいです。上司の懐の広さゆえ、許されていたのだと思います。


中山勇

ファミリーマートは国内に約1万店ありますが、ひとつとして同じ店はないわけです。例えばある店では、デザートコーナーをケーキで満載にして、「私はこの商店街のケーキ屋さんになる」と言う加盟店さんもあります。オーナーがどんな店にしたいか、地域にどんな顧客がいるのか、または季節の移り変わりでも店の姿は違います。外からだとみんな同じように思えるかもしれませんが、中身は全く違う。コンビニの本部は、そうした多様な店舗に対して仕事をしなければならないわけです。


福永雅文

差別化と集中の結果、「私には合わない」と離れるお客もいるかもしれません。しかし、残ってくれた人にとって圧倒的なナンバーワンになればいい。それがビジネスを好転させる鍵になる。


井阪隆一

当社の場合、入社後3~4年でフィールドカウンセラー(FC)として、オーナーに提案をする立場になります。つまり、20代が50代、60代に提案する場合があるわけです。感覚に頼らず、科学的アプローチを基に説明する方がうまくいくのは当然です。


神田正

先日、アルバイトの女子大生から「瓶ビールがよく売れている理由、会長は分かりますか?」と聞かれました。生ビールより割高な瓶ビールが、よく注文されていることは私も知っていました。しかし、理由までは分からなかった。答えを聞いてみると、「瓶ビールは互いに注ぎ合ったりして、自然にコミュニケーションができるからです」と教えてくれました。現場の目というのは確かです。複数人でちょい飲みをするお客様の動向をしっかりととらえていて、ほんとうに感心しました。


土屋礼央

誰に教わったわけではありませんが僕らは世の中がうまく回っていく為に、第三者的憎まれ役や架空のスケジュールを上手に使っているのです。架空の彼氏や架空のスケジュール、携帯を家に置いてきた、充電が切れていた、実家に暮らしている、両親が実家から遊びに来ていて家にいる、親が警官、医者、(断るときのために)ギリギリありそうな架空の単語をいくつか頭の片隅に忍ばせておく事をお勧めします。


松本康男(コンサルタント)

私が以前在籍した会社では、「コミュニケーションが悪いことは、性格が悪いことと一緒」と言われてきました。確かにそう思います。