名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田眞治(和田真治)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田眞治(和田真治)のプロフィール

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

和田眞治(和田真治)の名言 一覧

当社はこれまで、業界の常識と呼ばれるものに真剣に向き合い、徹底的に構造改革を進めてきた。


確かにリスクはある。だが失敗のリスクがあるからこそやるべきだし、組んでみなければ新しいことには挑戦できない。


自由化の本当の意義は、独占企業を排除するとか、エネルギー会社同士の再編を進めることではない。新しい知見をどんどん取り入れて、産業を変えていくことだ。


30代の頃はモーレツ営業マンでした。とにかく、より多くの顧客と会うことを心掛けました。体力のある時期に、あれだけの仕事をこなすことができたのは幸運なことです。


少子高齢化の時代を迎えた日本のエネルギー業界が、今までと同じ状態でいいわけがない。もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はダメになってしまう。


自由化に備えて多角化に活路を見いだそうとする同業他社が少なくないなか、当社はあくまでお客様に最も近い立ち位置での事業形態にこだわってきた。消費者が支持してくれるような取り組みを積み重ねることで、小売りでは誰にも負けない存在になりたい。


エネルギー業界は典型だが、日本はリスクを嫌う傾向が強くなっている。志や能力の高い人が活躍しづらい状況になっているのではないか。生意気かもしれないが、私は自由化で誕生する今回のプラットフォームを、有能な人が活躍できる聖地にしたいと考えている。


自由化の過程では、まずエネルギー調達や発電を手掛ける電力会社や大手ガス会社の上流は上流で、当社のような小売りの下流は下流で、それぞれ合従連衡が進むことになるでしょう。その後、電力会社や大手ガス会社は小売りの経験に乏しいので、合従連衡した大手グループは、いずれ小売りに強いグループと組む必要が生じるはずです。そんな時に必要だと思ってもらえるように力を付けておく必要があります。


価格を安くするには、業務を一から見直すしかない。規制で守られてきたこともあって、とにかくこの産業には無駄が多いと考えている。そこで私たちは20年前から業務のIT化やクラウド化を進めてきた。当時は何をやっているんだとバカにされたものだが、結果がついてきている。外資を受け入れたときもそう。ニチガスはファンドに食いつかれ、ボロボロになるだろうと散々言われた。


和田眞治(和田真治)の経歴・略歴

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

内田俊雄

自他ともに認めるチームの大黒柱とは、目立たないところで仲間の何倍もの努力を重ね、周囲の信頼を獲得していく努力が欠かせない。あいつで負けたなら仕方ないと仲間も指導者も思える大黒柱を抱え、かつチームワークを最大限に発揮できるなら、結果はおのずからついてくるものです。


岡康道

広告業界が動き出すのは、大抵午後から。そのため、業界には夜型人間が圧倒的に多い。だからこそ、静かな朝に1人で考える時間を持つことが重要。


高野登

過去に先輩や周りの人が失敗した記憶や経験があるなら、それは勉強しておくべきです。まったく同じミスを繰り返しながら自分も学んでいくのは、かなり非効率ですから。やはり、自分で疑似体験するつもりでいろんな人の話を聞き、引き出しを増やしておくことは大事だと思いますよ。お客様相手のことですから、最後は経験がモノをいいますが、知識としてもっているのとそうでないのとでは、スタート地点が違います。


藤井幸雄(経営者)

リーマンショック前は、新築マンション分譲の一本柱で事業を展開していたのですが、景気変動に対応できる企業力を身に付けるための商品の多角化を実現してきました。今後も、常に新しい事業にトライしながら人材を育成するとともに、ガバナンスを強化していくという目的を実現させるために持ち株会社制を導入しました。


若宮正子

ゲームアプリ「hinadan」リリース後、ありがたいことに高評価を受け、これがきっかけでアップル主催のWWDC2017というイベントへ招待いただき、CEOのティム・クック氏とお会いすることができました。今は、もう少しプログラミングをちゃんと勉強して、さらに良いゲームアプリを開発したいと考えています。


柳井正

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。


押井守

失敗するかどうかの分かれ目は、極論すればその人の能力の問題ではない。その大方が、世間の都合によるものだと思う。映画監督という仕事をしていると、それがよくわかる。どんなに優れた作品を世に問うても、タイミングが悪ければ大失敗作になることはある。


堀義人

私が一番辛かったのは、自分の目標が分からなかった時期でした。目標がないと何をしていいか分からないし、面白くない。ですから、人生の目標が見つけられなくても、短期的な小さな目標でいいので、それに向かって行動をしてほしい。目標を達成した時に何か別の世界が見えてくることもある。


喜多村円

技術的に一番手を走り続けるのは正直キツいです。研究開発にはコストがかかりますし、最先端技術を搭載した商品でも、ヒットするかどうか確信を持てません。二番手は、新技術が評価されたかを確認してから商品を出せばいいので、先行投資はいりません。


廣瀬光雄

最も重要なのはジョンソン・エンド・ジョンソンのクレドには、働くことはどういうことかという問いに対する答えも含まれています。それは「必ずミッションを持つ」ということ。しかも、その優先順位も「企業は顧客、社員、地域社会、株主に対して責任を持たなければならない」としっかり明記されています。


井上礼之

トップが現場に質問をし、対話することは「トップが強い関心を持っている」という、現場を鼓舞する力強いメッセージとなる。さらに、トップと現場が情報を共有することで、同じ課題意識を持てるようになる。部分最適に陥っている人に対し、対話を通じて全体最適を意識させるような問いかけをすることで、目線や思考の幅を広げることも期待できる。


田中洋(マーケティング)

「全能感」という言葉は、精神分析学の創始者であるジークムント・フロイトの「幼児期全能感」に由来しています。幼児期の私たちは、実際には保護されている立場にもかかわらず、周りの人たちが何でも言うことを聞いてくれる完璧な存在だと思い込んでいます。こうした全能感は、成長するにつれて解消されるものですが、大人になっても姿を変えて表れることがあります。そのような状態を精神医学では「誇大観念」と呼びます。誇大観念を持っている人には、周囲に大きな態度で接したり、自己主張が激しかったり、周囲を気にせず自分のやることに没頭したりといった傾向が見られます。強いブランドを確立した企業にも、同様の傾向が表れることがあります。