名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田由貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田由貴のプロフィール

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

和田由貴の名言 一覧

同じお金を使うなら得する方法を選ぶ、という考え方が大事なんです。お金を使うことを我慢するのでは、長続きしません。


節約とは、やみくもにガマンすることではなく、無駄を減らして正しいところにきちんとお金を回す行為。


家計簿は手間がかかる反面、どこをどう減らせばいいかわからず、挫折に繋がりがち。それなら、はじめに使える金額を費目別に決め、その中でやりくりしていく方が確実に支出を管理できます。


使った金額を記録していくと、前向きな姿勢で節約を続けられます。家計簿のようにきっちり付ける必要はなく、使った額を大雑把につけるだけでかまいません。使った額が先月より減れば励みになりますし、多ければ削れるところがはっきりわかります。


女性に比べ、男性は目先の細かい節約は苦手な傾向がありますから、少し工夫が必要になります。例えば移動する時は、どの路線が一番安く目的地に行けるかスマホで調べたり、ゲーム感覚で節約に取り組めば、楽しく節約できると思います。


節約するため、職場にお弁当を持参する方も多いと思いますが、毎日ではツラくなってしまいますよね。例えば浮いたお金で週に一度は外食ランチを入れれば、心も満たされるし、次へのモチベーションになります。これはムダ使いではなく、長く続けるための経費と考えましょう。


「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。


ビジネスマン、とくに男性の方々は、「節約するくらいなら、その分稼いだほうがいい」と考えがちです。しかし収入が多く入ったとしても、支出を抑制しなくては、お金は貯まりません。入り口と出口、両方をしっかり考えることが大切です。


辛いことは続かないし、たとえ無理矢理続けてもストレスだらけの生活になってしまったら意味がありませんよね。だから長く続けて成果を出すには、できるだけ自然に無理なく節約できる仕組みを、まず作ってしまうことが近道。


家計簿を毎日つけられるようなマメなタイプならまだしも、そうでない多くの人は忍耐や気合いだけでは絶対に節約は続きません。だからこそ成功している人たちは、楽に続けられて確実に貯められる「仕組み」をちゃんと作っているんです。


和田由貴の経歴・略歴

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

歌舞伎はもともと江戸時代では最先端のカルチャーで、現代のロックの精神に通じるものがある。


大串亜由美

一生懸命話しているのに、聴き手はみんな下を向いてしまっている。それをみて心が折れ、「とにかく早めに終わらせよう」と投げやりになってしまう。そんな失敗を経験したことはないでしょうか。聴き手の顔が下がっていたら、上げさせる工夫をしなければいけない。


小嶋光信

我々地方企業は、地元だけでは生きていけなくなると思います。既に進出している首都圏事業を拡大し、やがてアジアへの進出を加速せざるを得なくなるでしょう。とすれば、大企業とも戦える力が必要です。


小杉友巳

会社には定年がありますが、人脈には定年はありません。定年後も現役でやりたいことをやる方法はないものかと考えたとき、私は人脈さえあればそれが可能だという考えに行き着きました。たとえば、何か事業を興そうとするときは、誰でも信頼できる仲間に手伝ってもらいたいと考えるものですよね。


安田博(大阪ガス)

商売の要諦は、顧客の創造と把握にある。


西浦三郎

みずほ銀行の副頭取からヒューリック社長に転じた。使命は巨額の負債を抱える会社の再生。そこで成長と安全性、生産性を重視した戦略を立てた。今後の人口動態を考えたら分譲マンションを手掛けるリスクは大きい。海外情勢は読みにくいから海外事業はやめようと、「やらない」ことを次々と決めた。


佐藤東里

経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


渡辺秀一(経営者)

60歳定年で、65歳まで雇用することになっています。今度、それを70歳くらいまで延ばそうかなと思っています。働きたいと前向きにやりたい人は別に年齢で切る必要はないですよ。人生100年時代。会社を辞めた後に何をすればいいのか、お金はもつのか、不安はあるでしょうね。でも、食いつぶすよりは、お小遣い程度でも仕事をすればいいと思うんです。せっかく知恵があるんだから、何もしないで過ごすのはもったいない。やっぱり、人間は、生きがいとか、人の役に立つとか、そういうものがないとつまらないと思いますからね。


ハワード・シュルツ

スターバックスの創立者にとって、コーヒーの品質がすべてだった。とくにジェリーは自分の信念を貫き、決して妥協しなかった。ジェリーとゴードンは、自分たちのマーケットのことを理解していたに違いない。なぜなら、激しい景気変動にも関わらず、スターバックスは毎年利益を上げていたからだ。創立者たちは純粋なコーヒーの信奉者であり、本物のコーヒーを知る少数の顧客に喜んでもらえれば満足したのである。


鹿島守之助

私は北海道開発庁長官として公明正大に行うことが必要だと考えたので、鹿島建設に対する北海道開発局関係の請負工事の指名停止を命令した。これには、次官もまったく前例がないと困った顔をしていたが、とにかく指名停止をすることにした。だからのちに私が大臣を辞めたとき、一番喜んだのは鹿島建設の札幌支店長であった。


篠原恒木

僕は「好き」とか「面白い」と感じたものに対して「なぜそう思ったのか」と考えるようにしているんです。そうやって考えたことは、どこかで生きてくる。だから、日頃から記憶の引き出しに材料をストックしておくことが大切。


苅野進

「売上げを増やしたい」という要望に対し、「ブランドを一新しましょう」と提案したら、「今の社長は創業家でブランドに強いこだわりがあるので、そこは変えられない」と拒否された、といったケースもよくあります。このように、ビジネスでは「相手は言葉にしないが、実は譲れない感情や社内的な事情」を隠れた前提として持っているケースが多いもの。だからこそ、まずは「ゴールを含む前提の共有」が欠かせないのです。