名言DB

9419 人 / 110788 名言

和田由貴の名言

twitter Facebook はてブ

和田由貴のプロフィール

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

和田由貴の名言 一覧

同じお金を使うなら得する方法を選ぶ、という考え方が大事なんです。お金を使うことを我慢するのでは、長続きしません。


節約とは、やみくもにガマンすることではなく、無駄を減らして正しいところにきちんとお金を回す行為。


家計簿は手間がかかる反面、どこをどう減らせばいいかわからず、挫折に繋がりがち。それなら、はじめに使える金額を費目別に決め、その中でやりくりしていく方が確実に支出を管理できます。


使った金額を記録していくと、前向きな姿勢で節約を続けられます。家計簿のようにきっちり付ける必要はなく、使った額を大雑把につけるだけでかまいません。使った額が先月より減れば励みになりますし、多ければ削れるところがはっきりわかります。


女性に比べ、男性は目先の細かい節約は苦手な傾向がありますから、少し工夫が必要になります。例えば移動する時は、どの路線が一番安く目的地に行けるかスマホで調べたり、ゲーム感覚で節約に取り組めば、楽しく節約できると思います。


節約するため、職場にお弁当を持参する方も多いと思いますが、毎日ではツラくなってしまいますよね。例えば浮いたお金で週に一度は外食ランチを入れれば、心も満たされるし、次へのモチベーションになります。これはムダ使いではなく、長く続けるための経費と考えましょう。


「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。


ビジネスマン、とくに男性の方々は、「節約するくらいなら、その分稼いだほうがいい」と考えがちです。しかし収入が多く入ったとしても、支出を抑制しなくては、お金は貯まりません。入り口と出口、両方をしっかり考えることが大切です。


辛いことは続かないし、たとえ無理矢理続けてもストレスだらけの生活になってしまったら意味がありませんよね。だから長く続けて成果を出すには、できるだけ自然に無理なく節約できる仕組みを、まず作ってしまうことが近道。


家計簿を毎日つけられるようなマメなタイプならまだしも、そうでない多くの人は忍耐や気合いだけでは絶対に節約は続きません。だからこそ成功している人たちは、楽に続けられて確実に貯められる「仕組み」をちゃんと作っているんです。


和田由貴の経歴・略歴

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

経営者は、その企業の将来について、もっと時間と思索を割くべきである。


高村正彦

私は外交と安全保障の仕事がしたくて政治家になりました。「内政の失敗は一内閣が倒れれば足りる。外交の失敗は一国を滅ぼす」。小学生の時に父に聞かされていた言葉が、私をこの世界に導きました。


中村裕(ホテル経営者)

ホテルの付加価値にはハードとソフトの両面があります。設備というハードは完成してしまえばその後の改築のみにて向上させることができますが、ソフトは人をベースに付加価値を大幅に低くも高くもできます。ソフトの価値、つまりサービスのクオリティを高めるには、日々のブラッシュアップが欠かせません。


安河内哲也

私は、高校での出張授業で、毎回「音読」を行うのですが、なぜ音読が重要なのかを必ず説明しています。それぐらいしつこく伝えてちょうど良いのです。理由や意図に加えて、その理由に説得力を持たせる事例も話せれば、相手はより納得します。


小池龍之介(小池龍照)

「今」に集中できない人は、周りに影響されやすく変化に弱いともいえます。ですから、まずは今できることに集中し、ベストを尽くす。そうすれば、結果がついてきて、その結果を積み重ねることで、外的な変化にも対応できるようになっていけるはずです。


山内宏

公にコンプレックスを持つ年代には期待はできません。日本再生には、新しい国家意識を身につけた若い世代、つまり、政治も行政も企業も終戦直後と同様に40代に任せる。そんな徹底した若返りしかないと思います。


柴田励司

私がホテルマン時代に中小企業診断士の資格を取ろうと勉強を始めたとき、利用したのは朝の時間でした。きっかけは専門学校の勉強仲間たちでつくった「朝学の会」です。所属メンバーには、毎朝5時になると先生から電話がかかってくるので、眠くても起きて勉強せざるを得ません。でもつらかったのは最初のうちだけで、慣れてくると頭はフレッシュで外も静かなので、昼間や夜よりも断然能率が上がることを実感しました。


小宮山宏

思うに、日本人の悪い点は、年をとるにつれて先輩と後輩、上司と部下、師匠と弟子みたいな関係しかなくなっていくこと。友達がいない。タテの関係だけだったら、世の中面白くならない。僕も自分のプラスマイナス10歳の人は友達、と考えることにしています。


山岡鉄舟

およそ大凡人たるものは、誠忠が肝要である。ゆえに時変に接しては死を見ること帰するがごとき確固たる心胆を動かさぬように鍛練が第一である。


石川善樹

会社の仲間と飲み会に行くと上司の悪口を言って盛り上がりがちです。これはストレス発散しているつもりで、心の中でストレスを感じた場面を再現しているわけですから自律神経やホルモンバランスが再び乱れ、ストレスが倍増するだけ。社会的にも生産的ではありません。