名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和田由貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田由貴のプロフィール

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

和田由貴の名言 一覧

同じお金を使うなら得する方法を選ぶ、という考え方が大事なんです。お金を使うことを我慢するのでは、長続きしません。


節約とは、やみくもにガマンすることではなく、無駄を減らして正しいところにきちんとお金を回す行為。


家計簿は手間がかかる反面、どこをどう減らせばいいかわからず、挫折に繋がりがち。それなら、はじめに使える金額を費目別に決め、その中でやりくりしていく方が確実に支出を管理できます。


使った金額を記録していくと、前向きな姿勢で節約を続けられます。家計簿のようにきっちり付ける必要はなく、使った額を大雑把につけるだけでかまいません。使った額が先月より減れば励みになりますし、多ければ削れるところがはっきりわかります。


女性に比べ、男性は目先の細かい節約は苦手な傾向がありますから、少し工夫が必要になります。例えば移動する時は、どの路線が一番安く目的地に行けるかスマホで調べたり、ゲーム感覚で節約に取り組めば、楽しく節約できると思います。


節約するため、職場にお弁当を持参する方も多いと思いますが、毎日ではツラくなってしまいますよね。例えば浮いたお金で週に一度は外食ランチを入れれば、心も満たされるし、次へのモチベーションになります。これはムダ使いではなく、長く続けるための経費と考えましょう。


「節約だ」と思いながら行なうと気が滅入りがちですが、癖にしてしまえば、いちいち意識することもないので、ストレスも溜まらないでしょう。


ビジネスマン、とくに男性の方々は、「節約するくらいなら、その分稼いだほうがいい」と考えがちです。しかし収入が多く入ったとしても、支出を抑制しなくては、お金は貯まりません。入り口と出口、両方をしっかり考えることが大切です。


辛いことは続かないし、たとえ無理矢理続けてもストレスだらけの生活になってしまったら意味がありませんよね。だから長く続けて成果を出すには、できるだけ自然に無理なく節約できる仕組みを、まず作ってしまうことが近道。


家計簿を毎日つけられるようなマメなタイプならまだしも、そうでない多くの人は忍耐や気合いだけでは絶対に節約は続きません。だからこそ成功している人たちは、楽に続けられて確実に貯められる「仕組み」をちゃんと作っているんです。


和田由貴の経歴・略歴

和田由貴、わだ・ゆうき。節約アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京出身。日本女子大学家政学部卒業。著書に『和田由貴のシンプル節約術』『月3万円貯まるムダなし生活術』『和田由貴の明るい家計のダイエット』。

他の記事も読んでみる

中沢啓治

ゲンの家族構成も周囲の情景も、事実に即して描いています。『はだしのゲン』は、まだ完結していません。僕の中には雄大な構想がある。まだ3分の1くらいしか描けていない。伝えたいこともたくさんあるんです。しかし、網膜症に白内障、肺癌を患い、手も思うように動きません。漫画を描けないことは、本当につらい。でも僕にはまだ口が残っています。最後まで言いたいことを言いまくってやろうと思います。


川村元気

話しかけられる立場になれば、自分が根詰めて仕事をしているときに、ごちゃごちゃ言われたら、「人の都合も考えずに言いたいことをいいやがって」と腹を立てるはずです。こういうすれ違いが起こるのは、いま、話しかけたら相手がどう受け止めるかという想像力が欠けているからです。お互いに同じ方向を見ているんだという思いを普段から発しておくことが必要なのです。


森辺一樹

人材のグローバル化なくして、企業のグローバル化はあり得ない。


駒崎弘樹

僕らが発展するだけでは意味がないのです。僕らは今、「おうち保育園」を9園やっていますが、それが20園、30園になっても、待機児童問題は解決しません。待機児童を減らすには何千という園が必要で、そのためにはいろいろな参入プレーヤーが入ってきて、業界全体で発展していったほうがいい。


細谷功

従来の成功モデルが通用しなくなったことにより、新しいビジネスモデルやアイデアを生み出すことが求められています。ただ、こうしたアイデアがネット上に転がっているわけではありません。むしろ情報が不足している状態です。


堀久作

世の中というものは1万円いるというときに、あと千円足りないで失敗をする。私の場合は1万円欲しいときに9千円足りないのだ。最初から足りないんだから、必ずつくってみせるという勇気が湧き、これに全精力を注ぎ込む。


中村俊輔

書くという作業をすることで、自分の気持ちや考え方を整理できる。それを繰り返すうちに、自分のことを客観的に見つめることができるようになった。
【覚え書き|高校時代から毎日サッカーに関する日記を付けていることについて語った言葉】


松島直也

自分の状態を良くするために、自分のいいところを認めるということを日頃からやっておいた方がいい。何かうまくいかなかったことがあると、そればかりで頭が埋まっちゃたりしますから。今日、会社に行けたとか、挨拶ができたとか当たり前のことなんだけど、自分をほめてあげると。


佐藤達郎

まずは自分の強みや弱みを認識し、何ができるか考える。自分をマーケティングする視点を持つべき。新しい働き口が成り立つか、会社員のうちに実験的に試し、感触を得ておくことが大切。


久保利英明

おふくろの言葉で印象深かったのは「山より大きいイノシシは出ないよ」という言葉。何か決断をする時にリスクを思い躊躇していると、おふくろはこう言って踏み切るように背中を押してくれました。私が今でも、やるかやらないか迷ったらやる、やる以上は徹底的に準備し猛然と前進する、という人生を歩んだのはこの力が大きいと感じています。


塚越寛

「会社は経営者や株主のために存在するのではなく、いっしょに苦労してくれた仲間たち全員のもので、会社は社員の苦労に報いるために発展し、利益を上げる必要がある」という思いが強まっていきました。こうして、「会社の発展を通じて、社員がみな幸せになり、社員の幸せを通じて社会に貢献するべきだ」という、私の経営に対する基本的な考えができあがっていったのです。


金﨑貴弘(金崎貴弘)

最初は通行人に声をかけて、「ダダで飲んでいいから来て」と言いつつ、なかば無理矢理お店に連れ込んでいましたからね(笑)。だって、お店の存在を知ってもらわないことには、ファンにはなってもらえないでしょう。もちろん、本当にダダで飲んでもらいましたよ。お客さんもビックリしていましたけどね。それでもいまじゃ、立派な常連さんになってもらっています。