名言DB

9419 人 / 110788 名言

和田明広の名言

twitter Facebook はてブ

和田明広のプロフィール

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

和田明広の名言 一覧

何を頼りにモノを作ればいいのか。それは「自分」だと私は思います。自分自身だって、一人の立派なユーザーです。その自分が乗りたいクルマ、使いたいモノを作るんだと、そう考えればいいじゃありませんか。


技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。


「市場の声なんか聞くな」という立場なんです私はいつも。車の場合で言うと、市場の声を聞けば聞くほど、重くて大きくて、使いにくくて高いモノになる。あげくに市場を失ってしまうことになります。


「大きい方がいいですか」と聞けば「大きい方がいい」と言うし、いままで見たこともない車種を作って売れるかどうか聞きに行くと、見たことがないだけに、だいたいは「そんなもん売れません」と言うものです。それが市場の声ならば、聞かない方がいい。


足せば引くものが必ずある。つい昨日も、見せられた新製品が見栄えにやたらお金をかけたうえ、ふたまで被せる明らかな過剰品質だったので、とっちまえと怒ったところでした。


トヨタ自動車の、私が初代モデルを設計したセリカが好例です。スポーツタイプの車ですから室内はそんなに広くなくていいはずでしょう。でもお客さんに聞きに行くと「部屋がもう少し広ければね」とおっしゃる。市場の声を聞くほど、図体は大きく、150万円程度だった値段は250万円近くなり、ついに市場を失うという皮肉な結果になってしまいました。


和田明広の経歴・略歴

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ソレイシィ

現在の日本企業の英語研修の多くは「ネーティブのビジネス英語」のような教材を用い、お決まりのフレーズの紹介をして、それらを理解するだけで終わってしまいがちだ。この方法では、社員の大半はTOEICなどの試験の穴埋め問題を解く勉強ばかりに重きを置いてしまう。英文法や小難しい単語を知っている社員は増えても、実際に英語を話すシーンにおいて言いたいことをうまく言い表せる社員は育たない。このような状況を改善するために、能動的に自分で英文を作る練習をするような「発信型」の英語研修が必要だ。そして、その成果をスピーキングテストなどを用いて測定し、実際に話せるようになったかどうか、習熟度を確認するのが効果的だ。


カルロス・ゴーン

私はルノーから来た人々が「徒党を組んでいる」と見られることだけは避けたかったのです。もし、私が「自分に一派を率いてやってきた」とみなされたら、あとは何をやっても通用しません。私はたちまち信用を失うことになります。


栗田淳一

人間は都合よくできているもので、苦しかったことは次第に忘れていく。いや忘れるわけではないが、時の経過とともに痛みが消えて、それはかえって楽しい思い出にさえ変わってくる。


小笹芳央

私は学生時代、まだリクルートの内定者だった時期にアルバイトで働いていました。学生ということで「お客さん」のように扱ってくれるものと期待していましたが、甘かった。いきなり営業部に放り込まれ、「契約を取ってこい」と言われました。当然、そんなことはできるわけがない。サークルのボスとしてふんぞり返っていた私は初めて鼻を折られたのです。自分はまだ、社会人としては何のスキルもない。まして「世界の中心」になどいないのだ。ここで「地動説」への転換を余儀なくされました。私は早い段階で自らを「自分は所詮、その他大勢なのだ」と相対化することができたおかげで、「会社の一員として」仕事に邁進することができるようになった。


山口照美

アイデア不足に悩むビジネスマンは多いはずです。しかし、自分の中にアイデアが存在していないわけではありません。アイデアの種は誰の頭の中にもあります。ただ、先入観や思い込みなどによって鍵がかかり、脳の引き出しから取り出せなくなっているだけのことです。


伊藤慎介

コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


布袋寅泰

5年前、50歳でロンドンに移住しました。きっかけの1つとなったのは、30周年のコンサートツアーで久しぶりに演奏したBOØWYの「Dreamin’」です。この曲は20代の初めに、「自分は自分らしく、堂々と夢を追い続けたい」という思いを込めて作りました。あの日、ステージからお客さんに「お前たち、今も夢を追いかけているか?」と投げかけたとき、その言葉がまるでブーメランのように自分のところへ戻ってきたんです。「あれ? それで俺の夢はなんだったんだ?」って。「いつかは海外へ」というのが、14歳でギターを持ったときに僕が抱いた夢でした。


真弓・ナタリー・ユエン

直観力と洞察力を高めることで、自分にとって意味のある偶然の幸運が日常的に身辺に起こるようになり、ひいては人生のスムーズなサイクルに乗っていきます。


森山眞弓

前例がない中、垣根を一つずつ越えていくことが後に続く人たちのためになる。そんな思いを胸に仕事をこなす日々でした。


室伏広治

高校1年からハンマー投げを始め、翌年にはインターハイや国体で優勝し、高校記録を出して順調に記録を伸ばしていた私は、自身の能力を過信していた時期がありました。大学生になってから記録は自分で伸ばすという思いも強まり、私は父のアドバイスを聞かなくなってしまった。いわゆる反抗期かもしれません。それでも父は私の練習を忍耐強く見守り、試合ではハンマーを投げる姿をビデオに撮り続けてくれた。が、案の定、大学2年の日本選手権では高校時代の記録を下回り、成績が全く伸びなくなってしまいました。悩んだ揚げ句、父の話を聞くことにしました。結果、成績は改善されていくわけですが、それはハンマー投げの技術や練習方法以前に、自分から人の話や考えに耳を傾ける心、教えを請う姿勢が大事だと気づくことになった。