名言DB

9412 人 / 110637 名言

和田明広の名言

twitter Facebook はてブ

和田明広のプロフィール

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

和田明広の名言 一覧

何を頼りにモノを作ればいいのか。それは「自分」だと私は思います。自分自身だって、一人の立派なユーザーです。その自分が乗りたいクルマ、使いたいモノを作るんだと、そう考えればいいじゃありませんか。


技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。


「市場の声なんか聞くな」という立場なんです私はいつも。車の場合で言うと、市場の声を聞けば聞くほど、重くて大きくて、使いにくくて高いモノになる。あげくに市場を失ってしまうことになります。


「大きい方がいいですか」と聞けば「大きい方がいい」と言うし、いままで見たこともない車種を作って売れるかどうか聞きに行くと、見たことがないだけに、だいたいは「そんなもん売れません」と言うものです。それが市場の声ならば、聞かない方がいい。


足せば引くものが必ずある。つい昨日も、見せられた新製品が見栄えにやたらお金をかけたうえ、ふたまで被せる明らかな過剰品質だったので、とっちまえと怒ったところでした。


トヨタ自動車の、私が初代モデルを設計したセリカが好例です。スポーツタイプの車ですから室内はそんなに広くなくていいはずでしょう。でもお客さんに聞きに行くと「部屋がもう少し広ければね」とおっしゃる。市場の声を聞くほど、図体は大きく、150万円程度だった値段は250万円近くなり、ついに市場を失うという皮肉な結果になってしまいました。


和田明広の経歴・略歴

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

他の記事も読んでみる

徳重徹

海外ではわかりにくい表現は嫌われます。ですから私は初対面の相手と会うと、まず最初に「自分は何をしに来たのか」という目的をズバッと伝えます。


ロバート・ルービン

アメリカ合衆国は、何を支持しているかばかりでなく、何に反対しているかによって評価されることを進んで受け入れなければならない。


アルバート・アインシュタイン

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。


小暮真久

情熱のレベルが高い人の周りには、人や情報が集まってきます。磁場の中心になっている人と会うと、いい刺激をもらえて、自分も頑張ろうという気持ちになれます。


御手洗冨士夫

現場には自慢話をしてくれと言っているんです。だから私に自慢話をしようと、現場は私が来るのを待ち構えている。戦略を出し、仕組みを作り、何回もコミュニケーションをして、自分のやり方にも修正を加えながら、現場を指導していく。そして実行を確かめ、実行した人たちの苦労話を聞いて評価する。その繰り返しによって現場のモチベーションは格段に上がる。


笠井伸啓

定器に関しては圧倒的な技術力が成長の原動力になっていると考えています。性能を出すためには一切の妥協をしないという考えの下、ギガ・ヘルツをさらに超えるテラ・ヘルツ領域での回路技術や超高速かつ超高性能な半導体技術などをすべて社内で持っている点などが挙げられます。


西村貴好

思うように企業の業績が上がらないと、上司たちはイライラし、部下に対する要求も増えます。するとその部下はそのまた下の部下へ……というような悪循環に陥り、職場が殺伐とした雰囲気に。そんな状況を一変させるのに必要なのが、「褒める」ことなんです。


野村克也

「野村の野球」とは、結果ではなくプロセスを大事にすること。目標を掲げ、そのために何を考え、何をするかが大事なんだ。すべてそうでしょ。


大西洋

いま、一番危機感を持っているのは、社内に百貨店以外のスペシャリストが非常に少ないということです。一定のフォーマットの中で平均的にいい点数を取った人材が入社してくることが多いので、いくら会議をやっても同じような意見しか出てこない。


植村直己

いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。


布袋寅泰

今の僕は少年時代に抱いた夢を、まさに叶えている最中です。ユーロツアーという目標が叶ったからOKじゃなく、これを何度も積み重ねて、夢をずっと繋げていく。次はブラジルかもしれない。ロシアかもしれない。またガラガラのライブハウスのステージに立つこともあるでしょう。行ったこともない場所で、会ったこともない人たちに会いたい。これがサクセス・ストーリーかどうかもわからないし、そうだったとしても誰かに自慢したいとも思わない。ただ、ギターを選んだことに間違いはなかったと言い切れます。どこにいても「ちょっと弾いてください」と言われれば、弦と指があれば伝えられるものがある。


南原竜樹

浮き沈みの激しい人生のほうが楽しいよ。


坂東眞理子

若いうちから人とのつながりを大切にしておくと、40代くらいになって効いてきます。人間関係も、短期的な結果を求めず長期的な視点をもって育てて欲しいと思います。


大平浩二

企業組織は戦略に従うと言いますが、むしろ経営者の哲学に従うべきだ、と私は考えています。企業不祥事を防ぐための原点は、あくまで経営者の人間力に求められるのではないでしょうか。


安河内哲也

英語が話せるようになる順番はひとつしかありません。それは、「使ってみる→間違う→直す→うまくなる」。英語を話せる人は、私も含め、誰もがこの順番でうまくなっています。一方、英語がいつまでも話せない人は、「学ぶ→完璧になるまで準備する→机上の英語に博識になる→使わずに一生を終える」ことになります。