名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田明広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田明広のプロフィール

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

和田明広の名言 一覧

何を頼りにモノを作ればいいのか。それは「自分」だと私は思います。自分自身だって、一人の立派なユーザーです。その自分が乗りたいクルマ、使いたいモノを作るんだと、そう考えればいいじゃありませんか。


技術者はとかく、機能を付加することに満足を覚えがちです。足し算ばかりで、引き算できる可能性は、検討すらなかなかしようとしない。いまあるモノをなくすことに、本能的なためらいを感じるからなのでしょうか。


「市場の声なんか聞くな」という立場なんです私はいつも。車の場合で言うと、市場の声を聞けば聞くほど、重くて大きくて、使いにくくて高いモノになる。あげくに市場を失ってしまうことになります。


「大きい方がいいですか」と聞けば「大きい方がいい」と言うし、いままで見たこともない車種を作って売れるかどうか聞きに行くと、見たことがないだけに、だいたいは「そんなもん売れません」と言うものです。それが市場の声ならば、聞かない方がいい。


足せば引くものが必ずある。つい昨日も、見せられた新製品が見栄えにやたらお金をかけたうえ、ふたまで被せる明らかな過剰品質だったので、とっちまえと怒ったところでした。


トヨタ自動車の、私が初代モデルを設計したセリカが好例です。スポーツタイプの車ですから室内はそんなに広くなくていいはずでしょう。でもお客さんに聞きに行くと「部屋がもう少し広ければね」とおっしゃる。市場の声を聞くほど、図体は大きく、150万円程度だった値段は250万円近くなり、ついに市場を失うという皮肉な結果になってしまいました。


和田明広の経歴・略歴

和田明広、わだ・あきひろ。日本の技術者、経営者。トヨタ副社長、自動車部品メーカーのアイシン精機会長。愛知県出身。名古屋大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。取締役、副社長を経てアイシン精機に移り会長を務めた。トヨタ時代はボディー設計に携わり、副社長時にはプリウスのプロジェクト最高責任者として開発に尽力した。

他の記事も読んでみる

佐々木正悟

タスクは自分がこなせると思う量の3分の1か、少なくとも2分の1に減らす必要がある。優先順位をしっかり判断できるようになり、タスクの3分の2を切り捨てようという思考に切り替わる。


水谷研治

皆の役に立つ事は、本当に幸せなことではないでしょうか。命まで犠牲にする必要はないけれど、ある程度の犠牲を払うことは必要です。自分の国くらいは自分で守らないと。


松方弘樹

人とのつきあいで、大切なことのひとつは、人の悪口を言わないこと。もちろん、頭の中で思うことはありますよ。でも、それは飲み込んでしまう。だってね、僕の前で誰かの悪口を言った男は、必ず他のどこかで今度は松方弘樹の陰口を叩くはず。本人は否定しても、周りからは「そういう男だ」と見られてしまう。それは男として最低。


ガー・レイノルズ

箇条書きだらけのスライドで行うプレゼンは、聞き手を退屈させる。自分が聴衆でいた時のことを思い出すと明白でしょう。


村田恒夫

長きにわたる経験こそ、我々の強みです。


川北英貴

ある事業や店舗を撤退するとき。これは悪いことのように見えますが、撤退すれば赤字事業や赤字店舗がなくなる、そのような前向きの理由を、部門別損益などの資料も添えて銀行に説明することにより、撤退資金の融資を受けることも可能です。


豊島逸夫

「落ち着いて行動せよ」などと言っても虚しい。プロの私でも今回(の暴落)はかなり動揺した。NYの、私の古巣元スイス銀行軍団のヘッジファンド連中も、言葉を失っていた。ただし、彼らは、慌てて余計なことは一切しない。異常な状態は持続しないと確信しているから、ポートフォリオをいじることは控える。そして、パワープレーで相場の抵抗線などが突破されると、新たなレンジ入りとドライに割り切り、損切りあるいは新たなポジション形成に動く。


R・C・バルガバ

新興国でブランドを築き上げることは、先進国以上にトラブルがつきまといます。そのたびに重要な意思決定を求められるため、本社がどの程度真剣に市場開拓を考えているのかが簡単に消費者に伝わってしまいます。


宇都出雅巳

私はコンサルタントとして様々な会議を見てきたが、新しいことを生み出すための会議には5つの重要なポイントがある。

  1. (Who)どんな人が会議に出るのか。
  2. (Why)なぜ会議をするのか。
  3. (Where)どこで会議をするのか。
  4. (Whom)どんな関係の人と会議をするのか。
  5. (What)会議で何が発現されたか。

人はついつい「どうやって」を細かく考えがちだが、その前にまずこの5つのWをチェックしてみることからはじめてほしい。


田中史朗

次のワールドカップのことはあまり考えていません。先を見過ぎると、目の前の試合に集中できないので、まずは1試合1試合、これまで以上に体を張って全力でプレーすること。その結果、4年後に声がかかり、僕がちゃんとチームの勝利に役立てるコンディションであれば、もちろん、命をかける覚悟で代表のジャージを着たいと思います。


金田一秀穂

最近の若者は、「怒られ耐性」が低い。たとえばレポートも「ここはこうしたほうがいい」と言っただけで「駄目出しされた」と大騒ぎしてしまいますから。でもこれは、もしかしたら、駄目出しばかりする人が増え、若者が萎縮してしまっているからかもしれませんね。否定することに熱心な人が目立つ世の中になった気がします。「ではどうすればいいか」と解決にまで踏み込む声は少ない。駄目出しだけでは、相手が聞く耳を持てるはずがありません。怒る立場にいる上司や親などは気をつけたいものです。


西川八一行(西川康行)

もともと近江は質素で堅実な風土です。「始末する」という言い方をするのですが、お金をかけるべきときはしっかりかけるが、意味のない無駄なことや虚栄のためにお金を使わない。それが近江商人の考え方です。