名言DB

9419 人 / 110788 名言

和田昌親の名言

twitter Facebook はてブ

和田昌親のプロフィール

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

和田昌親の名言 一覧

あらゆる物事を一方的に見るという癖をひっくり返し、普段見えていないところをちゃんと見てほしい。


日本人はすぐに白黒をはっきりつけようとしますが、それはよくないと思います。例えばルールというのは大事ですが、そのルールを破った人に対して相手の事情も聞かずにルール破りだと言って批判をします。そうすることは簡単ですが、これをし続けていくと社会がすさんでいくと思います。


和田昌親の経歴・略歴

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

他の記事も読んでみる

宮澤栄一

小さなことに気づく、気になる日本人の特性がデバッグの仕事の武器なのです。ニートや引きこもりに情けをかけているわけではありません。雇用対策でもない。そもそも社会貢献なんて言葉は大嫌いです。ただ彼らの技術がすごいから仕事をしてもらっているのです。


今泉卓也

当社は上場しましたが、まさにこれからがスタートだと考えています。当社は社名の通り、プラットフォームが変わっても、常にゲームの側にいて、ゲームとユーザーさんをつなぐ裏方でありたいと思っています。今後はゲーム会社さんに開発やマーケティングなど、インフラとしても活用してもらえればと考えています。


田川博己

社長になったいまも社外に出た際、次の用件まで時間の余裕があれば、車を降りてモードを切り替え、街を歩きます。地域では物産館を回るのが楽しみで、都市でも次々と新しい建築群が現れ、ウォッチングの材料に事欠きません。観察力や感じる力が衰えたら、旅行会社の経営者は務まりません。


鴨下信一

あなたがもし何か理由があって仕事から長期離脱することになっても、あまり落ち込む必要はありません。キャリアの中断は、あなたの人生にとって「得」になる方が多いと考えてほしい。


栗原典裕

常日頃から相手と良好な関係を築いておくことが重要。たとえば、手柄を渡すなどして普段から上司に「貸し」を作っておけば、困ったときに相談を持ちかけても「あとにして!」と言わず、すぐに手を差し伸べてくれるでしょう。


岡藤正広

ITはむしろ、従来の商売が苦手な社員の方が得意なこともある。これからはもっと意識的に理科系も採用しろとも言っています。経営者だって、スマートフォンを使いこなして何が消費者の心をつかむのか、感じ取らないといけない。僕もよく使えないけど、毛嫌いしてはあかんな。


庄田隆

三共と第一製薬の経営統合にあたり、医薬品以外でコア事業とのシナジーが出にくい事業をグループ外へ自立化させました。売上高で言えば約1700億円を自らの手で縮めています。


三木谷浩史

複数の競合プレーヤーがいる中で、どんな付加価値をつけることができるか、どういうユーザー体験を顧客に提供できるかが重要だと考えています。


奥田陽一

研修の根底には、変化に対応できる人材、新しいことに挑戦できる人材になってほしいという思いもあります。ITは絶えず進化を続けているし、グローバル化も進んでいます。環境が変わりつつあるときに、それを不利な材料ととらえるようでは困るのです。状況が変わったときに、新しいことにチャレンジできるのだと意欲的に考えられる人でないと生き残っていけません。


孫正義

目標は明確に口に出した方が良い。周りにコミットする事で自分を追い込んで行けるから。