名言DB

9412 人 / 110637 名言

和田昌親の名言

twitter Facebook はてブ

和田昌親のプロフィール

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

和田昌親の名言 一覧

あらゆる物事を一方的に見るという癖をひっくり返し、普段見えていないところをちゃんと見てほしい。


日本人はすぐに白黒をはっきりつけようとしますが、それはよくないと思います。例えばルールというのは大事ですが、そのルールを破った人に対して相手の事情も聞かずにルール破りだと言って批判をします。そうすることは簡単ですが、これをし続けていくと社会がすさんでいくと思います。


和田昌親の経歴・略歴

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

他の記事も読んでみる

田崎正巳

司馬遼太郎氏が著書の中でモンゴル人のことを「奇跡的なほど、物欲が少ない」と書いていたが、私自身も赴任中にモンゴルの田舎に行ったとき、遊牧民がいまもゲルと呼ばれる移動式住居に住んでいて、余計なモノは一切持たずに、年に数回移動しながら生活していることに驚いた。信じられないほど物欲がない彼らの関心は、家族や自然、家畜などに向き、モノではなく心を満たすことで幸せを感じているように見えた。


近藤太香巳

これから起業する人だけではなく、社会人になる人にこれだけは忘れないでほしいのは「社会ってめちゃくちゃおもしろいぞ」ということです。学生時代っていうのは、いわゆる足し算の世界。でも、社会では掛け算で成長できるんです。一生懸命頑張った人と、頑張らなかった人とでは、将来全然違う人生になるわけですね。これが社会に出て一番面白いことだと思います。


久恒啓一

「残業」をやめて、朝早く出社して仕事を片付ける「前業」をお勧めします。脳というのは、朝起きたときが最もきれいな状態で、時間の経過とともに様々な情報が入り組み、どんどん汚れていくものです。それに朝は「始業までの○○時間で仕上げる」という明確な締め切りもあります。私の経験では朝の1時間が夜の3時間に匹敵する、つまり、朝の方が思考スピードは3倍も速いのです。


金井誠太

以前は部門間で仕事をバトンタッチして進めていた。「自分の分はやった。後はおまかせ」で。今は、企画、開発、実験、製造の「共創」――共に創る、創造の創、これがずいぶんできるようになっています。


庵野秀明

近代史を勉強した方が、最新の流れが見えるというだけですね。古いものは、ある程度分かっているから。主流というのを見極めて、その上に接ぎ木するみたいにしないと。一からやるのもできるんだけど、それでは効率が悪すぎる。その次を見通してやった方が、成功する確率が高い。


西田文郎

困難=不可能と、脳の中で回路ができてしまうと、それ以上の思考ができなくなる。赤ちゃんはハイハイから両足で立つまで、何回も失敗しますね。心の中で自分はできると思うから、失敗してもめげずに挑戦する。もし赤ちゃんが立つことを困難=壁だと認識していたら、果たして本当に立てるでしょうか?


出口治明

上司に嫌われたら困るという人はリアリズムに欠けていると私は思います。会社員は左遷される可能性のほうが高いからです。社長になれる確率を計算すれば明らかでしょう。社長になれなければ、みんなどこかのタイミングで左遷されるのです。自分だけが嫌われているなんて考えるのは幻想です。


吉野真由美

人間は何かを行動に移す際、潜在的に5つの不安を抱えています。これらの不安を完全に拭い去ってはじめて、行動を促せるのです。このとき、相手の懸念に対し、先回りして提示すべきです。

  1. 時期。いまでなくてもいいのでは?
  2. 金額。これほどのお金をかける価値のあるものなのか?
  3. 効果。本当にそれだけの効果が得られるのか?
  4. 優位性。ほかのものより、なにがどれだけ優れているのだろう?
  5. 継続性。ずっと使い続けることができるだろうか。

鵜浦博夫

近年の海外企業の買収などで拠点やサービスの層は十分に整いました。これだけの厚みを持った企業はないでしょう。米IBMには回線がありません。ベライゾン・コミュニケーションズにはアプリケーションがありません。すべてをやるという意味ではグーグルやアマゾンに近いかもしれませんが、これから彼らと戦えるかというと難しいでしょう。ただ、消費者にこういうサービスを提供しようとする企業には入り込めるし、その市場の成長性は非常に高い。


柳井正

経営者は自分が仕事をするのは当然として、社員に仕事をしてもらわないといけない。社風とか、価値観とかを組織に根づかせるのも、経営者の仕事です。


泉谷直木

リーダーシップを発揮するには、部下を説得するのではなく、納得させなければなりません。それには質問が有効です。「君の担当するお客様は、いまどんな課題を抱えておられるんだろう? そのために、君ができることとは何だろうか?」。このように部下に質問をしながら、やるべきことを本人に考えさせることが大切です。


楠めぐみ

ビジョンとしては文化の異なる国の人同士が相手の立場に立って接することのできる社会を作ることを掲げています。でも声高に訴えるつもりもありません。それよりも偶然旅先で知り合ったような、自然な出会い体験をたくさん作っていきたい。


永守重信

もし今、私がこの会社を辞めて、明日から新しい会社をつくったとしても、1日に16時間働くでしょう。これから勝負をかけようというベンチャー企業と、歴史ある大企業とでは、働き方が異なって当然。もし創業当時の私が、既成の大企業のように1日8時間しか働かなかったら、日本電産は絶対に今のような姿にはなれなかったでしょう。

【覚え書き|「残業ゼロ」を宣言したとき、「過去のハードワーク奨励は間違っていたと思いますか」と問われて】


松木安太郎

「こうしたほうがきっと得だ」とか、「これは損だ」とか、そういう計算で動くと、その計算が狂ったときには、途端に動けなくなるものです。最後は、ガムシャラに走り続ける心のエネルギーがものをいうのは、サッカーでも仕事でもきっと同じだと思います。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

人間関係の中で「ごめんなさい」が上手に使えるか、わざとしてしまったことではなくても、人に嫌な思いをさせたら「ごめんなさい」が言えるかどうかは大切なしつけのひとつ。