名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田昌親の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田昌親のプロフィール

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

和田昌親の名言 一覧

あらゆる物事を一方的に見るという癖をひっくり返し、普段見えていないところをちゃんと見てほしい。


日本人はすぐに白黒をはっきりつけようとしますが、それはよくないと思います。例えばルールというのは大事ですが、そのルールを破った人に対して相手の事情も聞かずにルール破りだと言って批判をします。そうすることは簡単ですが、これをし続けていくと社会がすさんでいくと思います。


和田昌親の経歴・略歴

和田昌親、わだ・まさみ。日本の記者、経営者。神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒業後、日本経済新聞社に入社。産業部記者、ブラジル・サンパウロ特派員、米州編集総局次長、経済解説部長、欧州編集総局長、東京本社編集局次長、日経アメリカ社社長、日経常務取締役、日経HR社長などを歴任。そのほか、日本ブラジル中央協会常務理事を務めた。著書に『逆さまの地球儀 複眼思考の旅』『ブラジルの流儀』ほか。

他の記事も読んでみる

森田正光

自分が勘違いをし始めていないか、時々振り返った方がいい。もし、ヤバいなと思ったら、反省して終わりではなく、今、その瞬間から変えていく。それが僕の信条です。


川野幸夫

尊敬される企業には何が求められるのでしょうか。申し上げるまでもありませんが、私たちは1人で生きているのではなく、多くの方々のおかげで生かされています。すなわち、多くの方々に喜ばれ「おかげさまで」と言われるような企業になるべく努力することが重要です。「ヤオコーがあってよかった」と感謝してもらえる存在になることが私たちの目標です。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

事業が行き詰まると経営者に厳しい目が向けられます。出資者から「やはり医者に経営は難しいのではないか」と言われ、社長交代もささやかれました。そんな時に週刊誌に東大の樹状ワクチンの記事が取り上げられました。宣伝広告費もなかったので、大量にその雑誌を購入し、そのページが自然に開くように折り目をつけて、がんセンターなどの関係各所の本棚に無断で配ってきました。どれほどの効果があったかは不明ですが、出来ることは何でもやりました。


小山田浩定

役員賞与を受け取ったのは数えるほどです。自分のポケットに入れるよりも、会社の純資産を増やしたほうが、株価が上がって社員が安心する。


北條一浩

古書店街に行くのもおすすめです。行き慣れていない人は少しハードルが高いかもしれませんが、その場合はまず、多くの店の店先に置いてある100円均一のワゴンを覗いてみてください。ここに並ぶ本は、本来はもっと価値があるのに、傷みがあるなどの理由で安値をつけた「お買い得品」。気軽に新たな分野の本と出合うにはもってこいです。「この店、好きかも」と思ったら、次は店内に入ってみるのもいいでしょう。


水谷孝次

下鉄の駅に貼ってあるポスターをみていたら、8割が僕の作品だったこともあります。大きな仕事は次々と舞い込んでくるし、預金通帳の残高は日に日に膨らむ。さらに、賞までもらえる。それなのに、心は満たされず、身体もボロボロ。もともと僕は、デザインによって社会をよりよくしたいと思って、この世界に入ったんです。それなのに、当時はその頃の志を完全に忘れ、与えられる仕事をただやっているだけでした。「ここは、僕が若いときに目指した場所ではない。早く抜け出さなくては」。そう気づいた僕は、20人いた事務所を畳み、1人で出直すことにしました。その結果、仕事も収入も激減しましたけど、ご飯はおいしく食べられるようになったんです。


ガー・レイノルズ

アメリカ流の芝居がかったプレゼン、身ぶり手ぶりが派手で熱弁をふるうプレゼンには力強さがありますが、行きすぎると、怪しいセールスマンのような胡散臭さが漂います。


渡瀬謙

お客様は別にきれいな営業トークを聞きたいわけではないのです。顧客がすでに知っていることを一方的に並べ立てれば、余計にイライラさせてしまうだけです。


野村克也

固定観念は悪。安直な判断ではなく、自分の目で見て、触って、自分の頭で判断することが肝要。


末木紳也

本来資格はどんな資格であっても取ってすぐに活用できるものではなく、現場で実際に活用するためにはある程度の助走期間が必要となります。若いうちにベーシックな資格(簿記検定2級、ビジネス実務法務検定2級、販売士検定2級など)を取得しておくと、後々高レベルの視覚にスムーズに移行することも可能となります。無理なく難易度の高い資格を目指せるパターンをつくりだすことで成功をつかみとることができます。


三井高利

商売は見切り時が大切であることを心に留め置け。


飯野正子

底辺が広い人こそ豊かな人。自分の素直な興味を大切にし、仮に失敗しても出直せばその分、底辺は広がるはず。