名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和田恒輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田恒輔のプロフィール

和田恒輔、わだ・つねすけ。富士電機社長・会長。

和田恒輔の名言 一覧

スウェーデンは高度の福祉国家である。しかし老人たち、とくに夫婦のうちいずれか一つが欠けた場合、彼らは孤影悄然としており、また、いわゆる「かぎっ子」が多く、両親の子供教育が行き届かないために不良化することが多いそうで、青少年の非行問題がこの国の悩みのひとつだという。【覚書き:孤影悄然=こえいしょうぜん。ひとりぼっちで寂しそうなさま】


要は人事を尽くし、そうすることが相互の利益であるということを繰り返し説明していると、そのうちにだんだんとわかってくる。交渉ごとで短気は禁物。真情を吐露して、しかも粘ることが肝要である。【覚書き:ドイツのシーメンス社との提携関係の中で起こった問題についてどう対処してきたかを語った言葉。富士電機とシーメンスは50年以上にわたる長期の提携関係を持っている】


和田恒輔の経歴・略歴

和田恒輔、わだ・つねすけ。富士電機社長・会長。

他の記事も読んでみる

塚崎義直

海外支援と定年後のキャリア支援をかけ合わせた事業に特化している企業は当社以外にはないと思います。日本の中小企業には海外事業担当者が不足しており、ただ雇えばいいという声もあります。海外事業経験者は一般的に年収が高く固定費だけがかさみます。企業側も海外展開が初めてで、誰が良いのか分からないのが現状です。当社では、海外事業の即戦力人材を月額の業務委託形式で安価に提供しています。「すべての企業と個人にグローバルビジネスの機会を創出する」。この使命を果たしていきたい。


岩城裕一

まず一番にあるのは、薬を大きく育てたかったという思いです。さらに、自分たちは治験の状況や、患者さんのいる現場をよく知っているという感覚もありました。早い段階で導出(ライセンスの売却)をすると、自分たちの手で治験のデザインを組めません。薬の開発に関与できなくなること、それは避けたかった。投資家の方からは、いつ導出するかと聞かれるばかりでした。しかし早い段階の導出では、まだ大きな価値を生めません。我々が12年間頑張って育ててきたことでMN166(イブジラスト)の価値は、はるかに高まった。それがどのぐらいの大きさなのか、遠くない将来、分かってもらえると信じています。


和地孝

よく現場主義と言いますが、ただ単に現場に行っただけでは散歩をしているのと同じです。だから、経営者は日ごろから自分で本を読んだり、人の話を聞いたりして、問題意識を高めなければいけない。経営は真剣勝負です。会社は経営者一人ですべて変わりますから、トップに適材の人が来れば組織は変わります。


小野寺正

フィロソフィに書かれていることは、とても基本的なこと。重要なのは、対応させるタイミングです。場面を誤ると、とんでもないことになる。問題は、その状況にあった行動をとれるかどうかなのです。


弘兼憲史

ストーリーをつくるときにポイントにしているのは、まだ誰もやっていない分野のストーリーを開拓することです。僕が中高年の性を描き始めたのも、これまで映画や小説ではテーマとしてすでに表現されていたけれども、まだ漫画ではあまり描かれていなかった分野だから。


R・C・バルガバ

マルチは大型車の分野では、他のブランドに後れをとっている部分もあります。しかし、小型車では圧倒的に強い。それは、バリュー・フォー・マネー(費用対効果)の理念を貫き、燃費や保有コストにまで配慮した製品を投入し続けてきたからです。この軸を維持する限りは、消費者の信頼を失うことはないでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

家計管理のポイントは、最低いくらあれば暮らせるのかをまずは把握し、支出を減らして家計をコンパクトにすること。


島倉大輔

「陽転思考」は失敗を「学習」と肯定的にとらえます。うまくいかなくても「明日の成功のための糧」と思えるので、精神的に追い詰められずに済むのです。


菅野敬一

負債を抱え、死ぬしかないと追いつめられたとき、「生きている間に自分の欲しいものを、唯一自分に残った板金という技術で作ろう」と考えました。
【覚書き|エアロコンセプトを始めたきっかけについて語った言葉】


松本和也

言葉もスピーチも短いほど印象に残る。その典型例が小泉純一郎元総理。「痛みに耐えてよく頑張った。感動した。おめでとう!」なんて典型的でしょう。これが「ケガした足の痛みをひたすら我慢して頑張る姿に私は非常に感動しました。本当におめでとうございます」と比べてみれば、違いは歴然です。


喜久川政樹

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


内永ゆか子

ぼやっとした思考やアイデアを誰かに話すと、相手から「へぇ、そうなの?」「それって何?」「どうして?」と反射的に素朴な疑問が返ってきます。こうして対話しているうちに、自分が何について理解できていないのかがわかってきます。対話相手がサウンディング・ボード(音響反射板)の役割をしてくれるのです。私がサウンディング・ボード役によく選んだのは専門知識を持たない母でした。話していると自分の思考の中であやふやな部分が炙り出され、課題の輪郭が見えてきます。