名言DB

9419 人 / 110788 名言

和田大(ワダックス)の名言

twitter Facebook はてブ

和田大(ワダックス)のプロフィール

和田大、わだ・まさる。日本の経営者。レンタルサーバーのワダックス創業者。兵庫県出身。専門学校コンピュータ総合学園HAL卒業後、ワダックスを創業。同社を急成長させた経営者。

和田大(ワダックス)の名言 一覧

大切なのはホスピタリティです。NOと言わないサポートを心がけています。


お客様のためになるのなら、マニュアルは常につくり変えていく。そのような柔軟な姿勢を私たちは大切にしています。


365日サポートを提供している理由は、正月に忙しいお客様もいるからです。問い合わせがしたいときに、その窓口が閉じていることほど悲しいことはありません。


創業以来、売上高対前年比130%の成長を続けています。お客様が求めているサービスをずっと提供してきたことが、好成績につながったと思っています。


具体的に数字を設定した目標は持っていません。だからこそ、これまで柔軟に対応できたのだと思います。


趣味のホームページを立ち上げるためにレンタル・サーバーを利用していたのですが、当時の共用サーバーは容量も機能も少なく、十分な容量や機能を求めると月額1万円以上も出さなければならなかったのです。こんなに高いのなら、自分でやろうと思いました。十年以上も前の話です。
【覚書き|レンタルサーバー事業を開始したきっかけについて語った言葉】


起業からいままで、試行錯誤の連続でした。経営に関する本もたくさん読んだし、その都度、現場で対応策を考えてきました。最終的には事なきを得たのですが、経営者としてはまだ駆け出しのころ、資金繰りが上手くいかず、兄弟に相談しに行ったこともありました。


和田大(ワダックス)の経歴・略歴

和田大、わだ・まさる。日本の経営者。レンタルサーバーのワダックス創業者。兵庫県出身。専門学校コンピュータ総合学園HAL卒業後、ワダックスを創業。同社を急成長させた経営者。

他の記事も読んでみる

二宮雅也

2年半前、(損保ジャパンと日本興亜損保の)合併を発表した時に、この会社はどうありたいかという「3つのビジョン」と、それを実現するための戦略として「5つの挑戦」をつくり、その時点で人事戦略も固めていました。ですから、社員にとっては今後どうなっていくのかという迷いを生ずることなく、合併まで来ることができたのではないかと思います。


笹川祐子

正直、「運気が落ちたかな……」とも感じましたが、「逃げない」という覚悟ができた時期でもありました。
【覚え書き|社内に様々な問題が発生した時期を振り返って】


西任暁子(西任白鵠)

商品説明の場で魅力を端的に表現できない、時間配分を考えずに話してしまう、という方も多い。良い商品を作り、それを伝える術を磨くことは両輪の関係。


原田隆史

自分で決めて自分の意志で続けていける習慣ほど、自己肯定感は高まる。実際に社員教育の現場でも、私が最初に指導するのは、この自己規律の形成。それは難しい課題である必要はありません。小さなことでもいい。毎日続けていれば、できない人もできる人に変わっていく。


ケリー・グリーソン

あなたに時間がどれだけあるかというのは問題ではない。むしろ、時間をどう使うかが問題なのだ。管理に充てる時間の最も有効な使い方は、毎日毎日出かけ、部下たちの間をまわることだ。あなたが仕事の手順をより簡略にして、部下たちの生産性をアップさせれば、経営上の未来像、戦略、そしてゴールのためにもっとたくさんのことができるようになる。


西多昌規

大きな仕事をするときは、最終期限だけではなく「○日までに半分」「○日までに7割」など、途中の目標を設定すると取り掛かりやすくなります。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

インターネットを本格的に楽しむようになったのは2002年くらいからです。個人サイトはもちろん、2ちゃんねるやフラッシュ動画も好きでした。当初はお気に入りに登録したサイトを巡回するだけでしたが、2009年にツイッターが流行り始めたときに軽い気持ちでアカウントを取得してみたのが、自分で発信するきっかけになりました。


小林一光

私が考える理想の営業とは、お客様が求めているものを私が引き出して解決すること。そのためには、常に相手の立場に立って考えることが大切。


香山リカ(精神科医)

目標が達成できなかったとき、まず取り組むべきは、失敗した自分の正当化です。計画を達成できなかったときに大切なのは、自分を責めたり落ち込んだりすることに時間とエネルギーを奪われないことです。そして、なるべく早く前の失敗はなかったことにして、また仕切り直しを試みる。そうすればむしろ、当初の想定より早いスピードで目標を達成することもできるかもしれません。


渡邉美樹

大体、この会社は、儲かるから、儲かりそうだからで事業をはじめたことなんて今まで一度もないんです。外食事業だって、儲かりそうだからやったわけじゃない。そこに「出会い」「ふれあい」「やすらぎ」を提供したい。お客様の思い出と関わりたい。という想いがあったから。農業だってそう。お店に来るお客様が安心して口にできる安全な野菜を提供したかったから。環境もそうです。全部好きで始めたことなんです。