和田大(ワダックス)の名言

和田大(ワダックス)のプロフィール

和田大、わだ・まさる。日本の経営者。レンタルサーバーのワダックス創業者。兵庫県出身。専門学校コンピュータ総合学園HAL卒業後、ワダックスを創業。同社を急成長させた経営者。

和田大(ワダックス)の名言 一覧

大切なのはホスピタリティです。NOと言わないサポートを心がけています。


お客様のためになるのなら、マニュアルは常につくり変えていく。そのような柔軟な姿勢を私たちは大切にしています。


365日サポートを提供している理由は、正月に忙しいお客様もいるからです。問い合わせがしたいときに、その窓口が閉じていることほど悲しいことはありません。


創業以来、売上高対前年比130%の成長を続けています。お客様が求めているサービスをずっと提供してきたことが、好成績につながったと思っています。


具体的に数字を設定した目標は持っていません。だからこそ、これまで柔軟に対応できたのだと思います。


趣味のホームページを立ち上げるためにレンタル・サーバーを利用していたのですが、当時の共用サーバーは容量も機能も少なく、十分な容量や機能を求めると月額1万円以上も出さなければならなかったのです。こんなに高いのなら、自分でやろうと思いました。十年以上も前の話です。
【覚書き|レンタルサーバー事業を開始したきっかけについて語った言葉】


起業からいままで、試行錯誤の連続でした。経営に関する本もたくさん読んだし、その都度、現場で対応策を考えてきました。最終的には事なきを得たのですが、経営者としてはまだ駆け出しのころ、資金繰りが上手くいかず、兄弟に相談しに行ったこともありました。


和田大(ワダックス)の経歴・略歴

和田大、わだ・まさる。日本の経営者。レンタルサーバーのワダックス創業者。兵庫県出身。専門学校コンピュータ総合学園HAL卒業後、ワダックスを創業。同社を急成長させた経営者。

他の記事も読んでみる

川村隆

私が経営再建の最初に注力したのは、すべての社員の気持ちを揃えることだった。それには自分たちのアイデンティティを明確に打ち出す必要があった。日立は創業者小平浪平が国産電気機械の量産を目指し、五馬力電動機を製作したところから出発した。創業の原点は社会インフラの事業や技術にある。日立の事業の基本は電力や鉄道や水事業などの社会インフラにある。そこで、ITで高度化された社会インフラの実現を「社会イノベーション」と呼び、「総合電機」から「世界有数の社会イノベーション企業」になることを新たなアイデンティティとして掲げた。


和田裕美

ワクワクする気持ちは湧き水みたいに自然に湧いては来ない。ワクワクする気持ちは、「ワクワクの種」を植えるとか、「ワクワクの素」を探すとかして、自分で生み出すものだから。


松井忠三

私はいい言葉を見つけるたびに、手帳に書きとめることにしている。そのひとつが、「焦らず、腐らず、驕らず」という言葉だ。たとえば同期の仲間が次々に課長になれば、どうしても焦る。しかし、焦ったところでどうしようもない。左遷や逆境に陥ったときには腐らないことが大事だ。


大原孝治

売り上げが上がるからやっているのではなくて、お客様がそれを欲しているからやるんです。世の中が要望する方向に我々が変わっていくだけ。


石川康晴

「先入観」や「業界の習わし」にとらわれない柔軟さは、経営者だけではなく、現代のビジネスパーソンにも求められる。


加藤夏希

演じることは、私にとって「非現実的なことも現実に変えてくれる魔法」みたいなもの。ヤンキー役なら日常で絶対に言わない「くそったれ!」みたいな言葉を使えるし、役柄によっては空を飛んだり、魔法を使ったり……。新しい役に取り組むたびに、誰よりも人生を楽しんでるな、って思えるんです。


堀切功章

最近はフランス料理の隠し味にしょうゆが使われるようになっている。国によってやり方は異なるが、ローカルな食の中にどのようにしょうゆを入れ込んでいくかという考え方は変わらない。キッコーマンしょうゆはジャパン・ブランドというより、世界中の食を豊かにする調味料として、ジャパン発のグローバル・ブランドを目指して取り組んでいます。


アルバート・アインシュタイン

数学における最も偉大な発見は「複利」である。


樋口武男

成功する人の12カ条

  1. 人間的成長を求め続ける。
  2. 自信と誇りを持つ。
  3. 常に明確な目標を志向する。
  4. 他人の幸福に役立ちたい。
  5. 良い自己訓練を習慣化する。
  6. 失敗も成功につながる。
  7. いまここに100%全力投球する。
  8. 自己投資を続ける。
  9. 何事も信じ行動する。
  10. 時間を有効に活用する。
  11. できる方法を考える。
  12. 可能性に挑戦し続ける。

田原総一朗

僕は大学を卒業するときに、マスコミで仕事をしたいと思った。ところが、大きいところは全部落ちたんだよね。朝日新聞、NHK、TBS、角川書店、ラジオニッポン……でも、今になって「あのとき落ちてよかったな」と思う。だって、朝日新聞やNHKに入っていたら、待遇がいいから定年まで辞めなかったかもしれない。すると、今の自分はなかったわけだ。


弘兼憲史

失敗を重ねてはいるものの、大ケガをしないうちに迅速に撤退していること。これは経営者の鉄則であり、経験則で磨かれる「大きなミスにつなげない」最大の方法なのでしょう。


デービッド・アーカー

説得力、専門知識、大局観など、CMO(最高マーケティング責任者)に求められる資質は非常にたくさんあります。人柄も重要です。組織の風通しを良くすべく、社内に敵をつくらないようにしなければならないし、好き嫌いで人を異動させたりするなどご法度です。新時代のCMOに求められる役割は、マーケティングの専門チームを率いる企業の変革の担い手です。


小林せかい

この本(『やりたいことがある人は未来食堂に来てください』)は分類としてはビジネス書ですよね。でも私、これまであまりビジネス書を読んだことがなかったんです。だから売れているビジネス書のいいところを、とことん研究しました。大事なところは太字&傍線があると頭に入りやすいなあ、とか、章の最後に「まとめ」があると親切だとか。その「まとめ」を手書きにしたのは本書のひとつのこだわりです。手書きだからこそ伝わるものがあると思うし、多くのビジネス吉と「見た目」でも違いをつけたかった。手書きを載せるって、制作プロセスとしては写植よりうんとめんどうだったのですが(笑)、編集さんは私のアイディアを一度も反対せず、最後の最後まで粘って一緒に作り上げていきました。心強かったですね。


湖中謙介

コナカ本体は店舗の数が多く、一度変革を始めると、後戻りがなかなかできません。そこで私は、若年層向けの業態である「スーツセレクト」のブランド・リニューアルをまず行うことにしました。小回りが効きやすい事業部単位で様々な試みを先に行い、そこで得た成果をコナカ本体の変革に活かそうと考えたわけです。おかげさまでスーツセレクトのリニューアルは大成功を収めることができました。


津田卓也

最初にきちっと謝れば収束に向かうのに、わざわざ自分からクレームをこじらせている人は多い。


ページの先頭へ