和田千弘の名言

和田千弘のプロフィール

和田千弘、わだ・ゆきひろ。日本の経営者。「インターブランドジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。東京大学法学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。第一勧業銀行、大蔵省、マッキンゼー・アンド・カンパニー、アルペン取締役戦略企画室長・COO(最高執行責任者)、アドバンテッジパートナーズ・ディレクター、東京スター銀行取締役、カート・サーモン日本代表マネージングパートナーなどを経てインターブランドジャパン社長に就任。

和田千弘の名言 一覧

我々も専門家としてバージョンアップしていかなくてはいけない。

和田千弘の名言|我々も専門家としてバージョンアップしていかなくてはいけない

ソフトウエアのテクノロジー水準を高めるためには、どれだけ外部の知見を広く集められるかがカギを握っている。

和田千弘の名言|どれだけ外部の知見を広く集められるかがカギ

大きな社会的価値を生んでいる企業ほど競争力が高く、収益性も高い。

和田千弘の名言|大きな社会的価値を生んでいる企業ほど競争力が高く、収益性も高い

今はレッドオーシャンに見えても、日本企業の隠れた組織能力やテクノロジー人材を別の角度で活用すれば、実はブルーオーシャンになる分野も多い。

和田千弘の名言|レッドオーシャンに見えても、ブルーオーシャンになる分野も多い

我々のミッションは、短期的な売上げ拡大だけでなく、クライアントが5年後、10年後に目指す姿へ向けた確実な変革を実現すること。

和田千弘の名言|ミッションは、クライアントが目指す姿へ向けた確実な変革を実現すること

面白いCMを作ったり、イベントをやったり、特異な機能を持つ新製品を作ったりすることでブランドが作られるという思い込みが日本人にはあるが、実は一番ブランドに響く要素はそれらではない。どれくらい人間の普通の日常を変えられるかだ。

和田千弘の名言|一番ブランドに響く要素は、どれくらい人間の普通の日常を変えられるか

企業変革という観点から言えば、重要なのは目先の利益や認知度を上げるのではなく、その企業が高付加価値を武器にできるよう、組織全体のブランディング能力を高めること。

和田千弘の名言|重要なのは組織全体のブランディング能力を高めること

和田千弘の経歴・略歴

和田千弘、わだ・ゆきひろ。日本の経営者。「インターブランドジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。東京大学法学部卒業、マサチューセッツ工科大学経営大学院でMBAを取得。第一勧業銀行、大蔵省、マッキンゼー・アンド・カンパニー、アルペン取締役戦略企画室長・COO(最高執行責任者)、アドバンテッジパートナーズ・ディレクター、東京スター銀行取締役、カート・サーモン日本代表マネージングパートナーなどを経てインターブランドジャパン社長に就任。

ページの先頭へ