名言DB

9429 人 / 110879 名言

和田勇(積水ハウス)の名言

twitter Facebook はてブ

和田勇(積水ハウス)のプロフィール

和田勇、わだ・いさみ。日本の経営者。積水ハウス会長。和歌山出身。関西学院大学法学部卒業後、積水ハウスに入社。中部第一営業部長、中部第一営業部長兼中部第二営業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

和田勇(積水ハウス)の名言 一覧

大事なのは次の顧客ニーズを見極めること。


嫌なことこそ後回しせず、真正面からやらなあかん。


状況が読めなくても限られた時間内で動かなければならないときは、命令指揮系統を1つにしてスピード感を持って取り組まなければならない。


売りっぱなしではなく、ずっとお付き合いしていきましょうという発想です。それがまた既存住宅の流通にもつながっていくわけですから。


脱炭素社会の実現には、国を挙げたムーブメントが必要だと各方面で主張しています。企業も努力する。消費者も意識、行動を変える。そして政府がビジョンを示し後押しをする。そうでなければ国際競争にも取り残されます。


限られたパイを奪い合うだけでは企業は成長しません。リスクを取りパイを広げる勝負をしてこそ成長があります。


孤立を恐れて自主規制してはいけません。周りの目を気にしていたらスピードは鈍ります。タイム・イズ・マネーと考えて前に進むのみです。


本音のコミュニケーションにはノウハウはありません。あえてひとつアドバイスするなら、自分から弱みを見せることでしょう。上司の立場なら、格好付けずに自分の失敗談を語る。そうやって弱みをさらしてこそ相手も心を開いてくれるのです。


上司からの評価を気にしている人は多いですが、上ばかり向いている人に周りは心を許しません。まわりが支えたくなるのは、自己保身に走らず、本音でぶつかってきてくれる人です。


単に会って話せば信頼関係を築けるものではありません。あの頃意識していたのは地べたに座って同じ目線で話すことです。
【覚書き|名古屋営業所時代、住宅建築の職人さんたちとの人間関係をつくっていった時代を振り返っての発言】


社内で孤立に苛まれそうになったら、まずは実績作りに専念することっです。それが自信になり、新しい挑戦をする意欲へとつながっていきます。


心が折れそうになったときに救ってくれたのは実績でした。誰も教えてくれないので、見よう見まねで営業を始めたところ、5月に1件の契約が取れました。それを心の支えに頑張ったら2年目に販売数は全社一になりました。こうした実績は不安や迷いを消してくれます。
【覚書き|入社直後、多忙のため誰も新人に時間を割けなかった名古屋営業所に配属されたときを振り返っての発言】


攻めの姿勢はいまも変わりません。住宅はドメスティック(国内向け)な産業と思われがちですが、いつまでも内向きではいけません。そこで私自身が先頭に立ち、海外4カ国で新しい事業をスタートさせました。


私は出る杭でした。名古屋で営業所長をしていたころ、都市部で地価が上昇してマイホームが入手困難になり、賃貸のニーズが高まりました。そこでプレハブの集合住宅をつくることを考え、営業所レベルで勝手に開発してしまいました。社内で物議をかもしましたが、結果的にこのとき開発したものがもとになり、現在の我が社の賃貸住宅ブランドの商品シャーメゾンへと発展しました。


ビジネスマンは孤立を恐れず新しいことに積極的に挑戦すべきです。人がやらないことに挑戦すれば足を引っ張る人が必ず出てきます。それを気にしていても仕方がありません。出る杭は打たれますが、まずは打たれるくらいに出ないと始まりません。


不動産開発に取り組むとき、必ず自分の目で「地相」を確認します。その場所に立ち、住む人のことを想像してからでなければ手を出さないと決めています。


人口減少が進む日本ではこれから先、家はそれほど建たない。住宅産業はもう発展しないと思われがちです。けれどもそんなことは全くありません。環境、コミュニティー、安全・安心、高齢化、教育、少子化、地方創生……。日本はたくさんの社会的課題を抱えており、そのほとんどが住宅に関係しています。ここには住宅事業を拡大するための多くのシーズがあります。


1999年に「環境未来計画」を発表した時は、「住宅会社が何を大層なことを」と冷めた見方もされましたが、住まいが環境に目覚めることは、必ず将来社会のプラスになると考えていました。だから、他に先駆けて複層ガラスの採用・普及に力を入れ、いち早く次世代省エネ仕様を標準化したんです。また現場には、「とにかくCO2を出さない家をつくれ」と発破をかけ続けてきました。


スクラップアンドビルドの風潮に疑問を感じていました。まだ住める家を20~30年で壊すのはおかしい。ですから発端は、長く住める家をつくろうというところにあった。住宅というのは、環境やエネルギー、地球温暖化、少子高齢化、教育、健康とあらゆる社会課題の中心にあるものなんです。それはすぐに壊して建て替えるようなものであってはならない。長く住み続けることは、社会や環境を良くすることにつながる。それを実現するために、我々は家という「個の環境」と、周囲の自然や街づくりを含めた「面の環境」を常に考えてきました。


和田勇(積水ハウス)の経歴・略歴

和田勇、わだ・いさみ。日本の経営者。積水ハウス会長。和歌山出身。関西学院大学法学部卒業後、積水ハウスに入社。中部第一営業部長、中部第一営業部長兼中部第二営業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

ハウステンボスを先端技術の拠点にする企画を進めています。今、どんどんベンチャーを育てています。ハウステンボスの敷地は私有地なので、規制を受けずに実験ができる。今後はハウステンボスからいろんな技術が世界に出て行くでしょう。


小路明善

仕事の成果は「能力×努力+外的要因」。能力があっても努力が1なら、1しか掛かりません。入社して研修の後、営業の指導役の先輩に1日20軒のお得意先を回れと言われました。結構疲れましたが、やはり努力なんです。1日20軒、営業稼働日が仮に220日として、これを10年やったらトップセールスになれる。棋士の羽生善治さんの本の中に「1日4時間から5時間の将棋の練習、稽古を10年続ければ、有段者の道につながる」と。努力の継続の話は事実だと思います。いわゆる能力がなくても努力をし続ければ成果につながる。


マーシャル・ゴールドスミス

米国企業の取締役会に関するある調査によると、米国でも役員選抜における最大の要素は個人的な好き嫌いでした。別の調査結果では、米国の大半の家庭において家族の中で最も愛されているのは、妻でも夫でも子供でもなく飼い犬だそうです。犬は人間の言葉を話さないので、不満を口にすることはありませんから(笑)。経営者は「ゴマをするような社員は嫌いだ」とよく口にします。組織もそんな社員の姿勢は評価しないことになっています。ですが実際にはゴマすりは蔓延している。このように肯定的な反応を示す存在をかわいがるのは人の性質なのです。


橋本和良

夢があるから人生。夢のあるビジネス、夢を追い続ける人生は楽しくて美しい。


藤田晋

相手の立場になって考えて判断・行動するために必要な「想像力」。それが仕事の大きな武器になる。


益岡徹

私はあまり引きずらないというか、「引きずらないように努力する」というほうが正確でしょうか。失敗をできるだけ早く忘れるようにしているんです。これは昔からそうですね。


大江英樹

誰にでも共通する将来の不安に「お金」と「健康」があります。考えてみると、この2つには多くの共通点があることに気づきます。例えば、どちらも手に入れるには努力が必要で、それぞれ専門家がさまざまな情報を発信している。私が最大の共通点だと思うのは「いずれも、絶対的な不安解消策はない」ということ。


平林実

お客様に支持していただける商売を見つけるコツは何かというと、常に現場に出て自分の目でマーケットを見ることです。そして、始めた商売のどんな部分をお客様が喜んでくださっているか、あるいは不満に思っているのか、改善点を常に探し続けることです。


齋藤賢一(経営者)

醤油というのは、オール・パーパス・シーズニング(万能調味料)です。原料はアメリカ産の大豆と小麦で、アメリカの工場で造った国産品です。何にでも合う調味料だから、ぜひ使ってみてください。
【覚書き|日本独自の調味料だった醤油をアメリカで売り込むときに使ったフレーズ。米国人に、醤油は遠い異国の調味料ではなく、自分たちに馴染みのあるものというイメージを持ってもらい普及活動を行った】


西原理恵子

絵が好きだから、絵でなんとか食べていこうと上京したら、予備校で描かされたデッサンがいきなり最下位になって。もうどうしようって思ったけど、あの時、ペチャンコにされて良かったって、今でも思うんですよ。自分より才能がある人が山ほどいる中で、最下位の自分が絵で食べていこうと思ったらどうしたらいいのか。それで私はエロ本に行ったんです。自分は才能があると思ってる人が絶対に行かないところにこそ、自分の出目があると思ったから。