名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田勇(積水ハウス)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田勇(積水ハウス)のプロフィール

和田勇、わだ・いさみ。日本の経営者。積水ハウス会長。和歌山出身。関西学院大学法学部卒業後、積水ハウスに入社。中部第一営業部長、中部第一営業部長兼中部第二営業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

和田勇(積水ハウス)の名言 一覧

大事なのは次の顧客ニーズを見極めること。


嫌なことこそ後回しせず、真正面からやらなあかん。


状況が読めなくても限られた時間内で動かなければならないときは、命令指揮系統を1つにしてスピード感を持って取り組まなければならない。


売りっぱなしではなく、ずっとお付き合いしていきましょうという発想です。それがまた既存住宅の流通にもつながっていくわけですから。


脱炭素社会の実現には、国を挙げたムーブメントが必要だと各方面で主張しています。企業も努力する。消費者も意識、行動を変える。そして政府がビジョンを示し後押しをする。そうでなければ国際競争にも取り残されます。


限られたパイを奪い合うだけでは企業は成長しません。リスクを取りパイを広げる勝負をしてこそ成長があります。


孤立を恐れて自主規制してはいけません。周りの目を気にしていたらスピードは鈍ります。タイム・イズ・マネーと考えて前に進むのみです。


本音のコミュニケーションにはノウハウはありません。あえてひとつアドバイスするなら、自分から弱みを見せることでしょう。上司の立場なら、格好付けずに自分の失敗談を語る。そうやって弱みをさらしてこそ相手も心を開いてくれるのです。


上司からの評価を気にしている人は多いですが、上ばかり向いている人に周りは心を許しません。まわりが支えたくなるのは、自己保身に走らず、本音でぶつかってきてくれる人です。


単に会って話せば信頼関係を築けるものではありません。あの頃意識していたのは地べたに座って同じ目線で話すことです。
【覚書き|名古屋営業所時代、住宅建築の職人さんたちとの人間関係をつくっていった時代を振り返っての発言】


社内で孤立に苛まれそうになったら、まずは実績作りに専念することっです。それが自信になり、新しい挑戦をする意欲へとつながっていきます。


心が折れそうになったときに救ってくれたのは実績でした。誰も教えてくれないので、見よう見まねで営業を始めたところ、5月に1件の契約が取れました。それを心の支えに頑張ったら2年目に販売数は全社一になりました。こうした実績は不安や迷いを消してくれます。
【覚書き|入社直後、多忙のため誰も新人に時間を割けなかった名古屋営業所に配属されたときを振り返っての発言】


攻めの姿勢はいまも変わりません。住宅はドメスティック(国内向け)な産業と思われがちですが、いつまでも内向きではいけません。そこで私自身が先頭に立ち、海外4カ国で新しい事業をスタートさせました。


私は出る杭でした。名古屋で営業所長をしていたころ、都市部で地価が上昇してマイホームが入手困難になり、賃貸のニーズが高まりました。そこでプレハブの集合住宅をつくることを考え、営業所レベルで勝手に開発してしまいました。社内で物議をかもしましたが、結果的にこのとき開発したものがもとになり、現在の我が社の賃貸住宅ブランドの商品シャーメゾンへと発展しました。


ビジネスマンは孤立を恐れず新しいことに積極的に挑戦すべきです。人がやらないことに挑戦すれば足を引っ張る人が必ず出てきます。それを気にしていても仕方がありません。出る杭は打たれますが、まずは打たれるくらいに出ないと始まりません。


不動産開発に取り組むとき、必ず自分の目で「地相」を確認します。その場所に立ち、住む人のことを想像してからでなければ手を出さないと決めています。


人口減少が進む日本ではこれから先、家はそれほど建たない。住宅産業はもう発展しないと思われがちです。けれどもそんなことは全くありません。環境、コミュニティー、安全・安心、高齢化、教育、少子化、地方創生……。日本はたくさんの社会的課題を抱えており、そのほとんどが住宅に関係しています。ここには住宅事業を拡大するための多くのシーズがあります。


1999年に「環境未来計画」を発表した時は、「住宅会社が何を大層なことを」と冷めた見方もされましたが、住まいが環境に目覚めることは、必ず将来社会のプラスになると考えていました。だから、他に先駆けて複層ガラスの採用・普及に力を入れ、いち早く次世代省エネ仕様を標準化したんです。また現場には、「とにかくCO2を出さない家をつくれ」と発破をかけ続けてきました。


スクラップアンドビルドの風潮に疑問を感じていました。まだ住める家を20~30年で壊すのはおかしい。ですから発端は、長く住める家をつくろうというところにあった。住宅というのは、環境やエネルギー、地球温暖化、少子高齢化、教育、健康とあらゆる社会課題の中心にあるものなんです。それはすぐに壊して建て替えるようなものであってはならない。長く住み続けることは、社会や環境を良くすることにつながる。それを実現するために、我々は家という「個の環境」と、周囲の自然や街づくりを含めた「面の環境」を常に考えてきました。


和田勇(積水ハウス)の経歴・略歴

和田勇、わだ・いさみ。日本の経営者。積水ハウス会長。和歌山出身。関西学院大学法学部卒業後、積水ハウスに入社。中部第一営業部長、中部第一営業部長兼中部第二営業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石原広一郎

昔から、人間は還暦を迎えると人生の振出しに戻るといわれてきた。私も60歳にしてその古人の言そのままの姿になった。老い先は短いから万事無駄にできないと考えた。


山下勝(経営学者)

部下が上司の無茶なガミガミに対処するために一番効果的なのは、ひとつ上の上司に頭越しに直訴する方法です。自分の課長が無茶を言うようなら部長に言いつけてしまう。ただこれは、組織論から言えばご法度に近い最終手段です。なるべく避けた方がいいでしょう。そこで重要になってくるのがインフォーマルな「斜交い(はすかい)のコミュニケーション」です。組織上の正式な上下関係ではなく、斜めの関係を利用するのです。たとえば自分の課長に問題がある場合、よその課の優秀な課長に相談して口添えしてもらうのです。


トニー・レオン

成果や結果ばかりを追い求めても、得るものは少ないでしょう。むしろ、有名になると、「あいつはひどい奴だ」「威張ってるな」「たくさん稼いでるんだろう」などと、誹謗中傷もあります。そういった負のスパイラルに陥ると、仕事がつまらないものになってしまいます。


鈴木純(経営者)

今後は山口県のポリエステル繊維工場も閉めないといけない。ここも構造改革の荒波にもまれながら、きっちりと利益を出していた良い事業所です。でも先がないだろうと言うしかない。その利益を伸ばせるのかと。だから既存事業も成長が見込めないなら早く売って、新規事業を成長させるための資金にしたい。そうやっていつも(責任者を)脅かしています。


加藤進(住友商事)

部署異動のローテーションによる教育は、本社や日本人にとどまらない。弊社の海外拠点には約2300人のナショナルスタッフ(現地採用スタッフ)がいるが、毎年一定人数を日本に呼んでグローバル人材育成講座を実施している。昨年は230人が対象となった。もちろん育成だけではなく、今後は、本社採用、ローカル採用に関係なく、優秀な人材には枢要なポジションで活躍する機会を提供していく。


北野宏明

重要なことはオープンネス(開放性)だ。一社が技術を囲い込むことがあれば成長は見込めない。各社の製品が相互にネットワークへ乗り入れ、製品群が有機的につながることが重要だ。


大東隆行

商売には変えてはいけないものと、変えた方がいいものがあります。手作り感、オープンキッチン、食材の鮮度、安さ、美味さ、グランドメニュー(メインのメニュー)については変える気はありません。しかし、それ以外は店長の判断に任せています。和食や洋食を出してもいいし、セットメニューをつくってもいい。


エーブナー=エッシェンバッハ

下手なお世辞は、根拠のない叱責よりも我々に屈辱を与える。


田中恭一

眼鏡店に勤めていた私が、日本で初めて角膜コンタクトレンズ(黒目の部分に装着するコンタクトレンズ)を開発したのは1951年。米国から来たご婦人のお客様に「コンタクトレンズを持っている」と自慢されたのがきっかけでした。実物は見せてくれませんでしたが、コンタクトレンズを日本でもなんとか開発したいと思い、素材の研究からレンズの形状や研磨方法に至るまで一人で研究、自分の目を実験台に試行錯誤を重ねて開発にこぎつけたのです。


梶川貴子

交渉などの場で話題を振ったときに、身を乗り出すかどうか。目が輝くかどうか。メモを取るスピードが速いか遅いか。資料をめくりながら、うんうんと軽快にうなずいているか、耳を掻きながらうーんと黙ってしまうか。相手の出席者がどのような反応を示すかで、そのプランへの賛同の度合いがわかりますし、ある程度は抱えている課題の質も推測できます。


山田真哉

大事なことは一定の利益を計上しながら、潤沢なキャッシュ・フローを維持することであり、本当の意味で数字を見ていくには「キャッシュ・フローの視点」と「利益の視点」というように、複眼的な味方をしていく必要があります。


大澤成行

いまは社員が育ち、その結果、会社が大きくなっていくことが、本当に楽しみに思えます。ゆくゆくは成長した部下たちに関連会社の社長になってもらい、グループ全体を成長させてもらいたい。それが私の夢です。