名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田一郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田一郎(経営者)のプロフィール

和田一郎、わだ・いちろう。日本の経営者。大阪出身。京都大学農学部水産学科卒業。大手百貨店に19年務めたのち独立。アンティーク・リサイクル着物の「ICHIROYA」を設立。著書に『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』。

和田一郎(経営者)の名言 一覧

商売は「小さく始める」のが一番のリスクヘッジ。


独立前、経営コンサルタントに相談したところ、当初の事業計画を完全否定されました。当時は落ち込みましたが、もし事業を強行していたら、貴重な資金と時間を無駄にしたでしょう。


商売の核である「売る力」を鍛えるには事務所も設備もいりません。フリーマーケットやヤフオク、最近だとスマホのフリマアプリ「メルカリ」でも鍛えられる。まずはそこからです。


着物ビジネスを始めたきっかけは、フリマで着物を買う外国人を見たこと。10万円かけて古い着物を買い付けイーベイで売ったところ、30万円になりました。その経験があったからこそ、市場が有望だと確信できたのです。


起業家にとってネットの知識は不可欠。ECサイトの運営に携わらない人でも、ネットで情報発信し、顧客にアプローチする機会は頻繁にあるでしょう。自分でホームページを改変するスキルや、ウェブデザインの知識があると役に立つはずです。また、SEO(検索エンジン最適化)の知識も、磨いておいて損はありません。


事業が軌道に乗るきっかけが、海外のネットオークションサイト・イーベイでの成功でした。当時、妻は英語塾を開いていたので、英語で取引する際には本当に助けてもらいました。また、事業を始めてからわかったのですが、妻には営業力がありました。私は経営力やビジネスマインドは持っていましたが、営業力には弱点を抱えていた。妻が一緒に働いてくれなかったら成功できなかったかもしれません。


和田一郎(経営者)の経歴・略歴

和田一郎、わだ・いちろう。日本の経営者。大阪出身。京都大学農学部水産学科卒業。大手百貨店に19年務めたのち独立。アンティーク・リサイクル着物の「ICHIROYA」を設立。著書に『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』。

他の記事も読んでみる

小堀宗実

本来、日本には先取りの精神と名残惜しむ精神の両方がバランスよくあった。その調和を絶えず正しく守り受け継いでいることが、今、茶道に注目が集まっている理由だと思います。


江上剛

「あのとき叱られたから伸びました」と述懐する人もいますが、それは結果論で、厳密には叱られたから伸びたのではないと思います。叱られ続けたら、10人のうち9人は萎縮して成長が止まってしまいます。


橘木俊詔

飛びぬけた才能の持ち主や、親から大財産を相続した幸せ者。大金持ちというと、そんな特殊な人物像を思い浮かべるかもしれない。しかし、現実はそうではない。日本の億万長者の職業として多いのは、オーナー企業経営者と医師。年収1億円以上の大金持ちの約半分がこの二つの職業で占められている。


小林一雅(小林製薬)

有能な社員は自己否定できる人である。それが創造性を生み、自分の成長、人生の成功をもたらす。


村井満

プレゼンでも、説明でも、準備した内容を正確に話すことに集中するのではなく、相手をきちんと見て、その場で感じたことも織り交ぜる。その口調が朴訥だったり、つつかえたりしてもかえって相手の心に響き、印象に残ります。


江崎利一

君たちが腰が抜けたというのなら、辞めてもいい。私はひとりになってもやり通す。城を枕に討ち死にする覚悟の者だけついてこい。
【覚書き|グリコを販売開始したものあまり売れず、部下の営業マンが弱音を吐いたときに言った言葉】


小池百合子

役所の都合ではなく、市場の声に耳を傾け、官民の知恵を集めれば、必ず突破口は開けるはず。


宮沢俊哉

自分の価値を認めてもらうには、周りを見て相手や会社に役立つことが何かわからなければいけない。当社では、気配りができず、自分のことしか考えない人は役職にはつけられません。


黒田如水(黒田官兵衛)

たとえ世の中が治まったとしても、大将たる者が武を忘れたならば、軍法がすたり、家中の侍たちも自然と心が柔弱となり、武道の嗜みなく、武芸も怠り、武具も不足し、塵に埋もれ、弓槍の柄(え)は虫の住みかとなり、鉄砲は錆び腐って、役に立たなくなる。軍法も定まっていないから、もし兵乱が起こった場合には、どうしたならばよかろうと、驚き騒ぎ、喉がかわいてから井戸を掘るようなことになろう。武将の家に生まれたからには、しばらくも武の道を忘れてはならぬ。


齋藤嘉則

「この問題には原因が100あります」といっても、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネには限りがあります。すべてに対策を打つことは現実的ではないし、仮にできたとしても中途半端に終わってしまいます。問題の原因追求や解決策の具体化を行ったあとは、どれに焦点を当てて取り組むべきか、絞り込まなければいけません。「優先して取り組むべき課題はこれだ!」と決める、課題決定力が必要です。


田中辰巳

罪というものは基本的には法の改正と施行によって大きく変わる。しかし、法の改正・施行は突然起きるものではない。改正せざるをえないような状況にあるから、改正されるのである。つまり摘発が増えてきて社会問題化し、いよいよ待ったなしの状態になると法が改正されたり、施行されたりするのだ。


戸塚隆将

私自身、自分の会社を起業してからのほうが、感情の起伏は大きくなったと感じますし、それは良いことだと考えています。私が起業したのは「社会に感動を与えるような仕事をして、世の中に貢献したい」と思ったからです。だとすると、自分がやっていることに感動できる心を持っていたほうがいいし、普段からいろいろなことに対して、感情が揺れ動く人間でありたいと思っています。