名言DB

9429 人 / 110879 名言

和田一郎(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

和田一郎(経営者)のプロフィール

和田一郎、わだ・いちろう。日本の経営者。大阪出身。京都大学農学部水産学科卒業。大手百貨店に19年務めたのち独立。アンティーク・リサイクル着物の「ICHIROYA」を設立。著書に『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』。

和田一郎(経営者)の名言 一覧

商売は「小さく始める」のが一番のリスクヘッジ。


独立前、経営コンサルタントに相談したところ、当初の事業計画を完全否定されました。当時は落ち込みましたが、もし事業を強行していたら、貴重な資金と時間を無駄にしたでしょう。


商売の核である「売る力」を鍛えるには事務所も設備もいりません。フリーマーケットやヤフオク、最近だとスマホのフリマアプリ「メルカリ」でも鍛えられる。まずはそこからです。


着物ビジネスを始めたきっかけは、フリマで着物を買う外国人を見たこと。10万円かけて古い着物を買い付けイーベイで売ったところ、30万円になりました。その経験があったからこそ、市場が有望だと確信できたのです。


起業家にとってネットの知識は不可欠。ECサイトの運営に携わらない人でも、ネットで情報発信し、顧客にアプローチする機会は頻繁にあるでしょう。自分でホームページを改変するスキルや、ウェブデザインの知識があると役に立つはずです。また、SEO(検索エンジン最適化)の知識も、磨いておいて損はありません。


事業が軌道に乗るきっかけが、海外のネットオークションサイト・イーベイでの成功でした。当時、妻は英語塾を開いていたので、英語で取引する際には本当に助けてもらいました。また、事業を始めてからわかったのですが、妻には営業力がありました。私は経営力やビジネスマインドは持っていましたが、営業力には弱点を抱えていた。妻が一緒に働いてくれなかったら成功できなかったかもしれません。


和田一郎(経営者)の経歴・略歴

和田一郎、わだ・いちろう。日本の経営者。大阪出身。京都大学農学部水産学科卒業。大手百貨店に19年務めたのち独立。アンティーク・リサイクル着物の「ICHIROYA」を設立。著書に『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』。

他の記事も読んでみる

藤重貞慶

人生は先を予想できないから、困難に直面すると誰しも迷い、右往左往してしまいます。でも厳しい状況下であるほど心を無にして今に集中し、決断したことを勇気を持って実行するのです。


ヘレン・フォン・ライス

自分の思い込みではなく、他者の声や市場の実情に耳を傾けないといけない。


川淵三郎

出向、転勤、あるいは本人にとって嫌だと思われる人事異動のときこそ、必ず一対一でしっかりと伝える。上に立つ者は、絶対にそこから逃げてはいけないと思います。


小宮一哲

「俺はこれだけ頑張っている」と思うと、「何で他の人は認めてくれないんだ」という考えに陥りやすい。それは周囲やお客さんと接する中で、ストレスの種になります。「うまくいかないのは自分の頑張りが足りないからだ」と考える方が、ストレスを感じずに済むのではないでしょうか。


小宮一慶

チームを作る目的は、それぞれが長所を持ち寄ることでお互いの短所をカバーし合い、チームとして最高のパフォーマンスを発揮することにあります。人は誰しも欠点があるものです。そこを無理やり直すよりも、その分野に強みのある人と組ませたほうが効率は良い。問題は、部下個人よりも自分のチームマネジメントにある。そう考えれば、デキない部下にもカッカしなくなるでしょう。


孫正義

退却するのがどれほど勇気のいることか。これをやれた男だけが、初めてリーダーとしての資質がある。


武藤潤(経営者)

本気で取り組むには、時に国内、国外の双方のお客様に優先順位を付けなければならないことがある。国内外それぞれの販売担当が顧客に販売する製品の奪い合いをするわけです。国内担当者はともすれば、「なぜ国内販売ボリュームを落としてまで輸出の応援をしないといけないんだ」という不満を持ってしまう。逆もまたしかり。それでも会社全体として収益を最大化するためにやっているんだと納得し、理解できれば、こうした不満は出ない。


木村尚義

世の中はやってみないとわからないことが多いのです。ロジカルシンキングの場合は、成功例を参考にして、それを改良するだけ。ですから当たるのはわかっていますけど、大成功にはなかなかならない。野球でいえばバントのようなもので、ランナーを進めることはできてもホームランには絶対にならない。


沖幸子

早く、楽に掃除の成果を上げるコツ

  1. 無駄な動きをしない。
  2. 上から中へ、中から下へ。上からきれいにしていく。
  3. パッと見て汚れているところをピンポイントで。
  4. 「きれいにならない」にこだわらない。「そこそこ」を心がける。
  5. 常に時間を意識して。

橋本孝之

仕事のスキルは勉強した時間に比例して直線状に上がっていくものではないと考えています。勉強を継続していると、ある日突然グッと抜け出してステップが上がるのです。