名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田一浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田一浩のプロフィール

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

和田一浩の名言 一覧

とにかく1年やり抜く、1試合をやり抜く。それだけでした。そして、その積み重ねがいまも続いているという感覚です。


自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


結局は1試合1試合、目一杯突っ走り、その積み重ねが翌年、翌々年につながっていった。これは今も同じ。


「若い頃は良かった」と思うよりは、いま、ここにある体をいかに上手に使うか。


不安が消えていくのは、「まあいいや」と思い始めた時ではないでしょうか。そうなったらラクになるのかもしれませんが、向上はないと思います。


バッティングはこの先も伸ばしていきたい。筋力が落ちた分は技術でカバーして、いまある体を上手く使っていきたい。


「よし、いける」と思って入ることのできるシーズンはありませんね。言わば、1年中不安と隣り合わせなわけです。でも、僕はこれが大事だと思っています。なぜなら、不安になるのは、今よりうまくなりたいという向上心があるからだと思うんです。


出せるものを目一杯出し、それで結果が悪かったなら、「今日はダメだったけど、また明日頑張る」と。失敗をうまく切り替えられるようになった。


試合中は2000本安打記録達成の実感はなく、完全に次のプレーに集中していました。自分としては、毎試合勝つために戦い、毎打席ヒットを打ちたいと打席に入っていますから。個人記録は後からついてくるものです。


現実問題として体力の衰えは間違いなくあります。スイングのヘッドスピードや足の速さ、肩の強さなど、試合を通じて感じています。ただ、そうであっても、まだまだ選手としての自分を伸ばしていきたいという意欲は失っていません。


1年目はプロとの力の差を強く感じました。オープン戦が始まる頃には、「ずっと野球をやってきたのに、プロ野球のレベルをまったく知らなかったんだ。歯がたたない」と痛感していましたね。プロ入りはゴールでもなんでもなかったということです。正直に言って、焦りを感じる以上に大変な世界に入ってしまったなと思いましたし、勉強することがありすぎて、落ち込んでいるヒマもありませんでしたね。


プロ野球界では18歳のルーキーから50歳の山本昌さんまで、幅広い年齢の選手が同じ野球という競技をしています。体力や運動能力の差だけなら若手が有利です。でも、野球はバットやボールなどの道具を使うスポーツ。だからこそ、経験を積むことで得られる技術の差が生きてくる。僕自身、道具の使い方は確実に30代の頃よりも上がっていると感じています。


同じ世代の人、上の世代の方たちが「1試合でも長く、1年でも長くプレーしてください」と声をかけてくださる。僕自身、以前に比べてファンの皆さんを身近に感じるようになりました。じつはこれ、僕にとっては大きな変化で、これまでは自分のプレーがチームの勝利に貢献して初めてファンの皆さんが喜んでくれると思っていたんです。ところが、自分がプレーし続けることそのものを喜んでくださる人たちがこんなにいるんだ、と。この歳でようやく気づくことができた。これはすごいやりがいです。


年齢を重ねるごとに変化してきた部分もあります。それは理想と現実の捉え方。若い頃は打つ形も完璧で、全打席ヒットを打って、10割を目指すのが理想だと思っていました。理想が高い分、失敗する自分を許せない。なんで、これだけしかできないんだ、と。そこを、「こんなはずではなかった」と苛立つのではなく、「やるべきことをやって、それでも結果が伴わなければ、これが自分の力だよな」と。起こっている現実を素直に受け入れられるようになってきました。これがいいのか、悪いのかはわからないですけど、僕としてはかなり軽快です。


和田一浩の経歴・略歴

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

他の記事も読んでみる

三木雄信

数字という共通言語を使えば、「現場のデータを分析したら、こんな結論になりそうですが、この方向で進めていいですか?」と上司をコントロールして意思決定させることも可能です。皆さんも、上司に言われるまま資料を作るのではなく、現場の知恵や自分がやりたいことを経営に反映させるために、資料をうまく活用してください。


スッタ・ニパータ

底が浅い小川は、音をたてて流れる。
満水の大河は、おのずから静かに流れる。


山本梁介

感性が磨かれていればアイデアが浮かびます。そして、自分をサポートしてくれる人がいることに深い感謝が湧き上がる。それが大きな力となって、人に感動を与えられる人間へと成長させる。


内藤誼人

ときどき「部下のため」と称して、何でもかんでも「ここがダメ、あれがダメ」と、バカ正直に指摘する人がいます。そういう人は、感謝されるどころか結局、恨まれる。僕に言わせたら、バカ正直ではなく、本当のバカ。そういうときは心の中で「自分以外はみなダメ」と思っておけばいいだけで、あえて口にする必要はありません。明らかに相手が直視したくない現実であれば、いちいち無理に見せつける必要はない。


久米信行

「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


アラン(哲学者)

死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。


辻本憲三

(再建できたのは)損が出ていた部分を落として、利益のある部分だけ残した。ただそれだけの話。


柳弘之

やはりグローバル経営は、各市場との強いつながりをつくることに尽きると思います。そのためには世界の逸材を登用、処遇することです。物事は何も無くてはなかなか進まないものなので、目標数値を置いています。主要連結子会社方社の取締役は現在245ポジションあります。社長ポジションは77ポジションあります。その22%が非日本人です。管理系、販売は現地化率が進んでいます。製造開発はあまり進んでいません。トータルが50%ですが、それを80%に引き上げてみようということです。


山田昭男

人をルールで縛るからダメになる。縛りを解けばやる気になる。


下地寛也

プレゼンは人の心を動かすためのものです。そのためには、「疑問を投げかける」→「結論を伝える」→「理由を加え、納得させる」の順番であることが必要です。ビジネスでは「結論を先に言え」と言われることが多いのですが、プレゼンで結論からいきなり入っても、聞き手からすれば、何の話をしているのかわかりません。結論の前に疑問を投げかけることで聞き手の興味をひき、次に結論で驚きを与え、最後に理由で納得を得るという順番で進めるのがよいでしょう。


岡田斗司夫

ノートは高校時代からつけていて、いろいろな使い方を試してきました。何十年もの試行錯誤の末に行き着いたのが、「一冊のノートを常に持ち歩き、そこにすべて書き込む」というごく単純な方法です。テーマ別にノートを使い分けたり、メモを持ち歩いてあとでノートに転記しようなどと手間のかかる方法を選んだりすると、1か月で挫折します。アウトプットを前提に、焦って意味を求めようとするのは、土地を耕さずに収穫だけ急ぐようなもので、結果的に自分が痩せてしまいます。


鳥羽博道

お客様に選ばれる企業に成長するための条件、ビジネスを成功させる条件というのは「商品の魅力」「店舗の魅力」「人の魅力」という三つの魅力をいかに高めていくかというところにある。業種によって多少の差はあるかもしれないが、基本的な部分はこの三点に集約できるだろう。こうした魅力を徹底的に高めていくことができたとき、どんな不況でも負けない強い体質の企業に進化していることだろう。