名言DB

9412 人 / 110637 名言

和田一浩の名言

twitter Facebook はてブ

和田一浩のプロフィール

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

和田一浩の名言 一覧

とにかく1年やり抜く、1試合をやり抜く。それだけでした。そして、その積み重ねがいまも続いているという感覚です。


自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


結局は1試合1試合、目一杯突っ走り、その積み重ねが翌年、翌々年につながっていった。これは今も同じ。


「若い頃は良かった」と思うよりは、いま、ここにある体をいかに上手に使うか。


不安が消えていくのは、「まあいいや」と思い始めた時ではないでしょうか。そうなったらラクになるのかもしれませんが、向上はないと思います。


バッティングはこの先も伸ばしていきたい。筋力が落ちた分は技術でカバーして、いまある体を上手く使っていきたい。


「よし、いける」と思って入ることのできるシーズンはありませんね。言わば、1年中不安と隣り合わせなわけです。でも、僕はこれが大事だと思っています。なぜなら、不安になるのは、今よりうまくなりたいという向上心があるからだと思うんです。


出せるものを目一杯出し、それで結果が悪かったなら、「今日はダメだったけど、また明日頑張る」と。失敗をうまく切り替えられるようになった。


試合中は2000本安打記録達成の実感はなく、完全に次のプレーに集中していました。自分としては、毎試合勝つために戦い、毎打席ヒットを打ちたいと打席に入っていますから。個人記録は後からついてくるものです。


現実問題として体力の衰えは間違いなくあります。スイングのヘッドスピードや足の速さ、肩の強さなど、試合を通じて感じています。ただ、そうであっても、まだまだ選手としての自分を伸ばしていきたいという意欲は失っていません。


1年目はプロとの力の差を強く感じました。オープン戦が始まる頃には、「ずっと野球をやってきたのに、プロ野球のレベルをまったく知らなかったんだ。歯がたたない」と痛感していましたね。プロ入りはゴールでもなんでもなかったということです。正直に言って、焦りを感じる以上に大変な世界に入ってしまったなと思いましたし、勉強することがありすぎて、落ち込んでいるヒマもありませんでしたね。


プロ野球界では18歳のルーキーから50歳の山本昌さんまで、幅広い年齢の選手が同じ野球という競技をしています。体力や運動能力の差だけなら若手が有利です。でも、野球はバットやボールなどの道具を使うスポーツ。だからこそ、経験を積むことで得られる技術の差が生きてくる。僕自身、道具の使い方は確実に30代の頃よりも上がっていると感じています。


同じ世代の人、上の世代の方たちが「1試合でも長く、1年でも長くプレーしてください」と声をかけてくださる。僕自身、以前に比べてファンの皆さんを身近に感じるようになりました。じつはこれ、僕にとっては大きな変化で、これまでは自分のプレーがチームの勝利に貢献して初めてファンの皆さんが喜んでくれると思っていたんです。ところが、自分がプレーし続けることそのものを喜んでくださる人たちがこんなにいるんだ、と。この歳でようやく気づくことができた。これはすごいやりがいです。


年齢を重ねるごとに変化してきた部分もあります。それは理想と現実の捉え方。若い頃は打つ形も完璧で、全打席ヒットを打って、10割を目指すのが理想だと思っていました。理想が高い分、失敗する自分を許せない。なんで、これだけしかできないんだ、と。そこを、「こんなはずではなかった」と苛立つのではなく、「やるべきことをやって、それでも結果が伴わなければ、これが自分の力だよな」と。起こっている現実を素直に受け入れられるようになってきました。これがいいのか、悪いのかはわからないですけど、僕としてはかなり軽快です。


和田一浩の経歴・略歴

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

ビジネスパーソンにとって、「お手本」は身近にいる人の数だけ存在します。儒教では「出会う人すべてが師」という考え方をします。一人ひとりが、あなたにとって学ぶべき点を持っているのです。あなたが「学ぼう」と決めた瞬間、職場は生きた教材の宝庫になります。


心屋仁之助

不毛な状態を抜け出す方法は意外に簡単です。「どうせ○○だ」の○○の部分をいいフレーズに変えていくだけでいいのです。いつも通りのうんざりした表情で、「どうせまた信用されちゃうなあ」「どうせ上手くいって褒められるんだろう」「どうせ私、できる人だから」というように言ってみるのです。最初は強烈な違和感にかられるでしょう。ところが繰り返すうちに気持ちが変わります。自分の発したそれらの言葉から「そういえば……」と思うような、プラスの記憶がよみがえってきます。


岡村正

日本が世界から尊敬される国になるためには、世界で最も科学技術が優れた国として地位を確立し、日本の持つ素晴らしい文化が世界に発信されて、国としての評価を高めなければなりません。仮にそういう方向に向かっていかないとすれば、我々が何もやっていないに等しいということです。


猫ひろし

僕は背が低いからバランスがいいらしいんですね。背の高い人って、どうしてもケガするんですよ、膝とかに。その点、僕の身体はギュって凝縮されてるから(笑)、ケガをしにくいらしいんです。それを知るまでは「あと5センチ背が高ければ」とかって恨んでいたんだけど、はじめて親に感謝しました(笑)。


太田肇

出すぎた杭は、MBA的な一見汎用性の高そうな能力によって承認を得ようとするべきではない。「この仕事に関してはあいつが一番」というオンリーワン型のスキルで一点突破を目指すべきだ。


ウィリアム・エックハート

(どうしたら株式投資・トレードで勝てるようになるかとの問いに対し)まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。


尾山基

「プロ経営者」という言葉には違和感を覚えますね。そもそも社長までいって、2~3年で実績を残した人はみんなプロですよ。会社を色々と渡り歩いた人だけがプロ経営者と呼ばれるのは変です。


池田亀三郎

私はいまの若い人たちを尊敬し、愛し、また彼らに大いに期待を持っているが、また同時に彼らに望みたいことは期待にそうよう責任を持ってもらいたいということだ。やればやれる力を持ちながら、責任の点で足りないものがあるように感ずるが、どういうものだろうか。せっかく期待されたからには、責任をもって期待に応えてもらいたいものだ。幸い私の会社には、近頃珍しくいい人ばかり入ってきて、実によくやってくれるので心強い。


大久保幸夫

入社3年以内に会社を辞める若者が多いといわれていますが、その仕事が自分に合っているかどうかわかるのは、人並みにこなせるようになってからの話。それにはやはり、5年から7年くらいはかかるでしょう。それくらいの時間を費やして、初めて適性がみえてくる。モチベーションが低い原因を仕事内容に求める人のほとんどは、我慢が足りないんです。その証拠に、「向いていないかも?」と思っていても、人から「このあいだ、よかったよ!」と褒められたら、「私、向いているかも?」と思ったりしませんか?「やる気」はそれくらいのことで変わるものなんです。


長島一由

休む勇気が必要です。今回の渡米も、自分にとっては休む勇気です。このまま国内で政治家としてキャリアを積んでいった方が、経済面でも社会的地位という面でも、ずっと安定していますから。でも、市長として一定のミッションを達成した以上は、次の世界に飛び込むべきだと思いました。一度、世界という立場から政治を見ると、新しい目標も見えてくるはずです。そして目標達成に向けて、また次の努力をする。そうやって自分を高めていきたいです。


川勝宣昭

企業再建にウルトラCはない。地道にコストダウンと売り上げアップを図るだけ。


塚越寛

経営者がやるべきことは、社員に安心感を与えること。安心感を与えることは、社員のモチベーションアップにもつながる。


伊藤雅俊(味の素)

社員には自分の専門性を追求するとともに、それが社会やお客様とどう組み合わされば喜んでもらえるのかを考え抜いてほしいと思っています。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

近頃、マスコミの人たちが私をとらえて「あなたは小学校も満足に卒業せず、病弱な体で、よく今日をなした。いったいその秘訣は?」なんて問う。「秘訣?そんなものありゃしない。しいて言えば『正直一本やり』『誰にでも誠意で当たった』『そのため良き友達、良き同志を得た』結果に過ぎない」と答える。


美輪明宏

一番肝心なことは、悪いことが起きたからといって、嘆き悲しむことはないということです。悪いことは長く続きませんから。そのかわり、良いこともまた長くは続かない。だから、良いことがあったときには、施しをするなどして、そこそこの負を先回りして自分で意識してつくるとよいでしょう。そうすれば予期しない、ものすごい負に襲われなくてすむようになります。