名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和田一浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田一浩のプロフィール

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

和田一浩の名言 一覧

とにかく1年やり抜く、1試合をやり抜く。それだけでした。そして、その積み重ねがいまも続いているという感覚です。


自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


結局は1試合1試合、目一杯突っ走り、その積み重ねが翌年、翌々年につながっていった。これは今も同じ。


「若い頃は良かった」と思うよりは、いま、ここにある体をいかに上手に使うか。


不安が消えていくのは、「まあいいや」と思い始めた時ではないでしょうか。そうなったらラクになるのかもしれませんが、向上はないと思います。


バッティングはこの先も伸ばしていきたい。筋力が落ちた分は技術でカバーして、いまある体を上手く使っていきたい。


「よし、いける」と思って入ることのできるシーズンはありませんね。言わば、1年中不安と隣り合わせなわけです。でも、僕はこれが大事だと思っています。なぜなら、不安になるのは、今よりうまくなりたいという向上心があるからだと思うんです。


出せるものを目一杯出し、それで結果が悪かったなら、「今日はダメだったけど、また明日頑張る」と。失敗をうまく切り替えられるようになった。


試合中は2000本安打記録達成の実感はなく、完全に次のプレーに集中していました。自分としては、毎試合勝つために戦い、毎打席ヒットを打ちたいと打席に入っていますから。個人記録は後からついてくるものです。


現実問題として体力の衰えは間違いなくあります。スイングのヘッドスピードや足の速さ、肩の強さなど、試合を通じて感じています。ただ、そうであっても、まだまだ選手としての自分を伸ばしていきたいという意欲は失っていません。


1年目はプロとの力の差を強く感じました。オープン戦が始まる頃には、「ずっと野球をやってきたのに、プロ野球のレベルをまったく知らなかったんだ。歯がたたない」と痛感していましたね。プロ入りはゴールでもなんでもなかったということです。正直に言って、焦りを感じる以上に大変な世界に入ってしまったなと思いましたし、勉強することがありすぎて、落ち込んでいるヒマもありませんでしたね。


プロ野球界では18歳のルーキーから50歳の山本昌さんまで、幅広い年齢の選手が同じ野球という競技をしています。体力や運動能力の差だけなら若手が有利です。でも、野球はバットやボールなどの道具を使うスポーツ。だからこそ、経験を積むことで得られる技術の差が生きてくる。僕自身、道具の使い方は確実に30代の頃よりも上がっていると感じています。


同じ世代の人、上の世代の方たちが「1試合でも長く、1年でも長くプレーしてください」と声をかけてくださる。僕自身、以前に比べてファンの皆さんを身近に感じるようになりました。じつはこれ、僕にとっては大きな変化で、これまでは自分のプレーがチームの勝利に貢献して初めてファンの皆さんが喜んでくれると思っていたんです。ところが、自分がプレーし続けることそのものを喜んでくださる人たちがこんなにいるんだ、と。この歳でようやく気づくことができた。これはすごいやりがいです。


年齢を重ねるごとに変化してきた部分もあります。それは理想と現実の捉え方。若い頃は打つ形も完璧で、全打席ヒットを打って、10割を目指すのが理想だと思っていました。理想が高い分、失敗する自分を許せない。なんで、これだけしかできないんだ、と。そこを、「こんなはずではなかった」と苛立つのではなく、「やるべきことをやって、それでも結果が伴わなければ、これが自分の力だよな」と。起こっている現実を素直に受け入れられるようになってきました。これがいいのか、悪いのかはわからないですけど、僕としてはかなり軽快です。


和田一浩の経歴・略歴

和田一浩、わだ・かずひろ。日本のプロ野球選手、野球解説者。岐阜県出身。小学3年生から野球を開始。東北福祉大学卒業後、神戸製鋼硬式野球部を経て、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、日本代表チームで活躍。2000本安打を達成。引退後、野球解説者を務めた。

他の記事も読んでみる

澤部肇

東日本大震災では、日本人がもともと持っている「対応力」という特性が発揮されました。ただ、それを事前にやっておかない点が、日本勢の弱点です。企業は「リスク、リスク」といってリスク委員会などを設けたりしていますが、本当の意味で起こりうるリスクまではコストに加えていません。日本は地震国ですからどんなことでも「あり得るな」と思わなくてはいけません。


入山章栄

中途半端な競争戦略を打ち出しているうちは、勝機は見えてこない。


小林佳雄

人は違いを見つけると、自然と「なぜ違うのか」を考える。そして、話し合いが生まれ、その結果答えが出る。


藤原和博

正解のない時代には、失敗しても修正しながら経験を積み上げ、腕を上げていけばいい。


北尾吉孝

彼女にフラれて自殺まで考える若者もいますが、そんなときも「自分に合わない相手だったから天が引き離してくれたんだ。もっと素晴らしい人を与えてくれるに違いない」と思えばいいのです。


大前研一

目の前の問題だけを脂汗を流しながら凝視していても発想は広がらない。歴史や地理、ほかのジャンルなどいろいろなところにアンテナを伸ばしてみるといい。


藤由達藏

決断を実行に繋げる4つのコツ。

  1. 決断したことを宣言して退路を断つ。
  2. 集中を妨げるものをなくす。
  3. 不安に負けない自分をつくる。不安を払拭するために準備をする。
  4. 決断した瞬間、小さな行動を実行する。最初の小さな一歩を踏み出す。

宮本慎也

社会人時代に経験した、都市対抗予選の緊張感は半端なものではありませんでした。2年目の東京都予選で敗れ、11年連続出場が途切れてしまい、冷たい視線を浴びながら、皿洗いをしたことが忘れられません。でも、そんなつらい経験がプロになっても生きたし、社会人野球を経験できて本当に良かったと思っています。


田村潤

大事なのは、本社の命令にただただ従うことではなく、お客様の信頼を得続けること。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

罪は、自分を欺く行為です。そして、平然と自分を欺くことができるのは、自分自身を欺いていることがわかっていない無知な証拠です。洞察という精神的な目が未発達で歪んでいる場合、善悪の判断がひどく曖昧なまま、罪に手を染めることになります。


ジム・クリフトン

「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


パスカル

力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である。なぜならば、常に悪人は絶えないから正義なき力は弾劾される。それゆえ正義と力を結合せねばならない。