名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

和田一夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田一夫(経営者)のプロフィール

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

和田一夫(経営者)の名言 一覧

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


成功の裏に失敗がある。同時に成功もまた失敗の陰にある。


夢は必ず実現するということを信じて、残された日々を過ごしていきたい。


世界的なリーダーの自叙伝を中心に読書を重ねると、どの書籍からも必ず得るものがあった。


いいときが一番危ない。特に世界企業だなどと言われると、自分を見失い、舞い上がってしまいがちだ。


気力を与えてくれたのは、若いころ、母から聞いた「無一物中無尽蔵」という教えでした。すべてをなくしてしまっても、神、仏は無尽蔵に何かを与えてくれるというお釈迦様の言葉です。私は20代のときに火事で店を失い、40代ではブラジルでの店舗展開に失敗するという辛酸をなめました。そして、どん底でいつもこの言葉を思い出し、再起を目指してきました。


倒産後、私は全財産を差し出して、謹慎生活に入りました。その間、なぜ自分は失敗したのかということを何百回、何千回と自問しました。弟の粉飾にどうして早く気づけなかったのか、自分が日本に戻って経営を見ていたら、結果は違ったのではないか、結局は情に流される心の弱さが悲劇を招いてしまった。そんなことを何度も考え、トップの責任の重さを噛みしめました。


私の場合、89年の天安門事件の後に中国に進出したので、あれ(ヤオハンの中国進出)は素晴らしい決断だったと思います。だけど海外で世界の和田なんていわれると、こちらもその気になってしまう。しかも、社員がみな国際企業になったような気持ちになってしまった。ほんとうに、いいときというのは一番危険だと思います。


華僑の人たちは利益第一主義だ。商売に対して非常にシビアで、徹底して売り上げより利益にこだわる。華僑の人たちは儲からないと思う商売は絶対にやらない。危険だと思えばさっと撤収し、資金を回収する。変わり身が非常に早い。彼らは借金が嫌いなので、ほとんどが自己資金で投資している。だから決断が非常に早い。


歴史に名前を残す成功者といえども、その人生には数々の挫折があり、彼らがそれを強固な意志と行動力で乗り越えているという事実は、私をどれほど勇気づけ、励ましてくれたか知れない。


和田一夫(経営者)の経歴・略歴

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

他の記事も読んでみる

谷好通

お客様の大きな喜びとは、すなわち満足であり、サービス業としての付加価値でもある。またお客様の満足は、私達に感謝として返ってくることも多く、私たちの「やりがい」にもつながる。


田口智隆

家計簿を付けているうちに自分のお金の使い方が自然に変わっていくのが分かります。見える化することで自分の潜在意識に無駄遣いしない回路ができて行くのです。


古川武士

ひとつの仕事に没頭しすぎるあまり視野が狭くなってしまうことが多いのが完璧主義の人の短所。私がよくアドバイスするのは、別の視野も持つようにしてください、ということ。他の仕事のことや、仕事とは別に自分の人生や生活ということにも目を向けてほしいのです。


清宮克幸

小売店でビールの販売促進をするというと、販売員さんに店頭で売ってもらうというのが当時の一般的なやり方でした。ただ、販売員さんを派遣するには、費用が2日で約5万円かかります。たいていの営業マンは、「そんなものか」とそれを受け入れるのですが、僕は「もっと費用対効果のいい方法がきっとあるはずだ」と思っていました。あるとき、販売員さんをやめて、その費用で売り場の商品を買い、それを販促物にすることを思いつき、自分が担当しているスーパーで実際にやってみました。その結果、販売員さんにお願いする何倍ものビールを売ることができ、お店の方にも喜んでいただけました。


富田浩安

アメリカ留学時代、日本と違ったスピード感をニューヨークの街で感じながら勉強してきました。どちらかというと、当時の日本の場合は、経済が順調で、毎年売り上げが伸びていたせいか、変化に対して敏感というよりは、現状維持していけば生きていけるといった保守的な風潮が強かったと思います。ところがアメリカの場合は現状を維持していたら潰れてしまうかもしれないという危機感があります。この発想が私の事業の基礎になっていきました。


山中勧

経営理念の中の「すばらしく美味しいものを造り」という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです。


押切蓮介

現状に満足していると、そこで伸びは止まってしまうし、恐れおののきながらでも必死に描く方が、やっぱり漫画はいいものになると思うんですよ。


喜多村円

顧客満足を第一に考えるという創業理念は何があっても引き継いでいきます。これは絶対に変わらない。お客さんを大事にする気持ちはTOTOの根幹です。どの時代になっても変わりません。


永守重信

母は当初、私が会社を辞めて独立することに反対していた。だが私の意志が固いことを知って、「会社を興すなら、あなたは人の倍、働きなさい。人並みの働きでは絶対に成功できないよ」と忠告してくれた。母親自身、誰よりも早く起き、誰よりも遅く寝て、人の倍働き続けることで財を成した人だった。「努力は絶対に人を裏切らない」という私の信念は、母の背中がら教えられたものである。


田中優子(江戸文化研究者)

女性は男性に比べて競争に執着しないところがあるのではないでしょうか。出世しなくていいという気持ちがあるんですよ。男性は出世競争に勝ち抜き、地位を得ることに一生懸命ですよね。私からすると、別に気にしなくてもいいのにと思うことが、プライドに引っかかってしまうようです。


松本康男(コンサルタント)

業務を委託する側の最終ゴールは「事業(プロジェクト)の成功」にあります。社内のリソースを活用するか、外部に委託するかは「手段の違い」でしかありません。よって、外部委託先といえども事業やプロジェクトを成功に導く一員であるという「意識」が大切。


太田剛

普通、飲食店はリニューアルすると売上げが伸びるもの。でも、HUBの場合は「もしかしたら売上げが落ちるかも」と考えなければいけない。以前、ある店舗を全面リニューアルすると、常連さんに叱られました。「あの傷だらけのテーブルはどうしたんだ!?」と。それ以来、椅子、テーブル、カウンターなど、お客様が触れることができるものはなるべく長く使い続けるようにしていますし、リニューアルする場合も、古いテーブルを修理して新店に持ち込むようにしました。