名言DB

9429 人 / 110879 名言

和田一夫(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

和田一夫(経営者)のプロフィール

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

和田一夫(経営者)の名言 一覧

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


成功の裏に失敗がある。同時に成功もまた失敗の陰にある。


夢は必ず実現するということを信じて、残された日々を過ごしていきたい。


世界的なリーダーの自叙伝を中心に読書を重ねると、どの書籍からも必ず得るものがあった。


いいときが一番危ない。特に世界企業だなどと言われると、自分を見失い、舞い上がってしまいがちだ。


気力を与えてくれたのは、若いころ、母から聞いた「無一物中無尽蔵」という教えでした。すべてをなくしてしまっても、神、仏は無尽蔵に何かを与えてくれるというお釈迦様の言葉です。私は20代のときに火事で店を失い、40代ではブラジルでの店舗展開に失敗するという辛酸をなめました。そして、どん底でいつもこの言葉を思い出し、再起を目指してきました。


倒産後、私は全財産を差し出して、謹慎生活に入りました。その間、なぜ自分は失敗したのかということを何百回、何千回と自問しました。弟の粉飾にどうして早く気づけなかったのか、自分が日本に戻って経営を見ていたら、結果は違ったのではないか、結局は情に流される心の弱さが悲劇を招いてしまった。そんなことを何度も考え、トップの責任の重さを噛みしめました。


私の場合、89年の天安門事件の後に中国に進出したので、あれ(ヤオハンの中国進出)は素晴らしい決断だったと思います。だけど海外で世界の和田なんていわれると、こちらもその気になってしまう。しかも、社員がみな国際企業になったような気持ちになってしまった。ほんとうに、いいときというのは一番危険だと思います。


華僑の人たちは利益第一主義だ。商売に対して非常にシビアで、徹底して売り上げより利益にこだわる。華僑の人たちは儲からないと思う商売は絶対にやらない。危険だと思えばさっと撤収し、資金を回収する。変わり身が非常に早い。彼らは借金が嫌いなので、ほとんどが自己資金で投資している。だから決断が非常に早い。


歴史に名前を残す成功者といえども、その人生には数々の挫折があり、彼らがそれを強固な意志と行動力で乗り越えているという事実は、私をどれほど勇気づけ、励ましてくれたか知れない。


和田一夫(経営者)の経歴・略歴

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

他の記事も読んでみる

三鍋伊佐雄

米国流の経営と日本的な経営を両立させることが肝だと考えています。


古川享

マイクロソフトでは一人の人間が8人を超えないように管理監督をしています。適正な評価をするためには8人が限度だからです。部下の目標に対する評価をはじめ、家族構成、保健管理、会社に対する要望や不満などをくみ上げていくためには、それが限界なんですね。ですからマイクロソフトは8人ごとに細かくグループ分けされたとてつもないピラミッド構造の会社であるということもできるんです。


谷繁元信

瞬間、瞬間に何が必要かを考え、必死にやってきた。その積み重ねが今日をもたらした。


平野敦士カール

競合がいる場合、自社のサービスが優れていることを強調しても、相手は聞いてくれません。相手の悩みを見つけ出し、それを解決するための提案を行う。これが王道です。


齋藤孝(教育学者)

現在は市場をとりまく環境の変化が激しいので、タイミングを逃さないことが何より重要になる。じっくり時間をかけてプレゼン資料をつくっても、その間にお客さんがライバル会社と契約してしまえば、どんなに素晴らしい内容であってもその資料の価値はゼロ。


広浜泰久

道は長かったですよ。「缶パーツとその関連技術を通じて缶の社会貢献を全面的に支援しよう」と一番目に掲げた経営指針が社内に浸透してきたと思えたのは、ようやく10年ほどたってからでしたね。


渡邉英彦

ネーミングでオヤジギャグはものすごく大事にしています。だって、キャッチーだし、誰でもわかりやすいですから。富士宮と同じく、やきそばでまちおこしをしているのが秋田の横手市と群馬の太田市なんですが、3つの市が普通に「やきそばの食べ比べイベント」をやったって、地元のメディアが取材するくらいでしょう?でも「三者麺談」と銘打てば、全国にニュースが流れる。おまけに「三国同麺」という協定を市長が調印するとなれば、メディアの反応がまったく違う。言葉ひとつの効果は計り知れないわけです。


ハワード・シュルツ

私は困難に挑戦することにビジネスの快感を覚える。目標の達成を目指す行為は、多くの人々の挑戦を拒んできた険しい絶壁を登るのに似ている。それが困難であればあるほど努力する喜びは高まり、頂上を極めた時の満足感は大きくなる。常に理想を追い求める登山家のように、我々もさらに高い山を求め続けている。


横山信弘

細かく指示を出し続けていると、部下は自分の頭で考えなくなり、思考停止状態に陥る。そうなった部下に、「なんでできないんだ!」と怒鳴ろうものなら、部下は頭が真っ白になって、何も答えられないでしょう。もしもそんな部下がいるとしたら、それはあなたの責任です。


豊田昌洋

私がタテホの再建に行った時、従業員を集めて3つの哲学の話をし、これに基づいて行動して欲しいという話をした。第1に「シンプルシンキング」。単純に考えろという意味ではなく、シンプルに見て本質を見抜けということです。第2に「クイックレスポンス」。返事はできるだけ早く、できない時には期限付きの保留にすること。第3に「アクトファースト」です。これは現場第一です。問題が起きた時は現場に飛んでいけと。この3つを行動指針としたんです。