名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和田一夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和田一夫(経営者)のプロフィール

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

和田一夫(経営者)の名言 一覧

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


成功の裏に失敗がある。同時に成功もまた失敗の陰にある。


夢は必ず実現するということを信じて、残された日々を過ごしていきたい。


世界的なリーダーの自叙伝を中心に読書を重ねると、どの書籍からも必ず得るものがあった。


いいときが一番危ない。特に世界企業だなどと言われると、自分を見失い、舞い上がってしまいがちだ。


気力を与えてくれたのは、若いころ、母から聞いた「無一物中無尽蔵」という教えでした。すべてをなくしてしまっても、神、仏は無尽蔵に何かを与えてくれるというお釈迦様の言葉です。私は20代のときに火事で店を失い、40代ではブラジルでの店舗展開に失敗するという辛酸をなめました。そして、どん底でいつもこの言葉を思い出し、再起を目指してきました。


倒産後、私は全財産を差し出して、謹慎生活に入りました。その間、なぜ自分は失敗したのかということを何百回、何千回と自問しました。弟の粉飾にどうして早く気づけなかったのか、自分が日本に戻って経営を見ていたら、結果は違ったのではないか、結局は情に流される心の弱さが悲劇を招いてしまった。そんなことを何度も考え、トップの責任の重さを噛みしめました。


私の場合、89年の天安門事件の後に中国に進出したので、あれ(ヤオハンの中国進出)は素晴らしい決断だったと思います。だけど海外で世界の和田なんていわれると、こちらもその気になってしまう。しかも、社員がみな国際企業になったような気持ちになってしまった。ほんとうに、いいときというのは一番危険だと思います。


華僑の人たちは利益第一主義だ。商売に対して非常にシビアで、徹底して売り上げより利益にこだわる。華僑の人たちは儲からないと思う商売は絶対にやらない。危険だと思えばさっと撤収し、資金を回収する。変わり身が非常に早い。彼らは借金が嫌いなので、ほとんどが自己資金で投資している。だから決断が非常に早い。


歴史に名前を残す成功者といえども、その人生には数々の挫折があり、彼らがそれを強固な意志と行動力で乗り越えているという事実は、私をどれほど勇気づけ、励ましてくれたか知れない。


和田一夫(経営者)の経歴・略歴

和田一夫、わだ・かずお。日本の経営者、経営コンサルタント。「ヤオハンジャパン」社長・会長、「和田総研」会長。神奈川県出身。日本大学経済学部卒業後、家業の八百半(のちのヤオハン)に入社。同社を国内屈指のスーパーに成長させたが、経営破綻。その後、失敗を糧に経営コンサルタントとして活躍した。

他の記事も読んでみる

こだま(作家)

自分の「普通」じゃない顔面や、それを苦しく思う気持ちは、家を引っ越すように簡単に解決できませんでした。いまもトラウマがあり、人に会うのはとても緊張します。でも、それは自分が勝手に判定していること。自ら「普通」じゃないという枠を作り、苦しんでいる。私だけじゃないし、そもそも「普通」がどうこうなんて馬鹿らしいよ、と過去の自分に教えたい。


柴田秀勝

桜の花と同じで、声優という木にも早咲き、遅咲きがあるもの。


鈴鹿可奈子

大学の友人たちに八ッ橋をあげると、「いつもよく食べてるよ」と言ってくれるのは他府県の人ばかり。地元京都の人たちは、「ああ、有名なお土産よね」と少し引いてしまいます。でも、そういう人に勧めてみると、おいしいと喜んでくれて、後々お店にも買いに来てくれますだから、お土産物として敬遠せずに、もっと八ッ橋のおいしさそのものを知ってもらいたいのです。


石原俊(経営者)

なにか一つをマスターすることが大切だ。技術屋なら製造技術とか設計技術とか、事務屋なら人事でも経理でも。その職種では社内はもちろん、業界全体でも「これならあの人」と評価されるくらい一つの職種を極めるべきだ。


松下幸之助

自分の力、さらには会社の力を超えた大きな仕事をしようとしても、それは多くの場合失敗に終わってしまうだろう。それでは企業本来の使命も果たせず、社会のマイナスにもなる。だから、そのような、その時々における自分の力の範囲で経営を行い、社会に貢献していく、いいかえれば、適正経営という考え方が極めて大切である。


平田耕也

私と言う人間は世界でただ一人です。他人より少し違ったところがあるはずだ。それを表現する方法はないかとずっと考え続けて事業をしただけです。リーダーシップとは何かといいますが、経営にはその人の生き方そのものが表れるのではないでしょうか?


松井勝史

私たちの使命を全うし続けていくには、やはりお客様の意向に気付き、真意を汲み取る、良い人材・良い組織を維持し続けることが必須。


安宅和人

考える力を身につけたいなら、「アウトプットへの注力」が唯一無二の方法です。アウトプットすればするほど、思考力は上がる。極端な例ですが、インプットゼロでも経験や勘を頼りにできるし、空想もできる。アウトプットありきの姿勢で臨めば、足りない点に気づきやすく、後で知恵が自然と働く。何でもいいから考えたことを吐き出し、可視化させることのメリットは大きいのです。


澤上篤人

不安材料の行き着く先をよく観察してみると面白い。その時々で色々不安材料だ、リスク要因だと大騒ぎするが、そういった不安が現実となることはほとんどない。


山元賢治

外国人とは、主語が「I」や特定の「We」の会話でないとダメだ。日本語は、主語がなくて話せる言語なので、思いやりを込めたり、何かいい感じで表現できたりするが、それはごまかしに結びつく。誰かが言っていた、あるいはそうらしいという話で済ませることになる。私がこうやりたいのだ、だから責任を持ってやれる。こういう表現にならない限り、世界では通用しない。


名越康文

自分の中で、「このままでいいのだろうか」という迷いがあり、なんとなく惰性で続けているところがあるなら、一度しっかり心の声に耳を傾けるべきです。できれば一週間、一人旅でもして自分がいま本当にやりたいことは何かを考えてみるといいでしょう。


天毛伸一

モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。