名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和泉秀俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉秀俊のプロフィール

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

和泉秀俊の名言 一覧

お客様の要望に応えるだけが私たちの仕事ではありません。お客様がその要望に至った背景を聞きだし、問題の本質を見極め、よりよい提案を打ち出していくのが私たちの仕事であり、我が社の信条であるホスピタリティなのです。もっと言えばおせっかいの領域かもしれません(笑)。お客様からのありがとうを目標におせっかいを繰り返した結果、おかげさまで昨年度には前年比200%の売上を達成できました。


幸いスタッフにも恵まれ、お客様のありがとうを聞くために全員が知恵を絞り、汗を流しています。一人一人のスキルとハートを通じてお客様に当社の意識や熱意が伝わったとき、ありがとうという最高のお言葉がいただける。仕事をさせていただいた上に感謝されるなんて、本当にありがたいことです。


当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


オフィスは生き物であり、常に変化するものです。こうあるべきと固定的にとらわれるものではありません。伸び盛りの企業ではレイアウト変更などのニーズが必然的に高まります。そういうお客様にできるだけ負担をかけず、サービスを迅速に提供していくには、すべてを一括管理できる体制がどうしても必要だったのです。
【覚書き|オフィスの企画立案、設計、施工、ITインフラ、引っ越しまで自社でまかなえる体制をつくった理由について語った言葉】


オフィスづくりの3大要素は「プロダクト」「システム」「マインド」です。とりわけ重要なのがマインドです。たとえばセキュリティで考えてみてもそうです。丈夫な鍵(プロダクト)をかけ、パスワードやカード(システム)で外部から重要物を守っても、従業員の意識(マインド)が伴わない限り、実質的なリスクは軽減されません。


和泉秀俊の経歴・略歴

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

他の記事も読んでみる

今井繁之

いまは、単に商品説明をすればモノが売れる時代ではありません。営業マン一人一人が、顧客の課題を聞きだして解決することが必要となります。


和田完二

いまや私の喜びと楽しみは、人生の果てしない夢を追うことと、その夢の実現に突進することだけになった。


岸見一郎

よく「お前はやればできるのに」という言い方をするでしょう。そう言われても子供は勉強しません。可能性の中に生きる方が、頑張って勉強したのにできないという現実に直面するよりはいいのです。頑張らない限りは「できるかもしれない」人間で居続けることができます。会社で「上司に恵まれないから、いい仕事ができない」というのも、「上司にさえ恵まれていれば」という可能性の中に生きているに過ぎないのです。本気で上司に意見しようとしたら、多少の摩擦が起きることも覚悟しなければいけない。会議で上司に気に入られることばかり考えている部下は、斬新なアイデアがあっても言おうとしません。


市川海老蔵(11代目)

私は、舞台上の一秒に執念を燃やして生きています。そうすることで、舞台外での一秒一秒もとても大切に思えてきます。


古川裕倫

たとえば遅刻を叱る場面。まず挨拶、雑談から入り、「最近電車がよく遅れるよな」と環境を言った後に、遅刻の事柄に触れます。これで部下が反省すれば、話は終わり。それでも遅れるなら行為をしっかり叱り、ダメなら自己管理能力を問う。ここまででストップし、人格を否定してはいけません。


福岡かつよ

患者=顧客がどういう状態にあるかを察知し、それにふさわしい対応は何か、と考えることが接遇の第一歩です。例えば「患者にわかりやすく伝えるには、ゆっくり話すのがいい」と言われることがあります。しかし、せっかちな性格で早口で話す患者には、イライラする原因になるかもしれない。こちらの話すスピードを患者のペースに合わせることで、コミュニケーションがスムーズに行えることもあるでしょう。


辻井隆行

膠着状態を脱するには、誰かが「自分の立場・意見」からいったん離れなくてはならない。私はそれを自分の役目だと感じた。


中野信子

私は現場に生かされてこその学問だと思っています。誰もが英語の論文をやすやすと読みこなせるわけではありませんし、その時間もビジネスパーソンにはないかもしれません。ですから、学問的な基礎をきちんと踏まえたうえで、それをわかりやすく一般読者に伝えるスポークスマン的な活動をする人を育てていくべきだと思います。


板東英二

僕のことをよう働くとか、休みもせずにとか言う人もいるけどね、動いとったら、周りが「あいつは……」と使ってくれる。来年70歳ですけど、最後のええとこに向かいつつある実感がありますもん。


笹川祐子

社員に悩まされた時期でもありますが、逃げずに問題を解決してこられたのも、その時支えてくれた社員たちのおかげ。


川田篤(経営者)

急激な成長は設立当時から望んでいません。倒産するような失敗をこれまでしなかったのも大きな賭けをしなかったから。


パベル・ネドベド

趣味は練習。練習し過ぎて、試合になると疲れていることがある。