名言DB

9425 人 / 110833 名言

和泉秀俊の名言

twitter Facebook はてブ

和泉秀俊のプロフィール

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

和泉秀俊の名言 一覧

お客様の要望に応えるだけが私たちの仕事ではありません。お客様がその要望に至った背景を聞きだし、問題の本質を見極め、よりよい提案を打ち出していくのが私たちの仕事であり、我が社の信条であるホスピタリティなのです。もっと言えばおせっかいの領域かもしれません(笑)。お客様からのありがとうを目標におせっかいを繰り返した結果、おかげさまで昨年度には前年比200%の売上を達成できました。


幸いスタッフにも恵まれ、お客様のありがとうを聞くために全員が知恵を絞り、汗を流しています。一人一人のスキルとハートを通じてお客様に当社の意識や熱意が伝わったとき、ありがとうという最高のお言葉がいただける。仕事をさせていただいた上に感謝されるなんて、本当にありがたいことです。


当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


オフィスは生き物であり、常に変化するものです。こうあるべきと固定的にとらわれるものではありません。伸び盛りの企業ではレイアウト変更などのニーズが必然的に高まります。そういうお客様にできるだけ負担をかけず、サービスを迅速に提供していくには、すべてを一括管理できる体制がどうしても必要だったのです。
【覚書き|オフィスの企画立案、設計、施工、ITインフラ、引っ越しまで自社でまかなえる体制をつくった理由について語った言葉】


オフィスづくりの3大要素は「プロダクト」「システム」「マインド」です。とりわけ重要なのがマインドです。たとえばセキュリティで考えてみてもそうです。丈夫な鍵(プロダクト)をかけ、パスワードやカード(システム)で外部から重要物を守っても、従業員の意識(マインド)が伴わない限り、実質的なリスクは軽減されません。


和泉秀俊の経歴・略歴

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

他の記事も読んでみる

和田浩子

私もP&Gに入社したころは、概念的な考え方が苦手でした。キャンペーン告知のポスターやパンフレットをつくるにしても、「このポスターの目的は何?」と上司にいちいち質問されて、「目的って、キャンペーンするからに決まってるじゃない」と思っていました(笑)。でもそうではなく、製品の認知度を高めたいのか、締切り間近だと伝えたいのか、そのポスターによるコミュニケーションの目的を明確に設定することが大事だったんです。


白井一幸

チーム全員が思いを一つにし、それをパワーに変えて成功を勝ち取り、喜びを分かち合うのがチームスポーツの魅力です。それはビジネスにもあてはまると思いますし、責任を背負うことが力にもなります。さらに、チームや集団のために努力することは「個」の成長にもつながるのです。


桑畑英紀

部下が報告を渋る原因はたいていその上司本人の誤解にあります。報連相は部下から上司への一方向のものだという思い込みです。報連相の意味を紐解くと、報告は「結果や経過を相手に告げること」ですが、連絡は「情報や気持ち、考えを互いの伝え合うこと」。相談は「問題・課題について互いに意見を出し合い、何らかの解決策を導くこと」ですから、双方向が基本です。しかし実際には、双方向の連絡や相談にはなりにくいのです。


國松孝次

仕事という1つのチャンネルだけでなく、趣味の世界や地域社会といった複数のチャンネルを通して多くの人たちと交際すること。そうでないと、人間の幅が狭くなってしまう。世の中の現実は仕事だけでは学べません。


澤田秀雄

企業理念が必要だと感じ始めたのは、創業から2~3年が過ぎたあたりからですね。社員が倍々に増え始めたのはいいのですが、ベンチャー企業でしたから、社員のほとんどは中途採用で、しかも若手です。だから、ものの考え方や理念をきちんと示しておかないと、会社が発展しないと思いました。


青山祐子

スポーツのことだけでなく、言葉づかいや演出の方法、ファッションのことまで、先輩や仲間からいろいろ教わっています。ですから、人から教わることを恥ずかしがらないことも、仕事を速く覚えるコツかもしれません。


平野敦士カール

大企業だからできないこと、困っていることはたくさんあります。たとえば小売業者が自社店舗と競合するEコマースを手掛けるのは難しいし、大企業がSNSを立ち上げたら「出会い系」として社会的批判を浴びる可能性があります。そうした大企業の悩みに焦点を当て、大企業の戦略に則った形でアライアンス(提携)を提案することは大いに可能性があると思います。


辻慎吾

チャレンジしなければ何も生まれません。そして、チャレンジすることが人を育てると強く思います。


佐々木常夫

私は課長時代、春と秋に2時間ずつ部下の面談をしていました。そのときの鉄則が「8聞いて、2しゃべる」です。2時間のうち1時間は、家族は元気なのか、独身なら恋人はいるのかといったプライベートな話、残り1時間は仕事の話を聞くのです。プライベートの話に踏み込むと、やれ個人情報だのセクハラだのと騒がれる時代ですが、「部下に困ったことがあればいつでも力になろう」という気持ちを持ち、なおかつ「自分に何を話そうとも決して情報は洩れない」という信用を得られれば、包み隠さず何でも話してくれるようになるはずです。


武永修一

最初は毎月、数百万円の赤字でしたが、「ボタンの色を変えたら5人増えた」など、サイトを少しずつ改良していったら、徐々に会員が増えてきたんです。だから、続けていれば光が見えてくると信じて耐えました。