名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和泉秀俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉秀俊のプロフィール

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

和泉秀俊の名言 一覧

お客様の要望に応えるだけが私たちの仕事ではありません。お客様がその要望に至った背景を聞きだし、問題の本質を見極め、よりよい提案を打ち出していくのが私たちの仕事であり、我が社の信条であるホスピタリティなのです。もっと言えばおせっかいの領域かもしれません(笑)。お客様からのありがとうを目標におせっかいを繰り返した結果、おかげさまで昨年度には前年比200%の売上を達成できました。


幸いスタッフにも恵まれ、お客様のありがとうを聞くために全員が知恵を絞り、汗を流しています。一人一人のスキルとハートを通じてお客様に当社の意識や熱意が伝わったとき、ありがとうという最高のお言葉がいただける。仕事をさせていただいた上に感謝されるなんて、本当にありがたいことです。


当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


オフィスは生き物であり、常に変化するものです。こうあるべきと固定的にとらわれるものではありません。伸び盛りの企業ではレイアウト変更などのニーズが必然的に高まります。そういうお客様にできるだけ負担をかけず、サービスを迅速に提供していくには、すべてを一括管理できる体制がどうしても必要だったのです。
【覚書き|オフィスの企画立案、設計、施工、ITインフラ、引っ越しまで自社でまかなえる体制をつくった理由について語った言葉】


オフィスづくりの3大要素は「プロダクト」「システム」「マインド」です。とりわけ重要なのがマインドです。たとえばセキュリティで考えてみてもそうです。丈夫な鍵(プロダクト)をかけ、パスワードやカード(システム)で外部から重要物を守っても、従業員の意識(マインド)が伴わない限り、実質的なリスクは軽減されません。


和泉秀俊の経歴・略歴

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

購入者が飛びつきそうなテーマ、たとえば環境、エネルギー、新興国など、販売サイドが売りやすいテーマのファンドをつくる。手数料も稼げるし、ビジネスとしてはやりやすい。しかし、流行が終わったらおしまいです。成績も下がるし、純資産総額も下がってしまいます。こういう投信ではなく、今後は長期保有型の投信が主流になるだろうと私は考えています。


松村理司

医師を目指す者には、自分の専門に入り込む前に、一通りの診療科を経験して、かつ深く学んでほしい。それには、若いうちに気軽に質問ができ、答えを請うような環境が必要と考えました。そこで屋根瓦式教育を取り入れました。これは若い医師が、キャリアの少し上の「お兄さん、お姉さん」から学び、自らもキャリアが自分より少し浅い医師に教えるという教育法です。医学界で世界トップクラスのジョンズ・ホプキンス大学初代内科部長だったウィリアム・オスラー氏が確立した方法です。


木暮太一

私の場合は、会社の中で「これをやってきた」と誇れるものを作ってきました。ビジネスとしてこれをやって、世の中にこういう影響を与えた、と言えるような実績です。それを作るまでは転職はしない。そのために必要な時間は、人によって3年、5年と異なるでしょう。


富野由悠季

ブランド志向というのは、自分の個性がないという表現なんです。なのに、それを買うことで自分のステイタスが上がったような気になっているのは、ミーハー的な妥協でしかないと思います。たとえばバッグに40万50万円もかけられるっていうのは、ステイタスの振りかざしでしかなくて、ファッションではありません。その部分には気づいていただきたいものです。


佐藤優

才能があって器用な人間は警戒されるから、周りから助けてもらえないもんなんだよ。


佐藤弘志

これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


枝野幸男

民進党などは政権を取ることが目的化しているかのように受け止められていたのだと思います。政党の合従連衡が繰り返される中で、それぞれの政党の主張、立ち位置が曖昧になっていたのではないか。それに対して立憲民主党は明確な主張を掲げ、いわゆる野党同士の数合わせへのアンチテーゼの立ち位置にあると受け止められた。それが、国民の潜在的な期待に応えることにつながったと思っています。


國分利治

25歳のとき、下町の店舗の再生に失敗したんです。「オレが立て直してやる」なんて意気込みだったのに、まったく上向かない。ガムシャラにやるだけでは失敗する。そこから学び、目標設定を明確にした。「20店舗で年収2000万円」と目標を掲げたんです。数値を入れた目標によって、自ずとやるべきことも明確になりました。


酒巻久

最初から「やったことがないからできません」などと決して言わないでほしい。仕事は新しいことに挑戦することだから、あなたがやったことがないのは当たり前。難しい問題をどう乗り越えるか、情熱を燃やして主体的に考えながら、前に進んでほしい。


松方弘樹

自分で蒔いた種ですが、2度も離婚もしてますし、よそで子供も作ってますし。普通はくたばってますよ。それでもしぶとく生きていられるのは、ステキな仲間が手を差し伸べてくれたから。


重久吉弘

海外での事業は、相手の悩みを解決すると同時に、その将来を考えていく。ギブ・アンド・テイクの精神です。そうやって初めて、海外の仕事はうまくいく。


山本良一(経営者)

当社は今年、「くらしのあたらしい幸せを発明する。」というグループビジョンを設定いたしました。暮らし方、楽しみ方の両方で、どんどん新しいことをお客様に提供していくにはどうしたらいいのか。百貨店の魅力というのは、非日常の空間であったり、新しいものに触れるワクワク感だったりすると思うんです。新しいビジョンに「発明」という言葉を使ったのは、発見とか提案と言われてもお客様に大して刺激を与えることができない。お客様に「え、こんなものがあるの?」とか「こんなことができるの?」と言ってもらえるように、新しい何かを発明していく。そういうレベル感でやっていこうと。