名言DB

9425 人 / 110833 名言

和泉秀俊の名言

twitter Facebook はてブ

和泉秀俊のプロフィール

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

和泉秀俊の名言 一覧

お客様の要望に応えるだけが私たちの仕事ではありません。お客様がその要望に至った背景を聞きだし、問題の本質を見極め、よりよい提案を打ち出していくのが私たちの仕事であり、我が社の信条であるホスピタリティなのです。もっと言えばおせっかいの領域かもしれません(笑)。お客様からのありがとうを目標におせっかいを繰り返した結果、おかげさまで昨年度には前年比200%の売上を達成できました。


幸いスタッフにも恵まれ、お客様のありがとうを聞くために全員が知恵を絞り、汗を流しています。一人一人のスキルとハートを通じてお客様に当社の意識や熱意が伝わったとき、ありがとうという最高のお言葉がいただける。仕事をさせていただいた上に感謝されるなんて、本当にありがたいことです。


当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


オフィスは生き物であり、常に変化するものです。こうあるべきと固定的にとらわれるものではありません。伸び盛りの企業ではレイアウト変更などのニーズが必然的に高まります。そういうお客様にできるだけ負担をかけず、サービスを迅速に提供していくには、すべてを一括管理できる体制がどうしても必要だったのです。
【覚書き|オフィスの企画立案、設計、施工、ITインフラ、引っ越しまで自社でまかなえる体制をつくった理由について語った言葉】


オフィスづくりの3大要素は「プロダクト」「システム」「マインド」です。とりわけ重要なのがマインドです。たとえばセキュリティで考えてみてもそうです。丈夫な鍵(プロダクト)をかけ、パスワードやカード(システム)で外部から重要物を守っても、従業員の意識(マインド)が伴わない限り、実質的なリスクは軽減されません。


和泉秀俊の経歴・略歴

和泉秀俊、いずみ・ひでとし。日本の経営者。神奈川県出身。大学卒業後、銀行、引っ越し会社勤務を経て、オフィス内装会社アルファースペースを創業。企画設計、施工、引っ越しまでトータルにオフィスの製作をサポートしている。

他の記事も読んでみる

小阪裕司

仕事力をつける近道は、自分の仕事だけでなく、先輩や上司の仕事を率先して手伝うこと。そこで上の人間がどういう風に仕事をしているのか、生の現場を見るのが一番の勉強。


ユング

ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。あらゆるケースに適用する人生の秘訣などはない。


殿村美樹

提案書に入れるイラストは、商品の購入が課題解決につながると瞬時に伝わればいい。最もシンプルなのは、課題が解決して楽しそうにしている姿をイラスト化すること。購入前と後を対比させたり、ストーリーを4コマ漫画にしてもいいですよ。


田中仁(経営者)

大切なのは人と違う視点を持つということ。たとえば森を見た時、9割の人は森にしか見えない。しかし人によっては、それが豊富な食材の宝庫に見えることもある。


柳井正

店の運営とはこんなもんだ、商品の整理はこうしておけばいいんだ……。現状を良しとすれば、自分に甘くなる。そうなれば、たちまち店の水準は落ちていきます。買う立場になってみたら、誰もそんな店には行きたくないでしょう。


原田泳幸

既存市場を業界内で食い合うことに興味はありません。マクドナルドが新しい外食の市場をつくっていく。ここに信念と自信をもって取り組んでいます。


野坂英吾

私は大学を卒業し、社会人経験をすることなく起業しました。それが原因かは分かりませんが、何事も自分が改善できるとしたら何が出来るかなというフィルターに自動的にかける習慣があります。すると、1回目は失敗しても、次はこうしてみようかなと考えられるようになりました。会社では日々どこかで問題が生じています。どこの組織でも同じことでしょう。そんなとき、面倒だなと思うのではなく、その問題を自分事化し、自分だったらどうプラスに変えられるだろうかと考えてみて下さい。一人では小さな力でも全員がそう考えるようになったら大きな影響力を持ちます。


丸幸弘

本人のやりたいことをやらせたほうがいい。なぜ企業は学生時代の熱い情熱を奪い、わざわざロボット化した上で仕事を覚えさせるのか。これも20世紀の人材管理なんですよね。もっとも日本はこのやり方で、戦後30年で世界一になれたのだから、当時の経営者は頭が良かったことになりますが、今は時代が違う。


五木寛之

本居宣長は人は生きている限り悲しい目にあうと言っています。悲しいときにどうするか。悲しみから目をそらさずに悲しめと宣長は言います。悲しいと思え。そして悲しいと呟け。人にそれを語れ。歌にも歌え、と。そうすることによって自分の中の悲しみを引きはがして客体化することができるし、それを乗り越えられる。


布施一樹

いまは、一日がパーソナルデバイスによるメディアへの接触活動でスタートする時代。デジタルデバイスの発達によって、人が接触するメディアの種類が非常に細分化されている時代です。生活者の個々で接触活動が異なるため、企業側は非常に細かくマーケティングをしなければ自分たちのメッセージを伝えることができない。