名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和泉昭子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉昭子のプロフィール

和泉昭子、いずみ・あきこ。日本の生活経済ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー。東京都生まれ、神奈川県育ち。横浜国立大学教育学部乙類英語科卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。出版社、放送局を経て独立。プラチナ・コンシェルジュ会長。

和泉昭子の名言 一覧

会社員であっても一生安泰と思わずに、腕を磨いたり付加価値をつけたりすることが、結果的に自分を守ることになる。


老後資金の計算では収入は控えめに、支出は多めに想定するのが、あとで誤差を少なくするためのポイント。


老後資金を算出するのが第一歩。自分で計算して、定年後の生活水準を想定してみることが大切。


老後資金は人によって違うので、自分で計算してみる必要があります。定年が視野に入ってくる40代頃になると皆さん漠然とした不安を抱えるようですが、漠然とした不安を具体的な課題にしていくことが大切です。


和泉昭子の経歴・略歴

和泉昭子、いずみ・あきこ。日本の生活経済ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー。東京都生まれ、神奈川県育ち。横浜国立大学教育学部乙類英語科卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。出版社、放送局を経て独立。プラチナ・コンシェルジュ会長。

他の記事も読んでみる

渡邉幸義

現在、日本には就労困難者が約1000万人いるといわれています。当グループは就労困難者を1000人「も」雇用しているといわれますが、別の見方をすれば、1000万人の中から人間性が高い1000人を選りすぐることができているともいえます。


羽生善治

限られた時間のなかで、すべての情報を把握するのは不可能です。とくに、最近の将棋はものすごく細分化していて、様々な戦型の開発が、同時並行的に複数の棋士によって行われています。なかにはプロの棋士である私ですら、「この型については、質問されても困る」といったものもあります。ですから、自分にとって重要だと思われる情報を、的確に取捨選択していくしかありません。


池辺葵

一人で生きること、というか人の中にある孤独について描いていると思います。私自身、描きながらもまだ答えが見つけられていないんです。


遠藤功

英語が使えないという日本人の最大の問題点は、英語が上手か下手かということではなく、相手とコミュニケーションを取ろうとする「姿勢」を示せていないことでしょう。


下村博文

経済の世界でいうなら、司馬遼太郎の坂の上の雲ではないが、上を目指してみんなが頑張って行く。その中で求められたのは、指示されたことをきちんとこなす人材。でも、これからの時代は同じ業態が10年も20年も続くかというとそういう時代ではありません。人材もこれまでのようなイエスマンではなく、一人ひとりが個性的でクリエーティブでなければなりません。


塚越寛

利益をしっかりと確保する仕組みをつくることも重要なポイントです。どんなにすばらしい商品やサービスがあっても、それを販売する段階で適正な利益を確保できなければ、企業は成長していくことはできません。


永山嘉昭

「図や表を入れれば、説得できるだろう」と安易に図表を使っている人が多い。その図表は何のために何を伝えたいのか、明確にしなければ、図表こそ単にムダな情報を増やすだけのノイズになります。


吉原義一

日本刀は美術工芸品ですから、刀鍛冶は職人でもあり美術家でもあります。つまり、センスを磨くことも仕事のひとつなのです。センスを養うには日本刀を観賞するだけではなく、あらゆる分野に興味を持つことが大切。


山田義仁

ヘルスケア事業の欧州子会社の社長をしていた時、ロシアで血圧計のマーケットシェアを15%から50%に伸ばした経験があります。オムロンは基本的に代理店ビジネスをしていますので、シェア拡大にはパートナーとの関係構築が欠かせません。


岩下秀麿

知恵は本人が本気で会社に貢献するという気持ちになって初めて、出てくるものだ。


宇佐美まこと(小説家)

私はデビューが遅かったので、ついこの間まで単なる一読者でした。それゆえに書き手になってからも読者視点を持ち続けられるところが強みだし、実際執筆にあたっては大いに役立っています。なので、この手法に共感して読んでくださる方がいらっしゃるとすごくうれしく感じます。


井上高志

急な仕事を頼むときには、その仕事の目的や意義を明確にする必要があります。そのうえで「だからほかの案件よりも緊急度と重要度が高まりました」と説明する。さらに「これがクリアできると、君やみんなにとって、こんなふうにいいことがあるよね」と付け加えれば、部下としても腹落ちすると思います。そうなって初めて「そうですね、なんとかしてみましょう」と、本人のやる気を引き出せるのです。そういうやり取りがないと、仕事はただの作業になってしまい、高い質を期待することはできません。