名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和泉宗章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉宗章のプロフィール

和泉宗章、いずみ・そうしょう(初代)。天中殺で知られる日本の占い師。神奈川県出身。早稲田大学教育学部中退後、作曲家をしながら競馬予想のため占いの研究を開始。算命占星学の高尾義政に師事。その後、テレビやラジオなどに出演し天中殺占いブームを起こした。著書『天中殺入門』は300万部を売り上げる大ベストセラーとなり、『算命占星学入門』とともに1979年ベストセラーの1位2位を占めた。

和泉宗章の名言 一覧

運命占星学では、平穏無事な一生、可もなく不可もない人生が最高運になっています。たとえ一代で巨額な富をつかんだり、立身出世をしたとしても、その過程が波乱万丈の人生ですと、それは決して幸運、幸福とは言えません。


和泉宗章の経歴・略歴

和泉宗章、いずみ・そうしょう(初代)。天中殺で知られる日本の占い師。神奈川県出身。早稲田大学教育学部中退後、作曲家をしながら競馬予想のため占いの研究を開始。算命占星学の高尾義政に師事。その後、テレビやラジオなどに出演し天中殺占いブームを起こした。著書『天中殺入門』は300万部を売り上げる大ベストセラーとなり、『算命占星学入門』とともに1979年ベストセラーの1位2位を占めた。

他の記事も読んでみる

堀場厚

京都では何につけても“真似しい”が一番恥ずかしい。ものづくりの世界でも、やっぱりオリジナリティが求められますし、評価もされますね。


小池百合子

行政のオープン化も加速させていきます。まずは一層の情報公開のために条例を改正します。キャッチフレーズは「のり弁から日の丸弁当へ」です。黒塗りばかりで限定的だった情報公開の方針をあらため、「個人情報」という要所以外は原則として真っ白に公開することを目指します。


スウィフト

不平は天から授けられた最大の贈り物である。


猪瀬直樹

数字の読み方にはいくつかコツがあります。まず必要なのは数字の単純化。たとえば101という数字があったら、「100という大きなおにぎり」と「1という小さな米粒」といったように、自分にとってわかりやすい単純化したものに置き換えて、全体をざっくり把握します。ケタが増えたり端数が細かくなっても、同じ。数字そのものではなく、イメージや立体としてつかみとります。数字がたくさん並んでいる資料も、こうして単純化すれば、数値がどのような推移で動いているのか、数字同士がどのような関係にあるのか、シンプルに把握できます。


松橋良紀

人の意見を否定するのは、自分に自信がないことの表れ。こちらが話をきちんと聞いている、あなたを認めているとアピールすることが重要。


西山昭彦

失敗や挫折はあくまで行為であって人格を否定するものではない。切り離して考える必要がある。過剰に自分を追い込む人は、そこが分けられず「自分はダメだ」「どうせオレは」と自己否定する。それではいつまでたっても断ち切れない。


磯崎功典

M&Aについても、経営トップがやりたいからやるのではなくて、ちゃんと意義がある案件なのか社外の取締役も含めて議論する必要があります。投資を決める際にも、透明性が求められます。


なかにし礼

サラリーマンとして働く人は、組織の中で苦しんでいる場合も多いと思う。組織には組織の方法論があり、個人の意識と意志は挫かれやすいもの。それでも変化を怖がらず、意識、意志、持続、進化というサイクルを回し続けること。これができるかどうかで、人生は大きく違ったものになっていく。


柳井正

本気で仕事に取り組めば、分からないことや課題が見えるはずです。課題さえ分かれば、そのほとんどは解決できるものですから、人は何倍でも成長できる。まずは課題意識を持つことです。


橘玲

いまの日本で、社会問題はもう「みんなの問題」ではなくなっています。たとえば、公立学校の学級崩壊の問題は、私立へ通わせている人には関係のないことです。年金の記入漏れ問題も、年金がないと老後に生きていけない人が多いから大騒ぎになっているだけで、すでに老後資金を貯めている人にとってはどうでもいいことです。社会問題が個人的に解決できる人と、死活問題になってしまう人。そういう二極化も進んでいるということです。


永井孝尚

私は6時15分の電車に乗っているが、20分遅い電車だともう座れない。朝から消耗した状態で働くか、充実した通勤時間を過ごして準備万端の状態で仕事に取り掛かるか。あなたであればどちらを選ぶだろうか。


川上一郎(ライフプランナー)

お客様のことを覚えるコツは、お名前をなるべく口に出すこと。すると目の前にいる方と、お名前、さらにご家族のお名前も自然にリンクされていきます。その際、同じ名字の方が複数いらっしゃるので、より記憶に残るように、奥様やお子様はファーストネームで呼ぶようにしています。それに「○○さん」「○○ちゃん」と呼ぶほうがより親しみが湧いて、友人や友人の家族のように覚えられるんです。