名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和泉宗章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉宗章のプロフィール

和泉宗章、いずみ・そうしょう(初代)。天中殺で知られる日本の占い師。神奈川県出身。早稲田大学教育学部中退後、作曲家をしながら競馬予想のため占いの研究を開始。算命占星学の高尾義政に師事。その後、テレビやラジオなどに出演し天中殺占いブームを起こした。著書『天中殺入門』は300万部を売り上げる大ベストセラーとなり、『算命占星学入門』とともに1979年ベストセラーの1位2位を占めた。

和泉宗章の名言 一覧

運命占星学では、平穏無事な一生、可もなく不可もない人生が最高運になっています。たとえ一代で巨額な富をつかんだり、立身出世をしたとしても、その過程が波乱万丈の人生ですと、それは決して幸運、幸福とは言えません。


和泉宗章の経歴・略歴

和泉宗章、いずみ・そうしょう(初代)。天中殺で知られる日本の占い師。神奈川県出身。早稲田大学教育学部中退後、作曲家をしながら競馬予想のため占いの研究を開始。算命占星学の高尾義政に師事。その後、テレビやラジオなどに出演し天中殺占いブームを起こした。著書『天中殺入門』は300万部を売り上げる大ベストセラーとなり、『算命占星学入門』とともに1979年ベストセラーの1位2位を占めた。

他の記事も読んでみる

田口佳史

リスクヘッジの最大のポイントは「義」です。義が通らないと誰も相手にしてくれないわけです。


フレデリック・アミエル

嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


楠木建

戦略ストーリーはサイエンスというよりもアートの世界に属します。だから、スキルを磨くのではなく、センスを高めることの方がよほど大切になります。優れた戦略ストーリーの根幹は何か。それは、自分自身が誰よりもそのストーリーを面白がるということです。


柴田励司

部下の立場の努力とは、個人としてのパフォーマンスを最大にすることですが、マネージャーや経営者の努力は、みんなのパフォーマンスの総和を最大にすることです。この点がわかっていないと、部下として優秀だった人が上に立っても、失敗してしまいます。


小野田寛郎(小野田少尉)

目的がはっきりしていると、いろいろ切り捨てられる。「思い切り」というけど、目的があれば人間は思い切れるんです。


三田紀房

日本ってお金をタブー視するじゃないですか。「いくら儲けた」なんて声高に話すと人格を疑われる風潮がある。けれどその結果、経済の仕組みを学ばないまま、ビジネスの世界に放り込まれ苦しむわけでしょ。そこにニーズがあると考えた。だから『インベスターZ』を「中学生が図書館の地下にある投資部で投資をしていく」というストーリーにしたんです。すると、タブーに踏み込む刺激を持ちつつ、わかりやすく経済や社会の仕組みが学べる。大人こそ楽しめる、ためになるマンガになると考えたわけです。


穂坂賢

今後、酒造りの技術そのものが大幅に変わるということはありません。それよりも基本は基本として、あとはそれをどれだけ丁寧にやっていけるか、真剣に向き合ってやっていけるか。それだけです。


橘玲

大事なのは結果の平等ではなく、機会の平等。誰もが同じ条件で競争に参加できて、勝った者が正当に評価される。そのほうがモチベーションが上がるし、全体のパフォーマンスも向上することは間違いないでしょう。


カルロス・ゴーン

順位が上がることは、働く人たちの感情的な部分で意味はあると思います。日産の従業員も三菱自の従業員もルノーの従業員も、連合が世界最大の自動車グループだと言えることを誇りに思うでしょう。でもビジネスでは重要ではない。我々は今まで「世界最大の自動車グループになることが目標だ」と言ったことは一度もありません。これを目標にしてしまうと、バックラッシュ(反動)があるかもしれないからです。順位を上げることは、目標ではなく結果。きちんとビジネスをやり、シナジー効果を生み、顧客満足度を高めて得られる結果でしかないのです。


奥義光

語弊を承知で申し上げれば、旧営団(帝都高速度交通営団)時代は「俺たちが乗せてやっている」という自信が時に過剰になっているところがあった。今では鉄道事業は「商品」、つまり「東京の案内役」であり、「鉄道ネットワークのつなぎ役」だという気持ちを社員全員が共有している。毎日扱っている商品・サービスだからこそ、自信作を出すのは当然。


西村英俊

日本の企業は意志決定が遅いと一般に言われています。一番大きな理由は、日本人が歴史的に稲作民族であって、狩猟民族の末裔である欧米人の企業とも、個人オーナーシップで運営される新興国企業とも、意思決定における実務的な、心理的なプロセスが全く異なっているというところにあります。すべての部門が参加し、それぞれの立場から考えられるすべてのリスクを言い立てるからです。


野田一夫

やはり人間は叱るだけではダメで、褒めることもしないといけません。