名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和泉學(和泉学)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉學(和泉学)のプロフィール

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

和泉學(和泉学)の名言 一覧

「楽しかった」「嬉しかった」とお客様に満足してもらうことがサービス産業の基本。時にはお客様から厳しいお叱りもいただくこともありますが、それをしっかり受け止めて反省し、次の人材教育につなげることが重要だと思っています。


新たな取り組みをするためには、代わりに何かを捨てなければならない。


何事にも決断を下すときには一つの信念や覚悟が必要となる。


当社が提供する「魚」を切り口とした商品が他社との差別化につながり、光り輝くものにしなければならない。


当社が店舗を展開している居酒屋業界は競争が激しい状況が続いていますが、そういう状況下にあるからこそ、社員には「笑顔」という一灯が求められるのではないでしょうか。


総合居酒屋というカテゴリーの存在価値が問われています。しかし私は、お酒を片手に料理をシェアしながら心と心を交流させる場は居酒屋以外にないと思っています。その意味でも「出会い」「語らい」「憩い」「癒し」という当社の企業理念に立ち戻るべきだと考えています。


和泉學(和泉学)の経歴・略歴

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤由達藏

「決断できる人」は、決めないことで、チャンスを逃すなどのデメリットを十分わかっているので、迷っている時間を嫌います。新規事業に興味があれば、すぐに応募するでしょう。自分が納得できる条件さえクリアすれば、すぐに決断、行動につなげられるのです。


大嶋信頼

老いも若きもイライラしている現代社会。原因はいろいろありますが、とくに大きな原因の一つになっているのは、「インターネット」です。ニュースサイトや掲示板、SNSなどを見ると、政治経済からスポーツ、芸能人の不倫に至るまで、様々な問題について「良い・悪い」「正しい・間違っている」と裁いている人を大勢見かけます。まさしく「一億総評論家時代」といえますが、これは人間の心に負担をかけます。そうやって、人を裁くことをしていると、自分の心の中に怒りが溜まっていくからです。


三喜俊典

「なくならないものを残そう」と考えて仕事に取り組むことをお勧めします。失敗なしに大過なく仕事をしたとしても、それでは「滞りなく仕事を終えた」という満足以上のものは残りません。しかし、何かを成そうと思って挑戦すれば、その結果失敗しても、確実に「何か」が残ります。それは「悔しさ」かもしれないし、次はこうやったらいいという「アイデア」かもしれない。それらの何かが次の挑戦の原動力になるのです。そうした経験を積み重ねていくことで、だんだんと大きな仕事ができるようになっていくものです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

ただ「変わればよい」というものではない。「流行」に流されっぱなしでは、会社が根なし草になってしまう。むしろ、「不易」にあたるしっかりした軸足があるからこそ、環境の変化をうまく取り入れることができる。


飯田亮

近年若者は常識外の力を養ったり、発揮したりするチャンスを奪われていると思います。教育制度を筆頭に、目上の愚かな人々がつくってきた仕組みの中で生きていかざるを得ないのですから。


近藤誠一

企業には、社会が発展するためのエンジンとしての役割があります。企業経営者には、まず、その自覚を持ってほしいと思います。そして、単に経済の成長率を上げるというだけでなく、経済という手段を通じて豊かな社会をつくるという目的があることを忘れないでほしい。


小倉昌男

ヤマト運輸は戦前、関東一円にネットワークを持つ日本一のトラック輸送会社でした。その成功が災いし、長距離輸送に出遅れました。社長だった父、康臣を説得して東京大阪間の免許を申請したのは1957年のことです。すでに西濃運輸など長距離輸送で先行した会社が、厳しい競争を繰り広げていました。


木股昌俊

メーカーとしてはユーザーに喜んでもらうことを第一に考えたい。部品サービスやメンテナンスサービスもあるので、売って終わりではありません。
【覚え書き|壊れにくい製品をつくると買い換えが進まないのでは? という問いに対してのコメント】


佐藤可士和

クリエイターにとっては、積み上げてきたものが最後の最後でひっくり返るのは恐怖でもあります。しかし、僕は作家的な態度で仕事をしているアートディレクターではありません。発注した人に納得してもらった方がそのブランドにとっていいと思っています。ただし、なんでもかんでも発注者の意見を聞くわけではなく、変えてくれと言われても、よくないと思ったら、相手にその旨を伝えてとことん議論します。


ジェフ・ベゾス

インターネットをコミュニケーションの道具以外に活用しようと思った。


佐々木常夫

目の前の仕事に本気で取り組んだら、定時にはヘトヘトのはずです。残業して夜9時まで働く余力があるというのは、それだけ仕事の密度が薄いからだと私は思います。


山崎種二

私は「ケチ種」といわれるほどの男であるが、その私にも若いころからひとつの夢があった。徴兵検査で帰京するとき、鏑川の川止めにあった。そこで成功のあかつきには、川に橋をかけたいという念願を抱いた。たまたま、昭和5、6年の金解禁相場で、私は利益を得たので、多年の夢を実現した。私は先輩から「目立つ寄付より目立たぬ寄付、とくに人に踏まれる寄付がいい」と教えられたが、この橋と県道は、後年思わぬときに私の役に立った。太平洋戦争の最中に荷物を疎開するとき、トラックが通れたからである。もし橋がなかったらトラックは通れず、疎開も思うようにできなかったであろう。