名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和泉學(和泉学)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉學(和泉学)のプロフィール

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

和泉學(和泉学)の名言 一覧

「楽しかった」「嬉しかった」とお客様に満足してもらうことがサービス産業の基本。時にはお客様から厳しいお叱りもいただくこともありますが、それをしっかり受け止めて反省し、次の人材教育につなげることが重要だと思っています。


新たな取り組みをするためには、代わりに何かを捨てなければならない。


何事にも決断を下すときには一つの信念や覚悟が必要となる。


当社が提供する「魚」を切り口とした商品が他社との差別化につながり、光り輝くものにしなければならない。


当社が店舗を展開している居酒屋業界は競争が激しい状況が続いていますが、そういう状況下にあるからこそ、社員には「笑顔」という一灯が求められるのではないでしょうか。


総合居酒屋というカテゴリーの存在価値が問われています。しかし私は、お酒を片手に料理をシェアしながら心と心を交流させる場は居酒屋以外にないと思っています。その意味でも「出会い」「語らい」「憩い」「癒し」という当社の企業理念に立ち戻るべきだと考えています。


和泉學(和泉学)の経歴・略歴

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

他の記事も読んでみる

梅森浩一

挨拶の仕方や起床時間、会話の内容やランチの店など、できる先輩がなぜそのような行動をしているのか、それがどう仕事に影響しているのか。そう意識しながら先輩を真似ていくと、たとえば歯の浮くようなお愛想が、実は人間関係に役立っていたりと、予期せぬ因果関係に気づくはずです。一挙手一投足を真似することで、自分に足りないものが実感としてつかめてくるのです。


國分利治

人は最終的には他人のためにしか頑張れない。


立川談慶

9年半も無駄飯を食わせてもらったが、それが今の自分の地下資源になっている。天性の才能で一気にスターダムにのし上がる芸人と違って、天才的なセンスがなくても、修業という手はずというかエチケットを踏めば、誰もが落語家になれる。その見本が僕だ。


加藤俊徳

脳細胞は胎児期から赤ちゃんの時期が最も多く、その後、年齢を重ねるにつれて減少していくことから、「歳をとるにつれて脳は衰えていく一方だ」と一般的には考えられていますが、これも誤解です。確かに脳細胞は歳とともに減少しますが、成人後も、脳内には未熟な細胞が豊富にあります。アミノ酸などの身体にとっての栄養成分が供給され続ける限り、脳の未熟な細胞は死ぬまで成長し続けるのです。


森田俊作

仕事とはそもそも、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の資源を上手に「整理整頓」していくことではないでしょうか。整理が習慣になっている人は、仕事もできる人なのだと思います。


根本郁芳

アメリカの一○○ドル札には、特殊な波長の光を当てると色を発する、偽造防止のための印刷がされていますが、あれにはうちの蛍光体が使われています。ある光の波長に合わせて作ったその蛍光体は、偽造防止のためのものだからよそには売っちゃいけない。苦労して開発をしてもよそに使えないから困っちゃうけど、これも大企業では採算が合わないからやらない仕事です。年間でも量の少ない仕事ですが、それをうちがやれば、会社の存在価値が上がるでしょう?すると、スイスやイギリスやドイツやアメリカで、紙幣や切手(スタンプを押しやすくするために、特定の波長を当てると光る加工がなされている)などの印刷を担っている世界的な会社と仕事をできるわけです。


佐野浩司

人材育成とは、仕事のスキルではなく、人間性がすべてだと思います。明るく、懸命に、生き生きと日々を過ごすことが何よりも重要です。


鍵山秀三郎

大局の誤りは、小局の努力によってカバーすることはできない。


竹田陽一

商品を一度売ったらおしまいの「スポット型営業」では、トークカが結果を大きく左右します。でも、それ以外の営業では、人柄や人相などがものをいうのです。人相は天性の要素が大きいので、自信がない人は営業上手なパートナーとタッグを組むなどの対策が必要でしょう。一方、人柄に関しては努力で磨くことだって十分に可能です。


兼本尚昌

たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防衛大学校や自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられます。上意下達が必要な組織や、軍隊のような規律で動く組織は、すべて自責(自己責任)型。集合場所に遅れたら、戦場なら死ぬ可能性も高いのです。


植西聰

会社などの組織で働く人は、どうしても組織の都合に振り回される。仕事の業績を他人と比べられたり、時には理不尽な要求をされることも。心が折れてしまいやすい状況が多い。折れない心をつくるには周囲の人にも自分にも、完璧を求めないことが大切。


野中正人

人材育成は、基本的にはいろいろな仕事を経験してもらいながら適性を見ていきます。いろいろなことを経験させてみないと適正なんてわかりませんから。だいたい、2年から3年でジョブローテーションをしていっています。