名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和泉學(和泉学)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和泉學(和泉学)のプロフィール

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

和泉學(和泉学)の名言 一覧

「楽しかった」「嬉しかった」とお客様に満足してもらうことがサービス産業の基本。時にはお客様から厳しいお叱りもいただくこともありますが、それをしっかり受け止めて反省し、次の人材教育につなげることが重要だと思っています。


新たな取り組みをするためには、代わりに何かを捨てなければならない。


何事にも決断を下すときには一つの信念や覚悟が必要となる。


当社が提供する「魚」を切り口とした商品が他社との差別化につながり、光り輝くものにしなければならない。


当社が店舗を展開している居酒屋業界は競争が激しい状況が続いていますが、そういう状況下にあるからこそ、社員には「笑顔」という一灯が求められるのではないでしょうか。


総合居酒屋というカテゴリーの存在価値が問われています。しかし私は、お酒を片手に料理をシェアしながら心と心を交流させる場は居酒屋以外にないと思っています。その意味でも「出会い」「語らい」「憩い」「癒し」という当社の企業理念に立ち戻るべきだと考えています。


和泉學(和泉学)の経歴・略歴

和泉學、和泉学、いずみ・まなぶ。日本の経営者。「チムニー」社長。ジャスコ(のちのイオン)、コックドールジャスコ専務などを経てチムニー社長に就任。

他の記事も読んでみる

川村隆

ダイバーシティー(多様性)はなぜ必要なのでしょうか? それは構造改革を常態化させるために最も有効な手段だからです。


内藤誼人

暗い人は、自分より上の人と比較して落ち込むことが多いですね。これを「上方比較」といいますが、おススメなのは「下方比較」。自分より下の人と比べて俺はまだマシだと思う。気分がいいですから前向きになれるんです。


ロバート・キヨサキ

15年ほど前に出席したセミナーで、講師から、自分が一番多くの時間をともに過ごす6人の名前を書くように指示された。次に講師は、書き付けた名前をよく見るように言った。「あなたはいま、あなたの未来を見ています。あなたが一番多くの時間をともに過ごす人たち、それがあなたの未来の姿です」私は未来を変えたかった。未来を変えるには、考え方を変えなければならなかった。そして、その結果として、一緒に過ごす人も変わっていった。


村口和孝

おおよその事業の骨格が見えてきたときに、起業家はこの事業が本当に儲かる事業なのか、継続成長できる事業なのか、大きな投資をする前に今一度踏み留まって検討する必要がある。社会的には役に立っても、結局は損益分岐点を越えられない事業だっていっぱいある。それを確認してから大型投資をしても遅くない。


高橋フミアキ

「つかみ」で読み手の感情を揺さぶることができれば、あとはこちらのペース。読み手の心は「知りたい」「使ってみたい」「買ってみたい」と欲望に向かって走り出しているので、その後に続く提案(本題)がすんなり入りやすくなる。


曽山哲人

たいていの人事制度企画は、「徹底的に考え抜いた企画」です。にもかかわらず、「社員をしらけさせてしまう運用」がしばしば行われ、両者は常に互いにせめぎ合っている。人事部門は両者の矛盾を埋めていくためのイノベーションを生み出さなければならないのです。そこに手を抜いていてはいけないと思うのです。


安倍真紀

サイトを作って宣伝したり、企業に飛び込み営業もしました。女性だけ、というのが珍しかったのと、「こんなキレイな人が来たの?」と思ってもらえるような人を揃え、付加価値を高めたのが伸びている原因だと思います。


羽生善治

私は「どんなことでもリスクのない状態はない」と考えています。現代は様々なリスクが定量化されているので、必要以上に数値にとらわれると臆病になってリスクが取れなくなります。でも、リスクのない状態はないと開き直ってしまえば、リスクをとることにためらいがなくなります。


山崎元

自分のスキルとして買ってもらっているのは何なのか。顧客とのリレーションなのか、それとも知識なのか技術なのか、それを見極めて大切に育てていくことが大事。


林高生

東京進出をいまは考えていません。まず名古屋で働きたいという人が一定数以上いますし、名古屋には当社のような会社が他にないので、自然と人材が集まってきます。採用面でものすごく有利なのです。


佐々木正

早川(徳次シャープ創業者)さんは商売下手だけど、哲学がいい。早川さんは、「佐々木さんね、何か良いものを考えてちょうだい」と言うんだね。我々がつくるものは、大衆を幸福にするもんや。大衆に売ろうと思ったら、会社をたくさんつくらんといかん。シャープにはまだそれだけの金がない。それなら、リーダーシップをとって、人に真似されるような企業をつくってくれと。技術を取られたら、また次の技術を開発する。その代わり、特許料はいただくと。


高橋祥子

できるかぎりの想像力を駆使して、未来へタイムスリップして今の自分を過去として振り返ってみるといいですよ。おすすめです。