名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和栗清忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和栗清忠のプロフィール

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

和栗清忠の名言 一覧

不動産のオーナーや入居企業だけではなく、お付き合いをしていく方々とは一蓮托生の関係だと考えています。対等で公正なスタンスを取り、強い気持ちを持つ企業でありたいと考えています。


大切なのは顧客と信頼関係を築くこと。例えば「物件の電気が切れた」というような小さな仕事もしっかりこなすことこそが重要だと感じています。


物件の良し悪しだけではなく、人柄を感じて信頼出来る不動産業者と付き合うことが重要。不動産会社とテナントは貸し借りだけの関係ではありません。ともに街を作っていく間柄です。思いが通じる関係であるかどうかが、ビジネスの成果にも影響をしてくるでしょう。


神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。


たくさんの企業家とお会いしますが「この人は結果を残す」というのがオーラで分かります。そう感じた方のほとんどが企業を大きくしていっていらっしゃいます。


(オフィスビルの)入居の審査においては実績も重視されますので、若い方はどうしても不利になる。しかし、私たちは実績云々ではなく、良い経営者となれる人を応援していきたいというスタンスで事業を行っています。きちんとしたリスクヘッジを行えば全く問題ありません。例えば、賃料の未払いを心配するのであれば、家賃保証サービスを利用する。そうすれば賃料は確実に払われる訳です。入居者側からすれば保証人を探す手間が省け、契約もスムーズにできるというメリットもあります。若い企業家には特に利用をお勧めできるサービスですね。


神田で不動産業を営む企業の会合が毎月あるのですが、再開発については必ずと言っていい程話題に上がります。様々な考え方がありますが、再開発にあたっては地域全体が足並みを揃える必要があることは間違いありません。それを行うことが本当に街のためになるのか、目の前の利益だけではなく、その先にあるものをしっかり見据える必要があります。


和栗清忠の経歴・略歴

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

他の記事も読んでみる

三森久実(三森久實)

遅すぎることはありません。自分で志を打ち立ててこそ、自分本来の能力を存分に発揮できます。これこそが自分の人生を生きることではないかと私は思うのです。


バート・ヴォーフラム

自動車業界は激動期に入りました。非常に困難でエキサイティングな時代といえます。公平さを忘れなければ可能性は開けていくと信じています。


仙石通泰

多くの専門家は「情報や知識を共有しなさい」と言いますが、共有というのは難しいものです。たとえ共有できたとしても、それを活用するのはさらに難しい作業です。


寺澤芳男

この自己責任と言うことは大変重要な問題です。たとえば、アメリカでは学生が学校を卒業して、どこかの企業に入った場合、マーケットエコノミーを意識させられる。マーケットエコノミー、市場経済と言うのは、マーケットがすべてを決めるエコノミーです。現在の日本経済は官主導の経済と言って、多くを国や官僚が決めていく経済です。民間の力で経済を再生しようとするのではなく、国家が予算を付けて経済再生をはかる戦後の経済復興と同じやり方です。


久野康成

人間は、最も大切な基本をおろそかにしがちです。しかし、基本をおろそかにした人が大成することはありません。


新井見枝香

別にね、本を書くからってそれが「誰かのため」である必要はないとも思っていて。ある作家さんが「小説は誰かの人生を変えられるほどすごいものでもない」みたいなことを言っていたけど、無価値ではないけどなんのプラスにもならない、そういうものでもいいんじゃないかなあと。


吉山勇樹

仕事の指示を出した上司には仕上がりや結果に対する期待値があるわけですよ。資料の作成なら、作るだけではなく、必要な部数を印刷して、関係各者に配布するところまでやってほしい、と考える。ところが、部下は資料を作りさえすれば、上司の指示に応えたことになる、と思っている。こんなところに、上司の期待値とギャップがあるわけですね。その結果、上司は「なんだ、できてないじゃないか」となるし、部下は「がんばったのに評価してくれない」となる。


荻田伍

営業マン個人がつくった原因で取引が打ち切られそうになったこともあります。お客様との約束をうっかり忘れてしまう、といった一見些細なことからも、人間関係は簡単に崩れていくものです。


西多昌規

嫌いな相手の良いところを探して好きになるより、相手との接触を避けて悪いところを見ないようにした方がいい。ただ、いくら嫌いでも、同じ職場の相手を無視すると角が立つ。最低限の礼儀として「おはよう」「さようなら」「ありがとう」などの挨拶だけは交わすべき。挨拶だけでいいと思えば、気がラクになるはずだ。また、挨拶だけにコミュニケーションをとどめておくと、向こうも自分が嫌われていることに気づいて近づいてこなくなる。


高橋恭介(経営者)

評価を上げたいなら、自分の生産性を上げていくことが第一です。例えば、普段から残業を2時間しているのなら、定時で帰れる日を増やす工夫を考えましょう。目の前の残業代を得ることより、生産性を上げる意識を持ってください。


小島慶子

心がけているのが、自分をカッコよく見せようとしないこと。背伸びすると、自分とその理想像の間にギャップができてしまい、結局苦しむことになります。自分は今ある以上になれません。評価も相手が決めるもの。それを引き受けてしゃべるしかありません。その方が楽ですよ。


大谷義武

重要なのは「人材教育」だと考えています。一生、お客様とおつきあいさせていただくためには、目先の利益にとらわれず、誠実であることが何よりも大事です。ちなみに、当社の営業マンにはノルマも歩合もありません。お客様への無理な売り込みにつながりかねないからです。