名言DB

9419 人 / 110788 名言

和栗清忠の名言

twitter Facebook はてブ

和栗清忠のプロフィール

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

和栗清忠の名言 一覧

不動産のオーナーや入居企業だけではなく、お付き合いをしていく方々とは一蓮托生の関係だと考えています。対等で公正なスタンスを取り、強い気持ちを持つ企業でありたいと考えています。


大切なのは顧客と信頼関係を築くこと。例えば「物件の電気が切れた」というような小さな仕事もしっかりこなすことこそが重要だと感じています。


物件の良し悪しだけではなく、人柄を感じて信頼出来る不動産業者と付き合うことが重要。不動産会社とテナントは貸し借りだけの関係ではありません。ともに街を作っていく間柄です。思いが通じる関係であるかどうかが、ビジネスの成果にも影響をしてくるでしょう。


神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。


たくさんの企業家とお会いしますが「この人は結果を残す」というのがオーラで分かります。そう感じた方のほとんどが企業を大きくしていっていらっしゃいます。


(オフィスビルの)入居の審査においては実績も重視されますので、若い方はどうしても不利になる。しかし、私たちは実績云々ではなく、良い経営者となれる人を応援していきたいというスタンスで事業を行っています。きちんとしたリスクヘッジを行えば全く問題ありません。例えば、賃料の未払いを心配するのであれば、家賃保証サービスを利用する。そうすれば賃料は確実に払われる訳です。入居者側からすれば保証人を探す手間が省け、契約もスムーズにできるというメリットもあります。若い企業家には特に利用をお勧めできるサービスですね。


神田で不動産業を営む企業の会合が毎月あるのですが、再開発については必ずと言っていい程話題に上がります。様々な考え方がありますが、再開発にあたっては地域全体が足並みを揃える必要があることは間違いありません。それを行うことが本当に街のためになるのか、目の前の利益だけではなく、その先にあるものをしっかり見据える必要があります。


和栗清忠の経歴・略歴

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

他の記事も読んでみる

田島敏弘

一流の経営者になる条件として、日本でもアメリカでも奥さんがよくないとダメだということだと思います。経営者は多くの人間の生活を預けられている以上、モーレツ型にならざるを得ないが、その間、家庭をしっかり守っていく奥さんがいないと、経営者として十分に活躍していくことができなくなってしまいます。


和地孝

おもてなしの感性を持ったプロが上司にいました。大阪の話ですが、ある日、高麗橋の吉兆に会合の下見に行くように言われました。心の中では「前の日にも接待で行っていたので、わざわざ下見に行かなくてもわかっている」と思いながらしぶしぶ出かけて帰って報告すると、「クーラーの風はどの方向に流れていた?」と聞かれたんです。ギョッとしましたね。「最初に言ってくれればいいのに」と思いましたが、いま振り返ればそれが教育なんですね。はじめからクーラーの風の向きを見てくるようにと指示してしまうと、それしか目に入らなくなってしまうわけです。ただ行って見て来いとしか言われなければ、自分で問題意識を持ちます。それが大切なんです。


塚本幸一

リーダーというものは、下に対して俺を信頼しろというのではなく、まず自らが下を信頼すること。すべてはそこからはじまります。


マザー・テレサ

話すことは少なくしましょう。説教して聞かせても、それが人と触れあう場にはなりません。箒を持って、誰かの家をきれいにしてごらんなさい。それが十分に語ってくれます。


山田義仁

理想は社員と事業、そして会社の成長が重なり合うことです。成長しないとチャレンジする領域が広がりませんし、役職も増えない。結果として活力は確実に落ちていきます。


杉浦広一

第2世代に経営を委ねると宣言して以来、自分はスギ薬局の役員会だけではなく主要な会議は一切出ないようにした。会社に出社するのも基本、月曜日だけ。半年間くらいは、もう気になってストレスがひどかったね。塗炭の苦しみですわ。でも、この苦しみを経て事業継承があるんでしょうね。


山本常朝

志の低い男は、目の付け所が低い。


竹田陽一

継続取引型の業種では社長が売りを抜きにして得意先を定期的にまわると、お客自身の情報と競争相手の情報の二つが同時に入ってくるのです。それには何度も通う必要があるとは思います。かつてレーニンは「自ら足を使わないで情報を集めようとする者を官僚と呼ぶ」と言いました。あなたは決して役人にならないように。


ジェイ・エイブラハム

顧客のことをカスタマーではなくて、クライアントとしてみるべきだと思っています。どんな会社にしてもそうみるほうがよいと考えています。ここには違いがあるのです。現代社会では、企業の存在意義さえコモディティ化(均質化)し、一般消費財のようになりました。私のミッションは、クライアント全員を卓越した存在にすることです。そのためには私がクライアントにとってだれよりも卓越して信頼される存在にならなければなりません。だからこそ私は顧客をカスタマーではなく、クライアントと考える必要があると思います。辞書を見ると、カスタマーが意味する顧客とは、製品あるいはサービスを買う人、それだけのことです。顧客をクライアントと呼ぶことで、顧客が自分によって守られ、ケアされる関係になるのです。


吉田忠裕

日本のような気候の中では、暖冷房を使わずに窓を開けておいた方がいいという場合もあります。トータルのエネルギーの使い方という意味では、閉鎖性のみを追求し、1年中閉鎖した空間を作って熱のコントロールをすることだけが果たして良いのかどうか分からない。もちろん、こういった設備があった方がいいはずです。ただし、それさえも使わないようにすることも大事ではないかと。そこに気付いて欲しいと思いますね。そうすれば、電気その他のエネルギーソースを使わないで済むわけですからね。私たちはそういう発想で「窓」というものを考えています。