名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

和栗清忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和栗清忠のプロフィール

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

和栗清忠の名言 一覧

不動産のオーナーや入居企業だけではなく、お付き合いをしていく方々とは一蓮托生の関係だと考えています。対等で公正なスタンスを取り、強い気持ちを持つ企業でありたいと考えています。


大切なのは顧客と信頼関係を築くこと。例えば「物件の電気が切れた」というような小さな仕事もしっかりこなすことこそが重要だと感じています。


物件の良し悪しだけではなく、人柄を感じて信頼出来る不動産業者と付き合うことが重要。不動産会社とテナントは貸し借りだけの関係ではありません。ともに街を作っていく間柄です。思いが通じる関係であるかどうかが、ビジネスの成果にも影響をしてくるでしょう。


神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。


たくさんの企業家とお会いしますが「この人は結果を残す」というのがオーラで分かります。そう感じた方のほとんどが企業を大きくしていっていらっしゃいます。


(オフィスビルの)入居の審査においては実績も重視されますので、若い方はどうしても不利になる。しかし、私たちは実績云々ではなく、良い経営者となれる人を応援していきたいというスタンスで事業を行っています。きちんとしたリスクヘッジを行えば全く問題ありません。例えば、賃料の未払いを心配するのであれば、家賃保証サービスを利用する。そうすれば賃料は確実に払われる訳です。入居者側からすれば保証人を探す手間が省け、契約もスムーズにできるというメリットもあります。若い企業家には特に利用をお勧めできるサービスですね。


神田で不動産業を営む企業の会合が毎月あるのですが、再開発については必ずと言っていい程話題に上がります。様々な考え方がありますが、再開発にあたっては地域全体が足並みを揃える必要があることは間違いありません。それを行うことが本当に街のためになるのか、目の前の利益だけではなく、その先にあるものをしっかり見据える必要があります。


和栗清忠の経歴・略歴

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

他の記事も読んでみる

橋本努

価値観が多様化し、誰からも支持される意見などないのが、今の社会。そこで信頼を勝ち取るには、理論的に首尾一貫した意見を持つことが重要。「みんなに好かれたい」という日和見的な態度が一番嫌われる。


永田豊志

映像を認識する右脳の記憶容量は、文字情報を扱う左脳と比べて格段に多いと言われている。図解で情報をビジュアル化することによって、左脳と右脳を両方働かせられる。


清水勝彦

専門家、先輩経営者の言うことが違うと気づいたときに、しっかりと指摘することができるかどうか。もしそこで、「そんなことを言えば、あの人が怒りそうだから、まあいいか」と思ってしまうようでは、経営者としての資格はない。


三浦善司

反論してくる人は大歓迎です。社長だからといって、いつも100%正しいことを言っているとは限りません。私が10意見を言ったら、そのうち2つや3つは間違っていてもおかしくないでしょう。反論がなければ、その間違いは放置されたままになります。だから、貴重なのです。


イチロー(鈴木一朗)

大事にしているのが、ゲーム後から寝るまでの2、3時間です。この時間のうちにその日のことを振り返って結論を出さないと、確実に引きずってしまいます。本来は、その日起きたことは、できるだけクラブハウスで整理する。それが理想です。


俣野成敏

社内ベンチャー制度は聞こえはいいかもしれませんが、制度への応募は退職前提の片道切符でした。しかも、2年間という期限付き。挑戦してみてダメだったら、転職のネタくらいにはなるかもしれない、と思ったほどです。同じようにチャレンジする同世代はおらず、彼らは他社に活路を求めていったので、何かしら負けん気が出たこともあります。
【覚書き|リストラ候補になったのをきっかけに社内ベンチャー制度に応募したことを振り返っての発言】


松尾静磨

昔はお客さんが1人か2人しかいないことがあった。それでも当時の社員諸君は1人のお客、1つの貨物や郵便物を心から大事にした。それは、本当にありがたいと思う感謝の気持ちからだ。そうした真心の積み上げが、今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ。
【覚書き|日航の創業期を知らない若手社員たちに語った言葉】


栗山英樹

野球の技術的なものは勉強できるけれど、人として持っているものはなかなか変えづらい。指導者には人への愛情、情熱が絶対になければいけない。選手たちをまず動かすものは、彼らをどれだけ思っているか。そういう思いを持っている人たちに来てもらった。
【覚書き|コーチの選定基準について語った言葉】


笠原健治

異動も、上が命じて人を動かすのではなく、本人のやりたいことを優先し、みずから進んで希望する部署へと移っていくのが基本。その主体性を仕組みとして担保しているのが「MCC(ミクシィ・キャリア・チャレンジ)」と呼ばれる制度です。他チームからの募集に応じて手を挙げれば、上長の承認なしに異動できるという制度で、逆にチームからすると、貴重な人材に抜けられないように、普段から魅力のある職場づくりに努めなければなりません。


成毛眞

本を読まない人間とは付き合いたくないと思っているほど活字中毒の私ですが、ビジネスハウツー書、成功者云々といった本は読む意味がないと思います。成功とは、革新性のあることを形にして初めて成し得るものなので、他人のノウハウを真似しようとしているうちは、永遠にその他大勢に埋もれたままでしょう。


稲盛和夫

錐(きり)は力を先端の一点に凝集させることで効率よく目的を達成する道具です。その力の源は集中力です。錐のようにすべての意識や神経を一つの目的に集中すれば、誰もが必ずことをなしうるはず。


松岡修造

組織の中で歯車のひとつとして存在感を発揮しながら仕事をこなしている人は、歯車であるがゆえに目立たない。でも、そういう歯車が多ければ多いほど、組織はしっかりしていきます。個人プレーヤーばかりをいくら揃えても、それぞれが自己主張して空回りしてしまい、絶対に上手くいかない。それが組織というものです。