名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

和栗清忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和栗清忠のプロフィール

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

和栗清忠の名言 一覧

不動産のオーナーや入居企業だけではなく、お付き合いをしていく方々とは一蓮托生の関係だと考えています。対等で公正なスタンスを取り、強い気持ちを持つ企業でありたいと考えています。


大切なのは顧客と信頼関係を築くこと。例えば「物件の電気が切れた」というような小さな仕事もしっかりこなすことこそが重要だと感じています。


物件の良し悪しだけではなく、人柄を感じて信頼出来る不動産業者と付き合うことが重要。不動産会社とテナントは貸し借りだけの関係ではありません。ともに街を作っていく間柄です。思いが通じる関係であるかどうかが、ビジネスの成果にも影響をしてくるでしょう。


神田は老舗も多く、長く商いを続けていけることが立証されている地域です。私たちの物件で事業を始める方も3年が一区切りになっているように思います。3年を超えられた企業は長く続いていく傾向にありますね。


たくさんの企業家とお会いしますが「この人は結果を残す」というのがオーラで分かります。そう感じた方のほとんどが企業を大きくしていっていらっしゃいます。


(オフィスビルの)入居の審査においては実績も重視されますので、若い方はどうしても不利になる。しかし、私たちは実績云々ではなく、良い経営者となれる人を応援していきたいというスタンスで事業を行っています。きちんとしたリスクヘッジを行えば全く問題ありません。例えば、賃料の未払いを心配するのであれば、家賃保証サービスを利用する。そうすれば賃料は確実に払われる訳です。入居者側からすれば保証人を探す手間が省け、契約もスムーズにできるというメリットもあります。若い企業家には特に利用をお勧めできるサービスですね。


神田で不動産業を営む企業の会合が毎月あるのですが、再開発については必ずと言っていい程話題に上がります。様々な考え方がありますが、再開発にあたっては地域全体が足並みを揃える必要があることは間違いありません。それを行うことが本当に街のためになるのか、目の前の利益だけではなく、その先にあるものをしっかり見据える必要があります。


和栗清忠の経歴・略歴

和栗清忠、わぐり・きよただ。日本の経営者。東京神田の不動産会社「清和不動産」社長。老舗不動産会社に入社。同社社長を経て清和不動産を設立。

他の記事も読んでみる

森川亮

的確に判断するには、やはり現場を知る必要がある。大企業になればなるほど、リーダーと現場の距離は遠のき、自分にとって都合のいい情報しか耳に入ってこなくなるので、現場でどういう問題が起きているのか分からなくなる。自分で実際に行って、お客さんを理解しなければならない。


井上礼之

パラダイムシフトの時代では、M&Aや提携、連携の重要性はますます高まります。すべて自前で賄いながら市場を攻略しようとすれば、それを担う人材の育成や確保に時間がかかり、手遅れになることが往々にしてあるからです。


小杉友巳

生涯現役をより正確に言えば、仕事も含めたあなたのやりたいことすべてということです。それは生きることと言い換えてもいいかもしれません。70歳になっても、80歳になっても、やりたいことがあって、その夢に向かって邁進している方は現役という感じがしませんか?私がお会いしてきた生涯現役の達人たちは、仕事に限らずやりたいことをたくさん持っている方ばかりでした。


澤田秀雄

エイチ・アイ・エスグループが何の会社か、5年したら変わります。今、発電所を作っていますが、電力会社になるかもしれません(笑)。「変なホテル」3号棟で実験しようとしている太陽光と蓄電池を使えば、1~2年で減価償却が終わる。つまり3年目から電気代が無料になる。リチウム電池は価格が高く、大きなモノを作ると熱を持ったりする。一方、我々が作る植物電池は性能も良く、蓄電能力も10倍です。太陽光でこれまでの4分の1くらいの値段で電気を作り、各家に導入すれば、大型発電所は要らなくなる。自分の家の自然エネルギーでまかなえますから。それをいよいよ3号棟で実験して、良ければこれを世界に売っていこうと考えています。


鈴木博毅

『孫子』は目の前の勝ちだけでなく、最終的な勝利を手にすることこそが大事だと説いています。人員削減がゴールではなく、仲間がリストラされてしまった厳しい状況でありながらも、業績改善の意欲が逆に高まるような状況を現場につくり出すことこそ本当の勝利です。


カンニング竹山

ずっと仕事がなかったから、必死でした。テレビのオーディションに通り始めたとき、嬉しかったなぁ。仕事がくるって、楽しいですよ。


石原壮一郎

謝るというのは屈辱的で、非生産的な行為に見えますが、謝罪をきっかけに仲がよくなったり、謝りっぷりで評価が上がることは、どんな仕事にもあります。


山元賢治

目標がなかったら、向かう先がないわけですから、前進している実感が得られるわけがない。


的場浩司

ジャンルは違っても、熱のある人間が集まっている現場では、いい作品ができる。


ケタン・パテル(経営者)

投資にはタイミングがある。日本の投資家は決断が遅く、ローコストで入るタイミングを逃す傾向がある。投資する場合、それによって何を実現するのか、その目的を明確にする必要がある。


黒田博樹

せっかく成果を出してきたやり方を変えることは遠回りに思えるかもしれません。でも、僕はそれこそが新しい環境で結果を出す近道だと思います。


大田誠(経営者)

私がよく役員に話しているのが、従業員が誇りを持って働けるような会社にしようということ。その意味で、今回の上場は社会に認められた証しでもあり、社員のやり甲斐にもつながったと思う。今後も一人でも多くの障害者が活躍できるような仕組みをつくっていきたい。